ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server)Storage and SQL Server capacity planning and configuration (SharePoint Server)

適用対象:はい2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

このドキュメントの容量計画に関する情報は、SharePoint Server 環境でストレージと SQL Server データベース層を計画して構成するうえで役立つガイドラインを提供するものです。 この情報は、実際のプロパティを使用してマイクロソフトが行ったテストに基づいています。ただし、実際に得られる結果は、使用する機器やサイトに実装する機能によって変動します。The capacity planning information that we provide contains guidelines to help you plan and configure the storage and SQL Server database tier in a SharePoint Server environment. This information is based on testing performed at Microsoft on live properties. However, your results may vary based on the equipment you use and the features and functionality that you implement for your sites.

テストは SQL Server 2014 (SP1)、SQL Server 2016、SQL Server 2017 RTM で行ったものではありませんが、これらのテスト結果をガイドラインとして使用し、SharePoint Server 2019 および 2016 のストレージと SQL Server データベース層および 2019 版での環境の計画と構成に役立てることができます。SQL Server 2012 を構成して微調整する方法を紹介するトレーニングについては、「SharePoint Server 2013 の SQL Server 2012」を参照してください。なお、テスト結果は SharePoint 2013 での結果と共通です。Although tests were not run on SQL Server 2014 (SP1), SQL Server 2016 , or SQL Server 2017 RTM you can use these test results as a guide to help you plan for and configure the storage and SQL Server database tier in SharePoint Server 2019, 2016, and 2019 environments. For training about how to configure and tune SQL Server 2012, see SQL Server 2012 for SharePoint Server 2013. Note that the test results are the same as in SharePoint 2013.

SharePoint Serverは、データベースが個別のSQL Server データベース管理者によって管理される環境で実行されることが多い製品です。このため、このドキュメントは、SharePoint Server のファーム実装者と SQL Server のデータベース管理者の両方が利用することを想定して書かれています。このドキュメントを読むためには、SharePoint Server と SQL Server の両方を十分理解していることが前提となります。Because SharePoint Server often runs in environments in which databases are managed by separate SQL Server database administrators, this document is intended for joint use by SharePoint Server farm implementers and SQL Server database administrators. It assumes significant understanding of both SharePoint Server and SQL Server.

この記事では、「SharePoint Server 2013 での容量管理と規模設定」に説明されている概念を読者が熟知しているものと仮定しています。This article assumes that you are familiar with the concepts that are presented in Capacity management and sizing for SharePoint Server 2013.

SharePoint Server 2016 および 2019 のストレージとデータベース層の設計と構成Design and configuration process for SharePoint Servers 2016 and 2019 storage and database tier

ストレージとデータベース層の設計プロセスは、次のステップに分けて進めることをお勧めします。これらのセクションでは、各設計ステップの詳細 (ストレージの要件やベスト プラクティスなど) を説明します。We recommend that you break the storage and database tier design process into the following steps. These sections provide detailed information about each design step, including storage requirements and best practices:

  1. ストレージおよび SQL Server の領域と I/O に関する要件を収集するGather storage and SQL Server space and I/O requirements

  2. SQL Server のバージョンとエディションを選択するChoose SQL Server version and edition

  3. 容量および I/O の要件に基づいてストレージ アーキテクチャを設計するDesign storage architecture based on capacity and I/O requirements

  4. 必要なメモリを見積もるEstimate memory requirements

  5. ネットワーク トポロジの要件を把握するUnderstand network topology requirements

  6. SQL Server を構成するConfigure SQL Server

  7. ストレージと SQL Server のパフォーマンスを検証し監視するValidate and monitor storage and SQL Server performance

ストレージおよび SQL Server の領域と I/O に関する要件を収集するGather storage and SQL Server space and I/O requirements

ストレージの設計には、SharePoint Server のいくつかの構造上の要素が影響します。その主な要素として、コンテンツの分量、利用する機能やサービス、ファームの数、可用性のニーズなどを挙げることができます。Several SharePoint Server architectural factors influence storage design. The key factors are: the amount of content, enabled features, deployed service applications, number of farms, and availability requirements.

ストレージの計画を開始する前に、SharePoint Server で使用できるデータベースについて理解しておくことが大切です。Before you start to plan storage, you should understand the databases that SharePoint Server can use.

このセクションの内容In this section:

SharePoint Server で使用されるデータベースDatabases used by SharePoint Server

SharePoint Server 2016 および 2019 でインストールされるデータベースは、その環境で使用されるサービス アプリケーションによって異なります。すべての SharePoint Server 環境は、SQL Server のシステム データベースに依存します。このセクションでは、SharePoint Server 2016 および 2019 でインストールされるデータベースの概要を示します。詳しいデータベース情報は、「データベースの種類と説明 (SharePoint Server)」を参照してください。The databases that are installed with SharePoint Servers 2016 and 2019 depend on the service applications that are used in the environment. All SharePoint Server environments rely on the SQL Server system databases. This section provides a summary of the databases installed with SharePoint Servers 2016 and 2019. For detailed database information, see Database types and descriptions in SharePoint Server.

SharePoint Server、SQL Server データベース エンジン、および SQL Server Reporting Services (SSRS) のデータベースの中には、特定のロケーションが推奨または指定されているものがあります。これらのデータベース ロケーションの詳細については、 「データベースの種類と説明 (SharePoint Server)」をご覧ください。「クイック リファレンス ガイド: SharePoint Servers 2016 および 2019 のデータベース」は PDF ファイルまたは Visio ファイルとしてダウンロードできます。Some SharePoint Server, SQL Server Database Engine, and SQL Server Reporting Services (SSRS) databases have specific location recommendations or requirements. For information about these database locations, see Database types and descriptions in SharePoint Server. The Quick reference guide: SharePoint Servers 2016 and 2019 Databases, is available to download as either a PDF or Visio file.

次のデータベースは SharePoint Server のシステム データベースで、自動的にインストールされます。The following databases are the SharePoint Server system databases and are installed automatically.

  • 構成Configuration

  • サーバーの全体管理コンテンツCentral Administration content

  • コンテンツ (複数指定可)Content (one or more)

次のリストに、データベースが存在する SharePoint Server のサービス アプリケーションを示します。The following list shows the SharePoint Server service applications that have databases:

  • App Management ServiceApp Management Service

  • SharePoint 用アプリApps for SharePoint

  • Business Data ConnectivityBusiness Data Connectivity

  • Managed MetadataManaged Metadata

  • PerformancePoint ServicePerformancePoint Services

  • Project Server (SharePoint Server 2013 のみ)Project Server (SharePoint Server 2013 only)

  • Search ServiceSearch Service

    • 検索管理Search Administration

    • 分析レポートAnalytics Reporting

    • クロールCrawl

    • リンクLink

  • Secure Store ServiceSecure Store Service

  • SharePoint Translation ServicesSharePoint Translation Service

  • SQL Server Power Pivot ServiceSQL Server Power Pivot Service

  • State ServiceState Service

  • Subscription Settings ServiceSubscription Settings Service

  • Usage and Health data collectionUsage and Health data collection

  • User Profile ServiceUser Profile Service

    • プロファイルProfile

    • ソーシャル タグSocial Tagging

    • 同期Synchronization

  • Word Automation ServiceWord Automation Services

次の一覧は、SharePoint Foundation 2013 のデータベースを示しています。The following list shows the SharePoint Foundation 2013 databases:

  • 構成Configuration

  • サーバーの全体管理コンテンツCentral Administration content

  • コンテンツ (複数指定可)Content (one or more)

  • App Management ServiceApp Management Service

  • Search service アプリケーション:Search service application:

    • Search administrationSearch administration

    • 分析レポート (複数指定可)Analytics Reporting (one or more)

    • クロール (複数指定可)Crawl (one or more)

    • リンク (複数指定可)Link (one or more)

  • Secure Store ServiceSecure Store Service

  • Subscription Settings Service アプリケーション (Windows PowerShell で有効になっている場合)Subscription Settings Service Application (if enabled through Windows PowerShell)

  • Usage and Health Data Collection ServiceUsage and Health Data Collection Service

  • Word Conversion ServiceWord Conversion Service

SQL Server との統合をさらに徹底する場合は、以下のシナリオのように環境に追加データベースを含めることもあります。SQL Server 2016 RTM Enterprise Edition および SQL Server 2016 SQL Server Analysis Services (SSAS) を使用する場合に限り、SharePoint Server 2016 環境で SQL Server Power Pivot for SharePoint を使用できます。使用中の場合は、Power Pivot アプリケーション データベースと、システムにかかる追加の負荷もサポートするように計画する必要があります。詳細については、新しいホワイト ペーパー「SharePoint 2016 での SQL Server 2016 PowerPivot および Power View の展開」をダウンロードしてください。複数のサーバー SharePoint Server 2016 ファームでのビジネス インテリジェンスの構成と展開の詳細については、「多層 SharePoint 2016 ファームでの SQL Server 2016 PowerPivot および Power View の展開」をダウンロードしてください。If you are integrating further with SQL Server, your environment may also include additional databases, as in the following scenario. SQL Server Power Pivot for SharePoint can be used in a SharePoint Server 2016 environment only if you use SQL Server 2016 RTM Enterprise Edition and SQL Server 2016 SQL Server Analysis Services (SSAS). If in use, you must also plan to support the Power Pivot application database, and the additional load on the system. For more information, download the new Deploying SQL Server 2016 PowerPivot and Power View in SharePoint 2016 white paper. For details about configuring and deploying business intelligence in a multiple server SharePoint Server 2016 farm, download Deploying SQL Server 2016 PowerPivot and Power View in a Multi-Tier SharePoint 2016 Farm.

どの SharePoint Server 2016 環境でも、SQL Server 2016 Reporting Services (SSRS) アドインを使用できます。このアドインを使用する場合は、2 つの SQL Server Reporting Services データベースと、SQL Server Reporting Services で必要とされる追加的な負荷をサポートすることを計画してください。The SQL Server 2016 Reporting Services (SSRS) add-in can be used with any SharePoint Server 2016 environment. If you are using the add-in, plan to support the two SQL Server Reporting Services databases and the additional load that is required for SQL Server Reporting Services.

  • SharePoint 2013 環境に SQL Server 2008 R2 Enterprise Edition と SQL ServerAnalysis Services が含まれていれば、その環境で SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013 を使用できます。これを使用する場合は、Power Pivot アプリケーション データベースと、システムの追加的な負荷をサポートするように計画する必要もあります。詳細については、「SharePoint ファームへの PowerPivot の配置の計画」と SQL Server PRO に関する記事「Microsoft Excel 2013 における PowerPivot と Power View について」を参照してください。SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013 can be used in a SharePoint 2013 environment that includes SQL Server 2008 R2 Enterprise Edition and SQL Server Analysis Services. If in use, you must also plan to support the Power Pivot application database, and the additional load on the system. For more information, see Plan a PowerPivot deployment in a SharePoint farm and the SQL Server PRO article Understanding PowerPivot and Power View in Microsoft Excel 2013.

  • SharePoint 2013 製品のどの環境でも、SQL Server 2008 R2 Reporting Services (SSRS) プラグインを使用できます。このプラグインを使用する場合は、2 つの SQL Server 2008 R2 Reporting Services データベースと、SQL Server 2008 R2 Reporting Services で必要とされる追加的な負荷をサポートすることを計画してください。The SQL Server 2008 R2 Reporting Services (SSRS) plug-in can be used with any SharePoint 2013 environment. If you are using the plug-in, plan to support the two SQL Server 2008 R2 Reporting Services databases and the additional load that is required for SQL Server 2008 R2 Reporting Services.

注意

SQL Server Reporting Services の SharePoint Server 2019 との統合はサポートされなくなりました。詳細については、「Reporting Services レポート サーバー (SharePoint モード)」および「SharePoint および Reporting Services サーバーのサポートされる組み合わせ」を参照してください。SQL Server Reporting Services integration with SharePoint Server 2019 is no longer supported. For more information, see Reporting Services Report Server (SharePoint Mode) and Supported combinations of SharePoint and Reporting Services server.

SQL Server と IOPS についてUnderstand SQL Server and IOPS

SQL Server インスタンスをホストするサーバーでは、I/O サブシステムからできるだけ速やかに応答することが非常に重要です。On any server that hosts a SQL Server instance, it is very important that the server achieve the fastest response possible from the I/O subsystem.

高速なディスクやアレイの数が多ければ多いほど、IOPS (1 秒あたりの入出力操作数) が向上すると同時に、すべてのディスクでの遅延が短く抑えられます。More and faster disks or arrays provide sufficient I/O operations per second (IOPS) while maintaining low latency and queuing on all disks.

I/O サブシステムの応答が遅い場合は、他の種類のリソース (CPU やメモリ) を追加しても埋め合わせることはできず、ファーム全体に影響を与え、問題を発生させる可能性があります。展開前に最小限の遅延について計画し、既存のシステムを監視してください。You cannot add other types of resources, such as CPU or memory, to compensate for slow response from the I/O subsystem. However, it can influence and cause issues throughout the farm. Plan for minimal latency before deployment, and monitor your existing systems.

新しいファームを展開する前に、Diskspd ユーティリティを使用して I/O サブシステムのベンチマーク テストを行うことをお勧めします。このツールは、どの SQL Server バージョンを使用しているかにかかわらず、すべての Windows Server バージョンで使用できます。詳細については、「Diskspd ユーティリティ: 信頼性の高いストレージ テスト ツール」を参照してください。Before you deploy a new farm, we recommend that you benchmark the I/O subsystem by using the Diskspd Utility . Note that this tool works on all Windows Server versions with all versions of SQL Server. For more information, see Diskspd Utility: A Robust Storage Testing Tool.

ストレス テストでも、SQL Server に関する貴重な情報が取られます。詳細については、「DiskSpd を使ったストレージのベンチマーク テスト」をご覧ください。Stress testing also provides valuable information for SQL Server. For information, see Storage Benchmarking with DiskSpd.

SQL Server の視点で IOPS 要求を分析する方法の詳細は、「SQL Server データベース アプリケーションでの I/O 特性の分析およびストレージ システムのサイジング」を参照してください。For detailed information about how to analyze IOPS requirements from a SQL Server perspective, see Analyzing I/O Characteristics and Sizing Storage Systems for SQL Server Database Applications.

コア ストレージおよび IOPS のニーズを見積もるEstimate core storage and IOPS needs

構成ストレージおよび コンテンツ ストレージおよび IOPS は、SharePoint Server を展開する際に必ず計画する必要がある基底のレイヤーです。Configuration and content storage and IOPS are the base layer that you must plan for in every SharePoint Server deployment.

構成ストレージおよび IOPSConfiguration storage and IOPS

構成データベースと サーバーの全体管理 コンテンツ データベースは、大きなストレージを必要としません。構成データベースには 2 GB、サーバーの全体管理コンテンツ データベースには 1 GB を割り当てることをお勧めします。構成データベースは徐々に成長して 1 GB を超えることもありますが、その成長速度はそれほど速くなく、50,000 サイトコレクションごとにおよそ 40 MB ずつ成長します。Storage requirements for the Configuration database and the Central Administration content database are not large. We recommend that you allocate 2 GB for the Configuration database and 1 GB for the Central Administration content database. Over time, the Configuration database may grow beyond 1 GB. It does not grow quickly — it grows by approximately 40 MB for each 50,000 site collections.

構成データベースのトランザクション ログは大きくなる可能性があるので、データベースの復旧モデルを完全復旧モデルから単純復旧モデルに変更することをお勧めします。Transaction logs for the Configuration database can be large. Therefore, we recommend that you change the recovery model for the database from full to simple.

注意

SQL Server データベース ミラーリングを使用して構成データベースの可用性を高める場合には、完全復旧モデルを使用する必要があります。If you want to use SQL Server database mirroring to provide availability for the Configuration database, you must use the full recovery model.

構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースに必要な IOPS はごくわずかです。IOPS requirements for the Configuration database and Central Administration content database are minimal.

コンテンツストレージおよび IOPSContent storage and IOPS

コンテンツ データベースに必要なストレージと IOPS は、正確に見積もることはできません。当社がテストを行い、以下の情報を提示しているのは、実際の展開の初期サイズを決める見積もりの基礎として利用していただくためです。環境の運用中は、実際の環境から得られるデータに基づいて必要な容量を再検討する必要があります。Estimating the storage and IOPS required for content databases is not a precise activity. In testing and explaining the following information, we intend to help you derive estimates to use to determine the initial size of your deployment. However, when your environment is running, we expect that you'll revisit your capacity needs based on the data from your live environment.

容量計画の全般的な手順の詳細については、「SharePoint Server 2013 での容量管理と規模設定」をご覧ください。For more information about our overall capacity planning methodology, see Capacity management and sizing for SharePoint Server 2013.

コンテンツ データベースのストレージを見積もるFormula to estimate content database storage

以下の手順は、ログ ファイルを考慮しないで、コンテンツ データベースに必要なおおよそのストレージを見積もる方法を示しています。The following process describes how to approximately estimate the storage required for content databases, without considering log files:

  1. 以下の式を使用してコンテンツ データベースのサイズを見積もります。Use the following formula to estimate the size of your content databases:

    データベース サイズ = ((D × V) × S) + (10 KB × (L + ( V × D)))Database size = ((D × V) × S) + (10 KB × (L + ( V × D)))

    注意

    式中の値 10 KB という値は、SharePoint Server で必要とされるメタデータの大きさをざっと見積もった定数です。メタデータを多用するシステムでは、この定数の値をこれより大きくしたほうがよいこともあります。The value, 10 KB, in the formula is a constant that approximately estimates the amount of metadata required by SharePoint Server. If your system requires significant use of metadata, you may want to increase this constant.

  2. ドキュメント数の推定値を計算します。この値は、式中の D に相当します。Calculate the expected number of documents. This value is known as D in the formula.

    ドキュメント数の計算方法は、使用する機能によって決まります。たとえば、個人用サイトまたはグループ作業サイトでは、1 ユーザー当たりのドキュメント数を推定し、それにユーザー数を乗じて推定値を計算することをお勧めします。また、レコード管理サイトやコンテンツ発行サイトでは、ある特定のプロセスによって管理され生成されるドキュメントの数を計算することになるでしょう。How you calculate the number of documents will be determined by the features that you are using. For example, for My Sites or collaboration sites, we recommend that you calculate the expected number of documents per user and multiply by the number of users. For records management or content publishing sites, you may calculate the number of documents that are managed and generated by a process.

    現在のシステムから移行する場合は、現在の成長率と使用状況に基づいて推定するほうが簡単です。新しいシステムを構築する場合は、既存のファイル共有やその他のリポジトリを調べ、その使用率に基づいて値を推定してください。If you are migrating from a current system, it may be easier to extrapolate your current growth rate and usage. If you are creating a new system, review your existing file shares or other repositories and estimate based on that usage rate.

  3. 保存するドキュメントの平均的なサイズを推定します。この値は、式中の S に相当します。種類ごとまたはサイト グループごとに平均値を推定すると効果的です。個人用サイト、メディア リポジトリ、部門ポータルによって、平均的なファイル サイズは、大きく異なる可能性があります。Estimate the average size of the documents that you'll be storing. This value is known as S in the formula. It may be worthwhile to estimate averages for different types or groups of sites. The average file size for My Sites, media repositories, and different department portals can vary significantly.

  4. 環境内のリスト項目の数を見積もります。この値は、式中の L に相当します。Estimate the number of list items in the environment. This value is known as L in the formula.

    リスト項目数の見積もるのはドキュメントの場合ほど簡単ではありません。一般に、ドキュメント数(D)を 3 倍した値を推定値として使用しますが、これはサイトの使用状況によって変化します。List items are more difficult to estimate than documents. We generally use an estimate of three times the number of documents (D), but this will vary based on how you expect to use your sites.

  5. バージョン数の概数を決定します。ライブラリ内のドキュメントが平均していくつのバージョンを持つかを推定してください。この値は、通常、最大許容バージョン数よりもかなり小さくなります。この値は、式中の V に相当します。Determine the approximate number of versions. Estimate the average number of versions any document in a library will have. This value will usually be much lower than the maximum allowed number of versions. This value is known as V in the formula.

    V の値はゼロよりも大きくする必要があります。The value of V must be above zero.

たとえば、この式で以下の値に基づいてグループ作業環境におけるコンテンツ データベースのデータ ファイルに必要なストレージの大きさを見積もると、およそ 105 GB のストレージが必要であることがわかります。As an example, use this formula and the characteristics in the following table to estimate the required storage space for data files in a content database for a collaboration environment. The result is that you need approximately 105 GB.

入力Input Value
ドキュメント数 (D)Number of documents (D)
200,000200,000
10,000 ユーザー × 20 ドキュメントと仮定して計算Calculated by assuming 10,000 users times 20 documents
ドキュメントの平均サイズ (S)Average size of documents (S)
250 KB250 KB
リスト項目数 (L)List items (L)
600,000600,000
最新版以外のバージョン数 (V)Number of non-current versions (V)
22
最大許容バージョン数を 10 と仮定Assuming that the maximum versions allowed is 10

データベース サイズ = (((200,000 x 2)) × 250) + ((10 KB × ( 600,000 + ( 200,000 x 2))) = 110,000,000 KB。つまり 105 GBDatabase size = (((200,000 x 2)) × 250) + ((10 KB × ( 600,000 + ( 200,000 x 2))) = 110,000,000 KB or 105 GB

注意

SharePoint Server での効率的なファイル入出力とは、ファイルを分割して個別に保存または更新するストレージ方法です。これらのファイルはユーザーがファイルを要求すると送られます。この方法で入出力パフォーマンスは向上しますが、通常はファイル サイズが増えることはありません。ただし、サイズの小さいファイルは必要とされるディスク ストレージがわずかに増えることがあります。Efficient File I/O in SharePoint Server is a storage method in which a file is split into pieces that are stored and updated separately. These pieces are streamed together when a user requests the file. This increases the I/O performance but it normally does not increase the file size. However, small files can see a small increase in the disk storage that is required.

コンテンツ データベースのサイズに影響する機能Features that influence the size of content databases

以下の SharePoint Server 機能は、コンテンツ データベースのサイズに大きな影響を与えることがあります。The following SharePoint Server features can significantly affect the size of content databases:

  • ごみ箱 ドキュメントは、第 1 段階と第 2 段階の両方のごみ箱から完全に削除されるまでは、コンテンツ データベース内の領域を消費します。毎月どれだけドキュメントが削除されるかを計算して、コンテンツ データベースのサイズに対するごみ箱の影響を判断してください。Recycle bins Until a document is fully deleted from both the first stage and second stage recycle bin, it occupies space in a content database. Calculate how many documents are deleted each month to determine the effect of recycle bins on the size of content databases.

  • 監査 監査データは、特に、監査レポートの表示がオンの場合、急速に増大してコンテンツ データベース内の領域を大量に消費することがあります。監査データが無制限に増えるのを放置しないで、規制や内部統制の条件を満たすイベントについてだけ監査を有効にすることをお勧めします。次のガイドラインに従って、監査データのために取っておく必要がある領域を見積もってください。Auditing Audit data can quickly compound and use large amounts of space in a content database, especially if view auditing is turned on. Rather than letting audit data grow without constraint, we recommend that you enable auditing only on the events that are important to meet regulatory needs or internal controls. Use the following guidelines to estimate the space that you must reserve for auditing data:

    • サイトに必要な新しい監査エントリの個数を見積もり、その値に 2 KB を掛ける(生成されるエントリのサイズは最大 4 KB で、平均サイズはおよそ 1 KB)。Estimate the number of new auditing entries for a site, and multiply this number by 2 KB (entries generally are limited to 4 KB, with an average size of about 1 KB).

    • 割り当てる領域の大きさに基づき、監査ログを保持しておく日数を計算する。Based on the space that you want to allocate, determine the number of days of audit logs you want to keep.

注意

Office Online Server は、Office Web Apps Server の次のバージョンです。Office Online Server を SharePoint Server 2016 および 2019 で使用しても、コンテンツ データベースのサイズには影響を及ぼしません。お使いの SharePoint Server 2016 ファームに Office Online Server を展開するには、「Deploy Office Online Server」を参照してください。Office Online Server is the next version of Office Web Apps Server. Using Office Online Server with SharePoint Servers 2016 and 2019 doesn't affect the size of the content database. To deploy Office Online Server in your SharePoint Server 2016 farm, see Deploy Office Online Server.

コンテンツ データベースに必要な IOPS を見積もるEstimate content database IOPS requirements

コンテンツ データベースに必要な IOPS は、環境の利用状況、使用できるディスク領域、所有するサーバーの数などによって大きく変化します。一般的には、実際の環境で予想されるワークロードを、Microsoft においてテストされたソリューションのいずれかと比較することをお勧めします。詳細については、「パフォーマンスと容量テストの結果および推奨事項 (SharePoint Server 2013)」をご覧ください。IOPS requirements for content databases vary significantly based on how your environment is being used, available disk space, and the number of servers that you have. In general, we recommend that you compare the predicted workload in your environment to one of the solutions that we tested. For more information, see Performance and capacity test results and recommendations (SharePoint Server 2013).

テストの結果、コンテンツ データベースは 0.05 IOPS/GB~約 0.2 IOPS/GB 程度になりやすいことがわかりました。また、上端を 0.5 IOPS/GB に増やすのがベスト プラクティスだということも把握しました。これは必要以上の量で、実際の環境で必要となる量よりかなり多いことがあります。ミラーリングを使用する場合、I/O がプライマリのコンテンツ データベースよりもかなり多くなります。ミラー化されたコンテンツ データベースは決して軽量にはならないと認識してください。In tests, we found that the content databases tend to range from 0.05 IOPS/GB to around 0.2 IOPS/GB. We also found that a best practice is to increase the top-end to 0.5 IOPS/GB. This is more than necessary and can be much more than you'll need in your environment. Note that if you use mirroring, this results in much more IO than the primary content databases. Simply be aware that the mirrored content databases are never lightweight.

サービス アプリケーションの必要なストレージと IOPS を見積もるEstimate service application storage needs and IOPS

コンテンツ ストレージと IOPS のニーズを見積もった後、実際の環境で使用するそれぞれのサービス アプリケーションに必要なストレージと IOPS を決定する必要があります。After you estimate content storage and IOPS needs, you must determine the storage and IOPS required by the service applications that are being used in your environment.

SharePoint Server サービス アプリケーションに必要なストレージと IOPSSharePoint Server service application storage and IOPS requirements

システム内のサービス アプリケーションに必要なストレージを見積もるためには、最初に各サービス アプリケーションとその使用方法を確認する必要があります。次の表に、SharePoint Server 2016 で使用できるサービス アプリケーションのうち、データベースを持つものを示します。SharePoint Server 2016 および 2019 に含まれるすべてのサービス アプリケーションのストレージ データと IOPs データは、SharePoint Server 2010 および 2013 のデータと同じままです。To estimate the storage requirements for the service applications in the system, you must first be aware of the service applications and how you'll use them. Service applications that are available in SharePoint Server 2016 and that have databases are listed in the following tables. The storage and IOPs data for all of the service applications in SharePoint Servers 2016 and 2019 remains the same as in SharePoint Servers 2010 and 2013.

Search Service アプリケーションに必要なストレージと IOPSSearch service application storage and IOPS requirements

データベースDatabase スケーリングScaling ディスク IOPSDisk IOPS ディスク サイズDisk size 1,000 万アイテム10M items 1 億アイテム100M items
クロールCrawl
2,000 万アイテムあたり 1 DBOne DB per 20M items
SQL IOPS: 1DPS あたり 10SQL IOPS: 10 per 1 DPS
中/高Medium/High
Medium
15 GB15GB
2 GB log2GB log
110 GB110GB
50 GB log50GB log
リンクLink
6,000 万アイテムあたり 1 DBOne DB per 60M items
SQL IOPS: 100 万アイテムあたり 10SQL IOPS: 10 per 1M items
Medium
Medium
10 GB10GB
0.1 GB log0.1GB log
80 GB80GB
5 GB log5GB log
分析レポートAnalytics Reporting
100 ~ 300 GBに達した時点で分割Split when reaching 100-300GB
Medium
Medium
用途によるUsage dependent
用途によるUsage dependent
Search AdministrationSearch Administration
1 DBOne DB
Low
Low
0.4 GB0.4GB
1 GB log1GB log
1 GBのデータ1GB data
2 GB log2GB log

サービス アプリケーションに必要なストレージと推奨される IOPSService application storage requirements and IOPS recommendations

サービス アプリケーションService application サイズ見積もりに関する推奨事項Size estimation recommendation
ユーザー プロファイルUser Profile
User Profile Service アプリケーションは、プロファイル、同期、ソーシャル タグという 3 つのデータベースと関係しています。The User Profile service application is associated with three databases: Profile, Synchronization, and Social Tagging.
Note: User Profile に必要なデータベース ストレージと推奨される IOPS のテストはまだ完了していません。追加情報をご確認ください。 Note: The testing for the User Profile database storage requirements and IOPS recommendations is not yet complete. Check back for additional information.
User Profile データベース情報については、「データベースの種類と説明 (SharePoint Server)」を参照してください。For User Profile database information, see Database types and descriptions in SharePoint Server.
Managed Metadata ServiceManaged Metadata Service
Managed Metadata Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースのサイズは、システム内で使用されるコンテンツ タイプとキーワードの個数に影響されます。多くの環境には、Managed Metadata Service アプリケーションのインスタンスが複数存在します。The Managed Metadata service application has one database. The size of the database is affected by the number of content types and keywords used in the system. Many environments will include multiple instances of the Managed Metadata service application.
Secure Store ServiceSecure Store Service
Secure Store Service アプリケーション データベースのサイズは、ストア内の資格情報の個数と監査テーブルのエントリ数で決まります。このデータベースには、資格情報 1,000 個あたり 5 MB を割り当てることをお勧めします。必要な IOPS はごくわずかです。The size of the Secure Store service application database is determined by the number of credentials in the store and the number of entries in the audit table. We recommend that you allocate 5 MB for each 1,000 credentials for it. It has minimal IOPS.
State ServiceState Service
State Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースには 1 GB を割り当てることをお勧めします。必要な IOPS はごくわずかです。The State service application has one database. We recommend that you allocate 1 GB for it. It has minimal IOPS.
Word Automation ServiceWord Automation Services
Word Automation Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースには 1 GB を割り当てることをお勧めします。必要な IOPS はごくわずかです。The Word Automation service application has one database. We recommend that you allocate 1 GB for it. It has minimal IOPS.
PerformancePoint ServicePerformancePoint Services
PerformancePoint Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースには 1 GB を割り当てることをお勧めします。必要な IOPS はごくわずかです。The PerformancePoint service application has one database. We recommend that you allocate 1 GB for it. It has minimal IOPS.
Business Data Connectivity ServiceBusiness Data Connectivity service
Business Data Connectivity Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースのサイズは小さく、大きく増大する可能性はほとんどありません。必要な IOPS はごくわずかです。The Business Data Connectivity service application has one database. This database is small and significant growth is unlikely. It has minimal IOPS.
App ManagementApp Management
App Management Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースのサイズは小さく、大きく増大する可能性はほとんどありません。必要な IOPS はごくわずかです。The App Management service application has one database. This database is small and significant growth is unlikely. It has minimal IOPS.
Power PivotPower Pivot
Power Pivot Service アプリケーションにはデータベースが 1 つ存在します。このデータベースのサイズは小さく、I/O に大きい影響はありません。SharePoint コンテンツ データベースと同じ IOPS を使用することをお勧めします。コンテンツ データベースの I/O に関する要件はPower Pivot Service アプリケーション データベースの I/O に関する要件よりかなり高いことにご注意ください。The Power Pivot Service application has one database. This database is small and has no significant I/O impact. We recommend that you use the same IOPS as the SharePoint content database. Note that content databases have significantly higher I/O requirements than the Power Pivot service application database.

可用性のニーズを決定するDetermine availability needs

可用性とは、ユーザーが SharePoint Server 2016 環境を利用可能であると感ずる度合いのことです。可用性の高いシステムは、回復力があるシステムです。つまり、サービスに影響するような出来事があまり起こらず、それが起きても迅速で効果的な処置が取られるシステムです。Availability is how much a SharePoint Server 2016 environment is perceived by users to be available. An available system is a system that is resilient — that is, incidents that affect service occur infrequently, and timely and effective action is taken when they do occur.

可用性を高めようとすると、必要なストレージが大幅に増えることがあります。詳細については、「SharePoint Server の高可用性のアーキテクチャと戦略を作成する」と、SQL Server 2012 のホワイト ペーパー「AlwaysOn アーキテクチャ ガイド: AlwaysOn 可用性グループを使用した高可用性/災害復旧ソリューションの構築」をご覧ください。Availability requirements can significantly increase your storage needs. For detailed information, see Create a high availability architecture and strategy for SharePoint Server. Also, see the SQL Server 2012 white paper AlwaysOn Architecture Guide: Building a High Availability and Disaster Recovery Solutions by Using AlwaysOn Availability Groups.

SQL Server のバージョンとエディションを選択するChoose SQL Server version and edition

SharePointServer 2016 および 2019 については、環境を、以下の SQL Server の Enterprise Edition で実行して、これらのバージョンで提供される追加のパフォーマンス、可用性、セキュリティ、および管理機能の利用を検討することをお勧めします。We recommend that for SharePoint Servers 2016 and 2019 you consider running your environment on the Enterprise Edition of the following SQL Servers to take advantage of the additional performance, availability, security, and management capabilities that these versions provide.

  • Service Pack 1 (SP1) を適用した SQL Server 2014 (SharePoint Server 2016 のみ)SQL Server 2014 with Service Pack 1 (SP1) (SharePoint Server 2016 only)

  • SQL Server 2016 (SharePoint Server 2016 および 2019)SQL Server 2016 (SharePoint Servers 2016 and 2019)

  • SQL Server 2017 RTM (SharePoint Server 2016 および 2019)SQL Server 2017 RTM (SharePoint Servers 2016 and 2019)

これらのバージョンの利点の詳細については、「SQL Server 2014 の各エディションがサポートする機能」、「SQL Server 2016 の各エディションとサポートされている機能」、「SQL Server 2017 の各エディションとサポートされている機能」を参照してください。For more information about the benefits of these versions, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2014, Editions and supported features of SQL Server 2016, and Editions and supported features of SQL Server 2017.

SharePoint Server 2013 については、環境を SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)、SQL Server 2012、または SQL Server 2014 の Enterprise Edition で実行して、これらのバージョンで提供される追加のパフォーマンス、可用性、セキュリティ、および管理機能の利用を検討することをお勧めします。SQL Server 2008 R2 SP1、SQL Server 2012、および SQL Server 2014 Enterprise Edition の利点を使用するメリットの詳細については、「SQL Server 2016 の各エディションとサポートされている機能」、「SQL Server 2012 の各エディションがサポートする機能」、「SQL Server 2008 R2 の各エディションとサポートされている機能」を参照してください。We recommend that for SharePoint Server 2013 you consider running your environment on the Enterprise Edition of SQL Server 2008 R2 with Service Pack 1 (SP1), SQL Server 2012, or SQL Server 2014 to take advantage of the additional performance, availability, security, and management capabilities that these versions provide. For more information about the benefits of SQL Server 2008 R2 with SP1, SQL Server 2012, and SQL Server 2014 Enterprise Edition, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2014, Features Supported by the Editions of SQL Server 2012, and Features Supported by the Editions of SQL Server 2008 R2.

特に、以下の機能について必要性を検討してください。In particular, you should consider your need for the following features:

  • バックアップ圧縮 バックアップ圧縮は任意の SharePoint のバックアップを高速化できます。バックアップ圧縮は SQL Server 2008 以降のすべてのエディションで使用できます。バックアップ スクリプトで圧縮オプションを設定するか、SQL Server を実行するサーバーを既定で圧縮するように構成することにより、データベース バックアップと配布ログのサイズを大幅に削減できます。詳細について、SQL Server 2014 の場合は「 バックアップの圧縮 (SQL Server)」を参照してください。SQL Server 2016 と SQL Server 2017 RTM の場合は「バックアップの圧縮 (SQL Server)」を参照してください。Backup compression Backup compression can speed up any SharePoint backup, and is available in every edition of SQL Server 2008 and later. By setting the compression option in your backup script, or by configuring the server that is running SQL Server to compress by default, you can significantly reduce the size of your database backups and shipped logs. For more information, see Backup Compression (SQL Server) for SQL Server 2014 and Backup Compression (SQL Server) for SQL Server 2016 and SQL Server 2017 RTM.

    注意

    SQL Server のデータ圧縮は、Search Service アプリケーション データベースを除き、SharePoint Server ではサポートされていません。SQL Server data compression is not supported for SharePoint Server, except for the Search service application databases.

  • 透過的なデータ暗号化 セキュリティ要件に透過的なデータ暗号化が含まれる場合は、SQL Server Enterprise Edition を使用する必要があります。Transparent data encryption If your security requirements include the need for transparent data encryption, you must use SQL Server Enterprise Edition.

  • コンテンツ展開 コンテンツ展開機能の使用を計画している場合は、システムでデータベース スナップショットを利用できるようにするために SQL Server Enterprise Edition を使用することを検討してください。Content deployment If you plan to use the content deployment feature, consider SQL Server Enterprise Edition so that the system can take advantage of database snapshots.

    注意

    データベース スナップショットをサポートしないリモート BLOB ストレージ プロバイダーを使用している場合は、コンテンツ展開とバックアップにスナップショットを使用することはできません。If you are using a Remote BLOB storage provider that does not support database snapshots, you can't use snapshots for content deployment or backup.

  • リモート BLOB ストレージ  コンテンツ データベースごとに関連付けられているファイルとは別に特定のデータベースまたは場所を指すリモート BLOB ストレージを利用する場合は、以下のサーバー製品の Enterprise Edition を使用する必要があります。Remote BLOB storage If you want to take advantage of remote BLOB storage to a database or location outside the files associated with each content database, you must use the Enterprise Edition of:

    SharePoint Server 2019SharePoint Server 2019

    • SQL Server 2016SQL Server 2016

    • SQL Server 2017 RTMSQL Server 2017 RTM

    SharePoint Server 2016SharePoint Server 2016

    • SQL Server 2014 (SP1)SQL Server 2014 (SP1)

    • SQL Server 2016SQL Server 2016

    • SQL Server 2017 RTMSQL Server 2017 RTM

    SharePoint 2013SharePoint 2013

    • SQL Server 2008 R2 SP1SQL Server 2008 R2 with SP1

    • SQL Server 2012 Enterprise EditionSQL Server 2012 Enterprise Edition

  • リソース ガバナー リソース ガバナーとは、SQL Server 2008 で導入された技術であり、送られてくる要求のリソース消費に一定の制限を設けることで、SQL Server のワークロードとリソースを管理できるようにするものです。リソース ガバナーを使用すると、ワークロードを識別し、要求された CPU やメモリを自分で決めた制限に基づいて割り当てることができます。リソース ガバナーの使用方法の詳細について、SQL Server 2014 の場合は「 リソース ガバナー」を参照してください。SQL Server 2016 および 2019 の場合は「リソース ガバナー」を参照してください。Resource governor Resource Governor is a technology introduced in SQL Server 2008 to enable you to manage SQL Server workloads and resources by specifying limits on resource consumption by incoming requests. Resource Governor enables you to differentiate workloads and allocate CPU and memory as they are requested, based on the limits that you specify. For more information about how to use Resource Governor, see Resource Governor for SQL Server 2014 and Resource Governor for SQL Servers 2016 and 2019.

    SharePoint Server では、次の目的でリソース ガバナーを使用することをお勧めします。We recommend that you use Resource Governor with SharePoint Server to:

    • 検索クロール コンポーネントの対象となる Web サーバーが消費する SQL Server リソースの量を制限する。ベスト プラクティスとして、システムに負荷がかかっているときは、クロール コンポーネントの CPU 使用率を 10 パーセントに制限することをお勧めします。Limit the amount of SQL Server resources that the web servers targeted by the search crawl component consume. As a best practice, we recommend limiting the crawl component to 10 percent CPU when the system is under load.

    • システム内の各データベースで消費されるリソースの量を監視する。たとえば、リソース ガバナーを使用すると、SQL Server を実行している各コンピューターにデータベースをどう配置すればよいかを決めることができます。Monitor how many resources are consumed by each database in the system — for example, you can use Resource Governor to help you determine the best placement of databases among computers that are running SQL Server.

  • Microsoft Power Pivot for SharePoint ユーザーはユーザーの生成したデータ モデルや分析を Web 上の Excel で共有し、共同作業しながら、それらの分析を自動的に更新できます。Web 上の Excel で Power Pivot for SharePoint および SharePoint Server 2016 を使用するには、Web 上に Office を持っている必要があります。SharePoint Server 2016 には、SQL Server 2014 (SP1) または SQL Server 2016 RTM Enterprise Edition およびビジネス インテリジェンス用 SQL Server Analysis Services も使用できます。ただし、SQL Server 2016 RTM には Power Pivot for SharePoint のみが使用可能であり、SQL Server 2014 (SP1) は使用できません。Microsoft Power Pivot for SharePoint Enables users to share and collaborate on user-generated data models and analysis in Excel Online while automatically refreshing those analyses. You must have Office Online to use Excel Online with Power Pivot for SharePoint and SharePoint Server 2016. You can use SQL Server 2014 (SP1) or SQL Server 2016 RTM Enterprise Edition and SQL Server Analysis Services for business intelligence with SharePoint Server 2016. However, you can only use Power Pivot for SharePoint with SQL Server 2016 RTM, not with SQL Server 2014 (SP1).

  • Power Pivot for SharePoint 2013 この機能を使用すると、ユーザーはユーザーの生成したデータ モデルや分析を Excel またはブラウザーで共有して共同で作業しながら、それらの分析を自動的に更新できます。この機能は、SQL Server 2008 R2 Analysis Services (SSAS) Datacenter および Enterprise Edition、SQL Server 2012 SP1 Analysis Services (SSAS) Enterprise Edition、SQL Server 2014 Analysis Services (SSAS) Enterprise および Business Intelligence Edition に含まれています。Power Pivot for SharePoint 2013 Enables users to share and collaborate on user-generated data models and analysis in Excel and in the browser while automatically refreshing those analyses. It is part of SQL Server 2008 R2 Analysis Services (SSAS) Datacenter and Enterprise Edition, SQL Server 2012 SP1 Analysis Services (SSAS) Enterprise Edition, and SQL Server 2014 Analysis Services (SSAS) Enterprise and Business Intelligence Edition.

容量および I/O の要件に基づいてストレージ アーキテクチャを設計するDesign storage architecture based on capacity and I/O requirements

実際の環境でどのストレージ アーキテクチャとディスクタイプを使用するかによって、システムのパフォーマンスが影響を受けることがあります。The storage architecture and disk types that you select for your environment can affect system performance.

このセクションの内容In this section:

ストレージ アーキテクチャを選択するChoose a storage architecture

SharePoint Server では Direct Attached Storage (DAS)、Storage Area Network (SAN)、Network Attached Storage (NAS) の各ストレージアーキテクチャがサポートされていますが、コンテンツ データベースがリモート BLOB ストレージを利用するように構成されている場合には NAS のみを使用できます。どれを選択するかは、ビジネス ソリューションと現在のインフラストラクチャに含まれるさまざまな要因によって変化します。SharePoint Server supports Direct Attached Storage (DAS), Storage Area Network (SAN), and Network Attached Storage (NAS) storage architectures, although NAS is only supported for use with content databases that are configured to use remote BLOB storage. Your choice depends on factors within your business solution and your existing infrastructure.

どのストレージ アーキテクチャも必要な可用性を満たし、適切な IOPS と遅延で実行する必要があります。この条件を満たすためにシステムは常にデータの 1 バイト目を 20 ミリ秒以内に返す必要があります。Any storage architecture must support your availability needs and perform adequately in IOPS and latency. To be supported, the system must consistently return the first byte of data within 20 milliseconds (ms).

直接接続ストレージ (DAS)Direct Attached Storage (DAS)

DASは、ストレージ ネットワークを介さないでサーバーまたはワークステーションに直に接続されるデジタル ストレージ システムです。DAS の物理ディスク タイプには、SAS (Serial Attached SCSI) と SATA (Serial Attached ATA) があります。DAS is a digital storage system that is directly attached to a server or workstation, without a storage network in between. DAS physical disk types include Serial Attached SCSI (SAS) and Serial Attached ATA (SATA).

一般的に、共有ストレージ プラットフォームが平均およびピーク時の IOPS で 20 ms の応答時間と十分な容量を保証できないときは、DAS アーキテクチャを選択することをお勧めします。In general, we recommend that you choose a DAS architecture when a shared storage platform can't guarantee a response time of 20 ms and sufficient capacity for average and peak IOPS.

SAN (記憶域ネットワーク)Storage Area Network (SAN)

SAN は、リモート コンピューターの記憶装置 (ディスク アレイおよびテープ ライブラリなど) を、オペレーティング システムにローカルに接続されたデバイスとして表示されるように、サーバーに接続するアーキテクチャです (たとえば、ブロック ストレージ)。SAN is an architecture to attach remote computer storage devices (such as disk arrays and tape libraries) to servers in such a way that the devices appear as locally attached to the operating system (for example, block storage).

一般的に、共有ストレージのメリットが組織にとって重要な場合は、SAN を選択することをお勧めします。In general, we recommend that you choose a SAN when the benefits of shared storage are important to your organization.

共有ストレージには次のメリットがあります。The benefits of shared storage include the following:

  • サーバー間のディスクストレージの再配置が簡単になる。Easier to reallocate disk storage between servers.

  • 複数のサーバーに対応できる。Can serve multiple servers.

  • アクセスできるディスクの数に制限がない。No limitations on the number of disks that can be accessed.

ネットワーク接続ストレージ (NAS)Network Attached Storage (NAS)

NAS ユニットは、ネットワークに接続された自己完結的なコンピューターです。その唯一の目的は、ネットワーク上の他のデバイスにファイル ベースのデータ ストレージ サービスを提供することです。NAS ユニット上のオペレーティング システムとソフトウェアによって、データ ストレージ、ファイル システム、ファイル アクセスなどの機能と、これらの機能の管理 (ファイル ストレージなど) の管理が実現されます。A NAS unit is a self-contained computer that is connected to a network. Its sole purpose is to supply file-based data storage services to other devices on the network. The operating system and other software on the NAS unit provide the functionality of data storage, file systems, and access to files, and the management of these functionalities (for example, file storage).

注意

コンテンツ データベースがリモート BLOB ストレージ (RBS) を利用するように構成されている場合には、NAS のみを使用できます。どのネットワーク ストレージ アーキテクチャも ping に 1 ms 以内に応答する必要があり、20 ms 以内にデータの 1 バイト目を返す必要があります。この制限はローカルの SQL Server FILESTREAM プロバイダーには適用されません。データが同じサーバー上にローカルにしか保存されないためです。NAS is only supported for use with content databases that are configured to use remote BLOB storage (RBS). Any network storage architecture must respond to a ping within 1 ms and must return the first byte of data within 20 ms. This restriction does not apply to the local SQL Server FILESTREAM provider, because it only stores data locally on the same server.

注意

iSCSI (Internet Small Computer System Interface) を使用する場合に iSCSI を NAS プロトコルとみなすかどうかについては、若干混同があります。CFIS (Common Internet File System) を介してこの iSCSI ストレージにアクセスする場合、それは NAS プロトコルです。つまり、RBS を使用するように構成されていないコンテンツ データベースにはこのストレージを使用できません。しかし、ローカルに接続されたハードディスクを介してこの iSCSI ストレージにアクセスする場合、それは SAN アーキテクチャとみなされます。つまり、このストレージを NAS に使用できます。Some confusion exists about if you use the Internet Small Computer System Interface (iSCSI) and assume that it is a NAS protocol. If you access this iSCSI storage through the Common Internet File System (CFIS), it is a NAS protocol. This means that you can't use this storage with content databases if they aren't configured to use RBS. If however, you access this iSCSI storage through a locally attached hard disk, it is considered a SAN architecture. This means that you can use it with NAS.

ディスク タイプを選択するChoose disk types

システム内で使用するディスク タイプが信頼性とパフォーマンスに影響することがあります。他の条件がすべて同じなら、ドライブの容量が大きいほど平均シーク タイムは長くなります。SharePoint Server は、以下のタイプのドライブをサポートしています。The disk types that you use in the system can affect reliability and performance. All else being equal, larger drives increase mean seek time. SharePoint Server supports the following types of drives:

  • SCSI (Small Computer System Interface)Small Computer System Interface (SCSI)

  • SATA (Serial Advanced Technology Attachment)Serial Advanced Technology Attachment (SATA)

  • SAS (Serial-attached SCSI)Serial-attached SCSI (SAS)

  • ファイバー チャネル (FC)Fibre Channel (FC)

  • IDE (Integrated Device Electronics)Integrated Device Electronics (IDE)

  • ソリッド ステート ドライブ (SSD) またはフラッシュ ディスクSolid State Drive (SSD) or Flash Disk

    SQL Serverのストレージにソリッド ステート ドライブを使用することに関する情報は、SQL Server PRO 記事「SQL Server ストレージ ソリューションでのソリッド ステート ドライブの使用」をご覧ください。For information about using solid state drives for storage in SQL Server, see the SQL Server PRO article Using Solid State Disks in SQL Server Storage Solutions.

RAID タイプを選択するChoose RAID types

RAID (Redundant Array of Independent Disks) は、個々のディスクによるパフォーマンス特性を改善すること (これは複数のディスクにデータをストライピングすることで実現される) と同時に個々のディスクの故障への耐性を高める目的でよく使用されます。RAID (Redundant Array of Independent Disks) is often used to both improve the performance characteristics of individual disks (by striping data across several disks) and to provide protection from individual disk failures.

SharePoint Server では、すべての RAID タイプがサポートされていますが、RAID 10 か RAID 10 と同等の性能を持つベンダー固有の RAID ソリューションを使用することをお勧めします。All RAID types are supported for SharePoint Server. However, we recommend that you use RAID 10 or a vendor-specific RAID solution that has equivalent performance.

RAID アレイを構成するときは、ファイルシステムをベンダー提供のオフセットに必ず合わせてください。When you configure a RAID array, make sure that you align the file system to the offset that is supplied by the vendor.

SQL Server での RAID の準備の詳細については、「RAID」をご覧ください。For more information about provisioning RAID for SQL Server, see RAID.

必要なメモリを見積もるEstimate memory requirements

SharePoint Server に必要なメモリは、 SQL Server を実行するサーバー上でホストしているコンテンツ データベースのサイズと直接関係しています。The memory that is required for SharePoint Server is directly related to the size of the content databases that you are hosting on a server that is running SQL Server.

サービス アプリケーションや機能を追加すると、それに伴って要件も厳しくなるものです。次の表に、推奨するメモリ量のガイドラインを示します。As you add service applications and features, your requirements are likely to increase. The following table gives guidelines for how much memory we recommend.

コンテンツ データベースの合計サイズCombined size of content databases SQL Server を実行するコンピューターの推奨メモリ量RAM recommended for computer running SQL Server
小規模の実稼働環境に展開する場合の最小値Minimum for small production deployments
8 GB8 GB
中規模の実稼働環境に展開する場合の最小値Minimum for medium production deployments
16 GB16 GB
最大 2 テラバイトの場合の推奨値Recommendation for up to 2 terabytes
32 GB32 GB
2 テラバイトから最大 5 テラバイトの範囲の推奨値Recommendation for the range of 2 terabytes to 5 terabytes
64 GB 64 GB
5 テラバイトを超える場合の推奨値Recommendation for more than 5 terabytes
64 GB 以上のメモリを追加することで SQL Server のキャッシュ速度が向上するAdditional RAM over 64 GB can improve SQL Server caching speed

注意

これらの値が SQL Server の最小値として推奨されている値よりも大きいのは、SharePoint Server 環境で必要とされるデータ分布のためです。SQL Server のシステム要件の詳細については、「SQL Server 2014 のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェア」および (SQL Server 2016 および 2017 の場合は) 「SQL Server のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェア」を参照してください。These values are higher than those recommended as the minimum values for SQL Server because of the distribution of data required for a SharePoint Server environment. For more information about SQL Server system requirements, see Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2014 and Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server for SQL Servers 2016 and 2017.

SQL Server の容量制限と仕様の詳細については、「SQL Server のエディション別の計算容量制限」および「SQL Server の最大容量仕様」を参照してください。For information about SQL Server capacity limits and specifications see Compute Capacity Limits by Edition of SQL Server and Maximum Capacity Specifications for SQL Server.

必要メモリ量に影響するその他の要因には次のものがありますOther factors that may influence the memory that is required include the following:

  • SQL Server ミラーリングを使用する。The use of SQL Server mirroring.

  • 15 MB を超えるファイルを頻繁に使用する。The frequent use of files larger than 15 megabytes (MB).

ネットワーク トポロジの要件を把握するUnderstand network topology requirements

ファーム内とファーム間のネットワーク接続について計画しする必要があります。遅延の短いネットワークを使用することをお勧めします。Plan the network connections within and between farms. We recommend that you use a network that has low latency.

以下に、ベスト プラクティスと推奨方法を示します。The following list provides some best practices and recommendations:

  • ファーム内のすべてのサーバーに、SQL Server を実行しているサーバーに対する LAN 接続の帯域幅と遅延を設定します。遅延が 1 ミリ秒を超えないようにしてください。All servers in the farm should have LAN bandwidth and latency to the server that is running SQL Server. Latency should be no greater than 1 millisecond.

  • SQL Server を実行しているサーバーがファーム内の他のコンポーネントから遠く離れて展開され、そのネットワーク接続の遅延が 1 ミリ秒を超えるようなワイド エリア ネットワーク (WAN) トポロジは、お勧めしません。このトポロジはまだテストされていません。We do not recommend a wide area network (WAN) topology in which a server that is running SQL Server is deployed remotely from other components of the farm over a network that has latency greater than 1 ms., because this topology has not been tested.

  • SQL Server、AlwaysOn 実装スイート、ミラーリング、ログ配布、またはフェールオーバー クラスタリングを使用してリモート サイトを最新の状態に保つ場合は、適切な WAN ネットワークを計画してください。Plan for an adequate WAN network if you plan to use SQL Server the AlwaysOn implementation suite, mirroring, log shipping, or Failover Clustering to keep a remote site up-to-date.

  • Web サーバーやアプリケーション サーバーに 2 つのネットワーク アダプターを設けることをお勧めします。1 つのネットワーク アダプターでエンド ユーザーのトラフィックを処理し、もう 1 つのアダプターで SQL Server を実行しているサーバーとの通信を処理します。We recommend that web servers and application servers have two network adapters: one network adapter to handle user traffic and the other to handle communication with the servers that are running SQL Server.

    注意

    iSCSI を使用する場合、各ネットワーク アダプターがネットワーク通信と iSCI の両方ではなく、どちらか一方の専用となるように設定してください。If you use iSCSI, make sure each network adapter is dedicated to either network communication or iSCI, not both.

SQL Server を構成するConfigure SQL Server

以下のセクションでは、SharePoint Server の SQL Server についての構成計画を説明します。The following sections describe how to plan to configure SQL Server for SharePoint Server.

このセクションの内容In this section:

必要なサーバーの数を見積もるEstimate how many servers are required

一般的に、SharePoint Server は SQL Server のスケール アウトを利用するように設計されています。 たとえば、SharePoint Server は、少数の大規模サーバーが存在する環境よりも、SQL Server を実行している多数の中規模サーバーが存在する環境で高いパフォーマンスを発揮します。In general, SharePoint Server is designed to take advantage of SQL Server scale out. For example, SharePoint Server may perform better with many medium-size servers that are running SQL Server than with only several large servers.

SQL Server は、他のファーム ロールを実行しておらず、また他のアプリケーションのデータベースをホスティングしていない専用サーバー上に必ず配置してください。ただし、開発用のスタンドアロン サーバーまたはパフォーマンスを目的としていないテスト環境にシステムを展開する場合に限り、この推奨事項は当てはまりません。SQL Server は SharePoint と同じサーバーで実行できますが、より良いパフォーマンスを得るには、別のサーバーで SQL Server を実行することをお勧めします。Always put SQL Server on a dedicated server that is not running any other farm roles or hosting databases for any other application. The only exception to this recommendation is if you deploy the system on a stand-alone server for a development or a non-performance oriented test environment. Although SQL Server can run on the same server as SharePoint, we recommend running SQL Server on a separate server for better performance.

次は、SQL Server インスタンスを実行する追加サーバーを展開するときの一般的なガイダンスです。The following is general guidance for when to deploy an additional server that will run a SQL Server instance:

  • 最大限の能力で稼働する Web サーバーが 4 台を超えたとき、データベース サーバーをもう 1 台追加する。Add an additional database server when you have more than four web servers that are running at capacity.

  • 現在のサーバーがメモリ、CPU、ディスク I/O スループット、ディスク容量、またはネットワーク スループットに関してその実効リソース限度に達したとき、データベース サーバーをもう 1 台追加する。Add an additional database server when your current server has reached its effective resource limits of RAM, CPU, disk IO throughput, disk capacity, or network throughput.

詳細については、「SQL Server のエディション別の計算容量制限」および「SQL Server の最大容量仕様」を参照してください。For more information, see Compute Capacity Limits by Edition of SQL Server and Maximum Capacity Specifications for SQL Server.

Secure Store Service アプリケーションを実行しているときは、資格情報ストレージのセキュリティを高めるためにSecure Storeデータベースを独立したデータベース インスタンス上でホストして一人の管理者だけがそこにアクセスできるようにすることをお勧めします。To promote secure credential storage when you are running the Secure Store service application, we recommend that the Secure Store database be hosted on a separate database instance where access is limited to one administrator.

ストレージとメモリを構成するConfigure storage and memory

SQL Server を実行しているサーバーでは、CPU ごとに 2 MB 以上の L2 キャッシュを割り当ててメモリのアクセス速度を上げることをお勧めします。On the server that is running SQL Server, we recommend that the L2 cache per CPU have a minimum of 2 MB to improve memory.

ベンダーの推奨するストレージ構成方法に従うFollow vendor storage configuration recommendations

物理ストレージ アレイを構成するときは、最適なパフォーマンスを得るため、オペレーティング システムの既定の値に頼らず、ストレージ ベンダーの推奨するハードウェア構成方法に従ってください。For optimal performance when you configure a physical storage array, adhere to the hardware configuration recommendations supplied by the storage vendor instead of relying on the default values of the operating system.

ベンダーからの指示がない場合は、Windows Server 2012 R2 に提供されている PowerShell ストレージのコマンドレットを使用することをお勧めします。詳細については、「Windows PowerShell のストレージ コマンドレット」を参照してください。If you do not have guidance from your vendor, we recommend using the PowerShell storage cmdlets that are available for Windows Server 2012 R2. For more information, see Storage Cmdlets in Windows PowerShell.

可能な限り多くのリソースを提供するProvide as many resources as possible

ディスクへの SQL Server I/O チャネルが他のアプリケーション (ページング ファイルや インターネット インフォメーション サービス (IIS) ログなど) で共有されないようにしてください。Ensure that the SQL Server I/O channels to the disks are not shared by other applications, such as the paging file and Internet Information Services (IIS) logs.

バスの帯域幅を可能な限り広くしてください。帯域幅が大きいほど、信頼性とパフォーマンスを高める効果があります。バスの帯域幅を消費するのはディスクだけではありません。たとえば、ネットワーク アクセスも考慮する必要があります。Provide as much bus bandwidth as possible. Greater bus bandwidth helps improve reliability and performance. Consider that the disk is not the only user of bus bandwidth — for example, you must also account for network access.

SQL Server のオプションを設定するSet SQL Server options

SharePoint Server を展開する前に、SQL Server の以下の設定値とオプションを構成する必要があります。The following SQL Server settings and options should be configured before you deploy SharePoint Server.

  • SQL Server をホストし、SharePoint Server をサポートするサーバーでは、統計の自動作成を有効にしないでください。SharePoint Server では、準備とアップグレードで必要な設定値を構成します。統計の自動作成を有効にすると、クエリの実行計画が大きく変更され、あるインスタンスの SQL Server から別のインスタンスの SQL Server に移ることがあります。そのため、すべての顧客が一貫したサポートを得られるように、SharePoint Server では必要に応じてクエリに暗号化されたヒントを提供して、どのようなシナリオでも最適なパフォーマンスが得られるようにしています。Do not enable auto-create statistics on a server that hosts SQL Server and supports SharePoint Server. SharePoint Server configures the required settings upon provisioning and upgrade. Auto-create statistics can significantly change the execution plan of a query from one instance of SQL Server to another instance of SQL Server. Therefore, to provide consistent support for all customers, SharePoint Server provides coded hints for queries as needed to provide the best performance across all scenarios.

  • 最適なパフォーマンスが得られるように、SharePoint Server データベースをホストする SQL Server インスタンスで、 並列処理の最大限度 (MAXDOP) を 1 に設定することを強くお勧めします。 並列処理の最大限度 を設定する方法の詳細については、「 max degree of parallelism サーバー構成オプションの構成」を参照してください。To ensure optimal performance, we strongly recommend that you set max degree of parallelism (MAXDOP) to 1 SQL Server instances that host SharePoint Server databases. For more information about how to set max degree of parallelism, see Configure the max degree of parallelism Server Configuration Option.

データベースを構成するConfigure databases

次のガイダンスは、環境内の各データベースを構成するときのベスト プラクティスです。The following guidance describes best practices to plan for as you configure each database in your environment.

データ別にディスクを分類して優先度を付けるSeparate and prioritize your data among disks

理想的には、tempdb データベース、コンテンツ データベース、利用状況データベース、検索データベース、SQL Server 2014 (SP1)、SQL Server 2016、SQL Server 2017 RTM、SQL Server 2008 R2 SP1 および SQL Server 2012 のトランザクション ログを、それぞれ別の物理ハードディスクに配置することが望まれます。Ideally, you should place the tempdb database, content databases, Usage database, search databases, and SQL Server 2014 (SP1), SQL Server 2016, SQL Server 2017 RTM, SQL Server 2008 R2 with SP1 and SQL Server 2012 transaction logs on separate physical hard disks.

以下に、データの優先度を決めるベスト プラクティスと推奨方法を示します。The following list provides some best practices and recommendations for prioritizing data:

  • さらに高速のディスク間でデータの優先度を付けるときは、次のように順位を決めます。When you prioritize data among faster disks, use the following ranking:

    • tempdb データ ファイルとトランザクション ログTempdb data files and transaction logs

    • データベースのトランザクション ログ ファイルDatabase transaction log files

    • 検索データベース (検索管理データベースは除く)Search databases, except for the Search administration database

    • データベースのデータ ファイルDatabase data files

      読み取りが非常に多いポータル サイトでは、ログよりもデータを優先します。In a heavily read-oriented portal site, prioritize data over logs.

  • テストと顧客データから得たデータによれば、tempdb のディスク I/O 能力が十分でないと、SharePoint Serverファームのパフォーマンスが大幅に低下することがわかっています。この問題を避けるには、tempdb に専用のディスクを割り当ててください。高いワークロードが予想されるか実際に観測されている場合は (具体的には、読み取りまたは書き込みに平均 20 ミリ秒以上かかっている場合)、ファイルをディスクに分けて配置するか、より高速なディスクに交換することによって、この障害を軽減する必要があります。Testing and customer data show that SharePoint Server farm performance can be significantly impeded by insufficient disk I/O for tempdb. To avoid this issue, allocate dedicated disks for tempdb. If a high workload is projected or monitored — that is, the average read action or the average write action requires more than 20 ms — you might have to ease the bottleneck by either separating the files across disks or by replacing the disks with faster disks.

  • 最適なパフォーマンスを得るためには、tempdb を RAID 10 アレイに配置します。tempdb データ ファイルの数は、コア CPU の数と同じにする必要があります。tempdb データ ファイルはいずれも同じサイズに設定する必要があります。この場合、デュアルコア プロセッサは 2 個の CPU と数えます。ハイパースレッディングをサポートする各プロセッサは、1 個の CPU と数えます。詳細については、「tempdb のパフォーマンスの最適化」をご覧ください。For best performance, place the tempdb on a RAID 10 array. The number of tempdb data files should equal the number of core CPUs, and the tempdb data files should be set at an equal size. Count dual core processors as two CPUs for this purpose. Count each processor that supports hyper-threading as a single CPU. For more information, see Optimizing tempdb Performance.

  • データベースのデータ ファイルとトランザクション ログ ファイルを個別のディスクに配置します。専用のディスクまたはストライプを割り当てるには小さすぎるために (またはディスク スペースが足りないために) ディスクを共用しなければならないファイルについては、利用パターンの異なるファイルを同じディスクに配置して、できるだけアクセス要求が同時に発生しないようにしてください。Separate database data and transaction log files across different disks. If files must share disks because the files are too small to warrant a whole disk or stripe, or you have a shortage of disk space, put files that have different usage patterns on the same disk to minimize concurrent access requests.

  • 特定のストレージ ソリューションですべてのログおよび検索データベースの書き込みを最適化するには、その構成方法をストレージ ハードウェアのベンダーに問い合わせてください。Consult your storage hardware vendor for information about how to configure all logs and the search databases for write optimization for your particular storage solution.

コンテンツ データベースで複数のデータ ファイルを使用するUse multiple data files for content databases

最適なパフォーマンスを得るためには、次の推奨方法に従ってください。Follow these recommendations for best performance:

  • データベースのプライマリ ファイル グループ内にのみファイルを作成する。Only create files in the primary filegroup for the database.

  • ファイルを別のディスクに分散する。Distribute the files across separate disks.

  • データ ファイルの数をコア CPU の個数以下にする。この場合、デュアルコア プロセッサは 2 個の CPU と数えます。ハイパースレッディングをサポートする各プロセッサは、1 個の CPU と数えます。The number of data files should be less than or equal to the number of core CPUs. Count dual core processors as two CPUs for this purpose. Count each processor that supports hyper-threading as a single CPU.

  • データ ファイルを同じサイズで作成する。Create data files of equal size.

重要

SharePoint Server に組み込まれているバックアップ/復元ツールを使用すれば、複数のデータ ファイルのバックアップと復元を行うことができますが、同じ場所に上書きした場合は、これらのツールで複数のデータ ファイルを異なる場所に復元することはできません。そのため、コンテンツ データベースで複数のデータ ファイルを使用するときは、SQL Server のバックアップ/復元ツールを使用することを強くお勧めします。SharePoint Server のバックアップおよび復元の詳細については、「SharePoint Server でのバックアップと回復を計画する」をご覧ください。Although you can use the backup and recovery tools that are built in to SharePoint Server to back up and recover multiple data files, if you overwrite in the same location, the tools can't restore multiple data files to a different location. For this reason, we strongly recommend that when you use multiple data files for a content database, you use SQL Server backup and recovery tools. For more information about how to back up and recover SharePoint Server, see Plan for backup and recovery in SharePoint Server.

ファイル グループの作成と管理の詳細については、「ファイルとファイル グループのアーキテクチャ」をご覧ください。For more information about how to create and manage filegroups, see Physical Database Files and Filegroups.

コンテンツ データベースのサイズを制限して管理性を高めるLimit content database size to improve manageability

実際の環境に合わせて管理性とパフォーマンスが向上するように、またアップグレードが容易になるように、データベースのサイズを計画してください。Plan for database sizing that will improve manageability, performance, and ease of upgrade for your environment.

システム パフォーマンスを確実に得るために、コンテンツ データベースのサイズは 200 GB に制限することを強くお勧めします (200 GB を超えるサイズをサポートする特定の使用シナリオや使用状況を除く)。コンテンツ データベースのサイズ制限についての詳細は、「ソフトウェアの境界と制限 (SharePoint Server 2016 および 2019)」のセクション「コンテンツ データベースの制限」を参照してください。To help ensure system performance, we recommended that you limit the size of content databases to 200 GB, except when specific usage scenarios and conditions support larger sizes. For more information about content database size limits, see the "Content database limits" section in Software boundaries and limits for SharePoint Servers 2016 and 2019.

そのサイト コレクションがデータベースの唯一のサイト コレクションでない限り、サイト コレクションは 100 GB を超えないようにすることをお勧めします。この制限を満たしているときは、必要に応じて SharePoint Server の詳細バックアップ ツールを使用してサイト コレクションを別のデータベースに移動できます。We generally recommend that a site collection should not exceed 100 GB unless it is the only site collection in the database so that you can use the SharePoint Server granular backup tools to move a site collection to another database if you need to.

事前にデータおよびログ ファイルの増加を管理するProactively manage the growth of data and log files

以下の推奨方法に従い、データ ファイルやログ ファイルの拡大を見越して管理することをお勧めします。We recommend that you proactively manage the growth of data and log files by considering the following recommendations:

  • できるだけ、すべてのデータ ファイルとログ ファイルを、予想される最終サイズまであらかじめ拡大させておきます。As much as possible, pre-grow all data and log files to their expected final size.

  • 安全上の理由で自動拡張を有効にしておくことをお勧めします。自動拡張の既定の設定に頼らず、自動拡張を構成する際には次のガイドラインを検討してください。We recommend that you enable autogrowth for safety reasons. Do not rely on the default autogrowth settings. Consider the following guidelines when you configure autogrowth:

    • 推奨サイズ (200 GB) を超えるコンテンツ データベースを計画するときは、データベースの自動拡張値を比率ではなくメガバイト単位の固定値に設定します。これで SQL Server がファイルのサイズを拡張する頻度が小さくなります。ファイル サイズの拡張は、新たな領域を空のページで埋めるブロッキング操作です。When you plan content databases that exceed the recommended size (200 GB), set the database autogrowth value to a fixed number of megabytes instead of to a percentage. This will reduce the frequency with which SQL Server increases the size of a file. Increasing file size is a blocking action that involves filling the new space with empty pages.

    • コンテンツ データベースの計算上の大きさが翌年の間に最大推奨サイズの 200 GB に達しないと見込まれる場合は、 ALTER DATABASE MAXSIZE プロパティを使用して、1 年以内に達すると見込まれる最大サイズに 20 パーセントの誤差を上乗せした値をデータベースのサイズとして設定します。この設定を定期的に見直し、過去の増大率と照らして値がまだ適切であることを確認するようにしてください。If the calculated size of the content database is not expected to reach the recommended maximum size of 200 GB within the next year, set it to the maximum size the database is predicted to reach in a year — with 20 percent additional margin for error — by using the ALTER DATABASE MAXSIZE property. Periodically review this setting to make sure that it is still an appropriate value, depending on past growth rates.

  • 拡大とピーク時の利用パターンに対応できるように、使用している各ディスクの全体で少なくとも 25 パーセント程度の空き領域を残すようにします。RAID アレイにディスクを追加するかストレージの割り当てを増やす方法で増大を管理している場合は、ディスク サイズを念入りに監視して領域が足りなくならないようにしてください。Maintain a level of at least 25 percent available space across disks to allow for growth and peak usage patterns. If you are managing growth by adding disks to a RAID array or allocating more storage, monitor disk size closely to avoid running out of space.

ストレージと SQL Server のパフォーマンスを検証し監視するValidate and monitor storage and SQL Server performance

使用しているハードウェアのパフォーマンスとバックアップ ソリューションが、サービス レベル契約 (SLA) の要件を満たしているかをテストしてください。特に、SQL Server を実行しているコンピューターの I/O サブシステムをテストして、十分なパフォーマンスが得られるか確認します。Test that your performance and backup solution on your hardware enables you to meet your service level agreements (SLAs). In particular, test the I/O subsystem of the computer that is running SQL Server to make sure that performance is satisfactory.

使用しているバックアップ ソリューションをテストして、利用可能なメンテナンス期間の間にシステムのバックアップが可能か確認します。バックアップ ソリューションがビジネス上の SLA の要件を満たせない場合は、Microsoft System Center Data Protection Manager などの増分バックアップ ソリューションの使用を検討してください。Test the backup solution that you are using to make sure that it can back up the system within the available maintenance window. If the backup solution can't meet the SLAs your business requires, consider using an incremental backup solution such as Microsoft System Center Data Protection Manager.

SQL Server を実行しているサーバーのリソース コンポーネントとして CPU、メモリ、キャッシュ/ヒット率、I/O サブシステムなどを監視することが重要です。これらのコンポーネントの 1 つ以上で速度の低下や過負荷の状況が見られる場合には、現状および今後予想されるワークロードに基づいて適切な戦略を練ります。詳細について、SQL Server 2014 (SP1) の場合は「パフォーマンスの監視とチューニング」を参照してください。SQL Server 2016 および SQL Server 2017 RTM の場合は「パフォーマンスの監視とチューニング」を参照してください。It is important to track the following resource components of a server that is running SQL Server: CPU, memory, cache/hit ratio, and I/O subsystem. When one or more of the components seems slow or overburdened, analyze the appropriate strategy based on the current and projected workload. For more information, see Monitor and Tune for Performance for SQL Server 2014 (SP1) and Monitor and Tune for Performance for SQL Server 2016 and SQL Server 2017 RTM.

次のセクションでは、SharePoint Server 環境で稼働する SQL Server データベースのパフォーマンスを監視する手段としてお勧めするパフォーマンス カウンターを示します。この他、各カウンターの望ましいおおよその値も示します。The following section lists the performance counters that we recommend that you use to monitor the performance of the SQL Server databases that are running in your SharePoint Server environment. Also listed are approximate healthy values for each counter.

パフォーマンスの監視方法とパフォーマンス カウンターの使用方法の詳細については、「Windows パフォーマンス モニター」と「パフォーマンスの監視」を参照してください。For details about how to monitor performance and use performance counters, see Windows Performance Monitor and Monitoring Performance.

監視する SQL Server カウンターSQL Server counters to monitor

サーバーの調子を確認するために、SQL Server の以下のカウンターを監視します。Monitor the following SQL Server counters to ensure the health of your servers:

  • General Statistics このオブジェクトは、サーバー全体の活動 (現在の接続数、SQL Server インスタンスを実行しているコンピューターに対する 1 秒あたりのユーザー接続数/切断数など) を監視するためのカウンターを提供します。次のカウンターを監視することを検討してください。General statistics This object provides counters to monitor general server-wide activity, such as the number of current connections and the number of users connecting and disconnecting per second from computers that are running an instance of SQL Server. Consider monitoring the following counter:

    • User Connections このカウンターは、SQL Server を実行しているコンピューターのユーザー接続数を表します。この値が基準値から 500 パーセント上昇する場合は、パフォーマンスの低下が見られることがあります。User connections This counter shows the number of user connections on your computer that is running SQL Server. If you see this number increase by 500 percent from your baseline, you may see a performance reduction.
  • Databases このオブジェクトは、一括コピー操作、バックアップと復元のスループット、およびトランザクション ログ活動を監視するためのカウンターを提供します。トランザクションとトランザクション ログを監視することによって、データベース内でのユーザー活動の量とトランザクション ログの消費状況を調べます。ユーザー活動の量は、データベースのパフォーマンスのほか、ログ サイズ、ロック、およびレプリケーションに影響することがあります。ログ活動を監視してユーザー活動およびリソースの利用状況が低レベルであれば、パフォーマンスのボトルネックを特定できます。次のカウンターを監視することを検討してください。Databases This object provides counters to monitor bulk copy operations, backup and restore throughput, and transaction log activities. Monitor transactions and the transaction log to determine how much user activity is occurring in the database and how full the transaction log is becoming. The amount of user activity can determine the performance of the database and affect log size, locking, and replication. Monitoring low-level log activity to gauge user activity and resource usage can help you identify performance bottlenecks. Consider monitoring the following counter:

    • Transactions/sec このカウンターは、特定のデータベースまたはサーバー全体における 1 秒あたりのトランザクション数を表します。これは基準値としての意味合いが強く、問題の解決に利用されます。Transactions/sec This counter shows the number of transactions on a given database or on the entire server per second. This number is more for your baseline and to help you troubleshoot issues.
  • Locks このオブジェクトは、リソース タイプごとの SQL Server のロックに関する情報を提供します。以下のカウンターを監視することを検討してください。Locks This object provides information about SQL Server locks on individual resource types. Consider monitoring the following counters:

    • Average Wait Time (ms) このカウンターは、待ち状態となった各ロック要求の平均待機時間を表します。Average Wait Time (ms) This counter shows the average amount of wait time for each lock request that resulted in a wait.

    • Lock Wait Time (ms) このカウンターは、直近の 1 秒間に生じたロックの待ち時間を表します。Lock Wait Time (ms) This counter shows the wait time for locks in the last second.

    • Lock waits/sec このカウンターは、直ちに解決されないためにリソース待ちとなる 1 秒あたりのロック数を表します。Lock waits/sec This counter shows the number of locks per second that couldn't be satisfied immediately and had to wait for resources.

    • Number of deadlocks/sec このカウンターは、SQL Server を実行しているコンピューター上の 1 秒あたりのデッドロック数を表します。この値が 0 より大きくならないようにしてください。Number of deadlocks/sec This counter shows the number of deadlocks on the computer that is running SQL Server per second. This should not increase above 0.

  • Latches このオブジェクトは、SQL Server 内部のラッチと呼ばれるリソース ロックを監視するためのカウンターを提供します。ラッチを監視してユーザー活動とリソースの利用状況を調べると、パフォーマンスのボトルネックを特定できます。以下のカウンターを監視することを検討してください。Latches This object provides counters to monitor internal SQL Server resource locks called latches. Monitoring the latches to determine user activity and resource usage can help you identify performance bottlenecks. Consider monitoring the following counters:

    • Average Latch Wait Time (ms) このカウンターは、待ち状態となったラッチ要求の平均ラッチ待機時間を表します。Average Latch Wait Time (ms) This counter shows the average latch wait time for latch requests that had to wait.

    • Latch Waits/sec このカウンターは、直ちに許可できなかったラッチ要求の数を表します。Latch Waits/sec This counter shows the number of latch requests that couldn't be granted immediately.

  • SQL Statistics このオブジェクトは、コンパイルや特定の SQL Server インスタンスに対して送信された要求の種類を監視するためのカウンターを提供します。クエリのコンパイルおよび再コンパイルの回数や特定の SQL Server インスタンスが受け取るバッチの数を監視すると、SQL Server におけるユーザー クエリの処理速度やクエリ オプティマイザーにおけるクエリの処理効率を示す指標を得ることができます。以下のカウンターを監視することを検討してください。SQL Statistics This object provides counters to monitor compilation and the type of requests sent to an instance of SQL Server. Monitoring the number of query compilations and recompilations and the number of batches received by an instance of SQL Server gives you an indication of how quickly SQL Server is processing user queries and how effectively the query optimizer is processing the queries. Consider monitoring the following counters:

    • SQL Compilations/sec このカウンターは、1 秒あたりにコンパイル コード パスが入力された回数を表します。SQL Compilations/sec This counter indicates the number of times the compile code path is entered per second.

    • SQL Re-Compilations/sec このカウンターは、1 秒あたりのステートメントの再コンパイル数を表します。SQL Re-Compilations/sec This counter indicates the number statement recompiles per second.

  • Buffer Manager このオブジェクトは、SQL Server がデータ ページ、内部データ構造、プロシージャ キャッシュなどを格納するためにメモリをどのように使用するかを監視するカウンターや、SQL Server がデータベース ページを読み書きする際の物理 I/O を監視するカウンターを提供しています。次のカウンターを監視することを検討してください。Buffer Manager This object provides counters to monitor how SQL Server uses memory to store data pages, internal data structures, and the procedure cache, and also counters to monitor the physical I/O as SQL Server reads and writes database pages. Consider monitoring the following counter:

    • Buffer Cache Hit RatioBuffer Cache Hit Ratio

    • このカウンターは、バッファー キャッシュ内で見つかったためにディスクから読み取らなくて済んだページの比率を表します。この比率は、ここ数千回のページ アクセスで得られたキャッシュ ヒット総数をキャッシュ検索総数で割ったものです。キャッシュからの読み取りはディスクからの読み取りよりも遙かに低負荷なので、この比率は大きいことが望まれます。一般に、SQL Server の使用可能なメモリを増やすことでバッファー キャッシュのヒット率を高めることができます。This counter shows the percentage of pages that were found in the buffer cache without having to read from disk. The ratio is the total number of cache hits divided by the total number of cache lookups over the last few thousand page accesses. Because reading from the cache is much less expensive than reading from disk, you want this ratio to be high. Generally, you can increase the buffer cache hit ratio by increasing the memory available to SQL Server.

  • Plan Cache このオブジェクトは、SQL Server のストアド プロシージャや、その場限りの (または事前に準備された) Transact-SQL ステートメント、トリガーといったオブジェクトを格納するメモリを監視するカウンターを提供しています。次のカウンターを監視することを検討してください。Plan Cache This object provides counters to monitor how SQL Server uses memory to store objects such as stored procedures, unprepared and prepared Transact-SQL statements, and triggers. Consider monitoring the following counter:

    • Cache Hit RatioCache Hit Ratio

    • このカウンターは、プランを検索したときキャッシュがヒットする比率を表します。This counter indicates the ratio between cache hits and lookups for plans.

監視する物理サーバー カウンターPhysical server counters to monitor

SQL Server を実行しているコンピューターの調子を確認するために、以下のカウンターを監視します。Monitor the following counters to ensure the health of your computers that are running SQL Server:

  • Processor: % Processor Time: _Total このカウンターは、プロセッサがアプリケーションや Idle 以外のオペレーティング システム プロセスを実行している時間の比率を表します。SQL Server を実行しているコンピューターでは、このカウンターの値が 50 ~ 75 パーセントの範囲に入るようにしてください。過負荷状態が続く場合は、異常なプロセス活動がないかということや、サーバーに CPU を追加する必要がないかなどを調査してください。Processor: % Processor Time: _Total This counter shows the percentage of time that the processor is executing application or operating system processes other than Idle. On the computer that is running SQL Server, this counter should be kept between 50 percent and 75 percent. In case of constant overloading, investigate whether there is abnormal process activity or if the server needs additional CPUs.

  • System: Processor Queue Length このカンターは、プロセッサ キュー内のスレッド数を表します。このカウンターを監視して、値がコア CPU 数の 2 倍より小さくなるようにしてください。System: Processor Queue Length This counter shows the number of threads in the processor queue. Monitor this counter to make sure that it remains less than two times the number of core CPUs.

  • Memory: Available Mbytes このカウンターは、コンピューター上で実行されるプロセスで利用できる物理メモリ量 (MB) を表します。このカウンターを監視して、値が利用可能な全物理メモリ量の少なくとも 20 パーセントになるようにしてください。Memory: Available Mbytes This counter shows the physical memory, in megabytes, available to processes running on the computer. Monitor this counter to make sure that you maintain a level of at least 20 percent of the total available physical RAM.

  • Memory: Pages/sec このカウンターは、ハード ページ フォールトを解決するためのディスク ページの読み書きが行われる速度を表します。このカウンターを監視して、値が 100 未満になるようにしてください。Memory: Pages/sec This counter shows the rate at which pages are read from or written to disk to resolve hard page faults. Monitor this counter to make sure that it remains under 100.

詳細とメモリのトラブルシューティング方法については、次のリソースを参照してください。For more information and memory troubleshooting methods, see the following resources:

メモリに関する問題の解決などの詳細については、「メモリ使用率の監視」(SQL Server 2008 R2 SP1 の場合)、「メモリ使用率の監視」(SQL Server 2012 の場合)、「メモリ使用率の監視」(SQL Server 2014 の場合) を参照してください。For more information and memory troubleshooting methods, see Monitoring Memory Usage for SQL Server 2008 R2 with SP1, Monitoring Memory Usage for SQL Server 2012, and Monitor Memory Usage for SQL Server 2014.

監視するディスク カウンターDisk counters to monitor

ディスクの調子を確認するために以下のカウンターを監視します。なお、以下の値は一定の時間の経過の中で計測されるものであり、ある瞬間に生じた値や 1 回限りの計測で求められる値ではありません。Monitor the following counters to ensure the health of disks. Note that the following values represent values measured over time — not values that occur during a sudden spike and not values that are based on a single measurement.

  • Physical Disk: % Disk Time: DataDrive このカウンターは選択したディスク ドライブが読み取りまたは書き込み要求を処理していてビジー状態となる経過時間の比率を表します。これはディスクのビジー状況を示す一般的な指標です。 PhysicalDisk: % Disk Time カウンターの値が大きい (90 パーセント以上) 場合は、 PhysicalDisk: Current Disk Queue Length カウンターをチェックして、ディスク アクセス待ちのシステム要求がどれだけあるかを調べます。待機状態の I/O 要求の数が物理ディスクのスピンドル数の 1.5 倍から 2 倍を超えないようにしてください。Physical Disk: % Disk Time: DataDrive This counter shows the percentage of elapsed time that the selected disk drive is busy servicing read or write requests-it is a general indicator of how busy the disk is. If the PhysicalDisk: % Disk Time counter is high (more than 90 percent), check the PhysicalDisk: Current Disk Queue Length counter to see how many system requests are waiting for disk access. The number of waiting I/O requests should be sustained at no more than 1.5 to 2 times the number of spindles that make up the physical disk.

  • Logical Disk: Disk Transfers/sec このカウンターは、ディスク上の読み取りと書き込みの速度を表します。このカウンターを使用して拡大傾向を監視し、適宜予測を行います。Logical Disk: Disk Transfers/sec This counter shows the rate at which read and write operations are performed on the disk. Use this counter to monitor growth trends and forecast appropriately.

  • Logical Disk: Disk Read Bytes/secLogical Disk: Disk Write Bytes/sec これらのカウンターは、読み取り時または書き込み時におけるディスクからのバイト転送速度を表します。Logical Disk: Disk Read Bytes/sec and Logical Disk: Disk Write Bytes/sec These counters show the rate at which bytes are transferred from the disk during read or write operations.

  • Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Read このカウンターは、読み取り時にディスクから転送される平均バイト数を表します。この値はディスクの遅延を反映し、読み取り操作が多いと遅延がいくらか大きくなることがあります。Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Read This counter shows the average number of bytes transferred from the disk during read operations. This value can reflect disk latency — larger read operations can result in slightly increased latency.

  • Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Write このカウンターは、書き込み時にディスクへ転送される平均バイト数を表します。この値はディスクの遅延を反映し、書き込み操作が多いと遅延がいくらか大きくなることがあります。Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Write This counter shows the average number of bytes transferred to the disk during write operations. This value can reflect disk latency — larger write operations can result in slightly increased latency.

  • Logical Disk: Current Disk Queue Length このカウンターは、パフォーマンス データの収集時にディスク上でまだ処理が行われていない要求の数を表します。このカウンターは、値が小さいほど良いことになります。1 ディスクあたりの値が 2 を超えた場合は、ボトルネックがあることを示唆するので調査が必要です。これは、4 台のディスクで構成される論理ユニット (LUN) では最大 8 までの値が許容されることを意味します。これらのボトルネックはバックログを生じさせ、ディスクにアクセスしている現在のサーバーを越えてその影響が伝播し、結局、ユーザー レベルの待機時間が長くなります。ボトルネックの解消策としては、RAID アレイにディスクを追加する、既存のディスクをより高速のものに取り替える、一部のデータを他のディスクに移動する、などの方法が考えられます。Logical Disk: Current Disk Queue Length This counter shows the number of requests outstanding on the disk at the time that the performance data is collected. For this counter, lower values are better. Values greater than 2 per disk may indicate a bottleneck and should be investigated. This means that a value of up to 8 may be acceptable for a logical unit (LUN) made up of 4 disks. Bottlenecks can create a backlog that can spread beyond the current server that is accessing the disk and result in long wait times for users. Possible solutions to a bottleneck are to add more disks to the RAID array, replace existing disks with faster disks, or move some data to other disks.

  • Logical Disk: Avg. Disk Queue Length このカウンターは、サンプル期間中に選択したディスクで待ち状態となっていた読み取りおよび書き込み要求の平均個数を表します。ここでのルールは、1 スピンドル当たりの未処理の読み取りおよび書き込み要求が 2 個以下であることですが、ストレージの仮想化や構成間での RAID レベルに違いによって、これを計測することが難しい場合があります。そこで、ディスク キューの長さとディスク遅延がそれぞれ平均値よりも大きくなっていないか調べてください。この両方が平均値よりも大きいということは、ストレージ アレイ キャッシュが過負荷の状態か、他のアプリケーションとのスピンドルの共有がパフォーマンスに影響していることを示唆します。Logical Disk: Avg. Disk Queue Length This counter shows the average number of both read and write requests that were queued for the selected disk during the sample interval. The rule is that there should be two or fewer outstanding read and write requests per spindle. But this can be difficult to measure because of storage virtualization and differences in RAID levels between configurations. Look for larger than average disk queue lengths in combination with larger than average disk latencies. This combination can indicate that the storage array cache is being overused or that spindle sharing with other applications is affecting performance.

  • Logical Disk: Avg. Disk sec/ReadLogical Disk: Avg. Disk sec/Write これらのカウンターは、ディスクの読み取りまたは書き込み操作の平均時間 (秒) を表します。これらのカウンターを監視して、ディスク操作がディスク能力の 85 パーセント以下にとどまっていることを確認します。読み取りまたは書き込み操作がディスク能力の 85 パーセントを超えると、ディスク アクセス時間は急激に増加します。使用しているハードウェアの固有の能力を調べるには、ベンダーの提供するドキュメントを参照するか、Diskspd ユーティリティというストレージ テスト ツールを使用してそれを計算します。詳細については、「Diskspd: 信頼性の高いストレージ パフォーマンス ツール」を参照してください。Logical Disk: Avg. Disk sec/Read and Logical Disk: Avg. Disk sec/Write These counters show the average time, in seconds, of a read or write operation to the disk. Monitor these counters to make sure that they remain below 85 percent of the disk capacity. Disk access time increases exponentially if read or write operations are more than 85 percent of disk capacity. To determine the specific capacity for your hardware, refer to the vendor documentation or use the Diskspd Utility, storage testing tool to calculate it. For more information, see Diskspd: A Robust Storage Performance Tool.

    • Logical Disk: Avg. Disk sec/Read このカウンターは、ディスクの読み取り操作の平均時間 (秒) を表します。よく調整されたシステムにおける理想的な値は、ログの場合は 1 ~ 5 ミリ秒 (キャッシュ付きアレイでは 1 ミリ秒が理想的)、データの場合は 4 ~ 20 ミリ秒 (10 ミリ秒以下が理想的) です。ピーク時に遅延がより大きくなることもありますが、大きい値がいつも現れる場合には原因を調べる必要があります。Logical Disk: Avg. Disk sec/Read This counter shows the average time, in seconds, of a read operation from the disk. On a well-tuned system, ideal values are from 1 through 5 ms for logs (ideally 1 ms on a cached array), and from 4 through 20 ms for data (ideally less than 10 ms). Higher latencies can occur during peak times. However, if high values occur regularly, you should investigate the cause.

    • Logical Disk: Avg. Disk sec/Write このカウンターは、ディスクの書き込み操作の平均時間 (秒) を表します。よく調整されたシステムにおける理想的な値は、ログの場合は 1 ~ 5 ミリ秒 (キャッシュ付きアレイでは 1 ミリ秒が理想的)、データの場合は 4 ~ 20 ミリ秒 (10 ミリ秒以下が理想的) です。ピーク時に遅延がより大きくなることもありますが、大きい値がいつも現れる場合には原因を調べる必要があります。Logical Disk: Avg. Disk sec/Write This counter shows the average time, in seconds, of a write operation to the disk. On a well-tuned system, ideal values are from 1 through 5 ms for logs (ideally 1 ms on a cached array), and from 4 through 20 ms for data (ideally less than 10 ms). Higher latencies can occur during peak times. However, if high values occur regularly, you should investigate the cause.

      RAID 構成を使用しているときの Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Read または Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Write カウンターについては、次の表に示す式でディスクの入力および出力速度を計算してください。When you are using RAID configurations with the Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Read or Logical Disk: Avg. Disk Bytes/Write counters, use the formulas listed in the following table to determine the rate of input and output on the disk.

RAID レベルRAID level Formula
RAID 0RAID 0
1 ディスク当たりの I/O 数 = (読み取り数 + 書き込み数) / ディスク数I/Os per disk = (reads + writes) / number of disks
RAID 1RAID 1
1 ディスク当たりの I/O 数 = [読み取り数 + (2 × 書き込み数)] / 2I/Os per disk = [reads + (2 × writes)] / 2
RAID 5RAID 5
1 ディスク当たりの I/O 数 = [読み取り数 + (4 × 書き込み数)] / ディスク数I/Os per disk = [reads + (4 × writes)] / number of disks
RAID 10RAID 10
1 ディスク当たりの I/O 数 = [読み取り数 + (2 × 書き込み数)] / ディスク数I/Os per disk = [reads + (2 × writes)] / number of disks

たとえば、2 台の物理ディスクで構成される RAID 1 システムがあって、カウンターの値が次の表に示すとおりであるとします。For example, if you have a RAID 1 system that has two physical disks, and your counters are at the values that are shown in the following table.

カウンターCounter Value
Avg. Disk sec/ReadAvg. Disk sec/Read
8080
Logical Disk: Avg. Disk sec/WriteLogical Disk: Avg. Disk sec/Write
7070
Avg. Disk Queue LengthAvg. Disk Queue Length
55
  • I/O value per disk は、次のように計算することができます。(80 + (2 × 70))/2 = 110The I/O value per disk can be calculated as follows: (80 + (2 × 70))/2 = 110

  • disk queue length は、次のように計算することができます。5/2 = 2.5The disk queue length can be calculated as follows: 5/2 = 2.5

  • この状況は、I/O ボトルネックのボーダーラインにあります。In this situation, you have a borderline I/O bottleneck.

その他の監視ツールOther monitoring tools

SQL Server 2008 の sys.dm_io_virtual_file_stats 動的管理ビューでディスクの遅延を監視して傾向を分析することもできます。詳細については、「sys.dm_io_virtual_file_stats (Transact-SQL)」を参照してください。You can also monitor disk latency and analyze trends by using the sys.dm_io_virtual_file_stats dynamic management view in SQL Server 2008. For more information, see sys.dm_io_virtual_file_stats (Transact-SQL).

SQL Server 2012 for SharePoint Server 2013SQL Server 2012 for SharePoint Server 2013

一連のオンライン SQL Server 2012 トレーニング モジュールは、Bill Baer (Microsoft の Senior Product Marketing Manager) と Brian Alderman (MicroTechPoint の CEO 兼創設者) によって提供されました。オンライン トレーニング モジュールのとりまとめは Channel 9 Microsoft によって行われました。関係者皆様には厚く感謝いたします。以下に、SQL Server 2012 データベースの設定について詳しく説明したトレーニング モジュールを示します。これらのトレーニング モジュールで、SharePoint Server 2016 のパフォーマンス、可用性、セキュリティなどを向上させる方法を確認できます。Thanks to Bill Baer, Microsoft Senior Product Marketing Manager and Brian Alderman, CEO and Founder of MicroTechPoint for providing a series of online SQL Server 2012 training modules. Special thanks to Channel 9 Microsoft for hosting these online training modules. The following training modules provide details about SQL Server 2012 database settings to help you learn how to improve SharePoint Server 2016 performance, availability, and security.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server 2016 および 2019 環境内の SQL Server の概要Overview of SQL Server in SharePoint Server 2016 and 2019 environments

SharePoint Server 2013 のパフォーマンスを最適化するOptimize performance for SharePoint Server 2013

SharePoint Server ファーム内の SQL Server のベスト プラクティスBest practices for SQL Server in a SharePoint Server farm

SharePoint Server 2013 の計画、パフォーマンスを計画します。Performance planning in SharePoint Server 2013

SharePoint Server 2013 での容量管理と規模設定Capacity management and sizing for SharePoint Server 2013

SharePoint Server 2013 の容量計画Capacity planning for SharePoint Server 2013

その他のリソースOther Resources

SharePoint Server 2013 環境内の SQL Server の概要Overview of SQL Server in a SharePoint Server 2013 environment