SharePoint Server のワークフローWorkflow in SharePoint Server

適用対象:はい2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

SharePointのワークフローを使用すると、ビジネス プロセスをモデル化および自動化できます。Workflows in SharePoint allow you to model and automate business processes. これらのビジネスプロセスは、単純なものから複雑なものまで多岐にとしています。These business processes can range from simple to complex. しかし最も重要なのは、ワークフローを管理するのではなく、ワークフローを使用することで、ユーザーが作業に専念できるようにすることです。But most importantly, workflow lets users focus on doing the work -- rather than managing the workflow.

ワークフローは、ユーザーがドキュメントに対して共同作業を行ったり、SharePoint サイトのドキュメントやアイテムにビジネスプロセスを実装することによって、プロジェクトのタスクを管理したりするのに役立ちます。Workflows help people to collaborate on documents and to manage project tasks by implementing business processes on documents and items in a SharePoint site. ワークフローは、組織が一貫したビジネスプロセスに準拠し、組織の効率性と生産性を向上させるのに役立ちます。Workflows help organizations adhere to consistent business processes, and improve organizational efficiency and productivity.

SharePoint 2013 ワークフローと Microsoft FlowSharePoint 2013 Workflow and Microsoft Flow

SharePoint Server 2019 は、お客様のニーズを満たすために、さまざまなワークフローテクノロジをサポートしています。SharePoint Server 2019 supports a variety of workflow technologies to meet the needs of our customers. 以下に、これらのワークフローテクノロジについて説明します。These workflow technologies are described below.

  • Sharepoint 2013 ワークフロープラットフォームは、SharePoint Server 2019 に推奨されるワークフローテクノロジです。The SharePoint 2013 Workflow platform is the recommended workflow technology for SharePoint Server 2019. これらのワークフローは Microsoft Workflow Manager と統合されており、SharePoint Server 2019 用の安定した信頼できるワークフロー環境を提供します。These workflows integrate with Microsoft Workflow Manager and will provide a stable and reliable workflow experience for SharePoint Server 2019.
  • Microsoft Flow は、さまざまなアプリケーションやサービスにわたる操作を自動化するための新しいクラウドベースのプラットフォームです。Microsoft Flow is the new cloud-based platform to automate actions across a variety of applications and services. ハイブリッドテクノロジにより、オンプレミスのデータゲートウェイを使用して Microsoft Flow を SharePoint Server 環境に統合することもできます。Thanks to hybrid technology, you can also integrate Microsoft Flow into your SharePoint Server environments using the On-Premises Data Gateway. 関連する各ユーザーには、sharepoint server ライセンスの一部として含まれていない SharePoint Server でフローを使用するための PowerApps プラン1のライセンスが割り当てられている必要があります。Each related user must be assigned a PowerApps Plan 1 license to use Flow with SharePoint Server, which is not included as part of the SharePoint Server license. さらに、Microsoft Flow は、SharePoint Server を使用した非対話型ワークフロー用に現在最適化されています。In addition, Microsoft Flow is currently optimized for non-interactive workflows with SharePoint Server. 対話型ワークフローが必要な場合は、代わりに SharePoint 2013 ワークフロープラットフォームを使用することをお勧めします。If you require interactive workflows, we recommend exploring the SharePoint 2013 Workflow platform instead.
  • Sharepoint 2010 ワークフロープラットフォームは、下位互換性を維持するために SharePoint Server 2019 でもサポートされています。The SharePoint 2010 Workflow platform is also supported in SharePoint Server 2019 for backward compatibility. これにより、SharePoint Server 2019 は以前のバージョンの SharePoint Server からレガシワークフローを実行できるようになります。This allows SharePoint Sever 2019 to run legacy workflows from previous versions of SharePoint Server. SharePoint 2010 ワークフローはまだサポートされていますが、このテクノロジを使用して新しいワークフローを構築することはお勧めしません。Although SharePoint 2010 workflows are still supported, we don’t recommend building new workflows using this technology. 代わりに、SharePoint 2013 ワークフローまたは Microsoft Flow のどちらかを探索することをお勧めします。Instead, we recommend exploring either SharePoint 2013 workflows or Microsoft Flow.