SharePoint Server でコンテンツ データベースにある RBS を無効にするDisable RBS on content databases in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

どのコンテンツ データベースでもリモート BLOB ストレージ (RBS) を無効にできます。コンテンツ データベースで RBS を無効にした後は、それ以降のコンテンツ データベースへのすべての書き込みについて、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) は SQL Server にインラインで格納されます。ここでは、コンテンツ データベースで RBS を無効にする方法について説明します。You can disable Remote BLOB Storage (RBS) on any content database. After you disable RBS on a content database, binary large objects (BLOBs) are stored inline in SQL Server for all subsequent writes to the content database. This article describes how to disable RBS on a content database.

Microsoft PowerShell でアクティブなプロバイダー名を空の文字列に設定することで、コンテンツ データベースでの RBS を無効にできます。各コンテンツ データベースが備える RemoteBlobStorageSettings プロパティを使用して、 SetActiveProviderName メソッドを呼び出すことができます。You can disable RBS on a content database by setting the active provider name to the empty string in Microsoft PowerShell. Each content database has a RemoteBlobStorageSettings property that can be used to invoke the SetActiveProviderName method.

この操作では、それまで RBS またはインライン記憶域に格納されていた BLOB の記憶場所は変更されません。RBS を無効にしても、RBS はアンインストールされません。RBS をアンインストールすることはお勧めしません。This action does not change the storage location of any BLOBs that have previously been stored in RBS or inline storage. Disabling RBS does not uninstall RBS. We do not recommend that you uninstall RBS.

この操作を開始する前に、前提条件に関する以下の情報を確認してください。Before you begin this operation, review the following information about prerequisites:

コンテンツ データベースの RBS を無効にするDisable RBS for a content database

この操作は、ファーム内の任意の Web サーバーで実行できます。RBS を無効にするコンテンツ データベースごとに 1 台の Web サーバーで、この操作を一度だけ実行してください。This operation can be performed on any Web server in the farm. You only have to perform the operation one time on one Web server for each content database for which you want to disable RBS.

注意事項

RemoteBlobStorageSettings オブジェクトの Disable() メソッドは使用しないでください。Do not use the Disable() method on the RemoteBlobStorageSettings object. このメソッドは RBS をアンインストールする場合にのみ使用するものであり、RBS への新しい BLOB の書き込みを無効にするだけの場合はお勧めしません。This method is used only to uninstall RBS, and we do not recommend that you just disable the writing of new BLOBs into RBS. RBS を完全に削除するには、次のタスクを実行してから、[移動-SPSite ] を使用してすべてのサイトを RBS 対応ではないデータベースに移動します。To completely remove RBS, perform the below task and then use Move-SPSite to move all sites into a non-RBS enabled database. これにより、以前に RBS が有効になっていたコンテンツデータベースを削除することができます。This will allow you to delete the content database that previously had RBS enabled.

RBS を無効にするには Microsoft PowerShell コマンドレットを使用する必要があります。この作業用のユーザー インターフェイス オプションはありません。You must use Microsoft PowerShell cmdlets to disable RBS. There is no user interface option for this task.

PowerShell を使用して RBS を無効にするにはTo disable RBS by using PowerShell

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。Verify that you have the following memberships:
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。securityadmin fixed server role on the SQL Server instance.

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。db_owner fixed database role on all databases that are to be updated.

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。Administrators group on the server on which you are running the PowerShell cmdlets.

  1. SharePoint 管理シェルを起動します。Start the SharePoint Management Shell.

  2. PowerShell コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。At the PowerShell command prompt, type the following commands:

$site=Get-SPSite "<http://yourSiteURL>"
$rbss=$site.ContentDatabase.RemoteBlobStorageSettings
$rbss.SetActiveProviderName("")

ここで、http://yourSiteURL は、RBS では無効にされているコンテンツ データベースに接続されている Web アプリケーションです。Where http://yourSiteURL is the Web application that is attached to the content database that is being disabled for RBS.

詳細については、「Get-SPSite」を参照してください。For more information, see Get-SPSite.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server で FILESTREAM と一緒に RBS を使うようにコンテンツ データベースを設定するSet a content database to use RBS with FILESTREAM in SharePoint Server