SharePoint Server でのインターネット、イントラネット、エクストラネット サイトへの発行の概要Overview of publishing to Internet, intranet, and extranet sites in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

SharePoint Serverの発行機能を使用して、ブランド設定されたインターネット、イントラネット、およびエクストラネット サイトを作成できます。ただし、一部の発行機能は SharePoint Server 2016でのみ使用できます。You can use the publishing features in SharePoint Server to create branded Internet, intranet, and extranet sites. However, some publishing features are available only in SharePoint Server 2016.

この記事では、SharePoint Serverの Web コンテンツ管理 (WCM) のコンテキストにおける発行、および組織のために発行サイトを利用する方法について説明します。主要な発行コンポーネント、利用可能な発行サイトの種類、および SharePoint Server発行サイトで使用できる発行方法について説明します。発行サイトの計画方法の詳細については、「SharePoint Server でインターネット、イントラネット、エクストラネット発行サイトを計画する」を参照してください。This article describes what is meant by publishing in the context of web content management (WCM) in SharePoint Server, and explains how to use publishing sites to benefit your organization. It includes a list of the major publishing components, introduces the types of publishing sites that are available, and explains the publishing methods that you can use for SharePoint Server publishing sites. For information about how to plan publishing sites, see Plan for Internet, intranet, and extranet publishing sites in SharePoint Server.

SharePoint Serverにおける発行What is publishing in SharePoint Server?

SharePoint Serverの WCM は、サイト コレクション、サイト、ページを構成、カスタマイズ、最適化、および発行するために使用する機能で構成されています。SharePoint Serverの発行サイトとは、ブランド設定された成果物、コンテンツ、および構成ファイルを作成し、インターネット、イントラネット、およびエクストラネット サイトに展開するために、これらのいずれかの機能を使用するサイトを指しています。WCM in SharePoint Server consists of features and functionality that you use to configure, customize, optimize, and publish site collections, sites, and pages. When we talk about publishing sites in SharePoint Server, we are referring to sites that use one or more of these features to author and deploy branded artifacts, content, and configuration files to Internet, intranet, and extranet sites.

SharePoint Server 発行サイトの用途とメリットUse and benefits of SharePoint Server publishing sites

SharePoint Server発行サイトを使用して、ビジネスのニーズや目標に応じてさまざまな種類のブランド設定されたサイトを作成できます。次に、SharePoint Server 発行サイトの使用例を示します。You can use SharePoint Server publishing sites to create different types of branded sites, depending on your business needs and goals. The following list gives examples of how you can use SharePoint Server publishing sites:

  • インターネット プレゼンス サイト 顧客、パートナー、投資家、および就職希望者に対して情報を提供します。たとえば、インターネット プレゼンス サイトを使用して、記事を分類するメタデータがタグ付けされたニュース記事やレビューを掲載できます。ユーザーは、このメタデータを使用して特定の情報を検索または参照できます。Internet presence site Provide information to customers, partners, investors, and potential employees. For example, you might use an Internet presence site to provide news articles or reviews that are tagged with metadata to categorize articles so that users can search or browse for information.

  • インターネット ビジネス サイト 会社が顧客に提供している製品やサービスの宣伝を行います。たとえば、インターネット ビジネス サイトを使用して、テレビ、ステレオ、MP3 プレーヤー、モバイル デバイスなどの製品のカタログを掲載できます。Internet business site Promote products and services that your company offers to customers. For example, you might use an Internet business site to show a catalog of products such as TVs, stereos, MP3 players, and mobile devices.

  • イントラネット サイト 厳密に管理されたナビゲーション構造を持つサイトを展開して、作成されたコンテンツをイントラネットの閲覧者に提供します。たとえば、発行されたイントラネット サイトを使用して、従業員に対して人事情報を提供できます。Intranet sites Deploy a site that has a tightly managed navigation structure to provide authored content to intranet readers. For example, you might use a published intranet site to provide human resources information to employees.

  • エクストラネット サイト 対象を絞ったコンテンツに、リモートの従業員、パートナー、および顧客がアクセスできるようにします。たとえば、エクストラネット サイトを使用して、トラブルシューティング記事、サポート案件、サービス パックなど、記事を分類するメタデータがタグ付けされた作成済みコンテンツを使用するサポート情報へのアクセスを提供できます。ユーザーは、このメタデータを使用して特定の情報を検索または参照できます。Extranet sites Provide access to targeted content to remote employees, partners, and customers. For example, you might use an extranet site to provide access to a knowledge base that uses authored content tagged with metadata to categorize articles so that users can search or browse for specific information, such as troubleshooting articles, support issues, and service packs.

SharePoint Server発行サイトを使用すると、会社または組織に対して、ブランド設定された独自のサイトをオンライン上で展開できます。SharePoint Server 発行サイトを使用すると、次のようなメリットがあります。SharePoint Server publishing sites let you establish a branded, online identity for your company or organization. The benefits of using SharePoint Server publishing sites include the following:

  • マスター ページやページ レイアウトなどのカスタム デザイン資産を使用することによるブランドの一貫性の維持。これらは、HTML で編集すると、自動的に SharePoint リソースに変換されます。Brand consistency by using custom design assets, such as master pages and page layouts, edited in HTML and automatically converted into SharePoint resources.

  • サイト ナビゲーションの厳密な管理。Tight control over site navigation.

  • 分散化されたコンテンツ作成。世界中からコンテンツを投稿できます。Decentralized content creation, which enables globally contributed content.

  • 一元化された発行ワークフローおよび承認プロセス。Centralized publishing workflow and approval processes.

  • 動的でカスタマイズされたサイト。Dynamic, customized sites.

SharePoint Server 発行機能についてAbout SharePoint Server publishing features

SharePoint Server における発行は、SharePoint Server 発行インフラストラクチャ機能および SharePoint Server 発行機能という 2 つの異なる機能で構成されています。これらの機能によって、SharePoint Server の中心的な発行機能が提供されます。次に、発行機能によって使用可能になる主な機能を示します。Publishing in SharePoint Server consists of two separate features: the SharePoint Server Publishing Infrastructure feature, and the SharePoint Server Publishing feature. These features provide the core publishing functionality for SharePoint Server. The following list describes the major functionality that is enabled by the publishing features:

  • サイト テンプレート 一部のサイト コレクションおよびサイト テンプレートでは、既定で発行機能が有効になっています。他の種類のサイト コレクションおよびサイトに対して発行機能を有効にできます。Site templates By default, some site collection and site templates have the publishing feature enabled. You can enable publishing features for other kinds of site collections and sites.

  • 特別なグループおよびアクセス許可レベル 承認者、編集者、階層管理者などの特別なグループが組み込まれます。また、サイト コレクションに対して承認、デザイン、階層の管理などのアクセス許可レベルが追加されて、コンテンツの作成および発行に関連するタスクがサポートされます。Special groups and permission levels Special groups such as Approvers, Designers, and Hierarchy Managers are included, and permission levels such as Approve, Design, and Manage Hierarchy are added to the site collection to support tasks that compose the creation and publication of content.

  • ナビゲーション トップ リンク バーがグローバル ナビゲーション メニューによって置き換えられて、管理されたナビゲーション機能が有効化されます。Navigation The global navigation menu replaces the top link bar, and the managed navigation feature is enabled.

  • マスター ページ、ページ レイアウト、および表示テンプレート マスター ページ、ページ レイアウト、および表示テンプレートを使用すると、サイトの全体的な動作および外観をカスタマイズできます。詳細については、「 SharePoint 2013 ページ モデルの概要」を参照してください。Master pages, page layouts, and display templates Master pages, page layouts, and display templates let you customize the overall behavior and appearance of your site. For more information, see SharePoint page model overview.

  • デザイン マネージャーおよびデザイン パッケージ デザイン マネージャーは新しいインターフェイスであり、SharePoint サイトのブランド設定のすべての側面を管理するための中心的なハブです。このインターフェイスを使用すると、サイトのブランド設定に使用できる任意の Web 開発ツールで、段階的にデザイン資産を作成できます。Design Manager and design packages The Design Manager is a new interface and central hub for managing all aspects of branding your SharePoint site. It enables a step-by-step approach for creating design assets in the web development tool of your choice that you can use to brand sites.

    サイトの設計が終了すると、デザイン マネージャーの [パッケージのエクスポート] を選択して、デザイン パッケージと呼ばれる単一の .wsp ファイルをエクスポートできます。デザイン パッケージをエクスポートするときには、マスター ページ ギャラリー、スタイル ライブラリ、テーマ ギャラリー、デバイス チャネル リスト、およびページ コンテンツ タイプ内で追加または変更したすべてのコンテンツが、SharePoint Server によって自動的にデザイン パッケージにパッケージ化されます。デザイン パッケージは、既にコンテンツが存在する別のサイトであってもインポートできます。After you finish designing your site, you can choose Export Package in the Design Manager to export a single .wsp file called a design package. When you export a design package, SharePoint Server automatically packages all of the contents that you have added or changed in the Master Page Gallery, Style Library, Theme Gallery, the Device Channels list, and Page content types into a design package. You can import the design package into another site, even if that site already has content. .

  • デバイス チャネル デバイス チャネルを使用すると、さまざまなデザインを異なるデバイス (Windows Phone など) またはデバイスのグループ (すべてのスマートフォンなど) に適用できます。Device channels By using device channels, you can target different designs to different devices (such as Windows Phone) or groups of devices (such as all smartphones).

  • サイト内の列およびコンテンツ タイプ [ ページ コンテンツ]、[ スケジュールの開始日]、[ スケジュールの終了日] などの特別なサイト内の列がサイト コレクションに追加され、ページ レイアウト、アーティクル ページ、エンタープライズ Wiki ページなどのコンテンツ タイプがコンテンツ作成のサポート用に追加されます。Site columns and content types Special site columns such as Page Content, Scheduling Start Date, and Scheduling End Date are added to the site collection, and content types such as Page Layout, Article Page, and Enterprise Wiki Page are added to support creating content.

  • 特別な Web パーツ コンテンツと構造のレポート、コンテンツ検索、クエリ結果、分類の絞り込みパネルなどの特別な Web パーツが発行関連データの表示のサポート用に追加されます。Special Web Parts Special Web Parts such as Content and Structure Reports, Content Search, Content Query, and Taxonomy Refinement Panel are added to support the display of publishing-related data.

  • ページ ライブラリ ページ ライブラリは、サイトで作成されたすべての Web ページを保存するために使用します。Pages library The Pages library is used to store all web pages that are created in the site.

  • ページ編集メニュー ユーザーは、ページ編集リボンを使用して、簡単迅速にコンテンツを作成および管理できます。Page editing menus The page editing ribbon lets users quickly and easily author and manage their content.

  • 承認ワークフローおよびスケジューリング 作成者は、承認ワークフローを使用して、各自のコンテンツを発行する前に、レビューと承認のためにコンテンツをルーティングできます。また、作成者は、スケジューリング機能を使用して、コンテンツをサイト上で有効および無効にする日時を指定できます。Approval workflow and scheduling An approval workflow lets authors route their content for review and approval before it is published. Scheduling functionality lets authors specify when a piece of content should go live on the site, and when it should expire.

  • 多言語サイトのバリエーション バリエーション機能を使用すると、多言語コンテンツを作成して、ソース バリエーション サイトから各ターゲット バリエーション サイトにコンテンツをコピーすることによって、さまざまなサイトの特定の閲覧者に対象を絞り込むことができます。その後、機械翻訳を使用してページ コンテンツを翻訳することも、コンテンツをパッケージ化して人間による翻訳を行うこともできます。Variations for multilingual sites The variations feature lets you create multilingual content and target it to specific audiences on different sites by copying content from a source variation site to each target variation site. You can then use machine translation to translate page content, or you can package content for human translation.

  • キャッシュ オブジェクト キャッシュは、リストやライブラリ、サイト設定、ページ レイアウトなどのオブジェクトをフロントエンド Web サーバーのメモリに格納することで、Web サーバーと SQL データベースの間のトラフィック量を減らします。ページ出力キャッシュは、ページに表示された出力を保存し、アイテムをキャッシュに保存する期間が指定されたキャッシュ プロファイルに従います。バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) キャッシュは、頻繁に使用される画像、オーディオ、ビデオのファイルや、Web ページの表示に使用されるその他のファイル (.css ファイル, .js ファイルなど) などのアイテムをキャッシュするディスクベースのキャッシュです。Caching The object cache reduces the amount of traffic between the web server and the SQL database by storing objects — such as lists and libraries, site settings, and page layouts — in memory on the front-end web server. The page output cache stores the rendered output of a page and uses cache profiles that specify how long items should be held in the cache. The binary large object (BLOB) cache is a disk-based cache for caching items such as frequently used images, audio and video files, and other files that are used to display web pages, such as .css and .js files.

SharePoint Server 発行サイト コレクション テンプレートについてAbout SharePoint Server publishing site collection templates

SharePoint Serverには、発行ポータル、製品カタログ、エンタープライズ Wiki という、サイトのニーズや目標に基づいて発行サイトを作成するために使用できる 3 つのサイト コレクション テンプレートが用意されています。次の表では、各テンプレートについて説明します。SharePoint Server has three site collection templates that you can use to create a publishing site based on your site needs and goals: Publishing Portal, Product Catalog, and Enterprise Wiki. The following table describes each template.

発行サイト コレクション テンプレートPublishing site collection templates

テンプレートTemplate 説明Description
発行ポータルPublishing Portal
インターネット サイト、または大規模なイントラネット ポータル サイトで使用します。このサイトは、独自のブランドに合わせて簡単にカスタマイズできます。通常、このサイトには投稿者よりも多くの閲覧者がいます。このサイト コレクション テンプレートでは、既定で、定型的で管理された発行プロセスのコンテンツ承認ワークフローを実現できます。また、コンテンツ ページの表示のみを行う権限を匿名ユーザーに付与することもできます。匿名ユーザーは、[ サイトの設定] ページなどの SharePoint Server管理ページは表示できません。 Use for an Internet site or a large intranet portal site. You can use distinctive branding to customize this site. Typically, this site has many more readers than contributors. By default, this site collection template enables content approval workflows for a more formal and controlled publishing process. It also lets you grant permissions to anonymous users to view only content pages. Anonymous users cannot view SharePoint Server administrative pages, such as the Site Settings page.
エンタープライズ WikiEnterprise Wiki
組織内で蓄積し、全社で共有する情報を発行できるサイトです。1 か所に集約された便利なコンテンツ編集機能によって、コンテンツの共同編集、ディスカッション、およびプロジェクトでの共同作業を行えます。A site in which your organization can publish knowledge that it accumulates and wants to share across the enterprise. It provides an easy content editing experience in a single location for co-authoring content, for discussions, and for collaborating on projects.
製品カタログProduct Catalog
クロスサイト コレクション発行でカタログとして共有されるライブラリまたはリスト データを管理するために使用します。カタログ データは、検索テクノロジを使用する Web パーツを使用して、インターネット接続サイトに発行されます。カタログを構成して、カタログ アイテム バリアントおよび多言語カタログ アイテム プロパティをサポートできます。このサイトには、カタログ アイテムのファセット ナビゲーションを管理するための管理ページが含まれています。Use for managing library or list data that is shared as a catalog for cross-site collection publishing. Catalog data is published to an Internet-facing site by using Web Parts that use Search technology. The catalog can be configured to support catalog item variants and multilingual catalog item properties. The site includes administration pages for managing faceted navigation for catalog items.

これらのあらかじめ用意されているサイト コレクション テンプレートのいずれかを使用する以外に、サイト コレクション レベルで SharePoint Server 発行インフラストラクチャ機能をアクティブ化し、サイト レベルで SharePoint Server 発行機能をアクティブ化することによって、任意の非発行サイトで発行を有効にすることもできます。In addition to using one of these established site collection templates, you can also turn on publishing for any non-publishing site by activating the SharePoint Server Publishing Infrastructure feature at the site collection level, and the SharePoint Server Publishing feature at the site level.

SharePoint Server 発行方法についてUnderstanding SharePoint Server publishing methods

SharePoint Serverでは、ユーザーが公開コンテンツを利用できるようにするための方法として、一括作成およびクロスサイト発行という 2 つの方法が用意されています。次に、これらの発行方法の概要について説明します。SharePoint Server has two ways that you can make published content available to users: author-in-place and cross-site publishing. The following list summarizes these publishing methods.

  • 一括作成 単一のサイト コレクションを使用してコンテンツを作成し、サイトの閲覧者が利用できるようにします。コンテンツは、同一サイト上のマスター ページおよびページ レイアウトを使用してブランド設定されます。承認を受けるために承認および発行ワークフローを使用してページが送信され、その後閲覧者に公開されます。この方法は、SharePoint Server 2010 で利用可能な主要な発行方法でした。Author-in-place You use a single site collection to author content and make it available to readers of your site. Content is branded by using master pages and page layouts on the same site, and approval and publishing workflows are used to submit pages for approval and then publish them for readers. This was the primary publishing method that was available in SharePoint Server 2010.

  • クロスサイト コレクション発行 1 つ以上のサイト コレクションを使用してコンテンツを作成し、1 つ以上のサイト コレクションを使用してサイトのデザインおよびコンテンツの表示を制御します。オーサリング サイト コレクションは、ソース コンテンツを保持するために使用されます。オーサリング サイト コレクションには、検索システムによってインデックス化され、発行サイトコレクションで利用できるようにされたページ ライブラリおよびリストのカタログを含むことができます。発行サイト コレクションは、オーサリング サイト コレクションからデータを取得し、コンテンツ検索 Web パーツおよびカタログ アイテムの再利用 Web パーツを使用してそのデータを Web ページに表示します。これらの Web パーツは、構成済みのクエリを使用して、検索インデックスからデータを取得し、サイト上に表示します。発行サイト上では、マスター ページ、ページ レイアウト、および表示テンプレートを使用して、コンテンツがブランド設定されます。編集者は、これらを使用して、コンテンツ検索 Web パーツおよびカタログ アイテムの再利用 Web パーツでのデータの表示方法を制御できます。詳細については、「 SharePoint Server でのクロスサイト発行の概要」を参照してください。Cross-site collection publishing You use one or more site collections to author content, and one or more site collections to control the design of the site and the display of the content. The authoring site collection is used to hold the source content, and can contain catalogs of Pages libraries and lists that are indexed by the search system, and made available to the publishing site collection. The publishing site collection takes the data from the authoring site collection and shows it on web pages by using the Content Search Web Part and the Catalog-Item Reuse Web Part. These Web Parts use configured queries to get data from the search index and show it on the site. Content is branded on the publishing site by using master pages, page layouts, and display templates. These let a designer control how data appears in the Content Search Web Part and the Catalog-Item Reuse Web Part. For more information, see Overview of cross-site publishing in SharePoint Server.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server でインターネット、イントラネット、エクストラネット発行サイトを計画するPlan for Internet, intranet, and extranet publishing sites in SharePoint Server

SharePoint Server でのクロスサイト発行の概要Overview of cross-site publishing in SharePoint Server

SharePoint Server でクロスサイト発行を計画するPlan for cross-site publishing in SharePoint Server

Web コンテンツ管理の容量とパフォーマンスを見積もる (SharePoint Server 2013)Estimate capacity and performance for Web Content Management (SharePoint Server 2013)