SharePoint Server で web アプリケーションのキャッシュ設定を構成するConfigure cache settings for a web application in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

この記事では、SharePoint Server で、web アプリケーションのディスクベースの BLOB キャッシュ、ページ出力キャッシュプロファイル、およびオブジェクトキャッシュを構成する方法について説明します。This article describes how to configure the disk-based BLOB cache, the page output cache profiles, and the object cache for a web application in SharePoint Server.

BLOB キャッシュの有効化と構成、ページ出力キャッシュ プロファイルおよびオブジェクト キャッシュの構成変更は、その変更を適用する Web アプリケーションの web.config ファイルで行います。web.config ファイルに対して加えた変更は、その Web アプリケーション内のすべてのサイト コレクションに適用されます。You enable and configure the BLOB cache, and make configuration changes to the page output cache profiles and the object cache in the Web.config file in the web application to which you want to apply those changes. The changes you make to the Web.config file will be applied to all site collections within the web application.

SharePoint Server には、ファームのキャッシュ設定が正しいことと、キャッシュが最大のパフォーマンスで実行されていることを確認できるキャッシュパフォーマンスモニターが含まれています。SharePoint Server includes cache performance monitors that let you verify that the farm cache settings are correct and that the caching is running at maximum performance. 詳細については、「 SharePoint Server 2016 でキャッシュパフォーマンスを監視する」を参照してください。For more information, see Monitor cache performance in SharePoint Server 2016.

注意

ページ出力キャッシュ プロファイルおよびオブジェクト キャッシュを Web アプリケーション レベルで構成すると、サイト管理者がサイト コレクション レベル以下で行った構成よりも優先されます。Configuring the page output cache profiles and the object cache at the web application level will supersede any configuration that was made by site administrators at the site collection level or below.

ヒント

BLOB キャッシュがコンテンツと同期しなくなることがあります。There may be times when the BLOB cache becomes out of sync with the content. たとえば、コンテンツ データベースを修復した後では、BLOB キャッシュはコンテンツと同期していません。For example, after you restore a content database, the BLOB cache will be out of sync with the content. この状況を修正するには、BLOB キャッシュをフラッシュする必要があります。To correct that situation, you must flush the BLOB cache. 詳細については、「 SharePoint Server で BLOB キャッシュをフラッシュする」を参照してください。For more information, see Flush the BLOB cache in SharePoint Server.

詳細については、「 SharePoint Server でのキャッシュ設定の操作」を参照してください。For more information, see Cache settings operations in SharePoint Server.

BLOB キャッシュ設定を構成するConfigure BLOB cache settings

既定では、ディスク ベースの BLOB キャッシュは無効になっており、使用する場合にはフロントエンドの Web サーバーで有効にする必要があります。Web アプリケーションでディスク ベースのキャッシュ設定を構成するには、次の手順に従います。By default, the disk-based BLOB cache is off and must be enabled on the front-end web server if you want to use it. Use the following procedure to configure disk-based cache settings for a web application.

重要

web.config ファイルに変更を加える前に、ファイルを誤って変更した場合に元のファイルを復元できるように別の名前 (web.config1 など) でコピーを作成してください。Before you make changes to the web.config file, make a copy of it by using a different name (for example, web.config1), so that if a mistake is made in the file, you can restore the original file.

BLOB キャッシュ設定を構成するにはTo configure BLOB cache settings

  1. 次の管理資格情報があることを確認します。BLOB キャッシュ設定を構成するには、ローカル コンピューターで Administrators グループに属している必要があります。Verify that you have the following administrative credentials: You must be a member of the Administrators group on the local computer to configure the BLOB cache settings.

  2. [ サーバー マネージャー] を開いて、[ ツール] をクリックし、[ インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を選択します。Open Server Manager, click Tools, and then click Internet Information Services (IIS) Manager.

  3. インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャーの [接続] ウィンドウで、web アプリケーションが格納されているサーバー名を展開し、[サイト] を展開して、作成された web アプリケーションまたはアプリケーションを表示します。In Internet Information Services (IIS) Manager, in the Connections pane, expand the server name that contains the web application, and then expand Sites to view the web application or applications that have been created.

  4. ディスク ベースのキャッシュを構成する Web アプリケーションの名前を右クリックし、[ エクスプローラー] をクリックします。Windows エクスプローラーが起動して、選択した Web アプリケーションのディレクトリが表示されます。Right-click the name of the web application for which you want to configure the disk-based cache, and then click Explore. Windows Explorer opens, with the directories for the selected web application listed.

  5. [ プログラムから開く] ダイアログ ボックスで、[ メモ帳] をクリックし、[ OK] をクリックします。In the Open With dialog box, click Notepad, and then click OK.

  6. メモ帳の web.config ファイルで、次の行を検索します。In the web.config Notepad file, find the following line: <BlobCache location="C:\BlobCache\14" path="\.(gif|jpg|jpeg|jpe|jfif|bmp|dib|tif|tiff|themedbmp|themedcss|themedgif|themedjpg|themedpng|ico|png|wdp|hdp|css|js|asf|avi|flv|m4v|mov|mp3|mp4|mpeg|mpg|rm|rmvb|wma|wmv|ogg|ogv|oga|webm|xap)$" maxSize="10" enabled="false" />

    イメージ表示を使用している場合、イメージの既定の最大サイズは、40 メガピクセルです。The default max size for an image when using Image Renditions is 40 mega pixels. この値を変更するには、imageRenditionMaxSourcePixels パラメーターを追加する必要があります。Should you want to modify this value you will need to add the imageRenditionMaxSourcePixels parameter. 例: <BlobCache location="C:\BlobCache\14" path="\.(gif|jpg|jpeg|jpe|jfif|bmp|dib|tif|tiff|themedbmp|themedcss|themedgif|themedjpg|themedpng|ico|png|wdp|hdp|css|js|asf|avi|flv|m4v|mov|mp3|mp4|mpeg|mpg|rm|rmvb|wma|wmv|ogg|ogv|oga|webm|xap)$" maxSize="10" imageRenditionMaxSourcePixels="100000000" enabled="true" />For example: <BlobCache location="C:\BlobCache\14" path="\.(gif|jpg|jpeg|jpe|jfif|bmp|dib|tif|tiff|themedbmp|themedcss|themedgif|themedjpg|themedpng|ico|png|wdp|hdp|css|js|asf|avi|flv|m4v|mov|mp3|mp4|mpeg|mpg|rm|rmvb|wma|wmv|ogg|ogv|oga|webm|xap)$" maxSize="10" imageRenditionMaxSourcePixels="100000000" enabled="true" /> これにより、イメージ表示のイメージの最大サイズが約100メガピクセルになるように設定されます。This will set the max image size for Image Renditions to work at around 100 mega pixels.

  7. この行で、キャッシュ サイズに対応できるだけの領域を持つディレクトリを指定するように location 属性を変更します。In this line, change the location attribute to specify a directory that has enough space to accommodate the cache size.

    注意

    サーバーのオペレーティング システム スワップ ファイルまたはサーバーのログ ファイルが保存されているドライブ上ではないディレクトリを指定することを強くお勧めします。We strongly recommend that you specify a directory that is not on the same drive as where either the server operating system swap files or server log files are stored.

  8. キャッシュするファイルの種類の一覧でファイルの種類を追加または削除するには、 path 属性で、目的のファイル拡張子を含む、または除外するように正規表現を変更します。ファイル拡張子を追加する場合は、このコード行に示されているとおり、必ずファイルの種類の間をパイプ (|) で区切ってください。To add or remove file types from the list of file types to be cached, for the path attribute, modify the regular expression to include or remove the appropriate file extension. If you add file extensions, make sure to separate each file type with a pipe (|), as shown in this line of code.

  9. キャッシュのサイズを変更するには、 maxSize の新しい数値を入力します。To change the size of the cache, type a new number for maxSize. サイズはギガバイト (GB) で表され、10 GB が既定です。The size is expressed in gigabytes (GB), and 10 GB is the default.

    重要

    キャッシュ サイズを 10 GB 未満に設定することはお勧めしません。キャッシュ サイズを設定するときは、キャッシュに格納されるコンテンツの予想サイズよりも少なくとも 20% 大きいバッファーを提供するのに十分な数値を指定してください。It is recommended that you not set the cache size smaller than 10 GB. When you set the cache size, make sure to specify a number large enough to provide a buffer at least 20 percent bigger than the estimated size of the content that will be stored in the cache.

  10. BLOB キャッシュを有効にするにはenabled 、属性を"false"から"true"に変更します。To enable the BLOB cache, change the enabled attribute, from "false" to "true".

  11. メモ帳のファイルを保存し、閉じます。Save the Notepad file, and then close it.

注意事項

web.config ファイルへの変更を保存すると、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 内の Web アプリケーションは自動的にリサイクルされます。このリサイクルにより、その Web アプリケーションに含まれているサイトに対するサービスが短時間中断されることがあり、そのためにユーザーのセッション状態が失われる可能性があります。IIS 7.0 における Web アプリケーションのリサイクルについては、「IIS プロセスのリサイクル」を参照してください。When you save a change to the web.config file, the web application in Internet Information Services (IIS) 7.0 automatically recycles. This recycling can cause a brief interruption in service to sites contained in that web application, and users can lose session state. For information about recycling web applications in IIS 7.0, see IIS Process Recycling.

キャッシュ プロファイル設定を構成するConfigure cache profile settings

キャッシュ プロファイル設定は、サイト コレクション管理者によってサイト コレクション レベルで、またはフロントエンド Web サーバー上で管理者によって Web アプリケーション レベルで、ユーザー インターフェイスから構成できます。ページ出力キャッシュ プロファイルをサイト コレクション レベルまたは Web アプリケーション レベルで構成する前に、ページ出力キャッシュをサイト コレクション レベルで有効にしておく必要があります。ページ出力キャッシュ プロファイルが Web アプリケーション レベルで有効にされていると、web.config で指定された設定がすべてのページ出力キャッシュ プロファイルに使用され、サイト コレクション レベルでユーザー インターフェイスから入力された値があってもオーバーライドされます。Cache profile settings can be configured in the user interface at the site collection level by a site collection administrator, as well as at the web application level by an administrator on the front-end web server. The page output cache must be enabled at the site collection level before page output cache profiles can be configured at either the site collection level or web application level. If page output cache profiles are enabled at the web application level, the settings specified in Web.config will be used for all page output cache profiles, overriding any values that have been entered through the user interface at the site collection level.

注意

ページ出力キャッシュおよび関連するキャッシュ プロファイル設定を使用するには、サイトで発行機能を使用している必要があります。To use the page output cache and the associated cache profile settings, you must be using the Publishing feature on your site.

注意

コンテンツ検索 Web パーツには既知の問題が存在します。出力キャッシュを使用するページでは、Web パーツの SendContentBeforeQuery 設定が正しく機能しません。この問題は、2013 年 3 月の SharePoint Server 2013 の累積更新プログラムで解決されました。詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事 2767999: SharePoint Server 2013 の更新プログラムの説明 (2013 年 3 月 12 日) をご覧ください。There is a known issue with the Content Search Web Part. The SendContentBeforeQuery setting in the Web Part does not work correctly on pages that use output caching. This issue is resolved in the SharePoint Server 2013 cumulative update for March 2013. For more information, see Microsoft Knowledge Base article 2767999: Description of the SharePoint Server 2013 update: March 12, 2013.

次の手順を使用して、Web アプリケーションのキャッシュ プロファイル設定を構成します。Use the following procedure to configure the cache profile settings for a web application.

重要

web.config ファイルに変更を加える前に、ファイルを誤って変更した場合に元のファイルを復元できるように別の名前 (web.config1 など) でコピーを作成してください。Before you make changes to the web.config file, make a copy of it by using a different name (for example, web.config1), so that if a mistake is made in the file, you can restore the original file.

ページ出力キャッシュのプロファイル設定を構成するにはTo configure page output cache profile settings

  1. 次の管理資格情報があることを確認します。キャッシュ プロファイル設定を構成するには、ローカル コンピューターで Administrators グループに属している必要があります。Verify that you have the following administrative credentials: You must be a member of the Administrators group on the local computer to configure the cache profile settings.

  2. [ サーバー マネージャー] を開いて、[ ツール] をクリックし、[ インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を選択します。Open Server Manager, click Tools, and then click Internet Information Services (IIS) Manager.

  3. インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャーの [接続] ウィンドウで、web アプリケーションが格納されているサーバー名を展開し、[サイト] を展開して、作成された web アプリケーションまたはアプリケーションを表示します。In Internet Information Services (IIS) Manager, in the Connections pane, expand the server name that contains the web application, and then expand Sites to view the web application or applications that have been created.

  4. ディスク ベースのキャッシュを構成する Web アプリケーションの名前を右クリックし、[ エクスプローラー] をクリックします。Windows エクスプローラーが起動して、選択した Web アプリケーションのディレクトリが表示されます。Right-click the name of the web application for which you want to configure the disk-based cache, and then click Explore. Windows Explorer opens, with the directories for the selected web application listed.

  5. Web.configを右クリックし、[開く] をクリックし、このファイルを開くために使用するプログラムの検索を求められたら、[メモ帳] をクリックします。Right-click web.config, click Open and choose Notepad if you're asked to find a program to use to open this file.

  6. メモ帳の web.config ファイルで、次の行を検索します。In the web.config Notepad file, find the following line: <OutputCacheProfiles useCacheProfileOverrides="false" varyByHeader="" varyByParam="*" varyByCustom="" varyByRights="true" cacheForEditRights="false" />

  7. Web アプリケーションレベルでキャッシュプロファイルを有効にするには、 useCacheProfileOverrides属性をから"false""true"変更します。To enable the cache profile at the web application level, change the useCacheProfileOverrides attribute, from "false" to "true".

    注意

    この属性を true に設定すると、web.config で指定された設定がすべてのページ出力キャッシュ プロファイルで使用されます。サイト コレクション レベルでユーザー インターフェイスから入力された値があっても、オーバーライドされます。If you set this to true the settings specified in Web.config will be used for all page output cache profiles. This overrides any values that have been entered through the user interface at the site collection level.

  8. varyByHeader属性を上書きするには、.Net Framework Class Library Entry HttpCachePolicy プロパティで指定されたカスタムパラメーターを入力します。To override the varyByHeader attribute, type a custom parameter as specified in the .NET Framework Class Library entry HttpCachePolicy.VaryByHeaders Property.

  9. varyByParam属性を上書きするには、.Net Framework Class Library Entry HttpCachePolicy プロパティで指定されたカスタムパラメーターを入力します。To override the varyByParam attribute, type a custom parameter as specified in the .NET Framework Class Library entry HttpCachePolicy.VaryByParams Property.

  10. varyByCustom属性を上書きするには、.Net Framework クラスライブラリのHttpCachePolicy メソッドで指定されているカスタムパラメーターを入力します。To override the varyByCustom attribute, type a custom parameter as specified in the .NET Framework Class Library entry HttpCachePolicy.SetVaryByCustom Method.

  11. varyByRights属性を上書きするには、の値"true""false"からに変更します。To override the varyByRights attribute, change the value from "true" to "false". これにより、他のすべてのユーザーと同じキャッシュ ページを参照するために、セキュリティ保護可能なすべてのオブジェクトに対する同一の有効な権限は不要になります。This will remove the requirement that users must have identical effective permissions on all securable objects to see the same cached page as any other user.

  12. cacheForEditRights属性を上書きするには、 cacheForEditRights属性をから"false""true"変更します。To override the cacheForEditRights attribute, change the cacheForEditRights attribute, from "false" to "true". これにより、通常の動作がバイパスされ、編集権限を持つユーザーのページがキャッシュされます。This will bypass the normal behavior in which people with edit permissions have their pages cached.

  13. メモ帳のファイルを保存し、閉じます。Save the Notepad file, and then close it.

注意事項

web.config ファイルへの変更を保存すると、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 内の Web アプリケーションは自動的にリサイクルされます。When you save a change to the web.config file, the web application in Internet Information Services (IIS) 7.0 automatically recycles. このリサイクルにより、その Web アプリケーションに含まれているサイトに対するサービスが短時間中断されることがあり、そのためにユーザーのセッション状態が失われる可能性があります。This recycling can cause a brief interruption in service to sites contained in that web application, and users can lose session state. IIS 7.0 での web アプリケーションのリサイクルの詳細については、「 Start Or Stop The Web Server (iis 8)」を参照してください。For information about recycling web applications in IIS 7.0, see Start or Stop the Web Server (IIS 8).

オブジェクト キャッシュ設定を構成するConfigure object cache settings

オブジェクト キャッシュ設定は、サイト コレクション管理者がサイト コレクション レベルでユーザー インターフェイスから構成でき、既定では有効です。フロントエンド Web サーバーで、キャッシュの最大サイズを Web アプリケーション レベルで構成することにより、キャッシュがすべてのサイト コレクションに使用する最大メモリ量を制限できます。たとえば、個別のサイト コレクションでオブジェクト キャッシュが 100 MB に設定され、Web アプリケーションでは 1 GB に設定されることが考えられます。この場合、サーバー上のすべてのキャッシュによって使用されるメモリは 1 GB を超えません。The object cache settings can be configured at the site collection level in the user interface by a site collection administrator, and is on by default. The maximum cache size can be configured at the web application level on the front-end web server to place a restriction on the maximum amount of memory that the cache will use for all site collections. For example, individual site collections might have the object cache set at 100 MB, while the web application might be set at 1 GB. In this case, no more than 1 GB of memory will be used by all the caches on the server.

注意

オブジェクト キャッシュを使用するには、サイトの発行機能を使用している必要があります。To use the object cache, you must be using the Publishing feature on your site.

次の手順を使用して、フロントエンド Web サーバー上の Web アプリケーションのオブジェクト キャッシュ設定を構成します。Use the following procedure to configure the object cache settings for a web application on a front-end web server.

重要

web.config ファイルに変更を加える前に、ファイルを誤って変更した場合に元のファイルを復元できるように別の名前 (web.config1 など) でコピーを作成してください。Before you make changes to the web.config file, make a copy of it by using a different name (for example, web.config1), so that if a mistake is made in the file, you can restore the original file.

オブジェクトキャッシュ設定を構成するにはTo configure object cache settings

  1. 次の管理資格情報があることを確認します。オブジェクト キャッシュ設定を構成するには、ローカル コンピューターで Administrators グループに属している必要があります。Verify that you have the following administrative credentials: You must be a member of the Administrators group on the local computer to configure the object cache settings.

  2. [ サーバー マネージャー] を開いて、[ ツール] をクリックし、[ インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を選択します。Open Server Manager, click Tools, and then click Internet Information Services (IIS) Manager.

  3. インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャーの [接続] ウィンドウで、web アプリケーションが格納されているサーバー名を展開し、[サイト] を展開して、作成された web アプリケーションまたはアプリケーションを表示します。In Internet Information Services (IIS) Manager, in the Connections pane, expand the server name that contains the web application, and then expand Sites to view the web application or applications that have been created.

  4. ディスク ベースのキャッシュを構成する Web アプリケーションの名前を右クリックし、[ エクスプローラー] をクリックします。Windows エクスプローラーが起動して、選択した Web アプリケーションのディレクトリが表示されます。Right-click the name of the web application for which you want to configure the disk-based cache, and then click Explore. Windows Explorer opens, with the directories for the selected web application listed.

  5. Web.configを右クリックし、[開く] をクリックして、このファイルを開くために使用するプログラムの検索を求められたら、[メモ帳] をクリックします。Right-click web.config, click Open and select Notepad if you're asked to find a program to use to open this file.

  6. メモ帳の web.config ファイルで、次の行を検索します。In the Web.config Notepad file, find the following line: <ObjectCache maxSize="100" />

  7. キャッシュのサイズを変更するには、 maxSize の新しい数値を入力します。サイズはメガバイト (MB) で表され、100 MB が既定です。To change the size of the cache, type a new number for maxSize. The size is expressed in megabytes (MB), and 100 MB is the default.

  8. メモ帳のファイルを保存し、閉じます。Save the Notepad file, and then close it.

注意事項

web.config ファイルへの変更を保存すると、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 内の Web アプリケーションは自動的にリサイクルされます。When you save a change to the web.config file, the web application in Internet Information Services (IIS) 7.0 automatically recycles. このリサイクルにより、その Web アプリケーションに含まれているサイトに対するサービスが短時間中断されることがあり、そのためにユーザーのセッション状態が失われる可能性があります。This recycling can cause a brief interruption in service to sites contained in that web application, and users can lose session state. IIS 7.0 での web アプリケーションのリサイクルの詳細については、「 Start Or Stop The Web Server (iis 8)」を参照してください。For information about recycling web applications in IIS 7.0, see Start or Stop the Web Server (IIS 8).

関連項目See also

概念Concepts

Cache settings operations in SharePoint ServerCache settings operations in SharePoint Server

SharePoint Server でのキャッシュとパフォーマンスを計画するPlan for caching and performance in SharePoint Server