SharePoint Server でのキャッシュとパフォーマンスを計画するPlan for caching and performance in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

SharePoint Server では、データベースの負荷を削減し、ユーザーのブラウザー パフォーマンスを向上させるディスクベースの バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) キャッシュが提供されます。この記事では、BLOB キャッシュ、使用する方法と場面、BLOB キャッシュを計画する際の主要な考慮事項について説明します。また、SharePoint Server でデジタル アセットを管理する一環としてビデオを提供するときに、ユーザーのビデオ パフォーマンスを向上させる インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 拡張である、ビット レート調整を使用する場面に関する情報も取り扱います。さらに、SharePoint Server で利用できるその他の種類のキャッシュ、アップロード ファイル サイズに関する制限事項、サーバー上のファイル転送のサイズ制限を調整する際の考慮事項についても説明します。SharePoint Server provides a disk-based binary large object (BLOB) cache that reduces database load and increases browser performance for users. This article describes the BLOB cache, tells you how and when to use it, and lists key considerations for planning to use it. This article also contains information about when to use Bit Rate Throttling, an Internet Information Services (IIS) 7.0 extension that improves video performance for users when serving videos as part of managing digital assets in SharePoint Server. Finally, this article also discusses the other types of caches that are available in SharePoint Server, describes the limitations of upload file size restrictions, and lists considerations for adjusting the size limit for file transfers on the server.

BLOB キャッシュを有効にする方法の詳細については、「Configure cache settings for a web application in SharePoint Server」をご覧ください。デジタル アセット管理の詳細については、「SharePoint Server 2013 のデジタル アセット ライブラリを計画する」をご覧ください。For information about how to enable the BLOB cache, see Configure cache settings for a web application in SharePoint Server. For information about managing digital assets, see Plan digital asset libraries in SharePoint Server 2013.

ディスクベースの BLOB キャッシュDisk-based BLOB caching

このセクションでは、ディスクベースの BLOB キャッシュについて説明し、SharePoint Server 展開でのキャッシュの使用を計画する方法に関する重要な情報を提供します。ユーザーに最高のパフォーマンスを提供するために、BLOB キャッシュを使用する場面を決定する方法、格納する場所、有効化する方法、キャッシュのサイズを構成する方法について説明します。This section describes the disk-based BLOB cache, and provides important information about how to plan to use the cache with a SharePoint Server deployment. It tells how to decide when to use the BLOB cache, where to store it, how to enable it, and how to configure the size of the cache to get the best performance for users.

BLOB キャッシュの概要BLOB cache overview

ディスクベースの BLOB キャッシュは、頻繁に使用される画像、オーディオおよびビデオ ファイルや、.css および .js ファイルといった Web ページの表示に使用されるその他のファイルなどの、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) のキャッシュを制御します。BLOB キャッシュはフロントエンドの Web サーバーで有効化されます。また、データベースから BLOB ファイルを取得し、フロントエンドの Web エンド サーバー上のディレクトリに格納し、そこからユーザーに提供することでパフォーマンスを向上させます。これにより、データベース サーバーへのネットワーク トラフィックとデータベース サーバーの負荷が軽減されます。The disk-based BLOB cache controls the caching for binary large objects (BLOBs), such as frequently used image, audio, and video files, and other files that are used to display web pages, such as .css and .js files. The BLOB cache is enabled on a front-end web server and improves performance by retrieving BLOB files from the database and storing them in a directory on the front-end web end server where they are served to users. This reduces the network traffic to and load on the database server.

また、BLOB キャッシュでは、ユーザーへのメディア ファイルの提供をサポートする機能も提供されます。その機能の 1 つがバイト範囲要求のサポートです。この機能により、ユーザーはビデオの途中の時点を選択し、瞬時に再生を開始することができます。もう 1 つの機能に、プログレッシブ キャッシュがあります。この機能では、大きなビデオ ファイルの最初の部分の提供開始と、残りのファイルのキャッシュを並行して行います。フロントエンドおよびバックエンドのサーバー間の負荷を軽減するために、ビデオ ファイルは小さなセクションに分割されて取得されます。このセクションのサイズは管理者が構成できます。The BLOB cache also provides features that support serving media files to users. One such feature is support for byte-range requests, which lets users select a later point in the video and immediately begin playback. Another feature is progressive caching, which starts serving the beginning of a large video file while the rest of the file is being cached. Video files are divided and retrieved in smaller sections to reduce the load between the front-end and back-end servers. An administrator can configure the size of the sections.

BLOB キャッシュは、イメージ表示機能を使用するための前提条件でもあります。イメージ表示では、同じソース イメージを基にして、発行サイト内のさまざまなページで異なるサイズのバージョンの画像を表示することができます。イメージ表示を作成する場合は、そのイメージ表示を使用するすべての画像の幅と高さを指定します。詳しくは、MSDN ライブラリの「SharePoint 2013 デザイン マネージャーのイメージ表示」をご覧ください。The BLOB cache is also a prerequisite for using the image renditions feature. Image renditions let you display different sized versions of an image on different pages in a publishing site, based on the same source image. When you create an image rendition, you specify the width and height for all images that use that image rendition. For more information, see How to: Manage image renditions in SharePoint in the MSDN Library.

BLOB キャッシュの使用の決定Decide whether to use the BLOB cache

BLOB キャッシュを有効にすると、さまざまな画像、オーディオおよびビデオ ファイルと、.css および .js ファイルがキャッシュされます。管理者は設定を変更して、キャッシュするファイルの種類のファイル名の拡張子を追加または削除できます。この機能により、可能な限り多くのファイルの種類をキャッシュするか、特定の種類のファイルのみにキャッシュを制限することができます。たとえば、インターネットに接続されたポータルに .doc または .pdf ファイルなどの読み取り専用ファイルが存在する場合、それらのファイルをキャッシュするように指定することで、より高速にユーザーに表示することができます。頻繁に更新されるファイルやメディア アセットを含むグループ作業サイトを使用している場合は、オーディオまたはビデオ ファイルのファイル名の拡張子のみを指定することで、それらのファイルの種類のみをキャッシュに格納するように指定できます。When enabled, the BLOB cache caches various image, audio, and video files, together with .css and .js files. An administrator can change the settings to add or remove file name extensions of file types to be cached. This functionality lets you either cache as many file types as possible, or to restrict the cache to certain kinds of files. For example, if you have an Internet-facing portal with read-only files such as .doc or .pdf files, you can specify that those files be cached so that they are displayed more quickly to users. If you have a collaboration site that contains files that are frequently updated, and also media assets, you can specify that the cache is to store only audio or video types by including only file name extensions for those files in the cache settings.

BLOB キャッシュを有効化する前に、BLOB キャッシュの使用を計画しているシナリオを慎重に検討してください。サイトが頻繁に共同作業に使用される場合、BLOB キャッシュを有効にすると、キャッシュするファイルが最初にディスクに書き込まれる際にサイトのパフォーマンスが一時的に影響を受ける可能性があります。ファイルが格納されると、サイトのパフォーマンスは向上するので、キャッシュを有効化するかどうかを決定する際に考慮してください。以下の基準に基づいて、BLOB キャッシュの有効化するかどうかを決定します。Before you enable the BLOB cache, carefully consider the scenario in which you plan to use it. If your site will be used for heavy collaboration, enabling the BLOB cache might temporarily affect the performance of your site while the files to be cached are first written to the disk. After the files have been stored in the cache, site performance will improve, so take this into consideration when you decide whether to enable the cache. Base your decision to enable BLOB caching on the following criteria:

  • 訪問者の大部分が匿名のユーザーであるか、ファイルの大部分が静的コンテンツである発行サイトの場合は、可能な限り多くのファイルの種類に対して BLOB キャッシュを有効化します。For a publishing site for which most of the visitors are anonymous or where most of the files are static content, enable the BLOB cache for as many file types as possible.

  • イメージ表示の使用を計画している発行サイトの場合は、BLOB キャッシュを有効化する必要があります。For a publishing site that plans to use the image renditions feature, you must enable the BLOB cache.

  • その他の、読み取り専用のメディア アセットを多く含むサイトや、メディア アセットのごく一部のみが更新されるサイトの場合は、メディア ファイルのみに対して BLOB キャッシュを有効化します。For other sites that contain lots of media assets that are read-only, or where only a small percentage of the media assets are updated, enable the BLOB cache for media files only.

Web アプリケーションごとに 1 つの BLOB キャッシュが設定されます。サイズが大きくなると予想されるアセット ライブラリや、大量のトラフィックを受信するサイトで BLOB キャッシュの使用を計画する場合には、独自の BLOB キャッシュを受信できるように、アセット ライブラリを含むサイト コレクションを独自の Web アプリケーションに配置することを検討します。これにより、アセット ライブラリ内のアイテムに割り当てようとしている BLOB キャッシュ内の容量が他のアセットによって使用されなくなります。また、大量のトラフィックを受信するサイトによって、より少量のトラフィックを受信するその他のサイトで BLOB キャッシュのメリットが得られなくなることを防ぎます。There is one BLOB cache per web application. If you plan to use the BLOB cache together with an asset library that you expect will be large, or together with a site that will receive lots of traffic, consider putting the site collection that contains the asset library into its own web application so that it receives its own BLOB cache. This will ensure that other assets are not using up space in the BLOB cache that you want allocated to items in the asset library. It will also ensure that sites which receive lots of traffic do not prevent other sites which receive less traffic from benefitting from the BLOB cache.

BLOB キャッシュの格納Store the BLOB cache

BLOB キャッシュを有効化する場合は、ファイルが格納されるフロントエンド Web サーバー上の場所を指定する必要があります。既定では、SharePoint Server がインストールされているドライブにキャッシュが作成されます。キャッシュを格納するために十分なディスク容量があるドライブに BLOB キャッシュを配置するようにしてください。また、BLOB キャッシュのプロセスがドライブへのアクセスを試行したときに競合が発生しないように、可能な限り少ないプロセスによって使用されるドライブを選択します。BLOB キャッシュが配置されているドライブへのディスク アクセスで競合するプロセスの数が多すぎると、BLOB キャッシュのパフォーマンスとその他のプロセスが悪影響を受けます。When you enable the BLOB cache, you must specify a location on the front-end web server where the files will be stored. By default, the cache will be created on the drive on which SharePoint Server is installed. Make sure that you put the BLOB cache on a drive that has sufficient disk space available in which to store the cache. Also, select a drive that will be used by as few processes as possible so that the BLOB cache process does not encounter conflicts when it tries to access the drive. If too many processes compete for disk access on the drive where the BLOB cache is located, BLOB cache performance and other processes will be adversely affected.

トラフィックの多い環境でビデオを提供するなど、頻繁にキャッシュを使用するシナリオでの BLOB キャッシュの使用を計画していて、さらに ULS ログを使用する場合は、BLOB キャッシュ と ULS ログを (別のパーティションではなく) 別の物理ドライブに配置することを検討します。BLOB キャッシュと ULS ログを同じドライブに格納すると、サーバーのパフォーマンスが低下します。BLOB キャッシュと ULS ログを同じ物理ドライブに配置する場合は、パフォーマンスに対する影響のディスク キューの長さを注意深く監視するようにしてください。If you plan to use the BLOB cache in a scenario with heavy cache use, such as serving videos in a high traffic environment, and if you will use ULS logging, consider placing the BLOB cache on a separate physical drive from the ULS log — not on a separate partition. Storing the BLOB cache and the ULS log on the same drive can result in poor server performance. If you place the BLOB cache and the ULS log on the same physical drive, make sure that you closely monitor the disk queue length for any performance effect.

各フロントエンド Web サーバーには、受信したファイルへの要求として構築される、BLOB キャッシュの独自のローカル コピーが存在します。複数のフロントエンド Web サーバーで負荷分散を使用している場合、各サーバーに独自のキャッシュが含まれます。1 番目のサーバーによってファイルが要求されると、そのサーバーにのみファイルがキャッシュされます。次に 2 番目のサーバーから同じファイルを要求されると、2 番目の要求がデータベース サーバーに送信され、2 番目のサーバーのキャッシュにファイルが取得されます。Each front-end web server has its own local copy of the BLOB cache that is built as requests for files are received. If you use load balancing with multiple front-end web servers, each server contains its own cache. When a file is requested by the first server, it is cached to that server only. If the next request for the same file comes from a second server, a second request is sent to the database server to retrieve the file to the cache on the second server.

BLOB キャッシュの有効化Enable the BLOB cache

BLOB キャッシュは各 Web アプリケーションの web.config ファイルで構成され、既定では有効化されていません。BLOB キャッシュによって提供されるパフォーマンス上のメリットを得るためには、明確に有効化する必要があります。BLOB キャッシュを有効化する方法の詳細については、「Configure cache settings for a web application in SharePoint Server」をご覧ください。The BLOB cache is configured in the web.config file for each web application and, by default, is not enabled. You must specifically enable the BLOB cache to get the performance advantage it provides. For information about how to enable the BLOB cache, see Configure cache settings for a web application in SharePoint Server.

BLOB キャッシュのサイズの指定Specify the size of the BLOB cache

BLOB キャッシュのサイズを決定するときには、ファイルの数およびサイズを考慮して、キャッシュに格納されるデータの合計サイズを特定する必要があります。既定では、BLOB キャッシュ は 10 GB に設定されています。ドライブの空き容量は、キャッシュのサイズよりも最低 20% は多くなるようにします。たとえば、コンテンツのサイズが 100 GB の場合、最低 150 GB の空き容量があるドライブ上でキャッシュのサイズを 120 GB に設定します。BLOB キャッシュのサイズが小さすぎると、ユーザーへのファイルの提供が低速になり、サイトのパフォーマンスが低下します。When you decide how large to make the BLOB cache, you must consider the number and size of the files to determine the total size of the data to be stored in the cache. By default, the BLOB cache is set to 10 gigabytes (GB). Allow at least 20 percent more space on the drive than the size of the cache. For example, if you have 100 GB of content, set the size of the cache to 120 GB on a drive that has at least 150 GB of space. If the BLOB cache is too small, serving files to users slows, reducing the performance of your site.

サイトでイメージ表示機能の使用を計画している場合、各表示がキャッシュ内の異なる BLOB であることを理解する必要があります。たとえば、各画像に 5 つの表示を計画している場合、一般的な概算であるプラス 20% よりもずっと多くの空き容量をドライブに割り当てる必要があります。If you plan to use the image renditions feature on your site, you should account for each rendition being a separate BLOB in the cache. For example, if you plan to have five renditions per image, then you must allocate significantly more than the general estimate of 20 percent more space on the drive.

出力キャッシュ、オブジェクト キャッシュおよび匿名検索結果キャッシュOutput cache, object cache, and anonymous search results cache

BLOB キャッシュに加えて、SharePoint Server では、ブラウザーに Web ページをロードする速度を向上させる、以下の種類のキャッシュが提供されます。In addition to the BLOB cache, SharePoint Server provides the following types of caches that help improve the speed at which web pages load in the browser:

注意

出力キャッシュまたはオブジェクト キャッシュを使用するには、サイトで発行機能を使用している必要があります。You must be using the Publishing feature on your site to use the output cache or the object cache.

  • 出力キャッシュ: ページに表示された出力を格納します。また、ページを要求しているユーザーの権限に基づいて、キャッシュされているページの異なるバージョンも格納します。Output cache: Stores the rendered output of a page. It also stores different versions of the cached page, based on the permissions of the users who are requesting the page.

    キャッシュ プロファイルでは、ページ出力キャッシュの種類ごとに特定のキャッシュ設定を記述します。キャッシュ プロファイル設定は、ユーザー インターフェイス上でサイト コレクション管理者がサイト コレクション レベルで構成することも、フロントエンド Web サーバー上で管理者が Web アプリケーション レベルで構成することもできます。ページ出力キャッシュ プロファイルをサイト コレクション レベルまたは Web アプリケーション レベルで構成できるようにするには、先にサイト コレクション レベルでページ出力キャッシュを有効化する必要があります。詳細については、「Configure cache profile settings」をご覧ください。Cache profiles describe specific cache settings for each type of page output cache. Cache profile settings can be configured in the user interface at the site collection level by a site collection administrator, and also at the web application level by an administrator on the front-end web server. The page output cache must be enabled at the site collection level before page output cache profiles can be configured at either the site collection level or web application level. For more information, see Configure cache profile settings.

  • オブジェクト キャッシュ: リストやライブラリ、サイト設定、ページ レイアウトなどのオブジェクトをフロントエンド Web サーバーのメモリに格納することで、Web サーバーと SQL データベースの間のトラフィックを減らします。その結果、これらのアイテムを必要とするページはより迅速に表示され、ページがクライアント ブラウザーに配信される速度が向上します。Object cache: Reduces the traffic between the web server and the SQL database by storing objects such as lists and libraries, site settings, and page layouts in memory on the front-end web server. As a result, the pages that require these items can be rendered quickly, increasing the speed with which pages are delivered to the client browser.

    オブジェクト キャッシュ設定は、ユーザー インターフェイス上でサイト コレクション管理者がサイト コレクション レベルで構成することができ、既定で有効になっています。最大キャッシュ サイズはフロントエンド Web サーバー上で Web アプリケーション レベルで構成して、すべてのサイト コレクションでキャッシュによって使用される最大メモリ量を制限することができます。詳細については、「Configure object cache settings」をご覧ください。The object cache settings can be configured at the site collection level in the user interface by a site collection administrator, and is on by default. The maximum cache size can be configured at the web application level on the front-end web server to place a restriction on the maximum amount of memory that the cache will use for all site collections. For more information, see Configure object cache settings.

  • 匿名検索結果キャッシュ: 主に匿名ユーザーのアクセスを許可する発行サイトで使用されます。匿名検索結果キャッシュには、匿名ユーザーからの検索結果が保存され、元のクエリと同じクエリに後で再利用されます。これにより、コンテンツ検索 Web パーツを使用するサイト ページのパフォーマンスが向上します。Anonymous search results cache: Used primarily by publishing sites that allow access to anonymous users. The anonymous search results cache saves search results from anonymous users and reuses them for later queries that are the same as the original query. This improves performance on site pages that use the Content Search Web Part.

ビット レート調整Bit Rate Throttling

このセクションでは、ビット レート調整、SharePoint Server ソリューションでビット レート調整を使用する場面および有効にする方法について説明します。This section contains information about Bit Rate Throttling, describes when you should use it with the SharePoint Server solution, and explains how to enable it.

ビット レート調整の概要Bit Rate Throttling overview

ビット レート調整は、サーバーとクライアント コンピューター間でのメディア ファイルの種類およびデータのダウンロード速度を計測する IIS 7.0 の拡張機能です。Windows Media ビデオ (WMV)、MPEG-4 (MP4)、Adobe Flash ビデオなどのメディア ファイルの種類のエンコード ビット レートが自動的に検出され、それらのファイルが HTTP 経由でクライアントに配信されるレートがビット レート調整構成に従って制御されます。詳細については、「ビット レート調整」を参照してください。Bit Rate Throttling is an IIS 7.0 extension that meters the download speeds of media file types and data between a server and a client computer. The encoded bit rates of media file types such as Windows Media Video (WMV), MPEG-4 (MP4), and Adobe Flash Video, are automatically detected, and the rate at which those files are delivered to the client over HTTP are controlled according to the Bit Rate Throttling configuration. For more information, see Bit Rate Throttling.

ビット レート調整の使用の決定Decide to use Bit Rate Throttling

SharePoint Server で長時間再生されるビデオ アセットをユーザーに提供する場合、IIS でビット レート調整を有効にします。ビット レート調整を有効にしないと、IIS では可能な限り広い帯域帯を使用してビデオ ファイルが提供されるため、ネットワークのパフォーマンスが増大します。IIS でビット レート調整を有効にすると、プログレッシブ ダウンロードおよびビデオの表示に必要最低限の帯域帯を使用するビデオ ファイルが提供されます。BLOB キャッシュも有効になっている場合、ビット レート調整ではディスクにキャッシュされたファイルに対して、拡張子の規則を使用します。BLOB キャッシュからビット レート調整を使用して提供されたファイルは、エンコード ビット レートを使用した圧縮サイズのパーセンテージに基づいてクライアントに送信されます。たとえば、組織内のビデオのサイズが 10 MB よりも小さい場合、ユーザーがローカル コンピューターにビデオをダウンロードする速度に影響するため、ビット レート調整を使用しないことに決定しても構いません。ただし、ビデオ ファイルを提供する場合は、ビット レート調整を有効にして、ファイルをクライアント コンピューターにダウンロードする速度を制御します。If you will make long-playing video assets available to users in SharePoint Server, enable Bit Rate Throttling in IIS. Without Bit Rate Throttling, IIS will serve video files by using as much bandwidth as it can, which will result in increased network performance. When you enable Bit Rate Throttling in IIS, it will serve video files that use only as much bandwidth as is needed to support progressive downloading and viewing of videos. When the BLOB cache is also enabled, Bit Rate Throttling uses extension rules for files cached to disk. Files that are served from the BLOB cache by using Bit Rate Throttling are sent to the client based on a percentage of the compressed size using the encoded bit rate. For example, if the videos in your organization are smaller than 10 MB, you may decide not to use Bit Rate Throttling because it will affect how fast users can download videos to their local computers. However, if you are serving video files, enable Bit Rate Throttling to control the speed at which files are downloaded to client computers.

注意

先に BLOB キャッシュを有効化して、調整するファイルの種類をキャッシュするように構成しないと、ビット レート調整は正しく機能しません。Bit rate throttling will not work correctly if you do not first enable the BLOB cache and configure it to cache the files types that you want to throttle.

ビット レート調整の有効化Enable Bit Rate Throttling

IIS 7.0 でビット レート調整を有効化するには、IIS Media Services 2.0 をインストールする必要があります。IIS Media Services 2.0 をインストールする方法の詳細については、「IIS Media Services の Readme」を参照してください。ビット レート調整を構成する方法の詳細については、「ビット レート調整の構成チュートリアル」を参照してください。To enable Bit Rate Throttling in IIS 7.0, you must install IIS Media Services 2.0. For information about how to install IIS Media Services 2.0, see Bit Rate Throttling Readme. For information about how to configure Bit Rate Throttling, see Bit Rate Throttling Configuration Walkthrough.

最大アップロード ファイル サイズMaximum upload file size

このセクションでは、アップロード ファイル サイズ制限について説明し、最大アップロード ファイル サイズ制限を決定する方法、およびその構成方法について示します。This section describes the upload file size limitation, tells how to decide what the maximum upload file size limit should be, and how to configure it.

最大アップロード ファイル サイズの概要Maximum upload file size overview

最大アップロード ファイル サイズは SharePoint Server Web アプリケーションで使用される設定で、ユーザーがサーバーにアップロードできるファイルの最大サイズを指定します。新しい Web アプリケーションが作成されると、SharePoint Server では既定の最大アップロード サイズが 250 MB に設定されます。ユーザーが指定された最大アップロード サイズよりも大きなファイルをアップロードしようとすると、アップロードは失敗します。The maximum upload file size is a setting that is used by the SharePoint Server web application that specifies the maximum size of a file that a user can upload to the server. When a new web application is created, SharePoint Server sets the default maximum upload size to 250 MB. If a user tries to upload a file larger than the specified maximum upload size, the upload will fail.

最大アップロード ファイル サイズの決定Decide maximum upload file size

ファイルをライブラリにアップロードするすべてのユーザーは、サーバーへの接続を行って、データベース内のデータ量を増加させます。これはサーバーの読み込み時間、応答時間およびデータ容量に影響します。シナリオによっては、大容量のファイルを処理するようにサーバーを構成しないと、サーバーのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。サーバーのアップロード ファイル サイズ制限を決定するには、サイトのユーザー数と、ユーザーがアップロードするファイルのサイズを考慮します。たとえば、ユーザーが主に 500 MB のビデオ ファイルをアップロードする場合、アップロード ファイル サイズの制限を十分大きく設定して、ユーザーがアップロードする最も大きなサイズのファイルにも容易に対応できるようにする必要があります。アップロード ファイル サイズ制限の調整を計画する場合、サーバー環境の容量計画にも直接的な影響があることに注意してください。大きなメディア ファイルの保管の計画に関する詳細については、「SharePoint Server 2013 のデジタル アセット ライブラリを計画する」を参照してください。Every user that uploads a file to a library uses a connection to the server and increases the amount of data in the database. This impacts the load, response time and data capacity for a server. Depending on your scenario, this can negatively impact your server performance if the server is not configured to handle larger volumes of files. To determine what the upload file size limit should be for your server, consider the number of users for your site, and the size of the files they will upload. For example, if your users will primarily be uploading video files that are 500 MB, the upload file size limit should be large enough to easily accommodate the largest files users will upload. When planning to adjust the upload file size limit, keep in mind that this will also directly impact capacity planning for your server environment. For more information about planning for storage of large media files, see Plan digital asset libraries in SharePoint Server 2013.

最大アップロード ファイル サイズの構成Configure the maximum upload file size

SharePoint Server でアップロード ファイル サイズを構成するには、ファームの管理者が、[サーバーの全体管理] の [Web アプリケーションの全般設定] ページで [ アップロードの最大サイズ] の値を変更する必要があります。To configure the upload file size in SharePoint Server, a farm administrator must change the Maximum Upload Size value on the Web Application General Settings page in Central Administration.

注意

Web アプリケーションの既定の最大アップロード サイズを増加させ、コンテンツ展開を使用してその Web アプリケーション内のサイト コレクションから別のファームまたはサイト コレクションにコンテンツを移動する計画がある場合は、移動先のサーバーの既定の最大アップロード サイズも増加させないと、コンテンツ展開ジョブが失敗します。If you increase the default maximum upload size for a web application, and you also plan to use content deployment to move content from site collections within that web application to another farm or site collection, you must also increase the default maximum upload size on the destination server, or the content deployment job will fail.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server 2016 でキャッシュ パフォーマンスを監視するMonitor cache performance in SharePoint Server 2016