SharePoint Server でのバックアップと回復を計画するPlan for backup and recovery in SharePoint Server

適用対象:はい2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

通常、バックアップと復元の計画は、SharePoint Server環境を展開する前に利用できるようにする必要があります。その後、データを保護するためには、SharePoint Serverの変更に応じてバックアップと復元の計画を維持して更新する必要があります。Typically, you want to have a backup and recovery plan available before you deploy your SharePoint Server environment. You then need to maintain and update your backup and recovery plan as your SharePoint Server changes to protect your data.

バックアップと復元を計画するうえで必要な各段階には、SharePoint Server 環境のバックアップと復元の戦略決定、使用するツールの選定などが含まれます。各段階は、ここに示されている順序で実行する必要はありません。また、この計画プロセスを繰り返し実行してもかまいません。The stages involved in planning for backup and recovery include determining backup and recovery strategies for a SharePoint Server environment and deciding which tools to use. The stages do not have to be done in the order listed, and the process may be iterative.

障害復旧のためにバックアップと復元を計画する場合、一般的なイベント、障害、エラー、および近隣や地域での緊急事態を考慮します。この記事のセクションでは、バックアップと復元の計画で対処する必要があるステージについて説明します。各ステージは、優れたバックアップを使用してSharePoint Server ファームを復元する最終目標に向けたステップです。段階は必要に応じてカスタマイズすることができます。すべてのバックアップと復元の計画は動的であり、現在の SharePoint Server 環境が反映されている必要があります。When you plan backup and recovery for disaster recovery, consider common events, failures, and errors; local emergencies; and regional emergencies. The sections in this article describe the stages that you must address in your backup and recovery plan. Each stage is a step toward the final goal of a good backup to use to recover your SharePoint Server farm. You can customize the stages to meet your needs. Note that your overall backup and recovery plan is dynamic and must reflect your current SharePoint Server environment.

SharePoint Server のバックアップと復元の詳細については、「SharePoint Server のバックアップと回復の概要」を参照してください。For more information about SharePoint Server backup and recovery, see Overview of backup and recovery in SharePoint Server.

SharePoint ファームおよびサービスのビジネス要件を定義するDefine business requirements for SharePoint farms and services

ビジネス要件を定義するには、環境内の各ファームおよびサービスについて以下の目標を決定します。To define business requirements, determine the following for each farm and service in the environment:

  • 目標復旧時点 (RPO): 最後にバックアップを取ってから次に障害が発生するまでに許容できる最長時間の目標値。障害が発生してもビジネスに支障が生じないデータ量がどの程度かによって決定します。Recovery point objective (RPO) is the objective for the maximum time period between the last available backup and any potential failure point. It is determined by how much data that the business can afford to lose if a failure were to occur.

  • 目標復旧時間 (RTO): データ復元プロセスにかかる最長時間の目標値。サイトまたはサービスが使用不能になってもビジネスに支障が生じない時間によって決定します。Recovery time objective (RTO) is the objective for the maximum time that a data recovery process will take. It is determined by the time that the business can afford for the site or service to be unavailable.

  • 目標復旧レベル (RLO): データを復元するときの復元範囲の単位 (ファーム全体、Web アプリケーション、サイト コレクション、サイト、リストまたはライブラリ、あるいはアイテム) を定義する目標。Recovery level objective (RLO) is the objective that defines the granularity with which you must be able to recover data — whether you must be able to recover the whole farm, Web application, site collection, site, list or library, or item.

RPO と RTO の期間が短いほど、また RLO の復元単位が小さいほど、コストが増える傾向があります。Shorter RPO and RTO, and finer granularity of RLO, all typically cost more.

SharePoint 環境内での保護および復元対象を選択するChoose what to protect and recover in your SharePoint environment

環境内のどのコンポーネントを保護し、それらをどの単位で復元できるようにするかは、ビジネス要件を考慮して決定します。Your business requirements will help you determine which components of the environment that you must protect, and the granularity with which you must be able to recover them.

次の表は、SharePoint 環境内で保護対象にできるコンポーネント、および各コンポーネントのバックアップと復元に使用できるツールを示しています。お気づきのように、どちらの表も似ていますが、各 SharePoint Server 版用に特定のバックアップ コンポーネントが示されています。The following tables list components of a SharePoint environment that you might decide to protect, and the tools that can be used to back up and recover each component. As you'll notice, both tables are similar but specific backup components are shown for each SharePoint Server edition.

バックアップと復元の対象となる SharePoint Server 2016 のコンポーネントSharePoint Server 2016 components for backup and recovery

コンポーネントComponent SharePoint バックアップSharePoint backup SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) SQL Server 2016SQL Server 2016 System Center 2016 - Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップ 2 (UR2)System Center 2016 - Data Protection Manager Update Rollup 2 (UR2) ファイル システム バックアップFile system backup
ファームFarm
はいYes
はい (6)Yes (6)
サービス アプリケーションService applications
はいYes
Web アプリケーションWeb application
はいYes
コンテンツ データベースContent databases
はいYes
はいYes
はいYes
はいYes
サイト コレクションSite collection
はい (1、2)Yes (1, 2)
はい (1、2)Yes (1, 2)
はい (1、2)Yes (1, 2)
はい (1、2)Yes (1, 2)
サイトSite
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はいYes
ドキュメント ライブラリまたはリストDocument library or list
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はいYes
リスト アイテムまたはドキュメントList item or document
はいYes
リモート BLOB ストアに格納されたコンテンツContent stored in remote BLOB stores
はい (3)Yes (3)
はい (3)Yes (3)
はい (3)Yes (3)
はい (3)Yes (3)
ソリューション パッケージとして展開されたカスタマイズCustomizations deployed as solution packages
はい (7)Yes (7)
はい (7)Yes (7)
はい (7)Yes (7)
はい (6、7)Yes (6, 7)
サーバーの全体管理または API を使用して Web.config に加えられた変更Changes to Web.config made by using Central Administration or an API
はいYes
はいYes
はいYes
はい (4)Yes (4)
SharePoint の構成設定SharePoint configuration settings
はい (2、8)Yes (2, 8)
はい (2、8)Yes (2, 8)
はい (2、8)Yes (2, 8)
はい (2、9)Yes (2, 9)
ソリューション パッケージとして展開されていないカスタマイズCustomizations not deployed as solution packages
はい (ファイルとして保護されている場合はファイルを復元可能)。(4、5)Yes, files can be recovered if protected as files. (4, 5)
はいYes
サーバーの全体管理または API を使用しないで Web.config に加えられた変更Changes to Web.config not made by using Central Administration or an API
はい (4)Yes (4)
はいYes
SharePoint Server 2016で設定されていない IIS 構成IIS configurations not set through SharePoint Server 2016
はい (5)Yes (5)
はいYes
SQL Server Reporting Services データベース SQL Server Reporting Services databases
はいYes
はいYes
はいYes

(1) データベースに格納されているサイト コレクションが 1 つだけの場合は、サイト コレクションの復元にファーム レベルおよびデータベース レベルのバックアップと復元を使用できます。(1) Farm-level and database-level backup and restore can be used for site collection recovery if a single site collection is stored in a database.

(2) サイト コレクション、サイト、リスト、および構成を復元する場合は、SharePoint Server 2016 の未接続データベース復元でファーム レベルおよびデータベース レベルのバックアップを使用できます。(2) Farm-level and database-level backups can be used with SharePoint Server 2016 unattached database recovery to restore site collections, sites, lists, and configurations.

(3) リモート BLOB ストアに保存されたコンテンツを System Center Data Protection Manager で復元することはできません。(3) Content stored in remote BLOB stores cannot be restored by using System Center Data Protection Manager.

(4) Web.config に加えられた変更は、DPM からファイル システム バックアップを使用してバックアップできます。(4) Changes to Web.config can be backed up by using file system backup from DPM.

(5) IIS 構成は、DPM からベア メタル バックアップを使用して復元できます。(5) IIS configurations can be recovered by using a bare-metal backup from DPM.

(6) DPM は、ベア メタル バックアップと SharePoint Server 2016 バックアップの組み合わせを使用して、このアイテムを復元できます。オブジェクトとしてバックアップおよび復元することはできません。(6) DPM can recover this item by using a combination of a bare-metal backup and SharePoint Server 2016 backup. It cannot be backed up and recovered as an object.

(7) 完全に信頼できるソリューション パッケージは構成データベースに格納され、サンドボックス ソリューションはコンテンツ データベースに格納されます。これらは、ファームまたはコンテンツ データベースの復元の一環として復元できます。(7) Fully-trusted solution packages are stored in the configuration database, and sandboxed solutions are stored in content databases. They can be recovered as part of farm or content database recovery.

(8) 構成設定はファームレベルのバックアップから復元できます。詳細については、「ファームを復元する (SharePoint Server)」を参照してください。(8) Configuration settings can be recovered from farm-level backups. For more information, see Restore farms in SharePoint Server.

(9) サーバーの全体管理 コンテンツ データベースと、SharePoint Server 2016 ファームの構成データベースは、同じコンピューターで同じファームに対する完全ファーム バックアップの一環としてのみ復元できます。(9) The Central Administration content database and the configuration database for a SharePoint Server 2016 farm can be recovered but only as part of a full-farm recovery to the same farm, with the same computers.

詳細については、「アナウンス: 強化されたセキュリティで Server 2016 のワークロードを保護する」を参照してください。For more information, see Announcement: Protect your Server 2016 workloads with Enhanced Security.

バックアップと復元の対象となる SharePoint 2013 のコンポーネントSharePoint 2013 components for backup and recovery

コンポーネントComponent SharePoint バックアップSharePoint backup SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) (累積的な更新プログラム 2 を適用済み)SQL Server 2008 with Service Pack 1 (SP1) and Cumulative Update 2 SQL Server 2012SQL Server 2012 System Center 2012 - Data Protection Manager (DPM)System Center 2012 - Data Protection Manager (DPM) ファイル システム バックアップFile system backup
ファームFarm
はいYes
はい (6)Yes (6)
サービス アプリケーションService applications
はいYes
Web アプリケーションWeb application
はいYes
コンテンツ データベースContent databases
はいYes
はいYes
はいYes
はいYes
サイト コレクションSite collection
はい (1、2)Yes (1, 2)
はい (1、2)Yes (1, 2)
はい (1、2)Yes (1, 2)
はい (1、2)Yes (1, 2)
サイトSite
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はいYes
ドキュメント ライブラリまたはリストDocument library or list
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はい (2)Yes (2)
はいYes
リスト アイテムまたはドキュメントList item or document
はいYes
リモート BLOB ストアに格納されたコンテンツContent stored in remote BLOB stores
はい (3)Yes (3)
はい (3)Yes (3)
はい (3)Yes (3)
はい (3)Yes (3)
ソリューション パッケージとして展開されたカスタマイズCustomizations deployed as solution packages
はい (7)Yes (7)
はい (7)Yes (7)
はい (7)Yes (7)
はい (6、7)Yes (6, 7)
サーバーの全体管理または API を使用して Web.config に加えられた変更Changes to Web.config made by using Central Administration or an API
はいYes
はいYes
はいYes
はい (4)Yes (4)
SharePoint の構成設定SharePoint configuration settings
はい (2、8)Yes (2, 8)
はい (2、8)Yes (2, 8)
はい (2、8)Yes (2, 8)
はい (2、9)Yes (2, 9)
ソリューション パッケージとして展開されていないカスタマイズCustomizations not deployed as solution packages
はい (ファイルとして保護されている場合はファイルを復元可能)。(4、5)Yes, files can be recovered if protected as files. (4, 5)
はいYes
サーバーの全体管理または API を使用しないで Web.config に加えられた変更Changes to Web.config not made by using Central Administration or an API
はい (4)Yes (4)
はいYes
SharePoint 2013 で設定されていない IIS 構成IIS configurations not set through SharePoint 2013
はい (5)Yes (5)
はいYes
SQL Server Reporting Services データベース SQL Server Reporting Services databases
はいYes
はいYes
はいYes

(1) データベースに格納されているサイト コレクションが 1 つだけの場合は、サイト コレクションの復元にファーム レベルおよびデータベース レベルのバックアップと復元を使用できます。(1) Farm-level and database-level backup and restore can be used for site collection recovery if a single site collection is stored in a database.

(2) サイト コレクション、サイト、リスト、および構成を復元する場合は、SharePoint 2013 の未接続データベース復元でファーム レベルおよびデータベース レベルのバックアップを使用できます。(2) Farm-level and database-level backups can be used with SharePoint 2013 unattached database recovery to restore site collections, sites, lists, and configurations.

(3) リモート BLOB ストアに保存されたコンテンツを System Center Data Protection Manager で復元することはできません。(3) Content stored in remote BLOB stores cannot be restored by using System Center Data Protection Manager.

(4) Web.config に加えられた変更は、DPM からファイル システム バックアップを使用してバックアップできます。(4) Changes to Web.config can be backed up by using file system backup from DPM.

(5) IIS 構成は、DPM からベア メタル バックアップを使用して復元できます。(5) IIS configurations can be recovered by using a bare-metal backup from DPM.

(6) DPM は、ベア メタル バックアップと SharePoint 2013 バックアップの組み合わせを使用して、このアイテムを復元できます。オブジェクトとしてバックアップおよび復元することはできません。(6) DPM can recover this item by using a combination of a bare-metal backup and SharePoint 2013 backup. It cannot be backed up and recovered as an object.

(7) 完全に信頼できるソリューション パッケージは構成データベースに格納され、サンドボックス ソリューションはコンテンツ データベースに格納されます。これらは、ファームまたはコンテンツ データベースの復元の一環として復元できます。(7) Fully-trusted solution packages are stored in the configuration database, and sandboxed solutions are stored in content databases. They can be recovered as part of farm or content database recovery.

(8) 構成設定はファームレベルのバックアップから復元できます。詳細については、「ファームを復元する (SharePoint Server)」を参照してください。(8) Configuration settings can be recovered from farm-level backups. For more information, see Restore farms in SharePoint Server.

(9) サーバーの全体管理 コンテンツ データベースと、SharePoint 2013 ファームの構成データベースは、同じコンピューターで同じファームに対する完全ファーム バックアップの一環としてのみ復元できます。(9) The Central Administration content database and the configuration database for a SharePoint 2013 farm can be recovered but only as part of a full-farm recovery to the same farm, with the same computers.

注意

stsadm.exe の -o -registerwsswriter 操作によって SharePoint 2013 のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) ライターを構成することにより、SharePoint 2013 を Windows Server バックアップに登録できます。これで Windows Server バックアップにより、サーバー全体のバックアップに SharePoint 2013 が含められます。Windows Server バックアップから復元する場合、SharePoint Foundation (インストールされている SharePoint 2013 のバージョンにはよらない) と、バックアップの復元時にそのサーバー上の SharePoint 2013 の VSS ライターによって報告されるすべてのコンポーネントを選択できます。 > Windows Server バックアップは、単一サーバー展開でのみ使用することをお勧めします。You can register SharePoint 2013 with Windows Server Backup by using the stsadm.exe -o -registerwsswriter operation to configure the Volume Shadow Copy Service (VSS) writer for SharePoint 2013. Windows Server Backup then includes SharePoint 2013 in server-wide backups. When you restore from a Windows Server backup, you can select SharePoint Foundation (regardless of which version of SharePoint 2013 is installed), and all components reported by the VSS writer for SharePoint 2013 on that server at the time of the backup will be restored. > Windows Server Backup is recommended only for use with for single-server deployments.

SharePoint コンテンツ データベース内からの復元対象を選択するChoose what to recover from within SharePoint content databases

コンテンツ データベース内からは、サイト コレクション、サイト、リスト、およびライブラリを復元できます。From within a content database, you can recover site collections, sites, lists and libraries.

バックアップおよび復元ツールでは、コンテンツ データベース内のコンテンツをさまざまなレベルで復元できます。コンテンツ データベース内のオブジェクトを復元するのは、コンテンツ データベース全体を復元するよりも常に複雑になります。Backup and recovery tools provide different levels of recovery for content in a content database. Recovering an object from within a content database is always more complex than recovering the whole content database.

カスタマイズを保護するProtecting customizations

SharePoint サイトのカスタマイズは、以下の範囲で行われます。Customizations to SharePoint sites can include the following:

  • マスター ページ、ページ レイアウトおよびカスケード スタイル シート。これらのオブジェクトは、Web アプリケーションのコンテンツ データベースに格納されます。Master pages, page layouts and cascading style sheets. These objects are stored in the content database for a web application.

  • Web パーツ、サイトまたはリストの定義、カスタム列、新しいコンテンツの種類、カスタム フィールド、カスタム アクション、コード化されたワークフロー、ワークフローの操作と条件。Web Parts, site or list definitions, custom columns, new content types, custom fields, custom actions, coded workflows, or workflow activities and conditions.

  • IFilter などのサードパーティ製ソリューションと、これに関連付けられたバイナリファイルおよびレジストリ キー。Third-party solutions and their associated binary files and registry keys, such as IFilters.

  • 標準 XML ファイルに対する変更。Changes to standard XML files.

  • カスタムのサイト定義 (Webtemp.xml)。Custom site definitions (Webtemp.xml).

  • Web.config ファイルに対する変更。Changes to the Web.config file.

カスタマイズの展開方法と Web.config ファイルの変更方法は、カスタマイズのバックアップと復元にどのツールを使用できるかに大きく影響します。復元の可能性を最大限にするには、ソリューション パッケージを使用してカスタマイズを展開し、サーバーの全体管理または SharePoint API とオブジェクト モデルを使用して Web.config ファイルを構成することをお勧めします。How customizations are deployed, and how changes are made to the Web.config file, have a significant effect on which tools can be used to back up and recover customizations. To provide the greatest opportunity for recovery, we recommend that you use solution packages to deploy customizations and use Central Administration or the SharePoint APIs and object model to configure the Web.config file.

ワークフローを保護するProtecting workflows

ワークフローは、バックアップおよび復元できるカスタマイズの特殊なケースです。バックアップおよび復元の計画では、ご使用の環境に当てはまる次のいずれかのシナリオに対処するようにしてください。Workflows are a special case of customizations that you can back up and recover. Make sure that your backup and recovery plan addresses any of the following scenarios that apply to your environment:

  • 宣言型ワークフロー (SharePoint Designerで作成したものなど) は、展開先のサイト コレクションのコンテンツ データベースに保存されます。コンテンツ データベースをバックアップすることで、これらのワークフローは保護されます。Declarative workflows, such as those that you created in SharePoint Designer, are stored in the content database for the site collection to which they are deployed. Backing up the content database protects these workflows.

  • カスタムの宣言型ワークフロー アクションのコンポーネントは、次の 3 つの場所にあります。Custom declarative workflow actions have components in the following three locations:

    • アクティビティの Visual Studio アセンブリは、グローバル アセンブリ カタログ (GAC) に保存されます。The Visual Studio assemblies for the Activities are stored in the global assembly catalog (GAC).

    • XML 定義ファイル (.ACTIONS ファイル) は、15\TEMPLATE{LCID}\Workflow ディレクトリに保存されます。The XML definition files (.ACTIONS files) are stored in the 15\TEMPLATE{LCID}\Workflow directory.

    • アクティビティを許可された種類として指定する XML エントリは、そのアクティビティが使用される Web アプリケーションの Web.config ファイルに保存されます。An XML entry to mark the activity as an authorized type is stored in the Web.config file for the Web applications in which it is used.

      ファームのワークフローでカスタム アクションを使用する場合は、ファイル バックアップ システムを使用してこれらのファイルと XML エントリを保護する必要があります。Web パーツやイベント レシーバーといった SharePoint Serverの機能と同様、これらのファイルは復元後、必要に応じてファームへの再適用が必要になります。If your farm workflows use custom actions, you should use a file backup system to protect these files and XML entries. Similar to SharePoint Server features such as Web Parts and event receivers, these files should be reapplied to the farm as needed after recovery.

  • Visual Studio を使用して作成されるワークフローのように、カスタム コードに依存するワークフローは、2 つの場所に保存されます。ワークフローの Visual Studio アセンブリはグローバル アセンブリ カタログ (GAC) に保存され、XML 定義ファイルは Features ディレクトリに保存されます。この点は、Web パーツ、イベント レシーバーなど、SharePoint Serverの他の種類の機能と同じです。ワークフローがソリューション パッケージの一部としてインストールされている場合は、コンテンツ データベースをバックアップすることで、これらのワークフローは保護されます。Workflows that depend on custom code, such as those that are created by using Visual Studio, are stored in two locations. The Visual Studio assemblies for the workflow are stored in the global assembly catalog (GAC), and the XML definition files are stored in the Features directory. This is the same as other kinds of SharePoint Server features such as Web Parts and event receivers. If the workflow was installed as part of a solution package, backing up the content database protects these workflows.

  • ワークフローが展開されるサイト コレクション以外のサイト コレクションとやり取りするカスタム ワークフローを作成する場合は、双方のサイト コレクションをバックアップしてワ-クフローを保護する必要があります。こうしたワークフローには、別のサイト コレクションの履歴リストまたはその他のカスタム リストに書き込むものがあります。ファーム内のすべてのサイト コレクションとそれらに関連付けられたすべてのワークフローをバックアップするには、ファーム バックアップの実行で十分です。詳細については、「SharePoint Server でカスタマイズをバックアップする」の「SharePoint でワークフローをバックアップする」を参照してください。If you create a custom workflow that interacts with a site collection other than the one where the workflow is deployed, you must back up both site collections to protect the workflow. This includes workflows that write to a history list or other custom list in another site collection. Performing a farm backup is sufficient to back up all site collections in the farm and all workflows that are associated with them. For more information, see "Back up workflows in SharePoint" in Back up customizations in SharePoint Server.

  • まだ展開されていないワークフローは、他のデータ ファイルと同様に、個別にバックアップおよび復元を行う必要があります。新しいワークフローを開発していて、そのワークフローを SharePoint Server ファームにまだ展開していない場合は、Windows Server バックアップまたは別のファイル システム バックアップ アプリケーションを使用してワークフロー プロジェクト ファイルの保存先フォルダーをバックアップしてください。Workflows that are not yet deployed must be backed up and restored separately like any other data file. When you are developing a new workflow but have not yet deployed it to the SharePoint Server farm, make sure that you back up the folder where you store your workflow project files by using Windows Server Backup or another file system backup application.

サービス アプリケーションを保護するProtecting service applications

SharePoint Server環境内のサービス アプリケーションは、サービス設定と 1 つ以上のデータベースで構成される場合と、サービス設定のみで構成される場合があります。データベースだけを復元してもサービス アプリケーションを完全には復元できません。ただし、サービス アプリケーションのデータベースを復元してから、そのサービス アプリケーションを準備することはできます。詳細については、「SharePoint Server でサービス アプリケーションを復元する」を参照してください。Service applications in a SharePoint Server environment can be made up of both service settings and one or more databases, or only service settings. You cannot restore a complete service application by restoring the database only. However, you can restore the databases for a service application and then provision the service application. For more information, see Restore service applications in SharePoint Server.

SQL Server Reporting Services データベースを保護するProtecting SQL Server Reporting Services databases

SharePoint Serverのバックアップと復元には SQL Server Reporting Services データベースは含まれません。SharePoint Server では SQL Server ツールを使用する必要があります。詳細については、「Reporting Services のバックアップおよび復元操作」を参照してください。SharePoint Server backup and recovery does not include SQL Server Reporting Services databases. You must use SQL Server tools for SharePoint Server. For more information, see Backup and Restore Operations for Reporting Services.

SharePoint のバックアップと復元ツールを選択するChoose SharePoint backup and recovery tools

バックアップおよび復元に適したツールを選定するときは、使用可能な時間とリソースの範囲内でビジネスに設定した継続性要件を満たすことができるかどうかを判断する必要があります。To select the correct tools for backup and recovery, you must determine whether you can meet the continuity requirements that you have set for your business within your budget for time and resources.

ツールを選ぶときに考慮すべき主なポイントは次のとおりです。Key things to consider when you select tools include the following:

  • バックアップの速度: データベースのメンテナンス時間内に実行できるか。バックアップ システムをテストして、使用しているハードウェアでニーズを満たすことを確認してください。Speed of backup: Can the tool perform within the maintenance window for your databases? You should test any backup system to make sure that it meets your needs on your hardware.

  • 復元の完全性。Completeness of recovery.

  • 復元できるオブジェクトの単位。Granularity of objects that can be recovered.

  • サポートされるバックアップの種類 (完全、差分、増分)。Backup type supported (full, differential, or incremental).

  • ツール管理の複雑さ。Complexity of managing the tool.

SharePoint Server で使用できるバックアップおよび復元システムの詳細については、以下の技術情報を参照してください。For detailed information about the backup and recovery systems that can be used with SharePoint Server, see the following resources:

SharePoint のバックアップおよび復元の戦略を決定するDetermine SharePoint backup and recovery strategies

ビジネス要件、復元のニーズ、および選定したツールに基づいて、環境に合ったバックアップおよび復元の戦略を決定し、文書化します。Based on your business requirements, recovery needs, and the tools that you have selected, determine and document the backup and recovery strategies for your environment.

SharePoint Server環境をサポートする IT 部門では、使用する戦略を決定するとき、環境の保護に複数のツールを使おうと考えることがよくあります。It is common for IT departments that support SharePoint Server environments to decide to use more than one tool to protect the environment, as they determine the strategies that they will use.

たとえば、DBA で管理されるデータベースを持つ環境では、以下の戦略が使用されます。For example, in an environment that has databases that are managed by DBAs, the strategies in the following list might be employed:

  • SharePoint Server では SQL Server を使用して、すべてのデータベースをバックアップします。バックアップ間隔は、以下の要因に基づいて設定します。All databases are backed up by SQL Server for SharePoint Server. The backup interval that is set is based on the following:

    • コンテンツまたはサービスの重要度。The importance of the content or service.

    • バックアップが環境のパフォーマンスに及ぼす影響。The effect on performance that the backup has on the environment.

  • 小規模で頻繁に変更されビジネスに大きく影響するコンテンツ データベースを、追加的に保護するために SQL Server の各データベース スナップショットとして別の物理ディスクに格納します。データベースごとに 1 つのスナップショットのみが格納され、スナップショットは定期的に破棄されるので、パフォーマンスへの影響は最小限に抑えられます。データベースごとに設定されるスナップショット間隔は、以下の要因に基づきます。Small, quickly changing, very high-business-affect content databases are additionally protected by SQL Server database snapshots that are stored on a separate physical disk. Only one snapshot is stored per database, and snapshots are discarded regularly so that the effect on performance is minimized. The snapshot interval that is set for each database is based on the following:

    • コンテンツまたはサービスの重要度。The importance of the content or service.

    • データベースの標準的な変更速度。The standard rate of change for the database.

    • スナップショットが環境のパフォーマンスに及ぼす影響。The effect on performance that the snapshot has on the environment.

    • スナップショットを格納するのに必要な領域。The amount of space that is required to store the snapshot.

      SharePoint Serverでは、スナップショットとその基本となるデータベースを未接続データベースとして処理できるので、スナップショットから復元する方が、標準の復元よりも高速です。ただし、スナップショットを作成することで、基本となるデータベースのパフォーマンスが低下する可能性があります。スナップショットを実装する前に、システムのパフォーマンスに及ぼす影響をテストし、スナップショットを定期的に削除して、必要な領域を削減することをお勧めします。Recovering from a snapshot is faster than standard recovery because a snapshot, and its underlying database, can be treated by SharePoint Server as an unattached database. However, creating snapshots can decrease the performance of the underlying database. We recommend that the effect that snapshots have on the performance of the system be tested before they are implemented, and that snapshots be discarded regularly to reduce the space that is required.

      注意

      リモート BLOB ストレージ (RBS) を使用していて、使用している RBS プロバイダーがスナップショットをサポートしていない場合、バックアップにスナップショットを使用できません。たとえば、FILESTREAM プロバイダーはスナップショットをサポートしていません。If you are using Remote Blob Storage (RBS), and the RBS provider that you are using does not support snapshots, you cannot use snapshots for backup. For example, the FILESTREAM provider does not support snapshots.

  • サービス アプリケーションの保護に SharePoint Server バックアップを使用する。バックアップ間隔は以下の要因に基づいて設定する。SharePoint Server backup is used to protect service applications. The backup interval is based on the following:

    • サービスの重要度。The importance of the service.

    • データベースに対する変更の標準速度。The standard rate of change for the database.

    • バックアップがデータベースのパフォーマンスに及ぼす影響。The effect on performance that the backup has on the database.

  • すべての復元操作を SharePoint Serverから実行する。どの復元システムを選択するかは、使用できるバックアップの種類と復元対象のオブジェクトによって決定する。All restore operations are performed through SharePoint Server. The choice of which restore system to use is determined by the kind of backup that is available and the object being restored.

その他のツールについては、ビジネス継続性戦略の一環となるものを使用してください。環境全体のサイト コレクションでのごみ箱とバージョン管理の使用方法を検討してください。詳細については、「SharePoint Server で高可用性および障害回復を計画する」を参照してください。Other tools should be part of your business continuity strategy. Consider how you will use recycle bins and versioning in site collections throughout the environment. For more information, see Plan for high availability and disaster recovery for SharePoint Server.

SharePoint のバックアップおよび復元の戦略を設計するときにパフォーマンスを計画するPlan for performance when designing your SharePoint backup and recovery strategy

バックアップおよび復元の戦略を計画するときには、バックアップと復元によるシステム パフォーマンスへの影響を軽減するために、以下の推奨事項について検討します。As you plan your backup and recovery strategy, consider the following recommendations to help you decrease the effect of backup and recovery on system performance.

設計上、ほとんどのバックアップ ジョブは、メンテナンスの時間内にジョブを終了するためにできるだけ多くの I/O リソースを消費するようになっています。そのため、ディスクで処理待ちが発生して、すべての I/O 要求への応答が通常よりも遅く感じられることがあります。これは一般的な動作であり、問題と見なす必要はありません。By design, most backup jobs consume as many I/O resources as they can to finish the job in the available time for maintenance. Therefore, you might see disk queuing and you might see that all I/O requests come back more slowly than usual. This is typical and should not be considered a problem.

SQL Server およびストレージの構成に関する推奨事項に従うFollow recommendations for configuring SQL Server and storage

SharePoint Server 環境の SQL Server およびストレージの構成に関する一般的な推奨事項に従います。詳細については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)」を参照してください。Follow the general recommendations for configuring SQL Server and storage for a SharePoint Server environment. For more information, see Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server).

SQL Server とバックアップ場所の間の遅延を最小限に抑えるMinimize latency between SQL Server and the backup location

一般に、バックアップにはネットワーク ドライブではなくローカル ディスクを使用することをお勧めします。複数のサーバーをバックアップする場合は、両方のサーバーから書き込みができる直接接続したコンピューターを用意することをお勧めします。SQL Server を実行しているコンピューターとの間の遅延が 1 ミリ秒以下のネットワーク ドライブであれば、良好なパフォーマンスが得られます。ファーム内に複数のサーバー (SQL Server を実行しているコンピューターを含む) がある場合は、SharePoint ファーム バックアップの場所の UNC ネットワーク パスを使用する必要があります。In general, use a local disk instead of a network drive for backups. If you are backing up multiple servers, you may want to have a directly connected computer that both servers can write to. Network drives that have 1 millisecond or less latency between them and the computers that are running SQL Server will perform well. If your farm has multiple servers in it (including the computer that is running SQL Server, you must use UNC network paths for the SharePoint farm backup location.

処理競合を回避するAvoid processing conflicts

ユーザーがシステムにアクセスしなければならない時間帯には、バックアップ ジョブを実行しないでください。Do not run backup jobs during times in which users must have access to the system.

I/O ボトルネックを回避するには、別のディスクにメインのバックアップを実行してから、テープにコピーします。To avoid I/O bottlenecks, perform the main backup to a separate disk, and only then copy to tape.

すべてのデータベースが同時にバックアップされないように、バックアップをずらして行うことを検討してください。Consider staggering backups so that not all databases are backed up at the same time.

SharePoint Server のバックアップでは SQL Server バックアップが使用されます。バックアップで圧縮を使用する場合は、SQL Server が過負荷にならないように注意してください。たとえば、一部のサードパーティのバックアップ ツールはバックアップ中にデータの圧縮を行うので、SQL Server のパフォーマンスに影響することがあります。圧縮プロセスを減速して SQL Server への影響を制御するために利用できるツールがあります。SharePoint Server backups use SQL Server backups. When using compression with your backups, be careful not to overwhelm SQL Server. For example, some third-party backup tools compress data during backup, which can disrupt SQL Server performance. There are tools available to throttle the compression processes and control the effect on SQL Server.

SQL Server のバックアップと復元の最適化に関する推奨事項に従うFollow SQL Server backup and restore optimization recommendations

SQL Server Enterprise を使用している場合は、バックアップ圧縮を使用することをお勧めします。詳細については、「バックアップの圧縮 (SQL Server)」を参照してください。If you are running SQL Server Enterprise, we recommend that you use backup compression. For more information, see Backup Compression (SQL Server).

SQL Server または SQL Server 2008 R2 Express のバックアップを使用している場合、完全復旧モデルの復旧時間を最小限にするために、完全バックアップ、差分バックアップ、およびトランザクション ログ バックアップを組み合わせて使用します。差分データベース バックアップは、通常、完全データベース バックアップよりも高速に作成でき、データベースを復旧するために必要なトランザクション ログの量が少なくなります。If you are using SQL Server or SQL Server 2008 R2 Express backups, use a combination of full, differential, and transaction log backups for the full recovery model to minimize recovery time. Differential database backups are usually faster to create than full database backups, and they reduce the amount of transaction log required to recover the database.

SQL Server 2008 で完全復旧モデルを使用する場合は、メンテナンスの問題を回避するために、バックアップ時に切り捨てのオプションを使用することをお勧めします。If you are using the full recovery model in SQL Server 2008, we recommend that you use the truncate option during backup to avoid maintenance issues.

SQL Server のバックアップと復元のパフォーマンスを最適化する方法の詳細な推奨事項については、「SQL Server におけるバックアップと復元のパフォーマンスの最適化」を参照してください。For detailed recommendations about how to optimize SQL Server backup and restore performance, see Optimizing Backup and Restore Performance in SQL Server.

バックアップ ドライブでの十分な書き込みパフォーマンスを確保するEnsure sufficient write performance on the backup drive

ディスク バックアップ デバイスで RAID (Redundant Array of Independent Disks) を使用するかどうかを慎重に検討してください。たとえば、RAID 5 は書き込みのパフォーマンスが低く、ディスクが 1 つの場合とほぼ同じ速度です (RAID 5 がパリティ情報を維持するためです)。バックアップ デバイスに RAID 10 を使用すると、バックアップがより高速になる場合があります。バックアップで RAID を使用する方法の詳細については、「SQL Server の I/O スループットを最大限引き出すための RAID の構成」を参照してください。Carefully consider whether to use redundant array of independent disks (RAID) on your disk backup device. For example, RAID 5 has low write performance, approximately the same speed as for a single disk. (This is because RAID 5 maintains parity information.) Using RAID 10 for a backup device may provide faster backups. For more information about how to use RAID with backups, see Configure RAID for maximum SQL Server I/O throughput.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server のバックアップと回復の概要Overview of backup and recovery in SharePoint Server

その他のリソースOther Resources

データの保護と回復Data Protection and Recovery