Office 365 IP アドレスと URL の Web サービスOffice 365 IP Address and URL Web service

Office 365 IP アドレスと URL の Web サービスを利用することにより、Office 365 のネットワーク トラフィックの識別と区別がより効率的になり、変更の評価、構成、および最新情報の取得が容易になります。The Office 365 IP Address and URL web service helps you better identify and differentiate Office 365 network traffic, making it easier for you to evaluate, configure, and stay up to date with changes. この REST ベースの Web サービスは、2018 年 10 月 2 日に廃止されたダウンロード可能な XML ファイルに代わるものです。This REST-based web service replaces the previous XML downloadable files, which were phased out on October 2, 2018.

顧客またはネットワーク境界デバイスのベンダーは、Office 365 の IP アドレスと FQDN エントリ用の Web サービスに対してビルドできます。As a customer or a network perimeter device vendor, you can build against the new REST-based web service for the Office 365 IP address and FQDN entries. You can access the data directly in a web browser using these URLs. 次の URL を使用して、Web ブラウザーで直接データにアクセスできます。You can access the data directly in a web browser using these URLs:

顧客は、この Web サービスを使用して次のことを行えます。As a customer, you can use this web service to:

  • PowerShell スクリプトを更新して Office 365 エンドポイント データを取得し、ネットワーク デバイスのフォーマットを変更します。Update your PowerShell scripts to obtain Office 365 endpoint data and modify any formatting for your networking devices.
  • この情報を使用して、クライアント コンピューターに展開された PAC ファイルを更新します。Use this information to update PAC files deployed to client computers.

ネットワーク境界デバイスのベンダーは、この Web サービスを使用して次のことを行えます。As a network perimeter device vendor, you can use this web service to:

  • デバイス ソフトウェアを作成およびテストして、自動構成の一覧をダウンロードします。Create and test device software to download the list for automated configuration.
  • 現在のバージョンを確認します。Check for the current version.
  • 最近の変更を取得します。Get the current changes.

注意

Azure ExpressRoute を使って Office 365 に接続する場合は、Azure ExpressRoute でサポートされている Office 365 サービスについて詳しく説明しているOffice 365 の Azure ExpressRoute をお読みください。If you are using Azure ExpressRoute to connect to Office 365, please review Azure ExpressRoute for Office 365 to familiarize yourself with the Office 365 services supported over Azure ExpressRoute. また、Office 365 アプリのネットワーク 要求でインターネット接続が必要なものについて Office 365 URL と IP アドレス範囲 もお読みください。Also review the article Office 365 URLs and IP address ranges to understand which network requests for Office 365 applications require Internet connectivity. これは、perimeter セキュリティ デバイスの設定に役立ちます。This will help to better configure your perimeter security devices.

詳しくは、次のトピックを参照してください。For more information, see:

共通パラメーターCommon parameters

これらのパラメーターは、すべての Web サービス メソッドで共通です。These parameters are common across all the web service methods:

  • format=<JSON | CSV> — 既定では、返されるデータ形式は JSON です。format=<JSON | CSV> - By default, the returned data format is JSON. コンマ区切り値 (CSV) 形式でデータを返すには、このオプションのパラメーターを使用します。Use this optional parameter to return the data in comma-separated values (CSV) format.

  • ClientRequestId=<guid> — クライアントの関連付けのために必要な GUID です。ClientRequestId=<guid> - A required GUID that you generate for client association. Web サービスを呼び出すコンピューターごとに一意の GUID を生成します (このページに含まれるスクリプトでは、GUID が自動的に生成されます)。Generate a unique GUID for each machine that calls the web service (the scripts included on this page generate a GUID for you). 次の例に示す GUID は、今後この Web サービスによってブロックされる可能性があるため使用しないでください。Do not use the GUIDs shown in the following examples because they may be blocked by the web service in the future. GUID 形式は _xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx_で、x は 16 進数を表します。GUID format is xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx, where x represents a hexadecimal number.

    GUID を作成するには、New-Guid PowerShell コマンドを使用することも、Online GUID Generator などのオンライン サービスを利用することもできます。To generate a GUID, you can use the New-Guid PowerShell command, or use an online service such as Online GUID Generator.

バージョン Web メソッドVersion web method

Microsoft は、Office 365 の IP アドレスと FQDN エントリを毎月末に更新しています。Microsoft updates the Office 365 IP address and FQDN entries at the end of each month. サポート インシデント、セキュリティ更新プログラム、またはその他の運用要件により、不定期の更新プログラムが公開されることがあります。Out-of-band updates are sometimes published due to support incidents, security updates or other operational requirements.

公開済みの各インスタンスのデータには、バージョン番号が割り当てられます。バージョン Web メソッドを使用すると、Office 365 サービスの各インスタンスの最新のバージョンを確認できます。The data for each published instance is assigned a version number, and the version web method enables you to check for the latest version of each Office 365 service instance. バージョンの確認を行うのは、1 時間に 1 回以下にすることをお勧めします。We recommend that you check the version not more than once an hour.

バージョン Web メソッドのパラメーターは次のとおりです。Parameters for the version web method are:

  • AllVersions=<true | false> — 初期設定では、返されるバージョンは最新のものです。AllVersions=<true | false> - By default, the version returned is the latest. Web サービスの最初のリリース以降のすべての公開済みバージョンを要求するには、このパラメーターのオプションを含めます。Include this optional parameter to request all published versions since the web service was first released.
  • Format=<JSON | CSV | RSS> — JSON 形式と CSV 形式に加えて、このバージョン Web メソッドでは RSS もサポートされます。Format=<JSON | CSV | RSS> – In addition to the JSON and CSV formats, the version web method also supports RSS. このパラメーターのオプションは、AllVersions=true パラメーターと共に使用でき、Outlook や その他の RSS リーダーで使用できる RSS フィードを要求できます。You can use this optional parameter along with the AllVersions=true parameter to request an RSS feed which can be used with Outlook or other RSS readers.
  • Instance=<Worldwide | China | Germany | USGovDoD | USGovGCCHigh> — このパラメーターのオプションはバージョンを返すインスタンスを指定します。Instance=<Worldwide | China | Germany | USGovDoD | USGovGCCHigh> - This optional parameter specifies the instance to return the version for. 省略する場合は、すべてのインスタンスが返されます。If omitted, all instances are returned. 有効なインスタンスは次の通りです。Worldwide、China、Germany、USGovDoD、USGovGCCHigh。Valid instances are: Worldwide, China, Germany, USGovDoD, USGovGCCHigh.

バージョン Web メソッドはレート制限されていないため、429 HTTP 応答コードが返されることはありません。The version web method is not rate limited and does not ever return 429 HTTP Response Codes. バージョン Web メソッドへの応答には、1 時間のデータのキャッシュを推奨する cache-control ヘッダーが含まれます。The response to the version web method does include a cache-control header recommending caching of the data for 1 hour. バージョン Web メソッドからの結果は、単一のレコードの場合も、レコードの配列の場合もあります。The result from the version web method can be a single record or an array of records. 各レコードの要素は、次のとおりです。The elements of each record are:

  • instance — Office 365 サービス インスタンスの短い名前です。instance - The short name of the Office 365 service instance.
  • latest — 指定されたインスタンスのエンドポイントの最新バージョンです。latest - The latest version for endpoints of the specified instance.
  • versions — 指定されたインスタンスの以前のすべてのバージョンのリストです。versions - A list of all previous versions for the specified instance. This element is only included if the AllVersions parameter is true. この要素は、AllVersions パラメーターが "true" の場合にのみ含まれます。versions - A list of all previous versions for the specified instance. This element is only included if the AllVersions parameter is true.

例:Examples:

例 1 要求 URI: https://endpoints.office.com/version?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 1 request URI: https://endpoints.office.com/version?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

この URI は、各 Office 365 サービス インスタンスの最新バージョンを返します。結果の例:This URI returns the latest version of each Office 365 service instance. Example result:

[
 {
  "instance": "Worldwide",
  "latest": "2018063000"
 },
 {
  "instance": "USGovDoD",
  "latest": "2018063000"
 },
 {
  "instance": "USGovGCCHigh",
  "latest": "2018063000"
 },
 {
  "instance": "China",
  "latest": "2018063000"
 },
 {
  "instance": "Germany",
  "latest": "2018063000"
 }
]

重要

これらの URI での ClientRequestID パラメーターの GUID は、一例にすぎません。この Web サービスの URI を試すには、独自の GUID を生成してください。これらの例に示されている GUID は、今後この Web サービスではブロックされる可能性があります。The GUID for the ClientRequestID parameter in these URIs are only an example. To try the web service URIs out, generate your own GUID. The GUIDs shown in these examples may be blocked by the web service in the future.

例 2 要求 URI: https://endpoints.office.com/version/Worldwide?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 2 request URI: https://endpoints.office.com/version/Worldwide?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

この URI は、指定された Office 365 サービス インスタンスの最新バージョンを返します。結果の例:This URI returns the latest version of the specified Office 365 service instance. Example result:

{
 "instance": "Worldwide",
 "latest": "2018063000"
}

例 3 要求 URI: https://endpoints.office.com/version/Worldwide?Format=CSV&ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 3 request URI: https://endpoints.office.com/version/Worldwide?Format=CSV&ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

この URI は CSV 形式で出力を表示します。結果の例:This URI shows output in CSV format. Example result:

instance,latest
Worldwide,2018063000

例 4 要求 URI: https://endpoints.office.com/version/Worldwide?AllVersions=true&ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 4 request URI: https://endpoints.office.com/version/Worldwide?AllVersions=true&ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

この URI は、Office 365 ワールドワイド サービス インスタンスに対して発行された以前のバージョンすべてを表示します。結果の例:This URI shows all prior versions that have been published for the Office 365 worldwide service instance. Example result:

{
  "instance": "Worldwide",
  "latest": "2018063000",
  "versions": [
    "2018063000",
    "2018062000"
  ]
}

例 5 RSS フィード URI: https://endpoints.office.com/version/worldwide?clientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7&allVersions=true&format=RSSExample 5 RSS Feed URI: https://endpoints.office.com/version/worldwide?clientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7&allVersions=true&format=RSS

この URI は、各バージョンの変更リストへのリンクを含む、公開されたバージョンの RSS フィードを表示します。結果の例:This URI shows an RSS feed of the published versions that include links to the list of changes for each version. Example result:

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<rss version="2.0" xmlns:a10="http://www.w3.org/2005/Atom">
<channel>
<link>http://aka.ms/o365ip</link>
<description/>
<language>en-us</language>
<lastBuildDate>Thu, 02 Aug 2018 00:00:00 Z</lastBuildDate>
<item>
<guid isPermaLink="false">2018080200</guid>
<link>https://endpoints.office.com/changes/Worldwide/2018080200?singleVersion&clientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7</link> <description>Version 2018080200 includes 2 changes. IPs: 2 added and 0 removed.</description>
<pubDate>Thu, 02 Aug 2018 00:00:00 Z</pubDate>
</item>

エンドポイント web メソッドEndpoints web method

エンドポイント web メソッドは、Office 365 サービスを構成する IP アドレスの範囲および URL のすべてのレコードを返します。The endpoints web method returns all records for IP address ranges and URLs that make up the Office 365 service. ネットワーク デバイスの構成には、常にエンドポイント Web メソッドからの最新データを使用する必要があります。The latest data from the endpoints web method should always be used for network device configuration. Microsoft では、お客様が時間の余裕を持ってアクセス制御リストおよびプロキシ サーバーのバイパス リストを更新できるよう、新規追加を公開する 30 日前に事前通知を提供しています。Microsoft provides advance notice 30 days prior to publishing new additions to give you time to update access control lists and proxy server bypass lists. エンドポイント Web メソッドをもう一度呼び出す場合は、バージョン Web メソッドにより新しいデータのバージョンが使用可能なことが示された場合にのみ行うことをお勧めします。We recommend you only call the endpoints web method again when the version web method indicates a new version of the data is available.

エンドポイント Web メソッドのパラメーターは次のとおりです。Parameters for the endpoints web method are:

  • ServiceAreas=<Common | Exchange | SharePoint | Skype> — サービス エリアのコンマ区切リストです。ServiceAreas=<Common | Exchange | SharePoint | Skype> - A comma-separated list of service areas. 有効な項目は、CommonExchangeSharePoint、および_Skype_です。Valid items are Common, Exchange, SharePoint, and Skype. Common サービス エリア項目はその他のすべてのサービス エリアの前提条件であるため、Web サービスに常に含まれます。Because Common service area items are a prerequisite for all other service areas, the web service will always include them. このパラメーターを含めない場合は、すべてのサービス エリアが返されます。If you do not include this parameter, all service areas are returned.
  • TenantName=<tenant_name> — Office 365 のテナント名です。TenantName=<tenant_name> - Your Office 365 tenant name. この web サービスでは、指定した名前を テナント名を含む URL の一部に挿入します。The web service takes your provided name and inserts it in parts of URLs that include the tenant name. テナント名を指定しない場合、URL のそれらの部分にワイルドカード文字が使用されます (*)。If you don't provide a tenant name, those parts of URLs have the wildcard character (*).
  • NoIPv6=<true | false> — お使いのネットワークで IPv6 を使用しない場合は、値を true に設定して出力から IPv6 アドレスを除外します。NoIPv6=<true | false> - Set this to true to exclude IPv6 addresses from the output, for example, if you don't use IPv6 in your network.
  • Instance=<Worldwide | China | Germany | USGovDoD | USGovGCCHigh> — このパラメーターはエンドポイントを返すインスタンスを指定します。Instance=<Worldwide | China | Germany | USGovDoD | USGovGCCHigh> - This required parameter specifies the instance to return the endpoints for. 有効なインスタンスは、WorldwideChinaGermanyUSGovDoDUSGovGCCHigh です。Valid instances are: Worldwide, China, Germany, USGovDoD, and USGovGCCHigh.

同じクライアント IP アドレスからのエンドポイント Web メソッドの呼び出し回数が多すぎる場合、 HTTP Response Code 429 (要求が多すぎます) の応答コードが返される場合があります。If you call the endpoints web method a large number of times from the same client IP address, you may receive HTTP response code 429 (Too Many Requests). この応答コードを受け取った場合、リクエストを再度行うまでに 1 時間待つか、リクエスト用に新しい GUID を生成します。If you get this response code, wait 1 hour before repeating your request, or generate a new GUID for the request. 一般的なベスト プラクティスとして、バージョン Web メソッドで新しいバージョンのデータが使用可能だと示された場合にのみ、エンドポイント Web メソッドを呼び出すようにします。Plan to only call the endpoints web method when the version web method indicates there is a new version available.

エンドポイント Web メソッドの結果は、各レコードが特定のエンドポイント セットを表すレコードの配列です。The result from the endpoints web method is an array of records in which each record represents a specific endpoint set. 各レコードの要素は次のとおりです。The elements for each record are:

  • id — エンドポイント セットの不変 ID 番号です。id - The immutable id number of the endpoint set.
  • serviceArea — CommonExchangeSharePoint、または Skype の一部であるサービス エリアのことです。serviceArea - The service area that this is part of: Common, Exchange, SharePoint, or Skype.
  • urls — エンドポイント セットの URL です。urls — URLs for the endpoint set. DNS レコードの JSON 配列です。A JSON array of DNS records. 空白の場合は省略します。Omitted if blank.
  • tcpPorts — エンドポイント セットの TCP ポートです。tcpPorts — TCP ports for the endpoint set. すべてのポート要素は、ポートのカンマ区切りのリストまたはダッシュ文字 (-) で区切られたポート範囲により書式設定されています。tcpPorts - TCP ports for the endpoint set. All ports elements are formatted as a comma-separated list of ports or port ranges separated by a dash character (-). Ports apply to all IP addresses and all URLs in that endpoint set for that category. Omitted if blank. 特定のカテゴリのポートは、すべての IP アドレスおよびエンド ポイント内のすべての URL に適用されます。Ports apply to all IP addresses and all URLs in the endpoint set for a given category. 空白の場合は省略します。Omitted if blank.
  • udpPorts — このエンドポイント セット内の IP アドレス範囲の UDP ポートです。udpPorts - UDP ports for the IP address ranges in this endpoint set. Omitted if blank. 空白の場合は省略します。Omitted if blank.
  • ips — 一覧表示された TCP ポートまたは UDP ポートに関連付けられたものとして、このエンドポイント セットに関連付けられている IP アドレスの範囲です。ips - The IP address ranges associated with this endpoint set as associated with the listed TCP or UDP ports. A JSON array of IP Address ranges. Omitted if blank. IP アドレス範囲の JSON 配列です。A JSON array of IP address ranges. 空白の場合は省略します。Omitted if blank.
  • category — エンドポイント セットの接続性カテゴリです。category — The connectivity category for the endpoint set. 有効な値は、OptimizeAllow、および Default です。Valid values are Optimize, Allow, and Default. 特定の IP アドレスまたは URL についてエンドポイント Web メソッドの出力を検索する場合、クエリで複数のカテゴリが返される場合があります。If you search the endpoints web method output for the category of a specific IP address or URL, it is possible that your query will return multiple categories. 最優先のカテゴリの推奨事項に従ってください。In such a case, follow the recommendation for the highest priority category. たとえば、エンドポイントが OptimizeAllow の両方に表示される場合は、Optimize の要件に従う必要があります。For example, if the endpoint appears in both Optimize and Allow, you should follow the requirements for Optimize. 必須です。Required.
  • expressRoute — このエンドポイント セットが ExpressRoute を経由してルーティングされる場合は True で、されない場合は False です。expressRoute - True or False if this endpoint set is routed over ExpressRoute.
  • required — Office 365 のサポートを受けるためにこのエンドポイント セットの接続性が必要な場合は True です。required - True if this endpoint set is required to have connectivity for Office 365 to be supported. False if this endpoint set is optional. このエンドポイント セットが省略可能な場合は False です。False if this endpoint set is optional.
  • notes — このテキストは、省略可能のエンドポイントについて、ネットワーク層でこのエンドポイント セットの IP アドレスまたは URL にアクセスできない場合に利用できなくなる Office 365 の機能について説明します。notes - For optional endpoints, this text describes Office 365 functionality that will be missing if IP addresses or URLs in this endpoint set cannot be accessed at the network layer. Omitted if blank. 空白の場合は省略します。Omitted if blank.

例:Examples:

例 1 要求 URI: https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 1 request URI: https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

この URI は、すべてのワークロードについて Office 365 ワールドワイド インスタンスのすべてのエンドポイントを取得します。This URI obtains all endpoints for the Office 365 worldwide instance for all workloads. Example result showing an excerpt of the output: 出力の抜粋を示す結果の例:Example result that shows an excerpt of the output:

[
 {
  "id": 1,
  "serviceArea": "Exchange",
  "serviceAreaDisplayName": "Exchange Online",
  "urls":
   [
    "*.protection.outlook.com"
   ],
  "ips":
   [
    "2a01:111:f403::/48", "23.103.132.0/22", "23.103.136.0/21", "23.103.198.0/23", "23.103.212.0/22", "40.92.0.0/14", "40.107.0.0/17", "40.107.128.0/18", "52.100.0.0/14", "213.199.154.0/24", "213.199.180.128/26", "94.245.120.64/26", "207.46.163.0/24", "65.55.88.0/24", "216.32.180.0/23", "23.103.144.0/20", "65.55.169.0/24", "207.46.100.0/24", "2a01:111:f400:7c00::/54", "157.56.110.0/23", "23.103.200.0/22", "104.47.0.0/17", "2a01:111:f400:fc00::/54", "157.55.234.0/24", "157.56.112.0/24", "52.238.78.88/32"
   ],
  "tcpPorts": "443",
  "expressRoute": true,
  "category": "Allow"
 },
 {
  "id": 2,
  "serviceArea": "Exchange",
  "serviceAreaDisplayName": "Exchange Online",
  "urls":
   [
    "*.mail.protection.outlook.com"
   ],

この例では、要求の完全な出力に他のエンドポイント セットが含まれる点に注意してください。Note that the full output of the request in this example would contain other endpoint sets.

例 2 要求 URI: https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ServiceAreas=Exchange&ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 2 request URI: https://endpoints.office.com/endpoints/Worldwide?ServiceAreas=Exchange&ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

この例では、Exchange Online および依存関係のみの Office 365 ワールドワイド インスタンスのエンドポイントを取得します。This example obtains endpoints for the Office 365 Worldwide instance for Exchange Online and dependencies only.

例 2 の出力は例 1 と似ていますが、結果に SharePoint Online または Skype for Business Online のエンドポイントが含まれない点が異なります。The output for example 2 is similar to example 1 except that the results will not include endpoints for SharePoint Online or Skype for Business Online.

変更 Web メソッドChanges web method

変更 Web メソッドは、発行された最新の更新を返します。これは通常、IP アドレスの範囲と URL に対する前月の変更です。The changes web method returns the most recent updates that have been published, typically the previous month's changes to IP address ranges and URLs.

エンドポイント データへの最も重要な変更は、新しい URL と IP アドレスです。The most critical changes to endpoints data are new URLs and IP addresses. IP アドレスがファイアウォール アクセス制御リストに追加されなかったり、URL がプロキシ サーバーのバイパス リストに追加されなかったりした場合、そのネットワークデバイスの背後にいる Office 365 ユーザーのサービスが停止する場合があります。Failure to add an IP address to a firewall access control list or a URL to a proxy server bypass list can cause an outage for Office 365 users behind that network device. 運用上の要件にかかわらず、お客様が時間の余裕を持ってアクセス制御リストおよびプロキシ サーバーのバイパス リストを更新できるよう、新しいエンドポイントは、エンドポイントの使用がプロビジョニングされる日の 30 日前に Web サービスに公開されます。Notwithstanding operational requirements, new endpoints are published to the web service 30 days in advance of the date the endpoints are provisioned for use to give you time to update access control lists and proxy server bypass lists.

変更 Web メソッドのパラメーターは次のとおりです。The required parameter for the changes web method is:

  • Version=<YYYYMMDDNN> — 必要な URL ルート パラメーターです。Version=<YYYYMMDDNN> - Required URL route parameter. この値は、現在実装しているバージョンです。This value should be the version that you have currently implemented. この web サービスはそのバージョン以降の変更を返します。The web service will return the changes since that version. 形式は YYYYMMDDNN で、NN は 1 日に発行する必要がある複数のバージョンがある場合に増加する自然数で、00 は特定日における最初の更新を表します。The format is YYYYMMDDNN, where NN is a natural number incremented if there are multiple versions required to be published on a single day, with 00 representing the first update for a given day. Web サービスでは、この_バージョン_のパラメーターが正確に 10 桁であることが要求されます。The web service requires the version parameter to contain exactly 10 digits.

エンドポイント Web メソッドと同様に、変更 Web メソッドはレート制限されています。The changes web method is rate limited in the same way as the endpoints web method. 429 HTTP の応答コードを受け取った場合、リクエストを再度行うまでに 1 時間待つか、リクエスト用に新しい GUID を生成します。If you receive a 429 HTTP response code, wait 1 hour before repeating your request or generate a new GUID for the request.

変更 Web メソッドの結果は、各レコードが特定のバージョンのエンドポイントでの変更を表すレコードの配列です。The result from the changes web method is an array of records with each record representing a change in a specific version of the endpoints. The elements for each record are: 各レコードの要素は次のとおりです。The elements for each record are:

  • id — 変更レコードの不変 ID です。id - The immutable id of the change record.
  • endpointSetId — 変更されたエンドポイント セット レコードの ID です。endpointSetId - The ID of the endpoint set record that is changed.
  • disposition — エンドポイント セット レコードに対して行われた変更について説明します。disposition — Describes what the change did to the endpoint set record. 値は、changeadd、または remove です。Values are change, add, or remove.
  • impact — すべての変更がどの環境に対しても同じ重要度を持つわけではありません。impact — Not all changes will be equally important to every environment. この要素は、予想されるこの変更による エンタープライズ ネットワーク境界環境に対する影響を示します。This element describes the expected impact to an enterprise network perimeter environment as a result of this change. この属性は、バージョン 2018112800 以降の変更レコードにのみ含まれます。 This element is included only in change records of version 2018112800 and later. impact のオプションは次のとおりです。— AddedIp – Office 365 に IP アドレスが追加され、間もなくサービスで有効になります。Options for the impact are: — AddedIp – An IP address was added to Office 365 and will be live on the service soon. これは、ファイアウォールまたは他のレイヤー 3 ネットワーク境界デバイスに加える必要のある変更を表します。This represents a change you need to take on a proxy server or URL parsing network perimeter device. これが追加されないままその使用が開始された場合、サービスが停止する可能性があります。If you don’t add this before we start using it, you may experience an outage. — AddedUrl – Office 365 に URL が追加され、間もなくサービスで有効になります。AddedUrl – A URL was added to Office 365 and will be live on the service soon. これは、プロキシ サーバーまたは URL 解析ネットワーク境界デバイスに加える必要がある変更を表します。This represents a change you need to take on a proxy server or URL parsing network perimeter device. この URL が追加されないままその使用が開始された場合、サービスが停止する可能性があります。If you don’t add this before we start using it, you may experience an outage. — AddedIpAndUrl — IP アドレスと URL の両方が追加されました。— AddedIpAndUrl — Both an IP address and a URL were added. これは、ファイアウォールのレイヤー 3 デバイス、プロキシ サーバー、または URL 解析デバイスのいずれかに加える必要がある変更を表します。AddedIpAndUrl - Both an IP Address and a URL were added. This represents a change you need to take on either a firewall layer 3 device or a proxy server or URL parsing device. If you don’t add this before we start using it, you may experience an outage. この IP/URL のペアの使用開始前にこれを追加しない場合、サービスが停止する可能性があります。If you don’t add this before we start using it, you may experience an outage. — RemovedIpOrUrl – 少なくとも 1 つの IP アドレスまたは URL が Office 365 から削除されました。— RemovedIpOrUrl – At least one IP address or URL was removed from Office 365. 境界デバイスからネットワークエンドポイントを削除します。ただし、これを行うための期限はありません。RemovedIpOrUrl – At least one IP Address or URL was removed from Office 365. You should remove the network endpoints from your perimeter devices, but there’s no deadline for you to do this. — ChangedIsExpressRoute – ExpressRoute サポート属性が変更されました。— ChangedIsExpressRoute – The ExpressRoute support attribute was changed. ExpressRoute を使用する場合は、構成に応じてアクションを実行する必要がある場合があります。ChangedIsExpressRoute – The ExpressRoute support attribute was changed. If you use ExpressRoute then you may need to take action depending on your configuration. — MovedIpOrUrl – このエンドポイント セットと他のエンドポイント セットの間で、IP アドレスまたは URL を移動しました。MovedIpOrUrl – We moved an IP Address or Url between this endpoint set and another one. Generally no action is required. 通常、必要なアクションはありません。Indicates that no action is required — RemovedDuplicateIpOrUrl – 重複する IP アドレスまたは URL を削除しましたが、引き続き Office 365 用に公開されています。RemovedDuplicateIpOrUrl – We removed a duplicate IP Address or Url but it’s still published for Office 365. Generally no action is required. 通常、必要なアクションはありません。Indicates that no action is required — OtherNonPriorityChanges – メモ フィールドなど、その他のすべてのオプションよりも重要度が低いものを変更しました。OtherNonPriorityChanges – We changed something less critical than all of the other options like a note field
  • version — 変更が導入された公開済みのエンドポイント セットのバージョンです。version — The version of the published endpoint set in which the change was introduced. バージョン番号の形式は YYYYMMDDNN で、NN は 1 日に発行する必要があるバージョンが複数ある場合に増加する自然数です。version - The version of the published endpoint set in which the change was introduced. Version numbers are of the format YYYYMMDDNN, where NN is a natural number incremented if there are multiple versions required to be published on a single day.
  • previous — エンドポイント セットで変更された要素の以前の値を詳述するサブストラクチャです。previous - A substructure detailing previous values of changed elements on the endpoint set. これは、新しく追加されたエンドポイント セットには含まれません。This will not be included for newly added endpoint sets. ExpressRouteserviceAreacategoryrequiredtcpPortsudpPorts、および notes が含まれます。Includes ExpressRoute, serviceArea, category, required, tcpPorts, udpPorts, and notes.
  • current — エンドポイント セットで変更された要素の変更後の値を詳述するサブストラクチャです。current - A substructure detailing updated values of changes elements on the endpoint set. ExpressRouteserviceAreacategoryrequiredtcpPortsudpPorts、および _notes_が含まれます。Includes ExpressRoute, serviceArea, category, required, tcpPorts, udpPorts, and notes.
  • add — エンドポイント セット コレクションに追加する項目の詳細を示すサブストラクチャです。add - A substructure detailing items to be added to endpoint set collections. Omitted if there are no additions. 追加がない場合は省略します。Omitted if there are no removals. — effectiveDate — 追加がサービス内で有効になる時点を示すデータを定義します。effectiveDate - Defines the data when the additions will be live in the service. — ips — ips 配列に追加する項目です。ips - Items to be added to the ips array. — urls- urls 配列に追加する項目です。urls- Items to be added to the urls array.
  • remove — エンドポイント セットから削除するサブストラクチャの詳細項目です。remove - A substructure detailing items to be removed from the endpoint set. 削除するものがない場合は省略します。Omitted if there are no removals. — ips — ips 配列から削除する項目です。ips - Items to be removed from the ips array. — urls- urls 配列から削除する項目です。urls- Items to be removed from the urls array.

例:Examples:

例 1 要求 URI: https://endpoints.office.com/changes/worldwide/0000000000?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 1 request URI: https://endpoints.office.com/changes/worldwide/0000000000?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

これにより、Office 365 ワールドワイド サービス インスタンスに対する以前の変更がすべて要求されます。結果の例:This requests all previous changes to the Office 365 worldwide service instance. Example result:

[
 {
  "id": 424,
  "endpointSetId": 32,
  "disposition": "Change",
  "version": "2018062700",
  "remove":
   {
    "urls":
     [
      "*.api.skype.com", "skypegraph.skype.com"
     ]
   }
 },
 {
  "id": 426,
  "endpointSetId": 31,
  "disposition": "Change",
  "version": "2018062700",
  "add":
   {
    "effectiveDate": "20180609",
    "ips":
     [
      "51.140.203.190/32"
     ]
   },
  "remove":
   {
    "ips":
     [

例 2 要求 URI: https://endpoints.office.com/changes/worldwide/2018062700?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7Example 2 request URI: https://endpoints.office.com/changes/worldwide/2018062700?ClientRequestId=b10c5ed1-bad1-445f-b386-b919946339a7

これにより、指定したバージョン以降の Office 365 ワールドワイド インスタンスへの変更が要求されます。この場合、指定されたバージョンは最新のものです。結果の例:This requests changes since the specified version to the Office 365 Worldwide instance. In this case, the version specified is the latest. Example result:

[
  {
    "id":3,
    "endpointSetId":33,
    "changeDescription":"Removing old IP prefixes",
    "disposition":"Change",
    "version":"2018031301",
    "remove":{
      "ips":["65.55.127.0/24","66.119.157.192/26","66.119.158.0/25",
      "111.221.76.128/25","111.221.77.0/26","207.46.5.0/24"]
    }
  },
  {
    "id":4,
    "endpointSetId":45,
    "changeDescription":"Removing old IP prefixes",
    "disposition":"Change",
    "version":"2018031301",
    "remove":{
      "ips":["13.78.93.8/32","40.113.87.220/32","40.114.149.220/32",
      "40.117.100.83/32","40.118.214.164/32","104.208.31.113/32"]
    }
  }
]

PowerShell スクリプトExample PowerShell Script

更新されたデータに対して行う必要があるアクションがあるかどうかを確認するには、この PowerShell スクリプトを実行します。Here is a PowerShell script that you can run to see if there are actions you need to take for updated data. このスクリプトは、バージョンの更新を確認するために、スケジュールされたタスクとして実行できます。You can run this script as a scheduled task to check for a version update. Web サービスへ過剰な負荷を与えないために、スクリプトは 1 時間に 1 回以上実行しないようにします。To avoid excessive load on the web service, try not to run the script more than once an hour.

このスクリプトでは、次のことが行われます。The ExchUcUtil.ps1 script does the following:

  • Web サービスの REST API を呼び出して、現在の Office 365 ワールドワイド インスタンスのエンドポイントのバージョン番号を確認します。Checks the version number of the current Office 365 Worldwide instance endpoints by calling the web service REST API.

  • $Env:TEMP\O365_endpoints_latestversion.txt で現在のバージョンのファイルを確認します。Checks for a current version file at $Env:TEMP\O365_endpoints_latestversion.txt. 通常、グローバル変数 $Env:TEMP のパスは、C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp です。The path of the global variable $Env:TEMP is usually C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp.

  • このスクリプトの実行が今回が初めての場合、スクリプトは現在のバージョンとすべての現在の IP アドレスおよび URL を返し、エンドポイント バージョンを $Env:TEMP\O365_endpoints_latestversion.txt に書き込み、エンドポイント データ出力をファイル $Env:TEMP\O365_endpoints_data.txt に書き込みます。If this is the first time the script has been run, the script returns the current version and all current IP addresses and URLs, writes the endpoints version to the file $Env:TEMP\O365_endpoints_latestversion.txt and the endpoints data output to the file $Env:TEMP\O365_endpoints_data.txt. 出力ファイルのパスまたは名前を変更するには、次の行を編集します。You can modify the path and/or name of the output file by editing these lines:

    $versionpath = $Env:TEMP + "\O365_endpoints_latestversion.txt"
    $datapath = $Env:TEMP + "\O365_endpoints_data.txt"
    
  • これ以降のスクリプト実行では、最新の Web サービス バージョンが O365_endpoints_latestversion.txt ファイルのバージョンと同じである場合、スクリプトは何も変更せずに終了します。On each subsequent execution of the script, if the latest web service version is identical to the version in the O365_endpoints_latestversion.txt file, the script exits without making any changes.

  • 最新の Web サービスのバージョンが O365_endpoints_latestversion.txt ファイル内でのバージョンよりも新しい場合、スクリプトはエンドポイントを返し、Allow カテゴリおよび Optimize カテゴリのエンドポイントをフィルタリングし、O365_endpoints_latestversion.txt ファイル内でバージョンを更新し、更新されたデータを O365_endpoints_data.txt ファイルに書き込みます。When the latest web service version is newer than the version in the O365_endpoints_latestversion.txt file, the script returns the endpoints and filters for the Allow and Optimize category endpoints, updates the version in the O365_endpoints_latestversion.txt file, and writes the updated data to the O365_endpoints_data.txt file.

スクリプトは、スクリプトが実行されるコンピューター用に一意の ClientRequestId を生成し、複数の呼び出しでこの ID を再利用します。The script generates a unique ClientRequestId for the computer it is executed on, and reuses this ID across multiple calls. この ID は O365_endpoints_latestversion.txt ファイルに格納されます。This ID is stored in the O365_endpoints_latestversion.txt file.

PowerShell スクリプトを実行するにはTo run the ExchUCUtil Windows PowerShell script

  1. スクリプトをコピーし、Get-O365WebServiceUpdates.ps1 としてローカルのハード ドライブまたはスクリプトの場所に保存します。Copy the script and save it to your local hard drive or script location as Get-O365WebServiceUpdates.ps1.

  2. お好みのスクリプト エディター (PowerShell ISE や VS Code など) でスクリプトを実行します。または、次のコマンドを使用して PowerShell コンソールからスクリプトを実行します。Execute the script in your preferred script editor such as the PowerShell ISE or VS Code, or from a PowerShell console using the following command:

    powershell.exe -file <path>\Get-O365WebServiceUpdates.ps1
    

    スクリプトに渡すパラメーターはありません。There are no parameters to pass to the script.

<# Get-O365WebServiceUpdates.ps1
From https://aka.ms/ipurlws
v1.1 8/6/2019

DESCRIPTION
This script calls the REST API of the Office 365 IP and URL Web Service (Worldwide instance)
and checks to see if there has been a new update since the version stored in an existing
$Env:TEMP\O365_endpoints_latestversion.txt file in your user directory's temp folder
(usually C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp).
If the file doesn't exist, or the latest version is newer than the current version in the
file, the script returns IPs and/or URLs that have been changed, added or removed in the latest
update and writes the new version and data to the output file $Env:TEMP\O365_endpoints_data.txt.

USAGE
Run as a scheduled task every 60 minutes.

PARAMETERS
n/a

PREREQUISITES
PS script execution policy: Bypass
PowerShell 3.0 or later
Does not require elevation
#>

#Requires -Version 3.0

# web service root URL
$ws = "https://endpoints.office.com"
# path where output files will be stored
$versionpath = $Env:TEMP + "\O365_endpoints_latestversion.txt"
$datapath = $Env:TEMP + "\O365_endpoints_data.txt"

# fetch client ID and version if version file exists; otherwise create new file and client ID
if (Test-Path $versionpath) {
    $content = Get-Content $versionpath
    $clientRequestId = $content[0]
    $lastVersion = $content[1]
    Write-Output ("Version file exists! Current version: " + $lastVersion)
}
else {
    Write-Output ("First run! Creating version file at " + $versionpath + ".")
    $clientRequestId = [GUID]::NewGuid().Guid
    $lastVersion = "0000000000"
    @($clientRequestId, $lastVersion) | Out-File $versionpath
}

# call version method to check the latest version, and pull new data if version number is different
$version = Invoke-RestMethod -Uri ($ws + "/version/Worldwide?clientRequestId=" + $clientRequestId)
if ($version.latest -gt $lastVersion) {
    Write-Host "New version of Office 365 worldwide commercial service instance endpoints detected"
    # write the new version number to the version file
    @($clientRequestId, $version.latest) | Out-File $versionpath
    # invoke endpoints method to get the new data
    $endpointSets = Invoke-RestMethod -Uri ($ws + "/endpoints/Worldwide?clientRequestId=" + $clientRequestId)
    # filter results for Allow and Optimize endpoints, and transform these into custom objects with port and category
    # URL results
    $flatUrls = $endpointSets | ForEach-Object {
        $endpointSet = $_
        $urls = $(if ($endpointSet.urls.Count -gt 0) { $endpointSet.urls } else { @() })
        $urlCustomObjects = @()
        if ($endpointSet.category -in ("Allow", "Optimize")) {
            $urlCustomObjects = $urls | ForEach-Object {
                [PSCustomObject]@{
                    category = $endpointSet.category;
                    url      = $_;
                    tcpPorts = $endpointSet.tcpPorts;
                    udpPorts = $endpointSet.udpPorts;
                }
            }
        }
        $urlCustomObjects
    }
    # IPv4 results
    $flatIp4s = $endpointSets | ForEach-Object {
        $endpointSet = $_
        $ips = $(if ($endpointSet.ips.Count -gt 0) { $endpointSet.ips } else { @() })
        # IPv4 strings contain dots
        $ip4s = $ips | Where-Object { $_ -like '*.*' }
        $ip4CustomObjects = @()
        if ($endpointSet.category -in ("Allow", "Optimize")) {
            $ip4CustomObjects = $ip4s | ForEach-Object {
                [PSCustomObject]@{
                    category = $endpointSet.category;
                    ip = $_;
                    tcpPorts = $endpointSet.tcpPorts;
                    udpPorts = $endpointSet.udpPorts;
                }
            }
        }
        $ip4CustomObjects
    }
    # IPv6 results
    $flatIp6s = $endpointSets | ForEach-Object {
        $endpointSet = $_
        $ips = $(if ($endpointSet.ips.Count -gt 0) { $endpointSet.ips } else { @() })
        # IPv6 strings contain colons
        $ip6s = $ips | Where-Object { $_ -like '*:*' }
        $ip6CustomObjects = @()
        if ($endpointSet.category -in ("Optimize")) {
            $ip6CustomObjects = $ip6s | ForEach-Object {
                [PSCustomObject]@{
                    category = $endpointSet.category;
                    ip = $_;
                    tcpPorts = $endpointSet.tcpPorts;
                    udpPorts = $endpointSet.udpPorts;
                }
            }
        }
        $ip6CustomObjects
    }

    # write output to screen
    Write-Output ("Client Request ID: " + $clientRequestId)
    Write-Output ("Last Version: " + $lastVersion)
    Write-Output ("New Version: " + $version.latest)
    Write-Output ""
    Write-Output "IPv4 Firewall IP Address Ranges"
    ($flatIp4s.ip | Sort-Object -Unique) -join "," | Out-String
    Write-Output "IPv6 Firewall IP Address Ranges"
    ($flatIp6s.ip | Sort-Object -Unique) -join "," | Out-String
    Write-Output "URLs for Proxy Server"
    ($flatUrls.url | Sort-Object -Unique) -join "," | Out-String
    Write-Output ("IP and URL data written to " + $datapath)

    # write output to data file
    Write-Output "Office 365 IP and UL Web Service data" | Out-File $datapath
    Write-Output "Worldwide instance" | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "" | Out-File $datapath -Append
    Write-Output ("Version: " + $version.latest) | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "" | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "IPv4 Firewall IP Address Ranges" | Out-File $datapath -Append
    ($flatIp4s.ip | Sort-Object -Unique) -join "," | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "" | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "IPv6 Firewall IP Address Ranges" | Out-File $datapath -Append
    ($flatIp6s.ip | Sort-Object -Unique) -join "," | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "" | Out-File $datapath -Append
    Write-Output "URLs for Proxy Server" | Out-File $datapath -Append
    ($flatUrls.url | Sort-Object -Unique) -join "," | Out-File $datapath -Append
}
else {
    Write-Host "Office 365 worldwide commercial service instance endpoints are up-to-date."
}

Python スクリプトExample Python Script

ここに示した Python スクリプトは、Windows 10 で Python 3.6.3 を使用してテストしたもので、これを実行すれば、更新されたデータに対して必要なアクションがあるかどうかを確認できます。このスクリプトは、Office 365 ワールドワイド インスタンス エンドポイントのバージョン番号をチェックします。変更がある場合は、エンドポイントをダウンロードし、Allow カテゴリと Optimize カテゴリのエンドポイントのフィルター処理を行います。また、複数の呼び出しにわたって一意の ClientRequestId を使用し、見つかった最新バージョンを一時ファイルに保存します。バージョンの更新を確認するために、1 時間に 1 回このスクリプトを呼び出す必要があります。Here is a Python script, tested with Python 3.6.3 on Windows 10, that you can run to see if there are actions you need to take for updated data. This script checks the version number for the Office 365 Worldwide instance endpoints. When there is a change, it downloads the endpoints and filters for the Allow and Optimize category endpoints. It also uses a unique ClientRequestId across multiple calls and saves the latest version found in a temporary file. You should call this script once an hour to check for a version update.

import json
import os
import urllib.request
import uuid
# helper to call the webservice and parse the response
def webApiGet(methodName, instanceName, clientRequestId):
    ws = "https://endpoints.office.com"
    requestPath = ws + '/' + methodName + '/' + instanceName + '?clientRequestId=' + clientRequestId
    request = urllib.request.Request(requestPath)
    with urllib.request.urlopen(request) as response:
        return json.loads(response.read().decode())
# path where client ID and latest version number will be stored
datapath = os.environ['TEMP'] + '\endpoints_clientid_latestversion.txt'
# fetch client ID and version if data exists; otherwise create new file
if os.path.exists(datapath):
    with open(datapath, 'r') as fin:
        clientRequestId = fin.readline().strip()
        latestVersion = fin.readline().strip()
else:
    clientRequestId = str(uuid.uuid4())
    latestVersion = '0000000000'
    with open(datapath, 'w') as fout:
        fout.write(clientRequestId + '\n' + latestVersion)
# call version method to check the latest version, and pull new data if version number is different
version = webApiGet('version', 'Worldwide', clientRequestId)
if version['latest'] > latestVersion:
    print('New version of Office 365 worldwide commercial service instance endpoints detected')
    # write the new version number to the data file
    with open(datapath, 'w') as fout:
        fout.write(clientRequestId + '\n' + version['latest'])
    # invoke endpoints method to get the new data
    endpointSets = webApiGet('endpoints', 'Worldwide', clientRequestId)
    # filter results for Allow and Optimize endpoints, and transform these into tuples with port and category
    flatUrls = []
    for endpointSet in endpointSets:
        if endpointSet['category'] in ('Optimize', 'Allow'):
            category = endpointSet['category']
            urls = endpointSet['urls'] if 'urls' in endpointSet else []
            tcpPorts = endpointSet['tcpPorts'] if 'tcpPorts' in endpointSet else ''
            udpPorts = endpointSet['udpPorts'] if 'udpPorts' in endpointSet else ''
            flatUrls.extend([(category, url, tcpPorts, udpPorts) for url in urls])
    flatIps = []
    for endpointSet in endpointSets:
        if endpointSet['category'] in ('Optimize', 'Allow'):
            ips = endpointSet['ips'] if 'ips' in endpointSet else []
            category = endpointSet['category']
            # IPv4 strings have dots while IPv6 strings have colons
            ip4s = [ip for ip in ips if '.' in ip]
            tcpPorts = endpointSet['tcpPorts'] if 'tcpPorts' in endpointSet else ''
            udpPorts = endpointSet['udpPorts'] if 'udpPorts' in endpointSet else ''
            flatIps.extend([(category, ip, tcpPorts, udpPorts) for ip in ip4s])
    print('IPv4 Firewall IP Address Ranges')
    print(','.join(sorted(set([ip for (category, ip, tcpPorts, udpPorts) in flatIps]))))
    print('URLs for Proxy Server')
    print(','.join(sorted(set([url for (category, url, tcpPorts, udpPorts) in flatUrls]))))

    # TODO send mail (e.g. with smtplib/email modules) with new endpoints data
else:
    print('Office 365 worldwide commercial service instance endpoints are up-to-date')

Web サービス インターフェース バージョニングWeb Service interface versioning

今後、これらの Web サービス メソッドのパラメーターまたは結果の更新が必要になる場合があります。Updates to the parameters or results for these web service methods may be required in the future. これらの Web サービスの一般的提供バージョンが公開された後、Microsoft では、Web サービスの重要な更新について事前通知を提供するよう合理的な範囲で努めます。After the general availability version of these web services is published, Microsoft will make reasonable efforts to provide advance notice of material updates to the web service. Microsoft は、更新プログラムにより Web サービスを使用しているクライアントが変更を行う必要が生じると判断した場合、新しいバージョンのリリース後、少なくとも 12 か月間、その Web サービスの以前のバージョン (1 つ前のバージョン) を使用できるようにします。When Microsoft believes that an update will require changes to clients using the web service, Microsoft will keep the previous version (one version back) of the web service available for at least 12 months after the release of the new version. お客様がその間にアップグレードを行わない場合、Web サービスとそのメソッドにアクセスできなくなる場合があります。Customers who do not upgrade during that time may be unable to access the web service and its methods. Web サービス インターフェイスのシグネチャに次の変更が加えられた場合、お客様は Web サービスのクライアントがエラーが発生することなく引き続き動作することを確認する必要があります。Customers must ensure that clients of the web service continue working without error if the following changes are made to the web service interface signature:

  • 古いクライアントによって提供される必要がなく、古いクライアントが受け取る結果に影響を与えない、新しいオプションのパラメーターを既存の Web メソッドに追加する。Adding a new optional parameter to an existing web method that doesn't have to be provided by older clients and doesn't impact the result an older client receives.
  • 応答 REST 項目の 1 つに新しい名前付き属性を追加する、または応答 CSV に列を追加する。Adding a new named attribute in one of the response REST items or additional columns to the response CSV.
  • 新しい Web メソッドに、古いクライアントから呼び出されない新しい名前を追加する。Adding a new web method with a new name that is not called by the older clients.

更新の通知Update notifications

IP アドレスと URL の変更が Web サービスに発行された際にメール通知を受け取るには、いくつかの方法があります。You can use a few different methods to get email notifications when changes to the IP addresses and URLs are published to the web service.

プロキシ PAC ファイルのエクスポートExporting a Proxy PAC file

Get-PacFile は Office 365 の IP アドレスと URL Web サービスから最新のネットワーク エンドポイントを読み取る PowerShell スクリプトで、サンプルの PAC ファイルを作成します。PowerShell Gallery Get-PacFile is a PowerShell script that reads the latest network endpoints from the Office 365 IP Address and URL Web service and creates a sample PAC file. You can modify the script so that it integrates with your existing PAC file management. Get-PacFile の使用に関する詳細情報については、「重要な Office 365 トラフィックの直接ルーティング用 PAC ファイルの使用」を参照してください。For information on using Get-PacFile, see Use a PAC file for direct routing of vital Office 365 traffic.

Office 365 の URL と IP アドレスの範囲Office 365 URLs and IP address ranges

Office 365 エンドポイントの管理Managing Office 365 endpoints

Office 365 エンドポイントの FAQOffice 365 endpoints FAQ

Office 365 ネットワーク接続の原則Office 365 Network Connectivity Principles

Office 365 のネットワークとパフォーマンスのチューニングOffice 365 network and performance tuning

Office 365 ネットワーク接続の評価Office 365 network connectivity principles

Skype for Business Online でのメディア品質とネットワーク接続のパフォーマンスMedia Quality and Network Connectivity Performance in Skype for Business Online

Skype for Business Online 向けのネットワークの最適化Optimizing your network for Skype for Business Online

ベースラインとパフォーマンス履歴を使用した、Office 365 のパフォーマンスのチューニングOffice 365 performance tuning using baselines and performance history

Office 365 のパフォーマンスに関するトラブルシューティングの計画Performance troubleshooting plan for Office 365