作成し、SharePoint サーバーの 2016年の検索サービス アプリケーションを構成します。Create and configure a Search service application in SharePoint Server 2016

概要: コンテンツをクロールして、ユーザーに検索結果を提供できるように、SharePoint Search Service アプリケーションを作成して、構成する方法を説明します。Summary: Learn how to create and configure a SharePoint Search service application so that you can crawl content and provide search results to users.

はじめにBefore you begin

SharePoint サーバーの 2016年をインストールした後は、ファーム構成ウィザードを使用する場合、検索サービス アプリケーションはその時点で作成されている場合します。検索サービス アプリケーションが存在するかどうかを確認するには、サーバーの全体管理のホーム ページで [アプリケーションの管理] セクションでは、サービス アプリケーションの管理をクリックします。この資料の残りの部分の検索サービス アプリケーションがまだ存在しないこととするため作成する必要が 1 つと見なされます。If you used the Farm Configuration Wizard after you installed SharePoint Server 2016, a Search service application might have been created at that time. To verify whether a Search service application exists, you can click Manage service applications in the Application Management section on the Central Administration home page. For the remainder of this article, it is assumed that a Search service application does not exist yet, and that therefore you must create one.

注意

SharePoint サーバーの 2016年をインターネット インフォメーション サービス (IIS) の web サイトとして実行するための管理者およびユーザーはブラウザーが提供するユーザー補助機能に依存します。SharePoint サーバー 2016年には、サポートされているブラウザーのユーザー補助機能がサポートされています。Because SharePoint Server 2016 runs as websites in Internet Information Services (IIS), administrators and users depend on the accessibility features that browsers provide. SharePoint Server 2016 supports the accessibility features of supported browsers.

詳細については、以下を参照してください。For more information, see the following resources:

SharePoint Search Service アプリケーションを作成して構成する方法How to create and configure a SharePoint Search service application

Search Service アプリケーションを展開して構成するとき、以下の主なタスクを実行します。When you deploy and configure a Search service application, you perform the following main tasks:

  1. アカウントを作成する — 特定のドメイン ユーザー アカウントが、特に Search Service アプリケーションで必要です。Create accounts — Certain domain user accounts are required specifically for a Search service application.

  2. Search service アプリケーションを作成する — Search Service アプリケーションは、エンタープライズ検索機能を提供します。Create a Search service application — A Search service application provides enterprise search features and functionality.

  3. Search Service アプリケーションを構成する — Search Service アプリケーションの基本的な構成には、既定のコンテンツ アクセス アカウント、電子メール連絡先、およびコンテンツ ソースを構成することが含まれます。Configure the Search service application — Basic configuration of a Search service application includes configuring a default content access account, an email contact, and content sources.

  4. Search Service アプリケーション トポロジを構成する — ファームでさまざまなサーバーに検索コンポーネントを展開できます。また、SQL Server のどのインスタンスが検索関連データベースをホストするのに使用されるかを指定できます。Configure the Search service application topology — You can deploy search components on different servers in the farm. You can also specify which instance of SQL Server is used to host the search-related databases.

手順 1: SharePoint Search Service アプリケーションで必要とされるアカウントを作成するStep 1: Create accounts that are required for a SharePoint Search service application

以下の表は、Search Service アプリケーションが作成されるときに必要なアカウントを示します。The following table lists the accounts that are required when a Search service application is created.

アカウントAccount 説明Description メモNotes
Search ServiceSearch service Windows サービスである SharePoint Server Search サービスの Windows ユーザー資格情報Windows user credentials for the SharePoint Server Search service, which is a Windows service この設定は、ファーム内のすべての Search Service アプリケーションに適用されます。このアカウントは、サーバーの全体管理ホーム ページの [ セキュリティ] セクションで [ サービス アカウントの構成] をクリックすることにより、いつでも変更できます。This setting applies to all Search service applications in the farm. You can change this account at any time by clicking Configure service accounts in the Security section on the Central Administration home page.
Search Administration Web Service アプリケーション プールSearch Admin Web Service application pool

検索クエリおよびサイト設定 Web サービスのアプリケーション プールSearch Query and Site Settings Web Service application pool
Windows ユーザー資格情報Windows user credentials これらの各アカウントで、Search サービスで指定したものと同じ資格情報を使用できます。または、最少特権管理の原則に従って、各アカウントに異なる資格情報を割り当てることができます。For each of these accounts, you can use the same credentials that you specified for the Search service. Or, you can assign different credentials to each account according to the principle of least-privilege administration.
既定のコンテンツ アクセスDefault content access クロールするとき、コンテンツにアクセスする目的で使用する、Search Service アプリケーションの Windows ユーザー資格情報Windows user credentials for the Search service application to use to access content when crawling 最少特権管理の原則に従って、既定のコンテンツ アクセス アカウントには個別のアカウントを指定することを推奨します。We recommend that you specify a separate account for the default content access account according to the principle of least-privilege administration.

ように使用できるようにする場合、検索サービス、検索管理 Web サービス アプリケーション プールを使用して、検索クエリおよびサイト設定 Web サービスのアプリケーション プールとして登録する必要があるアカウントがアカウントに SharePoint サーバーの 2016年を管理します。検索サービス アプリケーションを作成します。それぞれこれらのアカウントの管理アカウントとして登録するのにには、次の手順を使用します。The accounts that you use for the Search service, the Search Admin Web Service application pool, and the Search Query and Site Settings Web Service application pool must be registered as managed accounts in SharePoint Server 2016 so that they are available when you create the Search service application. Use the following procedure to register each of these accounts as a managed account.

管理アカウントを登録するにはTo register a managed account

  1. サーバーの全体管理ホームページのサイド リンク バーで、[ セキュリティ] をクリックします。On the Central Administration home page, in the Quick Launch, click Security.

  2. [セキュリティ] ページの [ 一般的なセキュリティ] セクションで、[ 管理アカウントの構成] をクリックします。On the Security page, in the General Security section, click Configure managed accounts.

  3. [管理アカウント] ページで、[ 管理アカウントの登録] をクリックします。On the Managed Accounts page, click Register Managed Account.

  4. [管理アカウントの登録] ページの [ アカウント登録] セクションで、サービス アカウントの資格証明として使用するユーザー名とパスワードを入力します。On the Register Managed Account page, in the Account Registration section, type the user name and password that you want to use as credentials for the service account.

  5. このアカウントのパスワードの変更を管理するために SharePoint サーバーの 2016年を実行する場合に、パスワードの自動変更を有効にする] チェック ボックスを選択し、パスワードの自動変更のパラメーターを構成します。If you want SharePoint Server 2016 to manage password changes for this account, select the Enable automatic password change check box and configure the parameters for automatic password change.

  6. [ OK] をクリックします。Click OK.

手順 2: SharePoint Search サービス アプリケーションを作成するStep 2: Create a SharePoint Search service application

各 Search Service アプリケーションは、個別のコンテンツ インデックスを持っています。異なるセットのコンテンツでは異なるコンテンツ インデックスが必要な場合は、複数の Search Service アプリケーションを作成できます。たとえば、(従業員手当の情報のような) 機密保持を要するコンテンツを個別のコンテンツ インデックスに分離する必要がある場合は、コンテンツのそのセットに対応する個別の Search Service アプリケーションを作成できます。Each Search service application has a separate content index. You can create multiple Search service applications if you want to have different content indexes for different sets of content. For example, if you want to segregate sensitive content (such as employee benefits information) into a separate content index, you can create a separate Search service application to correspond to that set of content.

SharePoint 環境がハイブリッドの場合は、SharePoint サーバーの 2016年を Office 365 のコンテンツ インデックスが存在するコンテンツのインデックスを作成することができます。ここではの種類の検索サービス アプリケーションを作成する必要があります。1 つのクラウド、ファームあたりの検索サービス アプリケーションを作成することが、SSA の 1 つのクラウドとの組み合わせで複数の SSAs を作成することができます。If your SharePoint environment is hybrid, you can index content that resides in SharePoint Server 2016 into the Office 365 content index. In this case you need to create a Search service application of type cloud. You can only create one cloud Search service application per farm, but you can create multiple SSAs in combination with the single cloud SSA.

注意

各 Search Service アプリケーションには独自の検索トポロジがあります。1 つのファームに複数の Search Service アプリケーションを作成する場合は、各 Search Service アプリケーションの検索トポロジに専用のサーバーを割り当てることをお勧めします。複数の Search Service アプリケーションを同じサーバーに展開すると、それらのサーバーのリソース要件 (CPU とメモリ) が大幅に増えます。Each Search service application has its own search topology. If you create more than one Search service application in a farm, we recommend that you allocate dedicated servers for the search topology of each Search service application. Deploying several Search service applications to the same servers will significantly increase the resource requirements (CPU and memory) on those servers.

以下の手順を使用して、Search service アプリケーションまたはクラウド検索サービス アプリケーションを作成します。Use the following procedure to create a Search service application or a cloud Search service application.

検索サービス アプリケーションを作成するにはTo create a Search service application

  1. この手順を実行するユーザー アカウントが、サービス アプリケーションを作成するファームの Farm Administrators グループのメンバーであることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is a member of the Farm Administrators group for the farm for which you want to create the service application.

  2. サーバーの全体管理のホーム ページの [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。On the Central Administration home page, in the Application Management section, click Manage service applications.

  3. [サービス アプリケーションの管理] ページのリボンで、[ 新規]、[ Search Service アプリケーション] の順にクリックします。On the Manage Service Applications page, on the ribbon, click New, and then click Search Service Application.

  4. [新しい Search Service アプリケーションの作成] ページで、以下の操作を実行します。On the Create New Search Service Application page, do the following:

    • [ サービス アプリケーション名] で、既定値をそのまま使用するか、または Search Service アプリケーションの新しい名前を入力します。Accept the default value for Service Application name, or type a new name for the Search service application.

    • する検索サービス アプリケーションでは、クラウド、検索サービス アプリケーションの種類] セクションで、クラウドの検索サービス アプリケーション] ボックスのチェック ボックスをオンにします。それ以外の場合、ボックスをオフのままにします。To make this a cloud Search service application, in the Search Service Application type section, checkmark the Cloud Search Service Application box. Otherwise, leave the box unchecked.

    • [ Search Service アカウント] リストで、以前の手順で登録した、Search サービスを実行する管理アカウントを選択します。In the Search Service Account list, select the managed account that you registered in the previous procedure to run the Search service.

    • [ Search Administration Web Service のアプリケーション プール] セクションで、以下の操作を実行します。In the Application Pool for Search Admin Web Service section, do the following:

      • [ 新しいアプリケーション プールを作成する] オプションを選択し、[ アプリケーション プール名] テキスト ボックスにアプリケーション プールの名前を指定します。Select the Create new application pool option, and then specify a name for the application pool in the Application pool name text box.

      • [ このアプリケーション プールのセキュリティ アカウントを選択します] セクションで、[ 構成可能] オプションを選択します。次にリストから、Search Administration Web Service のアプリケーション プールを実行する目的で登録したアカウントを選択します。In the Select a security account for this application pool section, select the Configurable option, and then from the list select the account that you registered to run the application pool for the Search Admin Web Service.

    • [ 検索クエリおよびサイト設定 Web サービスのアプリケーション プール] セクションで、以下の操作を実行します。In the Application Pool for Search Query and Site Settings Web Service section, do the following:

      • [ 新しいアプリケーション プールを作成する] オプションを選択し、[ アプリケーション プール名] テキスト ボックスにアプリケーション プールの名前を指定します。Choose the Create new application pool option, and then specify a name for the application pool in the Application pool name text box.

      • [ このアプリケーション プールのセキュリティ アカウントを選択します] セクションで、[ 構成可能] オプションを選択します。次にリストから、検索クエリおよびサイト設定 Web サービスのアプリケーション プールを実行する目的で登録したアカウントを選択します。In the Select a security account for this application pool section, select the Configurable option, and then from the list select the account that you registered to run the application pool for the Search Query and Site Settings Web Service.

  5. [ OK] をクリックします。Click OK.

手順 3: SharePoint Search サービス アプリケーションを構成するStep 3: Configure the SharePoint Search service application

サービス アプリケーションの [検索管理] ページで Search Service アプリケーションを構成します。特定の Search Service アプリケーションの [検索管理] ページを開くには、以下の手順を使用します。You configure a Search service application on the Search Administration page for that service application. Use the following procedure to go to the Search Administration page for a particular Search service application.

検索管理] ページに移動するにはTo go to the Search Administration page

  1. この手順を実行するユーザー アカウントが、構成しようとしている Search Service アプリケーションの管理者であることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is an administrator for the Search service application that you want to configure.

  2. サーバーの全体管理 Web サイトのホーム ページの [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。On the home page of the Central Administration website, in the Application Management section, click Manage service applications.

  3. [サービス アプリケーションの管理] ページで、構成する Search Service アプリケーションをクリックします。On the Manage Service Applications page, click the Search service application that you want to configure.

[検索管理] ページで、以下のセクションで示すように設定を構成します。On the Search Administration page, configure the settings as described in the following sections:

  • 既定のコンテンツ アクセス アカウントを指定するSpecify the default content access account

  • 連絡先の電子メール アドレスを指定するSpecify the contact email address

  • コンテンツ ソースを作成するCreate content sources

既定のコンテンツ アクセス アカウントを指定するSpecify the default content access account

検索サービス アプリケーションを作成するときの検索サービスに対して指定したアカウントは自動的に既定のコンテンツ アクセス アカウントとして構成します。クローラーは、コンテンツが別のアカウントを指定する、関連するクロール ルールをクロールするには、このアカウントを使用します。既定のコンテンツ アクセス アカウントとして多くの可能なクロールするコンテンツに対する読み取りのアクセス権を持つドメイン ユーザー アカウントを指定することをお勧めします。既定コンテンツ アクセス アカウントは、いつでも変更できます。詳細については、ほとんどのコンテンツをクロールするための既定のコンテンツ アクセス アカウントを使用して SharePoint サーバーのクロールに関するベスト プラクティスを参照してください。When you create a Search service application, the account that you specify for the Search service is automatically configured as the default content access account. The crawler uses this account to crawl content that does not have an associated crawl rule that specifies a different account. For the default content access account, we recommend that you specify a domain user account that has read access to as much of the content that you want to crawl as possible. You can change the default content access account at any time. For more information, see Use the default content access account to crawl most content in Best practices for crawling in SharePoint Server.

別のアカウントを使用して特定のコンテンツをクロールする場合は、クロール ルールを作成し、別のクロール アカウントを指定できます。クロール ルールを作成する方法の詳細については、クロール ルールでは、SharePoint サーバーの管理を参照してください。If you have to crawl certain content by using a different account, you can create a crawl rule and specify a different account for crawling. For information about how to create a crawl rule, see Manage crawl rules in SharePoint Server.

以下の手順を使用して、既定のコンテンツ アクセス アカウントを指定します。Use the following procedure to specify the default content access account.

既定コンテンツ アクセス アカウントを指定するのにはTo specify the default content access account

  1. [検索管理] ページの [ システムの状態] セクションで、[ 既定のコンテンツ アクセス アカウント] 列のリンクをクリックします。On the Search Administration page, in the System Status section, click the link in the Default content access account row.

  2. 既定のコンテンツ アクセス アカウント] ダイアログ ボックスの [アカウント] ボックスで、ドメイン \ ユーザー名_のフォームのコンテンツへのアクセス用に作成したアカウントを入力します。In the Default Content Access Account dialog box, in the Account box, type the account that you created for content access in the form _domain\user name.

  3. [ パスワード] ボックスと [ パスワードの確認] ボックスに、そのアカウントのパスワードを入力します。Type the password for this account in the Password and Confirm Password boxes.

  4. [ OK] をクリックします。Click OK.

連絡先の電子メール アドレスを指定するSpecify the contact email address

Search サービスは、連絡先の電子メール アドレスを、クロールされるサーバーのログに書き込みます。既定の連絡先の電子メール アドレス someone@example.com はプレースホルダーです。このアドレスを変更して、クロール先サーバーのパフォーマンス低下などの問題がクロールによって引き起こされたときに外部の管理者に連絡できるアカウントにすることをお勧めします。The Search service writes the contact email address to the logs of crawled servers. The default contact email address, someone@example.com, is a placeholder. We recommend that you change this to an account that an external administrator can contact when a crawl might be contributing to a problem such as a decrease in performance on a server that the search system is crawling.

連絡先の電子メール アドレスを指定するには、以下の手順を使用します。Use the following procedure to specify the contact email address.

連絡先の電子メール アドレスを指定するにはTo specify the contact email address

  1. [検索管理] ページの [ システムの状態] セクションで、[ 連絡先の電子メール アドレス] をクリックします。On the Search Administration page, in the System Status section, click the link for the Contact e-mail address.

  2. [ 検索の電子メール設定] ダイアログ ボックスの [ 電子メール アドレス] ボックスに電子メール アドレスを入力します。このアドレスは、検索システムによってクロールされるサーバーのログに記録されます。In the Search E-mail Setting dialog box, in the E-mail Address box, type the email address that you want to appear in the logs of servers that are crawled by the search system.

  3. [ OK] をクリックします。Click OK.

SharePoint Search Service アプリケーションでコンテンツ ソースを作成するCreate content sources in a SharePoint Search service application

ユーザーが検索結果を得ることができるためには、場合は、検索システムに対応するコンテンツをクロールしてする必要があります。クロールには、少なくとも 1 つのコンテンツ ソースが必要です。コンテンツ ソースをクロールするには、開始 Url をクロールするコンテンツの種類を指定するために使用するオプションのセットでは、いつをクロールする深さとします。検索サービス アプリケーションが作成されると、ローカルの SharePoint サイト」という名前のコンテンツ ソースが自動的に作成され、ローカル サーバー ファーム内のすべての SharePoint サイトをクロールし、ユーザー プロファイルのクロールを構成します。その他のコンテンツをクロールし、システムがそのコンテンツをクロールする方法を指定するコンテンツ ソースを作成できます。詳細については、追加、編集、または、SharePoint サーバーでコンテンツ ソースの削除を参照してください。ただし、ローカル ファーム内の SharePoint サイト以外のコンテンツをクロールしないようにする場合は、他のコンテンツ ソースを作成する必要はありません。In order for users to be able to get search results, the search system must first crawl the corresponding content. Crawling requires at least one content source. A content source is a set of options that you use to specify the type of content to crawl, the starting URLs to crawl, and when and how deep to crawl. When a Search service application is created, a content source named "Local SharePoint sites" is automatically created and configured for crawling all SharePoint sites in the local server farm, and for crawling user profiles. You can create content sources to specify other content to crawl and how the system will crawl that content. For more information, see Add, edit, or delete a content source in SharePoint Server. However, you do not have to create other content sources if you do not want to crawl content other than the SharePoint sites in the local farm.

SharePoint サーバー 2016、ファーム内のすべての SharePoint サイトのフル クロールをインストールするときは、スタンドアロンインストールのオプションが自動的にインストール後実行し、後は 20 分ごとに増分クロールをスケジュールする場合それ。SharePoint サーバーの 2016年をインストールすると、サーバー ファームインストール オプションを選択すると、なしのクロールのスケジュールが自動的に作成または実行されます。後者の場合は、クロールを手動で開始か、クロールを実行するための時間をスケジュールする必要があります。詳細については、以下の資料を参照してください。If you choose the Standalone installation option when you install SharePoint Server 2016, a full crawl of all SharePoint sites in the farm is automatically performed after installation and an incremental crawl is scheduled to occur every 20 minutes after that. If you choose the Server Farm installation option when you install SharePoint Server 2016, no crawls are automatically scheduled or performed. In the latter case, you must either start crawls manually or schedule times for crawls to be performed. For more information, see the following articles;

手順 4: SharePoint Search サービス アプリケーション トポロジを構成するStep 4: Configure the SharePoint Search service application topology

Search Service アプリケーションを作成したとき、サーバーの全体管理 Web サイトをホストしているアプリケーション サーバーで、SharePoint Server Search サービスが開始され、そのサーバーに検索コンポーネントが展開されます。ファームに複数のアプリケーション サーバーがある場合、要件に基づいて、その他のアプリケーション サーバーに追加の検索コンポーネントを展開できます。特定のコンポーネントの複数のインスタンスを展開できます。詳細については、以下の記事を参照してください。When you create a Search service application, the SharePoint Server Search service is started on the application server that is hosting the Central Administration website, and search components are deployed to that server. If you have more than one application server in your farm, you can deploy additional search components on other application servers, depending on your requirements. You can deploy multiple instances of certain components. For more information, see the following articles:

関連項目See also

SharePoint Server の検索センター サイトを作成します。Create a Search Center site in SharePoint Server