SharePoint 2013 での共同編集の概要Overview of co-authoring in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

対象ユーザー: IT 担当者Audience: IT Professionals

SharePoint Server の共同編集機能を使用すると、複数のユーザーが互いの変更に影響を与えることなく、いつでもドキュメントの作業を行うことができます。Use the co-authoring feature in SharePoint Server to enable multiple users to work on a document, at any time, without interfering with each other's changes. 共同編集により、サーバー ベースのドキュメントのグループ作業の障壁を取り除き、添付ファイルを利用した従来のドキュメントの共有に関連する組織の負荷を軽減します。Co-authoring removes barriers to server-based document collaboration and helps organizations to reduce the overhead associated with traditional document sharing through attachments. この機能は、追加のサーバーセットアップを必要とせず、SharePoint Server に保存されているドキュメントの既定の状態です。This functionality requires no additional server setup and is the default state for documents stored in SharePoint Server. 共同編集機能は、SharePoint の管理で既に使用されているのと同じツールとテクノロジーを使用して管理され、管理者への影響を最小限に抑えることができます。Co-authoring functionality is managed by using the same tools and technologies that are already used to manage SharePoint, helping to minimize the impact on administrators.

Office は Word、PowerPoint、OneNote、および Visio の共同編集機能を提供します。Office provides co-authoring functionality for Word, PowerPoint, OneNote, and Visio. Office Web Apps サーバーを使用するように SharePoint Server を構成している場合、ユーザーは Word、PowerPoint、Excel、および OneNote Web Apps でドキュメントを共同編集することもできます。If you have SharePoint Server configured to use Office Web Apps Server, users can also co-author documents in Word, PowerPoint, Excel, and OneNote Web Apps.

重要

この記事は、SharePoint Server を管理する IT 担当者を対象としています。This article is for IT Professionals managing SharePoint Server. > 共同編集に関するヘルプをお探しですか? > Are you looking for help with co-authoring? ドキュメントのグループ作業と共同編集を探している場合は、共同編集とバージョン管理を理解して使用し、SharePoint Online に適用することをお勧めします。You may be looking for Document collaboration and co-authoring, which will help you understand and use the co-authoring and versioning and applies to SharePoint Online.

SharePoint Server の共同編集機能Co-authoring functionality in SharePoint Server

従来のグループ作業では、ドキュメントは電子メールの添付を利用して共有されます。複数の作成者のバージョンや編集を追跡するのは難しく、ユーザーの時間を消費します。電子メール システムは同じドキュメントの複数のコピーを保存する状態に甘んじなければならないばかりか、ドキュメントが繰り返し送信されるため、当然ながらネットワークのトラフィックも増加します。In traditional collaboration, documents are shared via email attachments. Tracking versions and edits from multiple authors is difficult and time-consuming for users. Email systems have to contend with storing multiple copies of the same document, not to mention increased network traffic as documents are sent repeatedly.

グループ作業のために SharePoint を使用してドキュメントを保存すると、最新バージョンのドキュメントへの一貫性のあるアクセス、以前のバージョンの追跡機能、および一元的な管理により、これらの問題が軽減されます。多数の添付ファイルではなく、 1 つのドキュメントを保存することで、ネットワークとストレージの負荷も削減されます。The use of SharePoint to store documents for collaboration has reduced these problems by providing consistent access to up-to-date versions of documents, the ability to track earlier versions, and centralized management. Storing a single document, instead of many attachments, also reduces network and storage overhead.

ただし、このソリューションは完全ではありませんでした。ある作成者がドキュメントを開くと、別の作成者はそのドキュメントを処理できません。ドキュメントを閉じることやチェックインを忘れるユーザーがいると、別のユーザーは無制限にロックアウトされ、しばしば IT 部門への問い合わせが必要となる状況が発生します。But this solution hasn't been perfect. When one author has a document open, other authors can't work on it. If someone forgets to close a document or check it in, other users may be locked out indefinitely, a situation that often requires a call to the IT department.

SharePoint Server での共同編集は、複数のユーザーがお互いの変更を妨げずにいつでも 1 つのドキュメントを処理できるようにすることで、これらの問題に対応します。この方法は、多くの一般的なドキュメントのグループ作業シナリオを合理化します。次に例を示します。Co-authoring in SharePoint Server addresses these issues by making it possible for multiple users to work on a document, at any time, without interfering with each other's changes. This approach streamlines many common document-collaboration scenarios. For example:

  • 2 人以上の作成者が複合ドキュメントの異なる部分を処理しています。1 人の作成者がドキュメントの自分のセクションを処理しているときに、お互いの変更を妨げずに、もう 1 人の作者も自分のセクションを処理できます。Two or more authors work on different parts of a composite document. While one author works on his section of the document, another author can work on hers, without either interrupting the other's work.

  • 数人の作成者が複合スライド ショーを処理しています。作成者が個別に作業して、いくつかのドキュメントを結合し、絶えず一貫性を持たせようとする代わりに、 それぞれがプレゼンテーションにスライドを追加して編集できます。Several authors work on a composite slide show. Each author can add slides to the presentation and edit them, instead of working in isolation and trying to merge several documents and make them consistent all at the same time.

  • ドキュメントが専門家や関係者に送信され、それぞれが編集や追加を行います。全員がサーバーに保存された一元的なドキュメントを処理するため、どのユーザーの編集も失われることがありません。A document is sent out to several experts and stakeholders, each of whom provides some edits or additions. No user's edits are lost, because they are all working on a central, server-stored document.

SharePoint Server での共同編集のエンドユーザーの作業についてUnderstanding the end-user experience of co-authoring in SharePoint Server

共同編集は、エンドユーザーの視点からみると使いやすい機能です。Co-authoring is easy to use from the end user's point of view. ユーザーが Word、PowerPoint、OneNote、Visio、またはいずれかの Office Web Apps で作業する場合は、通常と同じように SharePoint Server からファイルを開くだけです。When a user wants to work on a document in Word, PowerPoint, OneNote, Visio or one of the Office Web Apps, he or she merely opens it from SharePoint Server, as usual. 別のユーザーが既にドキュメントを開いている場合は、両方のユーザーが同時にドキュメントを編集できます。If another user already has the document open, both users can edit the document at the same time. これに関する 1 つの例外は、全員が Excel Web App を使用してワークブックにアクセスしている場合にのみ、Excel Web App で共同編集できるという点です。One exception to this is that users can co-author in Excel Web App only if everyone uses the Excel Web App to access the workbook. 誰かが Excel (クライアント アプリケーション) を使用してワークブックにアクセスすると、Excel Web App の共同編集は、ワークブックがクライアント アプリケーションで開いている間は無効になります。If anyone uses Excel (the client application) to access the workbook, co-authoring in Excel Web App will be disabled for that workbook while it is open in the client application.

ユーザーが Word、PowerPoint、または Word 文書を保存すると、現在の他のユーザーには、新しい編集があることが通知されます。When a user saves a Word, PowerPoint, or Word document, other current users are notified that there are new edits. 他のユーザーは表示をすぐに更新して変更を確認することも、作業を続行し、後で更新して最新の編集を確認することもできます。Those users can refresh their views immediately to see the changes or continue their work and refresh later to see the latest edits. PowerPoint Web App と Excel Web App は自動保存するので、ユーザーは変更を自動的に表示できます。PowerPoint Web App, and Excel Web App auto-save so that users can view any changes automatically. 作成者はお互いの作業を確認することができ、ドキュメントを誰が作業しているのか全員がわかります。The authors can see one another's work, and everyone knows who is working on the document. SharePoint Server のバージョン管理と追跡ツールは、ドキュメントを保護して、作成者が不要な変更をロールバックできるようにします。SharePoint Server versioning and tracking tools protect the document so that authors can roll back unwanted changes. Skype for Business を利用できる場合は、共同編集を行っている同僚のオンライン状態を確認でき、ドキュメントから離れずに、インスタント メッセージによる会話を始めることができます。When Skype for Business is available, users can see the online status of fellow co-authors and start instant messaging conversations without leaving the document.

OneNote と OneNote Web App では、共有されたノートブックによって、ユーザーがノートをシームレスに共有できます。ユーザーがノートブックのページを編集すると、その編集がそのノートブックの他のユーザーと自動的に同期されるため、全員が完全なノートのセットを利用できます。同じページで複数のユーザーによって行われた編集は自動的に表示され、ほぼリアルタイムのグループ作業が可能になります。OneNote のバージョン管理やその他の共有機能により、ユーザーは編集のロールバック、新しい編集の表示、特定の編集を行ったユーザーの判断を行うことができます。In OneNote and OneNote Web App, shared notebooks enable users to share notes seamlessly. When a user edits a page of the notebook, those edits are automatically synchronized with other users of that notebook so that everybody has a complete set of notes. Edits made by multiple users on the same page appear automatically, which enables near real-time collaboration. Versioning and other shared features in OneNote make it possible for users to roll back edits, show what edits are new, and determine who made a specific edit.

Excel クライアントアプリケーションは、SharePoint Server での共同編集ブックをサポートしていません。The Excel client application does not support co-authoring workbooks in SharePoint Server. Excel クライアントアプリケーションは、共有ブック機能を使用して、ローカルまたはネットワーク (UNC) パスに格納されている非リアルタイムの共同編集ブックをサポートします。The Excel client application uses the Shared Workbook feature to support non-real-time co-authoring workbooks that are stored locally or on network (UNC) paths. SharePoint のワークブックの共同編集は、Excel Web App を利用することでサポートされます。Co-authoring workbooks in SharePoint is supported by using the Excel Web App.

SharePoint Server の共同編集に関する計画の重要な考慮事項Important planning considerations for co-authoring in SharePoint Server

環境内の共同編集を使用する方法を計画するときに、管理者が検討する要因がいくつかあります。There are several factors that administrators will want to consider when planning how to use co-authoring in their environment.

SharePoint mp共同編集機能は、設定を容易にするために設計され、管理に最小限の労力しか求められません。ただし、共同編集の設定と管理を行うときに、考慮すべき点がいくつかあります。Co-authoring functionality in SharePoint is designed to be easy to set up and requires minimal effort to manage. But, there are several things to consider when you set up and manage co-authoring:

  • 権限 - 複数のユーザーが同じドキュメントを編集できるようにするには、そのドキュメントが保存されているドキュメント ライブラリに対する編集権限をユーザーが持っている必要があります。 これを保証する最も簡単な方法は、ドキュメントが保存されている SharePoint サイトへのアクセス権をすべてのユーザーに付与することです。特定のライブラリのドキュメントを共同編集する権限をユーザーのサブセットのみに制限する必要がある場合は、SharePoint の権限を使用してアクセス権を管理できます。詳細については、「 SharePoint サーバーのサイトのアクセス許可の概要」を参照してください。Permissions - For multiple users to be able to edit the same document, users need edit permissions for the document library where that document is stored. The simplest way to guarantee that this is to give all users access to the SharePoint site where documents are stored. In cases in which only a subset of users should have permission to co-author documents in a particular library, SharePoint permissions can be used to manage access. For more information, see Overview of site permissions in SharePoint Server.

  • バージョン管理 -SharePoint Server バージョン管理は、編集中のドキュメントの変更を追跡して、以前のバージョンも参照用に保存します。既定では、SharePoint Server ではこの機能はオフになっています。SharePoint Server は、メジャーとマイナーの 2 種類のバージョン管理をサポートしています。OneNote の共同編集で使用するドキュメント ライブラリでは、製品の一部である同期とバージョン管理機能に干渉する可能性があるため、マイナー バージョン管理をオフにすることが最善です。この制限は、マイナー バージョン管理にのみ適用されます。メジャー バージョン管理は OneNote で使用することができます。詳細については、「 リストまたはライブラリでのバージョン管理のしくみ」を参照してください。Versioning -SharePoint Server versioning keeps track of changes to documents while they are being edited, and even stores earlier versions for reference. By default, this feature is turned off in SharePoint Server. SharePoint Server supports two kinds of versioning, major and minor. It is best that minor versioning remain off for document libraries that are used for co-authoring in OneNote, because it may interfere with the synchronization and versioning capabilities that are part of the product. This limitation only applies to minor versioning. Major versioning may be used with OneNote. For more information, see How does versioning work in a list or library?.

  • バージョンの数 - 保持されるドキュメントのバージョンの数は、サーバーのストレージ要件に影響します。この数は、保持されるバージョンの数を制限するようドキュメント ライブラリの設定で調整することができます。更新頻度の高い OneNote ノートブックでは、サーバーに多数のバージョンが保存されることがあります。不要なディスク スペースの使用を回避するために、OneNote ノートブックを保存する場合に、保持されるバージョンの最大数を管理者が妥当な数に設定することをお勧めします。詳細については、「 リストまたはライブラリのバージョン管理を有効にし、構成する」を参照してください。Number of versions - The number of document versions retained affects storage requirements on the server. This number can be tuned in the document library settings to limit the number of versions retained. OneNote notebooks that are frequently updated may result in many versions being stored on the server. To avoid using unnecessary disk space, we recommend that an administrator set the maximum number of versions retained to a reasonable number on document libraries used to store OneNote notebooks. For more information, see Enable and configure versioning for a list or library

  • バージョン管理の期間 - バージョン管理の期間は、SharePoint Server が共同編集されている Word または PowerPoint のドキュメントのバージョンを作成する頻度を決定します。この期間を小さい値に設定すると、バージョンを取得する頻度が高くなり、バージョンの追跡がより詳細になりますが、サーバーのストレージ所要量が多くなる可能性があります。バージョン管理の期間は、OneNote ノートブックに影響を与えません。この値は、サーバーの coAuthoringVersionPeriod プロパティを調整することで変更できます。この設定の調整方法の詳細については、「 SharePoint 2013 の共同編集のバージョン管理の期間を構成する」を参照してください。Versioning period - The versioning period determines how often SharePoint Server will create a version of a Word or PowerPoint document that is being co-authored. Setting this period to a low value will capture versions more often, for more detailed version tracking, but may require more server storage. The versioning period does not affect OneNote notebooks. This value can be altered by adjusting the coAuthoringVersionPeriod property on the server. For more information about adjusting this setting, see Configure the co-authoring versioning period in SharePoint Server.

  • チェックアウト - ユーザーが編集のためにドキュメントをチェックアウトすると、ドキュメントはそのユーザーが編集するためにロックされます。この場合、共同編集ができなくなります。共同編集を使用するドキュメント ライブラリでは、 [チェックアウトを必須にする] 機能を有効にしないでください。既定では、SharePoint Server で [チェックアウトを必須にする] は有効になっていません。共同編集を使用中の場合、ユーザーはドキュメントを手動でチェックアウトしないでください。詳細については、「 ファイルのチェックアウトを必須にするようにライブラリを設定する」を参照してください。Check out - When a user checks out a document for editing, the document is locked for editing by that user. This prevents co-authoring. Do not enable the Require Check Out feature in document libraries in which co-authoring will be used. By default, Require Check Out is not enabled in SharePoint Server. Users should not check out documents manually when co-authoring is being used. For more information, see Set up a library to require check-out of files.

OneNote ノートブックの共同編集の計画の検討事項Planning considerations for co-authoring in OneNote notebooks

Word や PowerPoint とは異なり、OneNote はファイル自体の内部にバージョン情報を保存します。このため、OneNote ノートブックを SharePoint Server ドキュメント ライブラリに保存する場合、管理者は次の推奨事項に従ってください。Unlike Word and PowerPoint, OneNote stores version information within the file itself. For this reason, administrators should follow these recommended practices when storing OneNote notebooks in a SharePoint Server document library:

  • マイナー バージョン管理を有効にしないでください。既定では、SharePoint Server でマイナー バージョン管理は有効になっていません。Do not enable minor versioning. By default, minor versioning is not enabled in SharePoint Server.

  • 既定では、SharePoint Server でのメジャーバージョン管理が有効になっています。Major versioning is enabled in SharePoint Server by default. 保存するバージョンの最大数を適切に設定します。Set a reasonable maximum number of versions to store.

SharePoint Server の共同編集に関するパフォーマンスとスケーラビリティの考慮事項Performance and scalability considerations for co-authoring in SharePoint Server

SharePoint Server および Office アプリケーションを使用すると、環境内の共同編集に関連するパフォーマンスとスケーラビリティの影響を最小限に抑えることができます。SharePoint Server and Office applications minimize the performance and scalability impact that is associated with co-authoring in your environment. Office クライアントは、複数の作成者が編集するまで、共同編集情報をサーバーに送信することもダウンロードすることもありません。Office clients do not send or download co-authoring information from the server until more than one author is editing. 1 人のユーザーがドキュメントを編集している場合、パフォーマンスの影響は、SharePoint の以前のバージョンと似ています。When a single user is editing a document, the performance impact resembles that of earlier versions of SharePoint.

Office クライアントは、サーバーの負荷の高いときや、ユーザーがドキュメントをアクティブに編集していないときに、共同編集に関連する同期アクションの頻度を抑え、サーバーの影響を軽減するよう構成されています。これにより、全体的なパフォーマンスの影響を軽減することができます。Office clients are configured to reduce server impact by reducing the frequency of synchronization actions that are related to co-authoring when the server is under heavy load, or when a user is not actively editing the document. This helps reduce overall performance impact.

関連項目See also

SharePoint Server でドキュメントのバージョン管理、コンテンツの承認、チェックアウト管理を計画するPlan document versioning, content approval, and check-out controls in SharePointServer