SharePoint Server 2016 環境内の SQL Server の概要Overview of SQL Server in a SharePoint Server 2016 environment

概要: SharePoint Server 2016 と SQL Server との関係と、データベースの操作方法について説明します。Summary: Learn about the SharePoint Server 2016 relationship with SQL Server and how you can interact with the databases.

SharePoint Server 2016 ファーム内のデータベース サーバーの最小要件は以下のとおりです。The minimum requirements for a database server in a SharePoint Server 2016 farm are as follows:

  • 64 ビット版 Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)64-bit edition of Microsoft SQL Server 2014 with Service Pack 1 (SP1)

  • Microsoft SQL Server 2016Microsoft SQL Server 2016

  • Microsoft SQL Server 2017 RTMMicrosoft SQL Server 2017 RTM

注意

SQL Server Express は SharePoint Server 2016 ではサポートされていません。SQL Server Express is not supported with SharePoint Server 2016.

注意

SQL Server 2017 on Linux は SharePoint Server 2016 ではサポートされていません。SQL Server Express is not supported with SharePoint Server 2016.

使用できる SQL Server 機能 (レポートやビジネス インテリジェンス (BI) など) は、インストールされているバージョンによって異なります。詳細については、「SharePoint Server 2016 のハードウェア要件およびソフトウェア要件」を参照してください。Depending on the installed version, you can use specific features of SQL Server, such as reporting and business intelligence (BI). For more information, see Hardware and software requirements for SharePoint Server 2016.

SharePoint Server 2016 では、以下がサポートされています。SharePoint Server 2016 supports the following:

  • SQL Server 2016 Reporting Services (SSRS)SQL Server 2016 Reporting Services (SSRS)

  • SQL Server 2016 Analysis Services (SSAS)SQL Server 2016 Analysis Services (SSAS)

注意

BI ソリューションに Microsoft SQL Server Power Pivot for SharePoint または Microsoft Power View for SharePoint を使用する場合は、SQL Server 2016 RTM の Power Pivot または Power View アドインをインストールする必要があります。SQL Server 2014 (SP1) Power Pivot for SharePoint および Power View for SharePoint の BI ソリューションは、SharePoint Server 2016 では動作しません。If you want to use Microsoft SQL Server Power Pivot for SharePoint or Microsoft Power View for SharePoint for BI solutions you must install the Power Pivot or Power View add-ins for SQL Server 2016 RTM. The SQL Server 2014 (SP1) Power Pivot for SharePoint and Power View for SharePoint BI solutions do not work with SharePoint Server 2016.

SharePoint Server 2016 および SQL Server データベース エンジンSharePoint Server 2016 and the SQL Server database engine

SharePoint Server 2016 アプリケーションは、SQL Server データベース エンジンを基盤にしています。SQL Server 2014 (SP1)、SQL Server 2016、および SQL Server 2017 RTM のほとんどのコンテンツと設定は、リレーショナル データベース内に保存されます。以下の表に、SharePoint Server 2016 が使用するデータベースを示します。The SharePoint Server 2016 application is built on the SQL Server database engine. Most content and settings in SQL Server 2014 (SP1), SQL Server 2016, and SQL Server 2017 RTM are stored in relational databases. The following table shows the databases that SharePoint Server 2016 uses.

データベースの種類Database type 説明Description
構成Configuration
構成用のデータベースと サーバーの全体管理 コンテンツ データベースは、構成データベースと呼ばれます。構成データベースには、使用されるデータベース、インターネット インフォメーション サービス (IIS) Web サイトまたは Web アプリケーション、ソリューション、Web パーツ パッケージ、サイト テンプレート、既定のクォータ、ブロックするファイルの種類など、ファーム設定に関するデータが含まれます。各ファームが持つことのできる構成データベースのセットは 1 つだけです。The Configuration database and Central Administration content database are called configuration databases. They contain data about farm settings such as the databases that are used, Internet Information Services (IIS) web sites or web applications, solutions, Web Part packages, site templates, default quota, and blocked file types. A farm can only have one set of configuration databases.
コンテンツContent
コンテンツ データベースには、次のようなあらゆるサイト コンテンツが格納されます。Content databases store all site content:
サイト ドキュメント (ドキュメント ライブラリ内のファイルなど)Site documents, such as files in document libraries
リスト データList data
Web パーツ プロパティWeb Part properties
SharePoint 用アプリケーション 用のデータData for apps for SharePoint
Project Server 2016 のデータとオブジェクトData and objects for Project Server 2016
ユーザー名と権限User names and permissions
各 Web アプリケーションは、多数のコンテンツ データベースを含むことができます。各サイト コレクションに関連付けることのできるコンテンンツ データベースは 1 つだけですが、1 つのコンテンンツ データベースを複数のサイト コレクションに関連付けることはできます。Each web application can contain many content databases. Each site collection can be associated with only one content database, although a content database can be associated with many site collections.
サービス アプリケーションService application
サービス アプリケーションのデータベースには、サービス アプリケーションが使用するデータが格納されます。Databases for service applications store the data that service applications use.

SharePoint Server 2016 をサポートするすべてのデータベースの完全な一覧については、「データベースの種類と説明 (SharePoint Server)」をご覧ください。SharePoint Server 2016 をサポートするデータベースをグラフィック表示するには、「クイック リファレンス ガイド: SharePoint Server 2016 データベース」をご覧ください。このSharePoint Server 2016データベース ポスターを、PDF または Visio ファイルとしてダウンロードすることもできます。For a full list of all of the databases that support SharePoint Server 2016, see Database types and descriptions in SharePoint Server. For a graphical representation of the databases that support SharePoint Server 2016, see Quick reference guide: SharePoint Server 2016 databases. You can also download this SharePoint Server 2016 database poster, as either a PDF or Visio file.

SharePoint Server 2016 をサポートする SQL Server データベースの処理Working with the SQL Server databases that support SharePoint Server 2016

SharePoint Server 2016 をサポートするデータベースは、SharePoint 製品構成ウィザードで自動作成するか、SharePoint Server を構成するときにデータベース管理者が手動で作成します。The databases that support SharePoint Server 2016 are either created automatically with the SharePoint Products Configuration Wizard or manually by database administrators when they configure SharePoint Server.

マイクロソフトは、SharePoint Server 2016 をサポートするデータベースのクエリまたは変更を直接サポートはしていません。SharePoint Server 2016 の Usage and Health Data Collection データベースは、スキーマの変更をサポートしません。Microsoft does not support directly querying or modifying the databases that support SharePoint Server 2016. In SharePoint Server 2016 the Usage and Health Data Collection database does support schema modifications.

SharePoint Server 2016 をサポートする SQL Server データベースは、サイズ制限と、SQL Server の標準ではない構成推奨の対象です。詳細については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)」をご覧ください。The SQL Server databases that support SharePoint Server 2016 are subject to sizing limitations and to configuration recommendations that are not standard for SQL Server. For more information, see Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server).

SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)SQL Server 2014 with Service Pack 1 (SP1)

SQL Server 2014 (SP1) は、SQL Server 2014 よりも優れたパフォーマンス、可用性、および管理性を SharePoint Server 2016 に提供します。SQL Server 2014 (SP1) では SQL Server Power Pivot for SharePoint または Power View for SharePoint は使用できませんが、SharePoint Server 2016 では一部のビジネス インテリジェンスを使用できます。たとえば、Office Online Server をインストールすると Excel Online が使用できます。SQL Server 2014 (SP1) provides greater performance, availability, and manageability with SharePoint Server 2016 than SQL Server 2014. While you can't use SQL Server Power Pivot for SharePoint or Power View for SharePoint with SQL Server 2014 (SP1), you can use some business intelligence solutions with SharePoint Server 2016. For example, you can install Office Online Server to use Excel Online.

詳しくは、「SQL Server 2016 の各エディションでサポートされる機能」をご覧ください。Office Online Server について詳しくは、「Configure Office Online Server for SharePoint Server 2016」をご覧ください。For more information, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2014. For detailed information about Office Online Server, see Configure Office Online Server for SharePoint Server 2016.

高可用性ソリューションHigh Availability Solutions

SQL Server 2014 Reporting Services (SP1) の高可用性ソリューションには、AlwaysOn 可用性グループおよび AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスをお勧めします。その他にも、データベースのミラーリングやログ配布などの高可用性ソリューションがあります。AlwaysOn 可用性グループ ソリューションと AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス ソリューションは、どちらも Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) を必要とします。We recommend AlwaysOn Availability Groups and AlwaysOn Failover Cluster Instances for high availability in SQL Server 2014 Reporting Services (SP1). Other high availability solutions are database mirroring, and log shipping. Both AlwaysOn Availability Groups and Failover Cluster Instances solutions require and use Windows Server Failover Clustering (WSFC).

注意

SQL Server 2014 (SP1)、SQL Server 2016、および SQL Server 2017 RTM for SharePoint Server 2016 での高可用性ソリューションとして、データベースのミラーリングではなく、AlwaysOn 可用性グループを使用することをお勧めします。詳細については、「高可用性ソリューション (SQL Server)」を参照してください。We recommend that you use AlwaysOn Availability Groups instead of database mirroring for your high availability solution with SQL Server 2014 (SP1), SQL Server 2016, and SQL Server 2017 RTM for SharePoint Server 2016. For more information, see Overview of SQL Server High-Availability Solutions.

詳細については、「AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server)」と「AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。SQL Server Reporting Services の高可用性の詳細については、「高可用性 (Reporting Services)」を参照してください。For more information, see AlwaysOn Availability Groups (SQL Server), and Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for AlwaysOn Availability Groups (SQL Server).For information about high availability for SQL Server Reporting Services, see High Availability (Reporting Services).

ログ配布Log Shipping

SQL Server ログ配布では、SQL Server の個別インスタンスに配置される単一のプライマリ データベースおよび複数のセカンダリ データベースに障害復旧ソリューションを提供します。ログ配布は、運用サーバー上のトランザクション ログをバックアップし、そのログをバックアップまたはセカンダリ インスタンスにコピーします。それでログ バックアップを復元できるようになります。そのとき、運用サーバーで障害が発生した場合に通知するアラートを設定できます。その場合、運用サーバーをバックアップ サーバーにフェールオーバーできるので、運用サーバーに障害が発生した場合でも、バックアップ サーバーまたはセカンダリ サーバーのいずれかをオンラインで運用サーバーとして機能させることができます。詳細については、「ログ配布について (SQL Server)」を参照してください。SQL Server Log shipping provides a disaster recovery solution for single primary databases and multiple secondary databases where each are located on separate instances of SQL Server. Log shipping backs up the transaction log on the production server, copies the log to the backup or secondary instances, and is then available to restore the log backup. You can then configure alerts to notify you when the production server fails. Then you can fail over from the production server to the backup servers so if the production server fails one of the backup or secondary servers can be brought online to act as the production server. For more information, see About Log Shipping (SQL Server).

Reporting Services の SharePoint モードReporting Services SharePoint mode

SharePoint Server 2016 で Reporting Services をセットアップする場合には、レポート サーバーを作成します。レポート サーバーは、Reporting Services の中心的なコンポーネントです。このコンポーネントには、2 つの処理エンジンと、認証、データ処理、レンダリング、配信処理の各操作を行う用途別拡張機能の一式が含まれます。When you setup Reporting Services with SharePoint Server 2016 you create a report server. The report server is the central component of Reporting Services. This component contains two processing engines and a set of unique extensions that handle authentication, data processing, rendering, and delivery operations.

詳しくは、「SharePoint、Reporting Services サーバー、Reporting Services アドインのサポートされる組み合わせ (SQL Server 2016)」をご覧ください。レポート サーバーを SharePoint Server 2016 との統合モードで実行する場合、次の統合レベルを利用できます。For more information, see Supported Combinations of SharePoint and Reporting Services Server and Add-in (SQL Server 2016). The following levels of integration are provided when you run a report server in integrated mode with SharePoint Server 2016.

  • 共有ストレージShared storage

  • 共有セキュリティShared security

  • すべてのビジネス ドキュメント (レポート、レポート モデル、共有データ ソースなど) への同じサイト アクセスSame site access for all business documents such as reports, report models, and shared data sources

Reporting Services を SharePoint 統合モードで実行する場合は、SharePoint コンテンツ データベースとレポート サーバー データベースの両方によってコンテンツとメタデータが格納されます。次に、各データベースが格納するレポート サーバー データを示します。When Reporting Services runs in SharePoint integrated mode, both the SharePoint content and report server databases store content and metadata. The following table shows the report server data that each database stores.

データベース名Name of database レポート サーバー データReport server data
SharePoint コンテンツSharePoint content
以下のデータの主要ストレージ:Primary storage for the following data:
発行済みレポートPublished reports
レポート モデルReport models
共有データ ソースShared data sources
リソースResources
プロパティProperties
アクセス許可Permissions
SharePoint 構成SharePoint configuration
サーバーの全体管理で作成するレポート サーバー構成設定値は次のとおりです。All report server configuration settings that you make in Central Administration including:
レポート サーバー URLReport server URL
レポート サーバーの Reporting Services アカウント情報Report server Reporting Services account information
サーバーで使用される認証プロバイダーについての情報Information about the authentication provider that is used on the server
レポート履歴とログ記録を制限または有効化するサイトレベルの設定Site-level settings that limit or enable report history and logging
レポート サーバーReport server
レポート コンテンツとメタデータの内部的なコピー (このコピーも SharePoint コンテンツ データベースに格納される) と、次のレポート データ:Internal copies of report content and metadata, which are also stored in the SharePoint content database, and the following report data:
スケジュールSchedules
サブスクリプションSubscriptions
レポート履歴またはレポート実行のためのスナップショットSnapshots for report history or report execution
レポート サーバーの一時データReport server Temp
以下のような一時データ:Temporary data, including the following:
セッション データSession data
サブスクリプション処理、対話形式のレポート、パフォーマンス向上としてのレポート キャッシュなどのために作成される一時的なスナップショットTemporary snapshots created for subscription processing, interactive reporting, or report caching as a performance improvement

SQL Server 2016 SharePoint モードは、Reporting Services SharePoint モードの Microsoft PowerShell コマンドレットを使用するか、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト のいずれかで構成する SharePoint 共有サービスです。SharePoint モードは、SQL Server Reporting Services サービス アプリケーションおよび統合ログ サービス (ULS) トレース ログの SharePoint Server 2016 バックアップおよび復元をサポートします。SharePoint モードはクレームベース認証もサポートします。SharePoint mode in SQL Server 2016 is a SharePoint shared service that you configure in either the SharePoint Central Administration website or by using Reporting Services SharePoint mode, Microsoft PowerShell cmdlets. SharePoint mode supports SharePoint Server 2016 backup and restore for SQL Server Reporting Services service application and Unified Logging Service (ULS) trace logs. SharePoint mode also supports claims-based authentication.

SharePoint モードでは、Reporting Services のレポート サーバー コンポーネントが SharePoint Server ファーム内で実行される必要があります。つまり、SharePoint アプリケーション サーバーに Reporting Services 共有サービスがインストールされ、1 つ以上の Reporting Services サービス アプリケーションが作成されている必要があります。SharePoint mode requires that a report server component of Reporting Services must run within a SharePoint Server farm. This means that a SharePoint application server must exist with the Reporting Services shared service installed and at least one Reporting Services service application.

詳細については、「Reporting Services レポート サーバー (SharePoint モード)」、「Reporting Services レポート サーバー」、および「Reporting Services SharePoint モードの PowerShell コマンドレット」を参照してください。For more information, see Reporting Services Report Server (SharePoint Mode), Reporting Services Report Server, and PowerShell cmdlets for Reporting Services SharePoint Mode.

SQL Server 2016SQL Server 2016

SQL Server 2016 は、SharePoint Server 2016 用のビジネス インテリジェンス ソリューションを提供します。SQL Server 2016 の SharePoint モードでは、SQL Server Analysis Services および SQL Server Reporting Services 用の機能を提供します。詳細については、「SQL Server 2016 の各エディションとサポートされている機能」をご覧ください。SQL Server 2016 provides business intelligence solutions for SharePoint Server 2016. The SharePoint mode of SQL Server 2016 provides features for SQL Server Analysis Services and SQL Server Reporting Services. For more information, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.

SharePoint Server 2016 ファームで SQL Server 2016 Analysis Services (SSAS) および SQL Server 2016 Reporting Services (SSRS) をインストールする場合は、以下のビジネス インテリジェンス ソリューションを使用できます。When you install SQL Server 2016 Analysis Services (SSAS) and SQL Server 2016 Reporting Services (SSRS) in a SharePoint Server 2016 farm the following business intelligence solutions are available:

  • SQL Server 2016 Power PivotSQL Server 2016 Power Pivot

  • SQL Server 2016 Power ViewSQL Server 2016 Power View

  • Power Pivot または Analysis Services 表形式データ モデルで実行される対話式のレポート デザイナー Reporting ServicesReporting Services interactive report designer that runs on Power Pivot or Analysis Services tabular data models

SQL Server 2016 RTM にアップグレードする場合、以下の SharePoint Server 2016 ビジネス インテリジェンス機能を利用できます。The following SharePoint Server 2016 business intelligence features are available when you upgrade to SQL Server 2016 RTM:

  • Power Pivot ギャラリーPower Pivot Gallery

  • スケジュールされたデータ更新Scheduled Data Refresh

  • ブック (データ ソースとして)Workbooks as a Data Source

  • Power Pivot 管理ダッシュボードPower Pivot Management Dashboard

  • Power View レポートPower View reports

  • Power View サブスクリプションPower View Subscriptions

  • レポートの通知Report Alerting

詳細については、新しいホワイトペーパー「SharePoint 2016 での SQL Server 2016 PowerPivot および Power View の展開」をダウンロードしてください。複数のサーバー SharePoint Server 2016 ファームでのビジネス インテリジェンスの構成および展開の詳細については、「多層 SharePoint 2016 ファームでの SQL Server 2016 PowerPivot および Power View の展開」をダウンロードしてください。For more information, download the new Deploying SQL Server 2016 PowerPivot and Power View in SharePoint 2016 white paper. For details about configuring and deploying business intelligence in a multiple server SharePoint Server 2016 farm, download Deploying SQL Server 2016 PowerPivot and Power View in a Multi-Tier SharePoint 2016 Farm.

詳細については、「SharePoint、Reporting Services サーバー、Reporting Services アドインのサポートされる組み合わせ (SQL Server 2016)」および「SQL Server 2016 ビジネス インテリジェンス機能のインストール」を参照してください。For more information, see Supported Combinations of SharePoint and Reporting Services Server and Add-in (SQL Server 2016) and Install SQL Server 2016 Business Intelligence Features.

Power Pivot for SharePointPower Pivot for SharePoint

SQL Server 2016 RTM は Power Pivot for SharePoint 2016 の展開に必要です。Power Pivot for SharePoint 2016 は SQL Server 2016 RTM Feature Pack で利用できるアドインです。SQL Server 2016 Analysis Services は SharePoint モードで実行する必要があります。これによって、SharePoint ファームで Power Pivot データをホストするサーバーが提供されます。詳細は、「Power Pivot モードでの Analysis Services のインストール」をご覧ください。Power Pivot for SharePoint 2016 をホストするサーバーは、SharePoint Server 2016 ファームの外にあってもかまいません。SQL Server 2016 RTM is required to deploy Power Pivot for SharePoint 2016. Power Pivot for SharePoint 2016 is an add-in that is available in the SQL Server 2016 RTM Feature Pack. SQL Server 2016 Analysis Services must be run in SharePoint mode. This provides a server that hosts Power Pivot data in a SharePoint farm. For more information, see Install Analysis Services in Power Pivot Mode. The server that hosts Power Pivot for SharePoint 2016 can be outside a SharePoint Server 2016 farm.

SQL Server 2016 Analysis Services では、多元式、表形式、Power Pivot for SharePoint という 3 つの分析モードを提供します。各サーバー モードは他のモードとは無関係であり、それぞれがそのモダリティでしか実行されない種類の分析データベースをサポートします。SQL Server 2016 Analysis Services について詳しくは、「Analysis Services」をご覧ください。SQL Server 2016 Analysis Services provides three modes for analysis, Multidimensional, Tabular, and Power Pivot for SharePoint. Note that each server mode is independent of the others, and each supports a type of analytical database that only runs in that modality. For more information about SQL Server 2016 Analysis Services, see Analysis Services.

Power Pivot for SharePoint の構成には、Power Pivot for SharePoint 2013 構成ツール、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト、または Microsoft PowerShell コマンドレットを使用できます。次に、各方法とその処理の説明を示します。To configure Power Pivot for SharePoint you can use the Power Pivot for SharePoint 2013 Configuration tool, the SharePoint Central Administration website, or Microsoft PowerShell cmdlets. The following table lists each method and describes the process:

Power Pivot for SharePoint の構成方法Power Pivot for SharePoint Configuration method 説明Description
Power Pivot for SharePoint 2016 構成ツールPower Pivot for SharePoint 2016 Configuration Tool
既存のインストールを評価し、SharePoint ファームと Power Pivot for SharePoint 内に何を構成すべきかを判断し、必要なものをすべて構成します。Evaluates an existing installation and determines what needs to be configured in the SharePoint farm and Power Pivot for SharePoint and then configures everything required.
SharePoint Server 2016サーバーの全体管理SharePoint Server 2016 Central Administration
サーバーの全体管理 は、BI ファームの Power Pivot 管理ダッシュボードにアクセスするために作成する SQL ServerPower Pivot サービス アプリケーションを提供します。Central Administration provides the SQL Server Power Pivot Service Application that you create to access the Power Pivot Management Dashboard for your BI farm.
Microsoft PowerShell コマンドレットMicrosoft PowerShell cmdlets
PowerShell スクリプト ファイル (.ps1) の構築と Power Pivot for SharePoint の構成プロセスの自動化に使用できるコマンドレットを提供します。Provides cmdlets that you can use to build PowerShell script files (.ps1) and automate the configuration process for Power Pivot for SharePoint.

Power View for SharePointPower View for SharePoint

Power View は、Microsoft SharePoint 用 Microsoft SQL Server 2016 Reporting Services アドインに含まれる機能です。SharePoint 用 SQL Server 2016 Reporting Services アドインをインストールして、統合できるようにサーバーを構成します。Power View for SharePoint を展開すると、Power Pivot Gallery で公開されている Power Pivot ブックに基づくデータ モデル、または SSAS に展開されている表形式モデルのデータのビューの作成および操作ができます。SharePoint ドキュメント ライブラリで SSRS のレポートを作成および表示することもできます。すべての Power View レポートで、複数のビューが提供されます。主なものとしては、並べて表示、スライス、グラフ フィルター、視覚エフェクトがあります。詳細については、「新機能 (Reporting Services)」を参照してください。Power View is a feature included with Microsoft SQL Server 2016 Reporting Services Add-in for Microsoft SharePoint. Install SQL Server 2016 Reporting Services Add-in for SharePoint, and then configure the servers for integration. When you deploy Power View for SharePoint you can create and interact with views of data from data models that are based on Power Pivot workbooks that are published in a Power Pivot Gallery, or tabular models that are deployed to SSAS. You can also create and view reports from SSRS on SharePoint document libraries. All Power View reports provide multiple views that feature tiles, slicers, chart filters, and visualizations. For more information, see What's New in Reporting Services (SSRS).

関連項目See also

その他のリソースOther Resources

SharePoint、Reporting Services サーバー、Reporting Services アドインのサポートされる組み合わせ (SQL Server 2016)Supported Combinations of SharePoint and Reporting Services Server and Add-in (SQL Server 2016)

SQL Server 2016 の新機能What's New in SQL Server 2016

SQL Server 2016 データベース エンジンの非推奨機能Deprecated and Discontinued SQL Server Features in SQL Server 2016

Analysis Services の新機能What's New (Analysis Services)

Analysis ServicesAnalysis Services

SQL Server 2016 の各エディションでサポートされる機能Features Supported by the Editions of SQL Server 2014

SQL Server 2016 データベース エンジンの非推奨機能Deprecated Database Engine Features in SQL Server 2014