SharePoint Server のバックアップと回復の概要Overview of backup and recovery in SharePoint Server

適用対象:はい2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

SharePoint Serverのバックアップ アーキテクチャと回復プロセスには、ファームのバックアップと回復、段階的なバックアップと回復、および接続されていないコンテンツ データベースからの回復などが含まれます。バックアップと回復の操作は、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトまたは PowerShell コマンドレットを使用して実行できます。バックアップと回復の組み込みツールは必ずしも組織の要件をすべて満たすとは限らないので注意が必要です。The SharePoint Server backup architecture and recovery processes include farm backup and recovery, granular backup and recovery, and recovery from an unattached content database. You can complete backup and recovery operations by using the SharePoint Central Administration website or PowerShell cmdlets. Note that some built-in backup and recovery tools may not meet all the requirements of your organization.

SharePoint のバックアップと回復のシナリオSharePoint backup and recovery scenarios

データのバックアップと回復は、次のような多数のビジネス シナリオに対応しています。Backing up and recovering data supports many business scenarios, including the following:

  • ごみ箱やバージョン管理によって保護されていないコンテンツを誤って削除した状況からの回復Recovering unintentionally deleted content that is not protected by the recycle bin or versioning.

  • ハードウェアまたはソフトウェアのアップグレードの一環として行う、インストール間でのデータの移動Moving data between installations as part of a hardware or software upgrade.

  • 予期しない障害からの回復Recovering from an unexpected failure.

SharePoint Serverのバックアップ アーキテクチャBackup architecture in SharePoint Server

SharePoint Serverには、ファーム バックアップと段階的なバックアップの 2 種類のシステムが用意されています。SharePoint Server provides two backup systems: farm and granular.

SharePoint Server 2016のファーム バックアップのアーキテクチャFarm backup architecture in SharePoint Server 2016

SharePoint Serverのファーム バックアップのアーキテクチャは、コンテンツとサービス アプリケーション データベースの SQL Server バックアップを起動し、構成内容をファイルを書き込み、検索インデックス ファイルをバックアップし、それらを検索データベース バックアップと同期するというものです。The farm backup architecture in SharePoint Server starts a SQL Server backup of content and service application databases, writes configuration content to files, and also backs up the Search index files and synchronizes them with the Search database backups.

ファーム バックアップのしくみを次の図に示します。The following illustration shows the farm backup system.

SharePoint のファームのバックアップ システムSharePoint backup system for a farm

バックアップのアーキテクチャ (SharePoint Foundation)

このアーキテクチャは、完全バックアップと差分バックアップの両方に対応しています。"完全" バックアップは、システム全体の新しいバックアップを作成します。"差分" バックアップは、前回の完全バックアップ以降に保存されたすべての変更のバックアップを作成します。The architecture supports both full and differential backups. Full backups create a new backup of the complete system. Differential backups create a backup of all changes that are stored in databases since the last full backup.

ファーム バックアップ システムの構成は階層的です。バックアップの対象としてファームから次のコンポーネントを選択できます。The farm backup system is organized hierarchically. The components in a farm that you can select for backup include the following:

  • ファーム。ファームは最上位のオブジェクトです。ファームをバックアップするときは、次のオプションを選択できます。Farm The farm is the highest-level object. You can select from the following options when you perform a farm backup:

    • コンテンツと構成データ (既定)Content and configuration data (default)

      サーバー ファーム全体がバックアップされます。これには、構成データベースからの設定が含まれます。The whole server farm is backed up. This includes settings from the configuration database.

    • 構成のみConfiguration-only

      構成データベースの設定がバックアップされ、ファーム全体に構成を適用できます。詳細については、この記事の後の「構成のみのバックアップの用途と利点」を参照してください。Configuration database settings are backed up so that you can apply configurations across farms. For more information, see Configuration-only backup use and benefits later in this article.

  • Web アプリケーション。Web アプリケーション内で、バックアップするコンテンツ データベースを 1 つ以上選択できます。Web application Within a web application, you can select one or more of the content databases to back up.

    Web アプリケーションのバックアップに含まれるものは次のとおりです。A web application backup includes the following:

    • アプリケーション プール名とアプリケーション プール アカウントApplication pool name and application pool account

    • 認証設定Authentication settings

    • 通知、管理パスなど、Web アプリケーションの一般的な設定General web application settings such as alerts and managed paths

    • プロトコルの種類、ホスト ヘッダー、ポート番号など、インターネット インフォメーション サービス (IIS) のバインド情報Internet Information Services (IIS) binding information, such as the protocol type, host header and port number

    • オブジェクト モデルまたはサーバーの全体管理から行われた Web.config ファイルへの変更Changes to the Web.config file that were made through the object model or Central Administration

      注意

      フォームベース認証を使用する要求ベースのアプリケーションをサポートするように Web.config ファイルに変更が加えられている場合があります。これらの変更は手動で行われるため、バックアップに含まれません。詳細については、この記事の後の「ファーム バックアップ使用時の考慮事項」を参照してください。Changes to the Web.config file that were made to support claims-based applications that use forms-based authentication are not included in backups, because those changes are made manually. For more information, see Considerations for using farm backups later in this article.

    • サンドボックス ソリューションSandboxed solutions

      これらの設定を保護する方法の推奨事項については、「SharePoint Server でのバックアップと回復を計画する」を参照してください。For recommendations about how to protect these settings, see Plan for backup and recovery in SharePoint Server.

  • サービスとサービス アプリケーション (非共有)。共有されないサービスの例として、State Service があります。サービスとサービス アプリケーションのバックアップには、サービスまたはサービス アプリケーションの設定とそれに関連付けられたデータベースの設定が含まれます。Services and service applications (not shared) An example of a service that is not shared is the State Service. Service and service application backups contain the settings for a service or service application and any databases associated with it.

    重要

    サービス アプリケーションのバックアップには、関連するプロキシは含まれません。サービス アプリケーションとサービス アプリケーション プロキシの両方をバックアップするには、ファームをバックアップするか、バックアップを 2 回続けて行う必要があります。後者の場合、1 回目のバックアップではサービス アプリケーションを選択し、2 回目のバックアップでは関連するサービス アプリケーション プロキシを選択します。Backups of service applications do not include the related proxy. To back up both the service application and the service application proxy, you must either back up the farm or perform two consecutive backups. You select the service application in one backup, and you select the associated service application proxy in the second backup.

    SharePoint Serverから多数のサービス アプリケーション データベースを個別にバックアップすることはできません。サービス アプリケーション データベースのみをバックアップする場合は、SQL Server バックアップを使用する必要があります。Many service application databases cannot be backed up individually from SharePoint Server. To back up service application databases only, you must use SQL Server backup.

  • 共有されないサービス アプリケーションのプロキシProxies for service applications that are not shared

  • 共有サービス。共有サービスでは、サービス アプリケーションとサービス アプリケーション プロキシの両方を実行する必要があります。[共有サービス] ノードを選択して、そのファームのすべてのサービス アプリケーションと、関連するサービス アプリケーション プロキシをバックアップします。Shared Services Shared services require both a service application and a service application proxy to run. Select the Shared Services node to back up all of the service applications and the related service application proxies on the farm.

    注意

    バックアップ階層を使用すると、個々のサービス アプリケーションとサービス アプリケーション プロキシを個別に選択してバックアップできます。ただし、1 つまたはすべてのサービス アプリケーション、あるいは 1 つまたはすべてのプロキシを選択したときは、関連するオブジェクトは既定ではバックアップされません。The backup hierarchy enables you to select individual service applications and service application proxies to back up. However, when you select one or all service applications, or one or all proxies, the related objects are not backed up by default.

SharePoint Server 環境の設定によってはファーム バックアップに含まれないものがあることに注意してください。これらには Web サーバーに保存される次のような設定が該当します。Note that some settings in the SharePoint Server environment are not included in a farm backup. They include the following settings that are stored on web servers:

  • アプリケーション プール アカウントのパスワードApplication pool account passwords

  • HTTP 圧縮設定HTTP compression settings

  • タイムアウト設定Time-out settings

  • Internet Server Application Programming Interface (ISAPI) のユーザー設定フィルタCustom Internet Server Application Programming Interface (ISAPI) filters

  • コンピュータのドメイン メンバシップComputer domain membership

  • インターネット プロトコル セキュリティ (IPSec) 設定Internet Protocol security (IPsec) settings

  • ネットワーク負荷分散の設定Network Load Balancing settings

  • Secure Sockets Layer (SSL) 証明書Secure Sockets Layer (SSL) certificates

  • 専用 IP アドレスの設定Dedicated IP address settings

Search Service アプリケーションのバックアップ プロセスSearch service application backup process

Search Service アプリケーションのバックアップと回復は、アプリケーションのコンポーネント間の相互作用が複雑なので特別です。Back up and recovery of the Search service application is a special case because of the complexity of interactions between the components of the application.

Search Service アプリケーションのバックアップを開始すると、SharePoint Serverは、検索管理データベース、クロール データベース、およびプロパティ データベースの SQL Server バックアップを開始します。それと同時に、インデックス パーティション ファイルもバックアップされます。When you start a backup of the Search service application, SharePoint Server starts a SQL Server backup of the Search administration database, crawl databases, and property databases. The process also backs up the index partition files in parallel.

Search Service アプリケーションのバックアップと回復プロセスがサービス レベル アグリーメントに与える影響について検討します。たとえば、すべてのクロールを一時停止すると検索結果の鮮度にどのような影響が及ぶ可能性があるかについて検討します。Consider how the backup and recovery processes for the Search service application affect your service-level agreement. For example, consider how pausing all crawls might affect the freshness of search results.

バックアップ プロセスは次のとおりです。The backup process is as follows:

  1. マスター インデックスを維持するためにマスター結合が一時停止します。Master merges are paused to preserve the master index.

  2. データベースの完全バックアップが開始されます。A full database backup starts.

  3. マスター インデックスがバックアップされます。The master index is backed up.

  4. クロールが一時停止します。Crawls are paused.

    クロールが一時停止している時間は、SharePoint 検索の旧バージョンのバックアップ時間よりも大幅に短く、バックアップ プロセス全体で停止することはありません。The pause in crawling is much shorter than during a backup of earlier versions of SharePoint search, and does not last the full duration of the backup process.

  5. すべてのシャドウ インデックスがバックアップされます。All shadow indexes are backed up.

  6. データベースの増分バックアップが開始されます。An incremental database backup starts.

  7. クロールが再開します。Crawls are resumed.

  8. マスター結合が再開します。Master merges are resumed.

構成のみのバックアップの用途と利点Configuration-only backup use and benefits

構成のみのバックアップでは、構成データベースから構成設定を抽出してバックアップします。組み込みツールを使用して任意の構成データベースの構成をバックアップできます。その際、データベースがファームに接続されているかどうかは関係ありません。構成のバックアップ方法の詳細については、「SharePoint Server でファーム構成をバックアップする」を参照してください。A configuration-only backup extracts and backs up the configuration settings from a configuration database. You can use built-in tools to back up the configuration of any configuration database, whether it is currently attached to a farm or not. For detailed information about how to back up a configuration, see Back up farm configurations in SharePoint Server.

構成のバックアップは、同じサーバー ファームまたは別のサーバー ファームに復元できます。ファームの設定値が構成のバックアップに含まれている場合、構成を復元すると、該当するファームの設定値が上書きされます。構成のバックアップに含まれていないファームの設定は変更されません。ファームの構成を復元する方法の詳細については、「SharePoint Server でファームの構成を復元する」を参照してください。You can be restore a configuration backup to the same or another server farm. When you restore a configuration, you overwrite settings in the farm if values for those settings are in the configuration backup. Settings in the farm that are not in the configuration backup are not changed. For detailed information about how to restore a farm configuration, see Restore farm configurations in SharePoint Server.

注意

Web アプリケーションとサービス アプリケーションの設定は構成バックアップに含まれません。PowerShell コマンドレットを使用して、サービス アプリケーションの設定をドキュメント化およびコピーできます。詳細については、「SharePoint Server でファームの構成設定を文書化する」および「SharePoint Server のファーム間で構成設定をコピーする」を参照してください。Web application and service application settings are not included in a configuration backup. You can use PowerShell cmdlets to document and copy settings for service applications. For more information, see Document farm configuration settings in SharePoint Server and Copy configuration settings between farms in SharePoint Server.

次のような状況では、構成を別のファームに復元した方が適切であると考えられます。Situations in which you might want to restore a configuration from one farm to another farm include the following:

  • 環境全体で使用するように標準化されたファーム構成をレプリケートする場合Replicating a standardized farm configuration to be used throughout an environment.

  • 開発環境またはテスト環境から運用環境に構成を移動するMoving configurations from a development or test environment to a production environment.

  • スタンドアロン インストールからファーム環境に構成を移動するMoving configurations from a stand-alone installation to a farm environment.

  • スタンバイ環境の一部として機能するようにファームを構成する場合Configuring a farm to serve as part of a standby environment.

構成のみのバックアップの場合、SharePoint Serverは次の種類の設定を保存します。SharePoint Server stores the following kinds of settings in the configuration-only backup:

  • ウイルス対策Antivirus

  • Information Rights Management (IRM)Information rights management (IRM)

  • 送信電子メール設定 (上書きを実行する場合にのみ復元される)Outbound email settings (only restored when you perform an overwrite).

  • 信頼できるソリューションとして展開されるカスタマイズCustomizations deployed as trusted solutions

  • 診断ログDiagnostic logging

ファーム バックアップ使用時の考慮事項Considerations for using farm backups

ファーム バックアップを使用する前に、次の点を検討します。Consider the following before you use farm backups:

  • バックアップ用のスケジュール システムは組み込まれていません。バックアップのスケジュールを設定するには、PowerShell を使用してバックアップ スクリプトを作成し、Windows タスク スケジューラを使用してバックアップ スクリプトを定期的に実行する方法をお勧めします。There is no built-in scheduling system for backups. To schedule a backup, we recommend that you use PowerShell to create a backup script, and then use Windows Task Scheduler to run the backup script regularly.

  • IIS 設定を保護する方法として IIS メタベース バックアップを使用することはお勧めできません。この方法ではなく、必要な構成監視機能を備えたツール (System Center Configuration Manager など) を使用して、各 Web サーバーの IIS 構成をすべて文書に記録して保管します。We do not recommend that you use IIS metabase backup to protect IIS settings. Instead, document all IIS configurations for each web server by using a tool that provides the configuration monitoring you want, such as System Center Configuration Manager.

  • SharePoint Serverのバックアップと回復は、バックアップの圧縮、透過的なデータ暗号化など、SQL Server Enterprise の機能と共に実行できます。SharePoint Server backup and recovery can be run together with SQL Server Enterprise features such as backup compression and transparent data encryption.

    SQL Server Enterprise を実行している場合は、バックアップの圧縮を使用することをお勧めします。バックアップの圧縮の詳細については、「バックアップの圧縮 (SQL Server)」を参照してください。If you are running SQL Server Enterprise, we recommend that you use backup compression. For more information about backup compression, see Backup Compression (SQL Server).

    透過的なデータ暗号化を使用してデータベースを実行する場合は、キーを手動でバックアップおよび復元する必要があります。SharePoint Server のバックアップと復元では、キーに関する情報は維持されません。透過的なデータ暗号化の詳細については、「透過的なデータ暗号化 (TDE)」を参照してください。If you decide to run databases with transparent data encryption, you must manually back up the key and restore the key. SharePoint Server backup and restore will not remind you about the key. For more information about transparent data encryption, see Transparent Data Encryption (TDE).

  • コンテンツ データベースが SQL FILESTREAM リモート BLOB ストレージ (RBS) プロバイダーを使用するように設定されている場合は、バックアップ先のデータベース サーバーとバックアップの復元先のデータベース サーバーの両方に RBS プロバイダーがインストールされている必要があります。If a content database is set to use the SQL FILESTREAM remote BLOB storage (RBS) provider, the RBS provider must be installed both on the database server that is being backed up and on the database server to which you recover the backup.

  • SharePoint Server バックアップは、次の保護を行いません。SharePoint Server backup does not protect:

    • Web サーバーの Web.config ファイルに対する変更のうち、サーバーの全体管理またはオブジェクト モデルから行われていないもの。Changes to the Web.config file on web servers that are not made through Central Administration or the object model.

    • 信頼できるソリューションまたはセキュリティで保護されたソリューションの一部として展開されていないサイトのカスタマイズ。Customizations to a site that are not deployed as part of a trusted or sandboxed solution.

  • 複数のファームでサービス アプリケーションを共有する場合、交換済みの信頼証明書はファームのバックアップに含まれないことに注意する必要があります。証明書ストアを別にバックアップするか、証明書を別の場所に保持しておく必要があります。サービス アプリケーションを共有するファームを復元する場合、証明書のインポートと再展開を行い、すべてのファーム間信頼を再度確立する必要があります。If you share service applications across farms, be aware that trust certificates that have been exchanged are not included in farm backups. You must back up the certificate store separately or keep the certificates in a separate location. When you restore a farm that shares a service application, you must import and redeploy the certificates and then establish any inter-farm trusts again.

    詳細については、「信頼証明書をファーム間で交換する (SharePoint Server)」を参照してください。For more information, see Exchange trust certificates between farms in SharePoint Server.

  • 任意のクレームベース認証を使用するように構成されたファームまたは Web アプリケーションを復元するときに、重複したプロバイダーまたはその他のプロバイダーが有効になっているように見えることがあります。重複したプロバイダーが表示される場合は、各 Web アプリケーション ゾーンを手動で保存し、それらを削除する必要があります。When you restore a farm or Web application that is configured to use any kind of claims-based authentication, duplicate or additional providers may appear to be enabled. If duplicates appear, you must manually save each web application zone to remove them.

  • フォームベース認証を使用するように構成された Web アプリケーションを含むファームを復元する場合は追加の手順が必要です。Web.config ファイルにメンバーシップ プロバイダーとロール プロバイダーを再度登録し、プロバイダーを再度展開します。これらの手順は、Web アプリケーション レベルまたはファーム レベルのどちらのレベルで復元を行うかに関係なく実行する必要があります。Additional steps are required when you restore a farm that contains a web application that is configured to use forms-based authentication. You must register the membership and role providers again in the Web.config file, and then deploy the providers again. You must perform these steps whether you are restoring at the web application level or at the farm level.

    詳細については、「SharePoint Server で Web アプリケーションをバックアップする」、および「SharePoint Server でユーザー認証方法を計画する」を参照してください。For more information, see Back up web applications in SharePoint Server, and Plan for user authentication methods in SharePoint Server.

段階的なバックアップとエクスポートのアーキテクチャGranular backup and export architecture

段階的なバックアップとエクスポートのアーキテクチャでは、Transact-SQL クエリとエクスポート呼び出しを使用します。段階的なバックアップとエクスポートは、ファーム バックアップよりもデータの読み取り量と処理量の多い操作です。The granular backup and export architecture uses Transact-SQL queries and export calls. Granular backup and export is a more read-intensive and processing-intensive operation than farm backup.

段階的なバックアップ システムから、サイト コレクションをバックアップしたり、サイトまたはリストをエクスポートしたりできます。From the granular backup system, you can back up a site collection or export a site or list.

注意

サイトまたはリストのエクスポートにワークフローは含まれません。Workflows are not included in exports of sites or lists.

SQL Server Enterprise を実行している場合は、段階的なバックアップ システムで SQL Server データベース スナップショットを使用して、バックアップ中またはエクスポート中にデータの一貫性を維持できます。スナップショットを作成すると、SharePoint Server はそのスナップショットを使用してバックアップまたはエクスポート パッケージを作成し、その後、そのスナップショットを削除します。データベースのスナップショットはソース データベースにリンクされています。ソース データベースがオフラインになると、スナップショットは使用できなくなります。データベース スナップショットの詳細については、「データベース スナップショット」を参照してください。If you are running SQL Server Enterprise, the granular backup system can optionally use SQL Server database snapshots to make sure that data remains consistent while the backup or export is in progress. After you create a snapshot, SharePoint Server uses it to create the backup or export package, and then deletes the snapshot. Database snapshots are linked to the source database. When the source database is offline, the snapshot is unavailable. For more information about database snapshots, see Database Snapshots.

スナップショットを使用してサイト コレクションをバックアップする方法には、次のような利点があります。Benefits of backing up a site collection by using a snapshot include the following:

  • バックアップの実行中も、読み取られているデータの一貫性が維持されます。The snapshot makes sure that the data that is being read remains consistent while the operation is being performed.

  • データベース スナップショットからサイト コレクションをバックアップしている間も、ユーザーは引き続きサイト コレクションを操作できます。コンテンツの追加、編集、および削除も行うことができますが、バックアップはデータベース スナップショットに基づいて実行されるので、サイトに加えた変更内容はサイト コレクションのバックアップには含まれません。Users can continue to interact with the site collection while it is being backed up from the database snapshot. This includes adding, editing, and deleting content. However, the changes that users make to the live site will not be included in the site collection backup because the backup is based on the database snapshot.

一方で、データベース スナップショットはパフォーマンスに悪影響を及ぼすこともあります。However, database snapshots can adversely affect performance.

SQL FILESTREAM RBS プロバイダーを使用する構成になっているデータベースに保存されているコンテンツに段階的なバックアップとエクスポートを使用できます。You can use granular backup and export for content that is stored in a database that is configured to use the SQL FILESTREAM RBS provider.

注意

使用している RBS プロバイダーがスナップショットをサポートしていない場合は、コンテンツの展開またはバックアップでスナップショットを使用できません。たとえば、SQL FILESTREAM プロバイダーはスナップショットをサポートしていません。If the RBS provider that you use does not support snapshots, you cannot use snapshots for content deployment or backup. For example, the SQL FILESTREAM provider does not support snapshots.

注意

85 GB を超えるサイト コレクションのバックアップに SharePoint Server サイト コレクション バックアップを使用することはお勧めできません。We do not recommend that you use SharePoint Server site collection backup for site collections larger than 85 GB.

次の図は、段階的なバックアップとエクスポートのシステムを示しています。The following illustration shows the granular backup and export system.

サイト コレクションのバックアップSite collection backup

詳細なバックアップ/エクスポートのプロセス

SharePoint Serverの回復プロセスRecovery processes in SharePoint Server

SharePoint Serverは、次の主要な組み込み回復オプションをサポートしています。SharePoint Server supports the following primary, built-in recovery options:

  • 組み込みツールを使用して作成されたファーム バックアップからの復元。Restore from a farm backup that was created by using built-in tools.

  • ファーム バックアップ システムを使用して取得されたコンポーネントのバックアップからの復元。Restore from the backup of a component taken by using the farm backup system.

  • サイト コレクションのバックアップからの復元。Restore from a site collection backup.

  • 未接続のコンテンツ データベース機能を使用してコンテンツ データベースに接続し、データベースからデータをバックアップまたはエクスポートして、そのデータを復元またはインポートします。Connect to a content database by using the unattached content database feature, back up or export data from it, and then restore or import the data.

ファーム バックアップからの復元Restoring from a farm backup

ファーム バックアップから次のような項目を復元できます。Items that can be recovered from a farm backup include the following:

  • ファームFarm

    • コンテンツと構成データ (既定)Content and configuration data (default)

      サーバー ファーム全体が復元されます。The whole server farm is restored.

      これには、構成データベースと信頼できるソリューション パッケージからの設定が含まれます。This includes settings from the configuration database, and trusted solution packages.

    • 構成のみConfiguration-only

      構成データのみが復元されます。この復元により、構成のみのバックアップの内部で値が設定されている、ファーム内のすべての設定が上書きされます。Only the configuration data is restored. This overwrites any settings in the farm that have values that are set within the configuration-only backup.

  • Web アプリケーションWeb applications

    Web アプリケーションが復元されます。Restores web applications.

  • サービス アプリケーションService applications

    サービス アプリケーションが復元されます。SharePoint Serverでは復元プロセス中にサービス アプリケーション プロキシを完全に再構成できないため、サービス アプリケーションの回復は複雑になることがあります。サービス アプリケーション プロキシは復元されてもプロキシ グループに配置されません。したがって、サービス アプリケーション プロキシは Web アプリケーションに関連付けられません。Search Service アプリケーションの復元方法の詳細については、「Search Service アプリケーションの回復プロセス」を参照してください。特定のサービス アプリケーションの復元方法に関する具体的な情報については、「SharePoint Server でサービス アプリケーションを復元する」を参照してください。Restores service applications. Service application recovery can be complex because SharePoint Server cannot fully reconfigure service application proxies during the restore process. Although service application proxies are restored, they are not put in proxy groups. Therefore, service application proxies are not associated with any web applications. For more information about how to restore a Search service application, see Search service application recovery process. For specific information about how to restore specific service applications, see Restore service applications in SharePoint Server.

  • コンテンツ データベースContent databases

    コンテンツ データベースを復元すると、その関連サイト コレクションに関連付けられているセキュリティで保護されたソリューションも復元されます。When content databases are restored, the sandboxed solutions associated with the related site collections are also restored.

新規復元と上書き復元Restoring as new versus restoring as overwrite

SharePoint Serverの回復では、既定で、オブジェクトは同じ名前で既存のインスタンスを上書きするのではなく、オブジェクトの新しいインスタンスとして復元されます。By default, SharePoint Server recovery restores all objects as new instances of the object, instead of overwriting existing instances with the same name.

ファームまたはオブジェクトを新規で復元すると、オブジェクトのすべての GUID に新しい値が割り当てられるので、次のオブジェクトは調整しないと機能しません。When you restore a farm or object as new, the following objects will not work without adjustments, because all GUIDs for objects are assigned new values:

  • ファームFarm.

    ファームを新規で復元するときは、次の操作を行う必要があります。When you restore a farm as new, you must do the following:

    • 代替アクセス マッピングの設定を再作成します。SharePoint Serverの回復では、Web アプリケーションの既定ゾーンのみが復元されます。Recreate alternate access mapping settings. SharePoint Server recovery only restores the Default zone of the web application.

    • あらゆる Business Data Connectivity および Managed Metadata サービス アプリケーションの外部ソースの設定を再構成します。Reconfigure settings for any Business Data Connectivity and Managed Metadata service application external sources.

    • 復元時にサービス アプリケーション プロキシはプロキシ グループに割り当てられないため、サービス アプリケーション プロキシをプロキシ グループに再度割り当てます。Web アプリケーションはすべて既定のプロキシ グループに関連付けられます。必要に応じて、Web アプリケーションを他のプロキシ グループに関連付ける必要があります。Associate service application proxies with proxy groups again because service application proxies are not assigned to proxy groups when restored. All web applications will be associated with the default proxy group. You must associate web applications with other proxy groups if you want to do that.

  • Web アプリケーションWeb application

    • 指定した Web アプリケーションの名前と URL がファーム内の既存の Web アプリケーションの名前と URL と一致している場合、それらは SharePoint Serverの回復によって結合されます。If the name and URL of a web application that you provide match the name and URL an existing web application in the farm, SharePoint Server recovery combines them.

    • Web アプリケーションを結合しない場合は、新規で復元するときに Web アプリケーションの名前を変更する必要があります。If you do not want to combine web applications, you must rename the web application when you restore it as new.

    • Web アプリケーションを同じ環境に新規で復元するが、Web アプリケーションを結合しない場合は、他の多くのパラメーターとオブジェクトを変更する必要もあります。たとえば、異なるデータベース ファイル パスと異なるデータベース名を指定する必要がある場合があります。When you restore a web application as new in the same environment but do not combine web applications, many other parameters and objects must also be changed. For example, you may have to provide different database file paths and different database names.

  • サービス アプリケーションとサービス アプリケーション プロキシService applications and service application proxies

    • サービス アプリケーションを回復し、関連するサービス アプリケーション プロキシも回復する場合は、サービス アプリケーション プロキシをプロキシ グループに関連付ける必要があります。If you recover a service application and also recover the related service application proxy, you must associate the service application proxy with a proxy group.

    • サービス アプリケーションを回復し、関連するサービス アプリケーション プロキシを回復しない場合は、サービス アプリケーション プロキシを再作成する必要があります。If you recover a service application and do not also recover the related service application proxy, you must recreate the service application proxy.

      注意

      サービス アプリケーションを同じファームに新規で復元することはできません。別のファームであれば、サービス アプリケーションを新規で復元できます。You cannot restore a service application as new in the same farm. You can restore a service application as new in another farm.

オブジェクトを復元し、既存のオブジェクトを上書きするときは、変更は必要ありません。When you restore an object and overwrite the existing object, no changes are necessary.

Search Service アプリケーションの回復プロセスSearch service application recovery process

Search Service アプリケーションの回復プロセスは、新規または上書きのどちらで復元するかによって異なります。上書きで復元するときは、追加手順は必要ありません。The recovery process for the Search service application varies depending on whether you are restoring as new or restoring as overwrite. When you restore as overwrite, no additional steps are necessary.

新規で復元するときのプロセスは次のとおりです。The restore as new process is as follows:

  1. サービス アプリケーションを新規で復元し、復元時に新しいファーム トポロジ情報を指定します。Restore the service application as new, and specify the new farm topology information as you restore.

  2. サービス アプリケーション プロキシを新規で復元します。サービス アプリケーション プロキシを復元しなかった場合は、新しいサービス アプリケーション プロキシを作成し、それを Search Service アプリケーションと関連付ける必要があります。Restore the service application proxy as new. If you did not restore the service application proxy, you must create a new service application proxy and associate it with the Search service application.

  3. サービス アプリケーション プロキシと適切なプロキシ グループを関連付け、プロキシ グループ (既定のプロキシ グループではない場合) と適切な Web アプリケーションを関連付けます。Associate the service application proxy with the appropriate proxy group and associate the proxy group (if it is not the default proxy group) with the appropriate Web application.

  4. 最小限の特権の展開の場合は、Search Service および検索管理クエリ Web サービスを適切なアカウントで開始します。For least-privilege deployments, start the Search service and the Search admin query Web service with the appropriate account.

Search Service アプリケーションの回復方法の詳細については、「SharePoint Server で Search service アプリケーションを復元する」を参照してください。For more information about how to recover the Search service application, see Restore Search service applications in SharePoint Server.

サイト コレクションのバックアップからの復元Restoring from a site collection backup

サイト コレクションのバックアップからはサイト コレクションのみを回復できます。Only site collections can be recovered from a site collection backup.

接続されていないコンテンツ データベースからの回復Recovering from an unattached content database

接続されていないコンテンツ データベースとは、SQL Server のインスタンスには接続されているが、Web アプリケーションに関連付けられていないデータベースです。SharePoint Serverは、この接続されていないデータベースに接続し、そのデータベースからバックアップを実行できます。たとえば、SharePoint Serverは、サポートされているバックアップ テクノロジとコンテンツ データベースの SQL Server データベースのスナップショットから復元された読み取り専用コンテンツ データベースに接続できます。An unattached content database is a database that is attached to an instance of SQL Server but is not associated with a web application. SharePoint Server can connect to and back up from an unattached database. For example, SharePoint Server can connect to read-only content databases that were restored from any supported backup technology and SQL Server database snapshots of content databases.

回復は次の 2 段階のプロセスです。Recovery is the following two-stage process:

  1. 接続されていないコンテンツ データベースからオブジェクトをバックアップまたはエクスポートします。Back up or export the object from the unattached content database.

  2. 前の手順の出力を SharePoint Serverに復元またはインポートします。Restore or import the output of the prior step to SharePoint Server.

段階的なバックアップとエクスポートを使用して、接続されていないデータベースから次の項目をバックアップまたはエクスポートし、後で復元できます。The following items can be backed up or exported from an unattached database by using granular backup and export, and then restored:

  • サイト コレクションSite collection

    サイト コレクションのバックアップを使用してバックアップした後、サイト コレクションの復元を使用して回復します。Back up by using site collection backup, and then recover by using a site collection restore.

  • サイトSite

    エクスポートし、後からインポートします。Export, and then import.

  • リストとライブラリLists and libraries

    エクスポートの後、インポートします。Export, and then import.

インポートを使用して、SQL FILESTREAM RBS プロバイダーを使用するように構成されているデータベースからバックアップしたコンテンツを回復できます。SharePoint Serverは、そのコンテンツ データベース用に現在定義されているストレージ プロバイダーを使用して、回復されたコンテンツを保存します。コンテンツ データベースが RBS を使用するように設定されていない場合、データはコンテンツ データベースに保存されます。コンテンツ データベースが RBS を使用するように設定されている場合、データは RBS に保存されます。You can use import to recover content that you backed up from a database that is configured to use the SQL FILESTREAM RBS provider. SharePoint Server uses the currently defined storage provider for that content database to store recovered content. If the content database is not set to use RBS, the data will be stored in the content database; if the content database is set to use RBS, the data will be stored in RBS.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server でのバックアップと回復を計画するPlan for backup and recovery in SharePoint Server