SharePoint Server 2016 のハードウェア要件およびソフトウェア要件Hardware and software requirements for SharePoint Server 2016

適用対象: no2013 yes2016 no2019 (SharePoint Online なし)APPLIES TO: no2013 yes2016 no2019 noSharePoint Online

重要

このドキュメントで説明されている、最小ハードウェア仕様を満たしていない運用システムに関して Microsoft テクニカル サポートに問い合わせても、システムをアップグレードして最小要件を満たすまで、受けられるサポートは限定的です。If you contact Microsoft Customer Support Services about a production system that does not meet the minimum hardware specifications described in this document, support will be limited until the system is upgraded to the minimum requirements.

ハードウェア要件: 物理サーバーの場所Hardware requirements: Location of physical servers

会社によっては、データ センターが互いに近い場所にあり、広帯域の光ファイバー リンクで接続されていることがあります。そのような環境では、2 つのデータ センターを 1 つのファームとして構成することができます。この分散ファーム トポロジをストレッチド ファームと呼びます。SharePoint Server 2016 のストレッチド ファームがサポートされています。Some enterprises have datacenters that are in close proximity to one another and connected by high-bandwidth fiber optic links. In this environment, you can configure the two datacenters as a single farm. This distributed farm topology is called a stretched farm. Stretched farms for SharePoint Server 2016 are supported.

サポート対象の高可用性ソリューションとしてストレッチド ファーム アーキテクチャが機能するためには、以下の前提条件が満たされている必要があります。For a stretched farm architecture to work as a supported high-availability solution, the following prerequisites must be met:

  • ファーム内の片道遅延時間が十分に安定しており、10 分のうち 99.9% の間は <1 ミリ秒であること (ファーム内遅延時間は、通常、フロントエンド Web サーバーとデータベース サーバーの間の遅延時間として定義されます)。There is a highly consistent intra-farm latency of <1 ms one way, 99.9% of the time over a period of ten minutes. (Intra-farm latency is commonly defined as the latency between the front-end web servers and the database servers.)

  • 帯域速度が少なくとも秒速 1 ギガビットであること。The bandwidth speed must be at least 1 gigabit per second.

ストレッチド ファームにフォールト トレランスを持たせる場合は、標準的なベスト プラクティスのガイダンスに従って、冗長性のあるサービス アプリケーションとデータベースを構成してください。To provide fault tolerance in a stretched farm, use the standard best practice guidance to configure redundant service applications and databases.

注意

ファーム内の片道遅延時間が 10 分のうち 99.9% の間は <1 ミリ秒であることが、同じデータ センターに配置されているサーバーを使用する SharePoint 環境でも必要です。この場合、帯域速度も少なくとも秒速 1 ギガビットであることが必要です。The intra-farm latency of <1 ms one way, 99.9% of the time over a period of ten minutes is also required for SharePoint environments with servers that are located in the same datacenter. The bandwidth speed should also be in this case at least 1 gigabit per second.

ハードウェア要件: SharePoint Server のインストールHardware requirements: SharePoint server installations

次の表に、複数のサーバー ファーム インストール環境内で SharePoint Server 2016 をインストールして実行するためのハードウェアの最小要件を示します。The following table lists minimum hardware requirements for installing and running SharePoint Server 2016 in a multiple server farm installation.

すべてのインストール シナリオについて、基本インストール用の十分なハード ディスク領域、およびログ記録、デバッグ、メモリ ダンプの作成などの診断用の十分な空き領域が必要です。また運用環境では、日常の運用のためにディスクの空き領域が余分に必要になります。運用環境で使用する RAM の 2 倍の空き領域を保持してください。For all installation scenarios, you must have sufficient hard disk space for the base installation and sufficient space for diagnostics such as logging, debugging, creating memory dumps, and so on. For production use, you must also have additional free disk space for day-to-day operations. In addition, maintain two times as much free space as you have RAM for production environments.

Microsoft SQL Server 2014 のハードウェアおよびソフトウェア要件の詳細については、「SQL Server 2014 のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェア」を参照してください。For information about hardware and software requirements for Microsoft SQL Server 2014, see Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2014.

インストール シナリオInstallation scenario 展開の種類と規模Deployment type and scale RAMRAM プロセッサProcessor ハード ディスク領域Hard disk space
SQL Server を使用する単一サーバー役割Single server role that uses SQL Server
開発環境向けの最小推奨サービスを備えた SharePoint Server 2016 の開発または評価インストール。プロビジョニングするサービス アプリケーションを選択できるようにする単一サーバー ファーム役割を使用します。単一サーバー ファーム役割の詳細については、「SharePoint Server 2016 の MinRole サーバーの役割の概要」を参照してください。 Development or evaluation installation of SharePoint Server 2016 with the minimum recommended services for development environments. Use the Single-Server farm role that will let you choose which service applications to provision. For additional information on Single-Server farm role, see Overview of MinRole Server Roles in SharePoint Server 2016
16 GB16 GB
64 ビット、4 コア64-bit, 4 cores
システム ドライブに 80 GB80 GB for system drive
2 番目のドライブに 100 GB100 GB for second drive
SQL Server を使用する単一サーバー役割Single server role that uses SQL Server
開発環境で利用できるすべてのサービスを実行している SharePoint Server 2016 のパイロットまたはユーザー承諾テスト インストール。Pilot or user acceptance test installation of SharePoint Server 2016 running all available services for development environments.
24 GB24 GB
64 ビット、4 コア64-bit, 4 cores
システム ドライブに 80 GB80 GB for system drive
2 番目以降のドライブに 100 GB100 GB for second drive and additional drives
複数のサーバー ファーム内の SharePoint サーバーSharePoint server in a multiple server farm
最小数のサービスを備えた SharePoint Server 2016 の開発または評価インストール。Development or evaluation installation of SharePoint Server 2016 with a minimum number of services.
12 GB12 GB
64 ビット、4 コア64-bit, 4 cores
システム ドライブに 80 GB80 GB for system drive
2 番目のドライブに 80 GB80 GB for second drive
複数のサーバー ファーム内の SharePoint サーバーSharePoint server in a multiple server farm
利用可能なすべてのサービスを実行する SharePoint Server 2016 のパイロット、ユーザー承諾テスト、運用展開。Pilot, user acceptance test, or production deployment of SharePoint Server 2016 running all available services.
16 GB16 GB
64 ビット、4 コア64-bit, 4 cores
システム ドライブに 80 GB80 GB for system drive
2 番目以降のドライブに 80 GB80 GB for second drive and additional drives

展開の要件:ファーム トポロジDeployment requirements: Farm Topology

サーバー展開の計画方法については、「SharePoint Server 2016 での MinRole サーバーの展開を計画する」を参照してください。For information about how to plan for a server deployment, see Planning for a MinRole server deployment in SharePoint Server 2016.

SharePoint Server 2016 のソフトウェア要件Software requirements for SharePoint Server 2016

次のセクションの要件は、次のインストールに適用されます。The requirements in the following section apply to the following installations:

  • サーバーが 1 台だけのサーバー ファームServer farm with a single server in the farm

  • 複数のサーバーがあるサーバー ファームServer farm with multiple servers in the farm

注意

Windows Server 2012 R2 上で SharePoint の必須コンポーネント インストーラーを実行する前に、「Windows RT 8.1、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2 の更新プログラム: 2014 年 4 月」をインストールする必要があります。SharePoint の必須コンポーネント インストーラーでは、この更新プログラムはインストールされません。Before you run the SharePoint prerequisite installer on Windows Server 2012 R2, you need to install Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2 update: April 2014. The SharePoint prerequisite installer does not install this update for you.

注意

SharePoint Server 2016 は Resilient File System (ReFS) でフォーマットされているドライブをサポートしています。ReFs の詳細については、「Resilient File System の概要」および「Resilient File System」をご覧ください。SharePoint Server 2016 supports drives that are formatted with the Resilient File System (ReFS). For additional information about ReFs, see Resilient File System Overview and Resilient File System

重要

SharePoint Server 2016 には、最小の Active Directory ドメインおよび Windows Server 2003 (ネイティブ) のフォレストの機能レベルが必要です。SharePoint Server 2016 requires a minimum Active Directory domain and forest functional level of Windows Server 2003 (native). Active Directory の機能レベルの詳細については、「フォレストおよびドメインの機能レベル」を参照してください。For more information about Active Directory functional levels, see Forest and Domain Functional Levels.

重要

SharePoint Server 2016 は、単一ラベル ドメイン名をサポートしていません。詳細については、「単一ラベル DNS 名を使用して Active Directory のドメインを構成する」を参照してください。SharePoint Server 2016 does not support single label domain names. For more information, see Information about configuring Windows for domains with single-label DNS names.

Microsoft SharePoint 製品準備ツール は、SharePoint Server 2016 のソフトウェア前提条件のインストールに役立ちます。一部の必須コンポーネントはインターネットからインストールするので、インターネットに接続していることを確認してください。The Microsoft SharePoint Products Preparation Tool can assist you in the installation of the software prerequisites for SharePoint Server 2016. Ensure that you have an Internet connection because some prerequisites are installed from the Internet.

SharePoint Server 2016 の最小ソフトウェア要件Minimum software requirements for SharePoint Server 2016

ここでは、ファーム内の各サーバーの最小ソフトウェア要件について説明します。This section provides minimum software requirements for each server in the farm.

ファーム内のデータベース サーバーの最小要件Minimum requirements for a database server in a farm

以下のいずれか:One of the following:

  • データベース互換性レベル 110 をサポートする Windows 用 SQL Server の Standard または Enterprise Edition。A Standard or Enterprise Edition of SQL Server for Windows that supports database compatibility level 110. これには、SQL Server 2012、SQL Server 2014、SQL Server 2016、SQL Server 2017、SQL Server 2019、およびデータベース互換性レベル 110 をサポートする Windows 用の SQL Server の将来のバージョンが含まれます。This includes SQL Server 2012, SQL Server 2014, SQL Server 2016, SQL Server 2017, SQL Server 2019, and any future version of SQL Server for Windows that supports database compatibility level 110. データベースの互換性レベルの詳細については、「互換性認定」および「ALTER DATABASE (Transact-SQL) 互換性レベル」を参照してください。For more information about database compatibility levels, see Compatibility Certification and ALTER DATABASE (Transact-SQL) Compatibility Level.

  • Microsoft Azure SQL Managed Instance (MI)。Microsoft Azure SQL Managed Instance (MI). これは、SharePoint Server ファームが Microsoft Azure でホストされている場合にのみサポートされます。This is only supported if your SharePoint Server farm is hosted in Microsoft Azure. 詳細については、「SharePoint Server 2016 および 2019 を使用した Azure SQL Managed Instance のデプロイ」を参照してください。For more information, see Deploy Azure SQL Managed Instance with SharePoint Servers 2016 and 2019.

注意

SQL Server 製品と今後のすべてのパブリック更新プログラムは、SQL Server 製品ライフサイクルを通してサポートされます。SQL Server products and all future public updates are supported through the SQL Server product lifecycle.

注意

任意の BI シナリオを利用するには、Microsoft SQL Server 2016 RTM の最新の Powerview および PowerPivot アドインが必要です。PowerPivot アドインをダウンロードするには、「Microsoft® SQL Server® 2016 PowerPivot® for Microsoft SharePoint® 2016」を参照してください。To take advantage of any BI scenarios, you must have the latest Powerview and PowerPivot add-ins for Microsoft SQL Server 2016 RTM. To download the PowerPivot add-ins see, Microsoft® SQL Server® 2016 PowerPivot® for Microsoft SharePoint® 2016

注意

SQL Server Express はサポートされていません。SQL Server Express is not supported. Azure SQL データベース (非マネージドインスタンス DBaaS サービス) も、SharePoint データベースでサポートされていません。Azure SQL Database (the non-Managed Instance DBaaS service) is also not supported for any SharePoint databases.

次のサーバー オペレーティング システムのいずれかOne of the following server operating systems:

  • Windows Server 2012 R2 Standard または DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard or Datacenter

  • Windows Server 2016 Standard または DatacenterWindows Server 2016 Standard or Datacenter

  • Windows Server 2019 Standard または DatacenterWindows Server 2019 Standard or Datacenter

ファーム内の SharePoint サーバーの最小要件Minimum requirements for SharePoint servers in a farm

次のサーバー オペレーティング システムのいずれかOne of the following server operating systems:

  • Windows Server 2012 R2 Standard または DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard or Datacenter

  • Windows Server 2016 Standard または DatacenterWindows Server 2016 Standard or Datacenter

  • Windows Server 2019 Standard または DatacenterWindows Server 2019 Standard or Datacenter

注意

同じコンピューターに Office 2016 クライアントと SharePoint Server 2016 をインストールすることはできません。Installing the Office 2016 client and SharePoint Server 2016 on the same computer is not supported.

注意

SharePoint Server 2016 では、Windows Server 2016 と Windows Server 2019 の "デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー" インストール オプションのみをサポートしています。Windows Server 製品に関する追加の情報については、「Windows Server の半期チャネルの概要」を参照してください。SharePoint Server 2016 only supports the "Server with Desktop Experience" installation option of Windows Server 2016 and Windows Server 2019. For additional information about Windows Server offerings, see Windows Server Semi-annual Channel Overview

注意

SharePoint Server 2016 は、Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 のセキュリティ更新プログラム (KB4011244) ("SharePoint Server 2016 のパブリック更新プログラム 2017 年 11 月" とも呼ばれています) 以降の Windows Server 2019 をサポートしています。この更新プログラム (または、これより新しい SharePoint Server 2016 のパブリック更新プログラム) は、新しく SharePoint ファームを作成したり、Windows Server 2019 を使用してサーバーを既存の SharePoint ファームに参加させたりする前に、インストールする必要があります。SharePoint Server 2016 supports Windows Server 2019 starting with the Security Update for Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 (KB4011244), also known as the November 2017 Public Update for SharePoint Server 2016. This update (or a newer Public Update for SharePoint Server 2016) must be installed before you can create a new SharePoint farm or join a server to an existing SharePoint farm using Windows Server 2019.

Microsoft SharePoint 製品準備ツールは、SharePoint サーバーのファームに次の前提条件をインストールします。The Microsoft SharePoint Products Preparation Tool installs the following prerequisites on SharePoint servers in a farm:

  • Web サーバー (IIS) の役割Web Server (IIS) role

  • アプリケーション サーバーの役割Application Server role

  • Microsoft .NET Framework バージョン 3.5Microsoft .NET Framework version 3.5

  • Microsoft .NET Framework バージョン 4.6Microsoft .NET Framework version 4.6

  • Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1 Native ClientMicrosoft SQL Server 2012 Service Pack 1 Native Client

  • Microsoft WCF Data Services 5.6Microsoft WCF Data Services 5.6

  • Microsoft Identity ExtensionsMicrosoft Identity Extensions

  • Microsoft Information Protection and Control クライアント (MSIPC)Microsoft Information Protection and Control Client (MSIPC)

  • Microsoft Sync Framework Runtime v1.0 SP1 (x64)Microsoft Sync Framework Runtime v1.0 SP1 (x64)

  • Windows Server AppFabric 1.1Windows Server AppFabric 1.1

  • Windows Server の Microsoft AppFabric 1.1 の累積的更新プログラム パッケージ 7 (KB 3092423)Cumulative Update Package 7 for Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server (KB 3092423)

  • Microsoft ODBC Driver 11 for SQL ServerMicrosoft ODBC Driver 11 for SQL Server

  • Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージVisual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

  • Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージVisual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2015

    注意

    上記の必須ソフトウェアは、SharePoint で使用する場合、SharePoint 製品のライフサイクルを通じてサポートされます。The required software above will be supported when used by SharePoint via the SharePoint Product Lifecycle.

クライアント コンピューターの最小要件Minimum requirements for client computers

SharePoint Server 2016 でサポートされているオプションのソフトウェアOptional software supported in SharePoint Server 2016

このセクションで取り上げるオプションのソフトウェアはサポート対象ですが、インストールする必要はなく、SharePoint Server 2016 の使用のために必要でもありません。このソフトウェアは、ビジネス インテリジェンスなどの機能で必要になる可能性があります。The optional software in this section is supported but is not required to install or use SharePoint Server 2016. This software might be required by capabilities such as business intelligence.

環境Environment オプションのソフトウェアOptional software
単一サーバー ファーム、フロントエンド Web サーバー、ファーム内のアプリケーション サーバーSingle server farm, front-end web servers, and application servers in a farm
SQL Server 用 .NET Framework データ プロバイダー (Microsoft .NET Framework の一部).NET Framework Data Provider for SQL Server (part of Microsoft .NET Framework)
OLE DB 用 .NET Framework データ プロバイダー (Microsoft .NET Framework の一部).NET Framework Data Provider for OLE DB (part of Microsoft .NET Framework)
ワークフロー マネージャーWorkflow Manager
Workflow Manager は専用のコンピューターにインストールできます。You can install Workflow Manager on a dedicated computer.
Microsoft SharePoint テクノロジ用 Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services アドインMicrosoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services Add-in for Microsoft SharePoint Technologies
このアドインは、SharePoint Server 2016 用 Access Services が使用します。This add-in is used by Access Services for SharePoint Server 2016.
Microsoft SQL Server 2012 Data-Tier Application (DAC) Framework 64 ビット版Microsoft SQL Server 2012 Data-Tier Application (DAC) Framework 64-bit edition
Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL ScriptDom 64 ビット版Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL ScriptDom 64-bit edition
Microsoft System CLR Types for Microsoft SQL Server 2012 64 ビット版Microsoft System CLR Types for Microsoft SQL Server 2012 64-bit edition
Microsoft SQL Server 2012 SP1 LocalDB 64 ビット版Microsoft SQL Server 2012 with SP1 LocalDB 64-bit edition
Microsoft Data Services for the .NET Framework 4 および Silverlight 4 (旧称 ADO.NET Data Services)Microsoft Data Services for the .NET Framework 4 and Silverlight 4 (formerly ADO.NET Data Services)
Exchange Web Services Managed API、バージョン 1.2Exchange Web Services Managed API, version 1.2
Microsoft SQL Server 2008 R2 リモート Blob ストア (Microsoft SQL Server 2008 R2 Feature Pack の一部)Microsoft SQL Server 2008 R2 Remote Blob Store which is part of the Microsoft SQL Server 2008 R2 Feature Pack
SQL Server 2008 R2Analysis Services ADOMD.NETSQL Server 2008 R2 Analysis Services ADOMD.NET

Windows Server 2012 R2、SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)、または SharePoint Server 2016 をインストールするには、このセクションで示されている Web サイトにアクセスしてください。前提条件となっているソフトウェアのほとんどは、SharePoint Server 2016 のスタート ページからインストールできます。ソフトウェア必須コンポーネントはこのセクションに記載されている Web サイトからも入手できます。Web サーバー (IIS) の役割およびアプリケーション サーバーの役割は Server Manager で有効にできます。To install Windows Server 2012 R2, SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) , or SharePoint Server 2016, you can go to the websites that are listed in this section. You can install most software prerequisites through the SharePoint Server 2016 Start page. The software prerequisites are also available from websites that are listed in this section. You can enable the Web Server (IIS) role and the Application Server role in Server Manager.

必須コンポーネントをインターネットから直接インストールできない場合は、ネットワーク共有からダウンロードしてインストールできます。詳細については、「ネットワーク共有から SharePoint Server の必須コンポーネントをインストールする」を参照してください。In scenarios where installing prerequisites directly from the Internet is not possible, you can download the prerequisites and then install them from a network share. For more information, see Install prerequisites for SharePoint Server from a network share.

前提となるインストーラー操作およびコマンドライン オプションPrerequisite installer operations and command-line options

SharePoint Server 2016必須コンポーネント インストーラー (prerequisiteinstaller.exe) は、以下のソフトウェアがターゲット サーバーにまだインストールされていない場合、次の順序でインストールします。The SharePoint Server 2016 prerequisite installer (prerequisiteinstaller.exe) installs the following software, if it has not already been installed on the target server, in the following order:

  1. アプリケーション サーバーの役割、Web サーバー (IIS) の役割Application Server Role, Web Server (IIS) Role

  2. Microsoft SQL Server 2012 SP1 Native ClientMicrosoft SQL Server 2012 SP1 Native Client

  3. Microsoft ODBC Driver 11 for SQL ServerMicrosoft ODBC Driver 11 for SQL Server

  4. Microsoft Sync Framework Runtime v1.0 SP1 (x64)Microsoft Sync Framework Runtime v1.0 SP1 (x64)

  5. Windows Server AppFabric 1.1Windows Server AppFabric 1.1

  6. Microsoft Identity ExtensionsMicrosoft Identity Extensions

  7. Microsoft Information Protection and Control クライアント 2.1Microsoft Information Protection and Control Client 2.1

  8. Microsoft WCF Data Services 5.6Microsoft WCF Data Services 5.6

  9. Microsoft .NET Framework 4.6Microsoft .NET Framework 4.6

  10. Windows Server の Microsoft AppFabric 1.1 の累積的更新プログラム パッケージ 7 (KB 3092423)Cumulative Update Package 7 for Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server (KB 3092423)

  11. Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージVisual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012

  12. Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージVisual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2015

prerequisiteinstaller.exe はコマンド プロンプトで次のオプションを使用して実行できます。prerequisiteinstaller.exe をコマンド プロンプトで実行すると、インストール プロセスの間にサーバーの再起動を 1 回以上求められる場合があります。再起動後、prerequisiteinstaller.exe を /continue オプションで実行して、必須コンポーネントのインストールを続行する必要があります。You can run prerequisiteinstaller.exe at a command prompt with the following options. When you run prerequisiteinstaller.exe at a command prompt, you might be asked to restart the server one or more times during the installation process. After restarting, you should continue the prerequisite installation by running prerequisiteinstaller.exe with the /continue option.

  • /? コマンドライン オプションを表示します。/? This displays command-line options.

  • /continue 再起動からの続行であることをインストーラーに通知します。/continue This is used to tell the installer that it is continuing from being restarted.

  • /unattended ユーザーによる対話的操作が不要なことを示します。/unattended This indicates no user interaction.

インストーラーは、次の一覧で説明するコマンドライン オプションで指定したファイルからインストールします。この一覧で、< file> はインストールに使用するファイルを示します。< file> オプションを指定しない場合、インストーラーはインターネットからファイルをダウンロードしてインストールします。現在のオペレーティング システムに適用されないオプションは無視されます。The installer installs from the file that you specify in the command-line options described in the following list. In this list, < file> signifies the file from which you want to install. If you do not specify the < file> option, the installer downloads the file from the Internet and installs it. If the option does not apply to the current operating system, it is ignored.

  • /SQLNCli:< file> Microsoft SQL Server 2012 SP1 Native Client を < file> からインストールします。/SQLNCli:< file> Install Microsoft SQL Server 2012 SP1 Native Client from < file>.

  • /IDFX11:< file> Microsoft Identity Extensions を < file> からインストールします。/IDFX11:< file> Install Microsoft Identity Extensions from < file>.

  • /Sync:< file> Microsoft Sync Framework Runtime SP1 v1.0 (x64) を < file> からインストールします。/Sync:< file> Install Microsoft Sync Framework Runtime SP1 v1.0 (x64) from < file>.

  • /AppFabric:< file> Windows Server AppFabric を < file> からインストールします (AppFabric はオプション /i CacheClient,CachingService,CacheAdmin /gac を使用してインストールする必要があります)。/AppFabric:< file> Install Windows Server AppFabric from < file> (AppFabric must be installed with the options /i CacheClient,CachingService,CacheAdmin /gac).

  • /KB3092423:< file> Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server の累積的な更新プログラム パッケージ 7 (KB3092423) を < file> からインストールします。/KB3092423:< file> Install Cumulative Update Package 7 for Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server (KB3092423) from < file>.

  • /MSIPCClient:< file> Microsoft Information Protection and Control クライアントを < file> からインストールします。/MSIPCClient:< file> Install Microsoft Information Protection and Control Client from < file>.

  • /WCFDataServices56:< file> Microsoft WCF Data Services 5.6 を < file> からインストールします。/WCFDataServices56:< file> Install Microsoft WCF Data Services 5.6 from < file>.

  • /ODBC:< file> Install Microsoft ODBC Driver 11 for SQL Server from < file>./ODBC:< file> Install Microsoft ODBC Driver 11 for SQL Server from < file>.

  • /DotNetFx:< file> Install Microsoft .NET Framework 4.6 from < file>./DotNetFx:< file> Install Microsoft .NET Framework 4.6 from < file>.

  • /MSVCRT11:< file> Visual Studio 2012 用の Visual C++ 再配布可能パッケージを < file> からインストールします。/MSVCRT11:< file> Install Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2012 from < file>.

  • /MSVCRT14:< file> Visual Studio 2015 用の Visual C++ 再配布可能パッケージを < file> からインストールします。/MSVCRT14:< file> Install Visual C++ Redistributable Package for Visual Studio 2015 from < file>.

インストール オプションInstallation options

特定の必須コンポーネントは、特定のオプションで必須コンポーネント インストーラーによってインストールされます。これらの特定のインストール オプションを持つ必須コンポーネントを、必須コンポーネント インストーラーによって使用されるオプションと共に次に示します。Certain prerequisites are installed by the prerequisite installer with specific options. Those prerequisites with specific installation options are listed below with the options that are used by the prerequisite installer.

  • Windows AppFabricWindows AppFabric

    /i CacheClient,CachingService,CacheAdmin /gac/i CacheClient,CachingService,CacheAdmin /gac

  • Microsoft WCF Data ServicesMicrosoft WCF Data Services

    /quiet/quiet

必須コンポーネント インストーラーは、%TEMP%\prerequisiteinstaller.<日付>.<時刻>.log にログ ファイルを作成します。これらのログ ファイルで、インストーラーがターゲット コンピューターに対して行ったすべての変更の詳細を確認できます。The prerequisite installer creates log files at %TEMP%\prerequisiteinstaller.<date>.<time>.log. You can check these log files for specific details about all changes the installer makes to the target computer.