SharePoint Server で人の検索を展開するDeploy people search in SharePoint Server

適用対象:はい2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

人の検索は、ユーザーが組織内のユーザーに関する情報を取得したり、作成したドキュメントへのリンクを取得したりできるようにする SharePoint Server の機能です。People search is a SharePoint Server feature that allows users to get information about people in the organization and to get links to the documents that they have authored. ユーザーがこの機能にアクセスするには、エンタープライズ検索センターの検索ボックスに検索クエリを入力し、ユーザーの検索を縦にするためのリンクをクリックします。Users can access this feature by entering a search query in the enterprise Search Center search box and clicking the link for the People search vertical.

バーティカル検索では、検索結果にフィルターを掛け、関連のあるすべての結果の中から特定のサブセットのみが表示されるようにします。A search vertical filters search results so that only a certain subset of all relevant results is displayed. SharePoint Server には、すべて会話ビデオという4つの事前構成された検索業種があります。SharePoint Server provides four preconfigured search verticals: Everything, People, Conversations, and Videos. 検索ナビゲーション Web パーツには、次のスクリーンショットに示されているように、エンタープライズ検索センターの検索ボックスの下にある、これらの検索の各業種のリンクが表示されます。You can see the links for these search verticals in the Search Navigation Web Part, which is below the search box in the enterprise Search Center, as shown in the following screen shot.

4 つの事前構成されたバーティカル検索のスクリーン ショット

ユーザーが検索ボックスに検索クエリを入力し、いずれかのバーティカル検索リンクをクリックすると、そのバーティカル検索に対応する検索結果のみが検索システムから返されます。たとえば、ユーザーが検索ボックスに「Microsoft Azure」と入力し、[ ] バーティカル検索リンクをクリックすると、組織内で Microsoft Azure に関与している人の検索結果のみが検索システムから返されます。When a user enters a search query in the search box and then clicks one of the search-vertical links, the Search system returns search results that correspond to that search vertical only. For example, if the user enters Microsoft Azure in the search box and then selects the People search-vertical link, the Search system returns only search results that are people in your organization who are involved with Microsoft Azure.

この記事では、人の検索を使用可能にするために満たす必要のある前提条件について説明し、この機能に関するその他の考慮事項を取り上げます。This article describes the prerequisites that you must complete to make people search possible, and addresses other considerations related to making people search work.

人の検索の前提条件People search prerequisites

人の検索には、次の前提条件があります。People search has the following prerequisites:

人の検索を設定するには、個人用サイトの設定とクロールを構成する必要があります。To set up people search, you must configure My Sites settings and configure crawling.

個人用サイトの設定を構成するConfigure My Sites settings

User Profile Service アプリケーションの個人用サイトを構成し、個人用サイトのホストの場所と他の設定を指定します。You configure My Sites for a User Profile service application to specify the My Site host location and other settings. 詳細については、「 SharePoint Server で個人用サイトを計画する」および「ユーザープロファイルサービスアプリケーションの個人用サイトの設定を構成する」を参照してください。For more information, see Plan for My Sites in SharePoint Server and Configure My Site settings for the User Profile service application.

個人用サイトの設定を構成したら、次は、クロールを構成します。After you configure My Sites settings, the next step is to configure crawling.

クロールを構成するConfigure crawling

個人用サイトを構成すると、検索で使用する既定のコンテンツ アクセス アカウントに User Profile Service アプリケーションの " 検索クローラー用ユーザー データの取得" アクセス許可が自動的に付与されます。また、別のコンテンツ アクセス アカウントを使用してプロファイル ストアをクロールすることもできます。その場合は、使用するアカウントにプロファイル ストアをクロールするためのアクセス許可があることを確認する必要があります。別のアカウントにプロファイル ストアに対するアクセス許可を付与するには、次の手順を使用します。When you configure My Sites, the default content access account for search is automatically given Retrieve People Data for Search Crawlers permissions in the User Profile service application. If you want to use a different content access account to crawl the profile store, you must make sure that the account has permissions to crawl the profile store. Use the following procedure to grant access to the profile store for a different account.

プロファイル ストアをクロールするアカウントにアクセス許可を付与するにはTo grant access to an account to crawl the profile store

  1. この手順を実行しているユーザー アカウントが Search Service アプリケーションの管理者であることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is an administrator for the Search service application.

  2. SharePoint サーバーの全体管理を開始します。Start SharePoint Central Administration.

  • Windows Server 2008 R2 の場合:For Windows Server 2008 R2:

    • [スタート]、[ sharepoint] の順にクリックし、[ sharepoint サーバーの全体管理] をクリックします。Click Start, click SharePoint, and then click SharePoint Central Administration.
  • Windows Server 2012 の場合:For Windows Server 2012:

    • [スタート] 画面で、[ SharePoint サーバーの全体管理] をクリックします。On the Start screen, click SharePoint Central Administration.

      SharePoint サーバーの全体管理が [スタート] 画面に表示されない場合:If SharePoint Central Administration is not on the Start screen:

    • [コンピューター] を右クリックし、[すべてのアプリ]、[ SharePoint サーバーの全体管理] の順にクリックします。Right-click Computer, click All apps, and then click SharePoint Central Administration.

    Windows Server 2012 の操作方法の詳細については、「Windows Server 2012 の一般的な管理タスクとナビゲーション」を参照してください。For more information about how to interact with Windows Server 2012, see Common Management Tasks and Navigation in Windows Server 2012.

  1. サーバーの全体管理の [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, in the Application Management section, click Manage service applications.

  2. [ サービス アプリケーションの管理] ページで、User Profile Service アプリケーションを含む行をクリックし、リボンの [ 管理者] をクリックします。On the Manage Service Applications page, click the row that contains the User Profile service application, and then in the ribbon, click Administrators.

  3. [ User Profile Service アプリケーションの管理者] ダイアログボックスの [アカウントの追加] ボックスで、ドメイン \ ユーザー名の形式でユーザーアカウントを入力します。In the Administrators for User Profile Service Application dialog box, in the To add an account box, type a user account in the form domain\user name .

  4. [ 追加] をクリックします。Click Add.

  5. [ アクセス許可] リストで、[ 検索クローラーに使用するユーザー データの取得] チェック ボックスをオンにします。In the Permissions list, select the Retrieve People Data for Search Crawlers check box.

  6. [OK] をクリックします。Click OK.

アカウントにプロファイル ストアをクロールするためのアクセス許可を付与したら、次は、プロファイル ストアをクロールするときにそのアカウントを使用することを指定するクロール ルールを作成する必要があります。次の手順を使用して、クロール ルールを作成します。After you give the account access to crawl the profile store, you must create a crawl rule to specify that you want to use that account when you crawl the profile store. Use the following procedure to create a crawl rule for this purpose.

User Profile Service アプリケーションに対して認証するためのクロール ルールを作成するにはTo create a crawl rule to authenticate to the User Profile service application

  1. この手順を実行しているユーザー アカウントが Search Service アプリケーションの管理者であることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is an administrator for the Search service application.

  2. サーバーの全体管理の [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, in the Application Management section, click Manage service applications.

  3. [ サービス アプリケーションの管理] ページで、クロール ルールを作成する Search Service アプリケーションをクリックします。On the Manage Service Applications page, click the Search service application for which you want to create a crawl rule.

  4. [ 検索管理] ページのサイド リンク バーの [ クロール] セクションで、[ クロール ルール] をクリックします。On the Search Administration page, in the Quick Launch, in the Crawling section, click Crawl Rules.

  5. [ クロール ルールの管理] ページの [ 新しいクロール ルール] をクリックします。On the Manage Crawl Rules page, click New Crawl Rule.

  6. [パス] セクションの [パス] ボックスに、User Profile service アプリケーションの開始アドレスを sps3:// _My_Site_host_URL_の形式で入力します。ここで、 _My_Site_host_URL_は、MY を展開した Web アプリケーションの URL です。サイトサイトコレクション。In the Path section, in the Path box, type the start address for the User Profile service application in the form sps3:// My_Site_host_URL, where My_Site_host_URL is the URL for the Web application where you deployed the My Sites site collection.

    個人用サイトのサイト コレクションを展開した先の Web アプリケーションで Secure Sockets Layer (SSL) が使用されている場合は、開始アドレスを sps3s:// My_Site_host_URL の形式で入力します。If the web application where you deployed the My Sites site collection uses Secure Sockets Layer (SSL), then type the start address in the form sps3s:// My_Site_host_URL.

  7. パスに正規表現構文を使用する場合は、[ このルールのマッチングに正規表現構文を使用する] をクリックします。Click Use regular expression syntax for matching this rule if you want to use regular expression syntax in the path.

  8. [ クロールの構成] セクションで、[ このパスにあるアイテムをすべて含める] を選択します。In the Crawl Configuration section, select Include all items in this path.

  9. [認証の指定] セクションで、[別のコンテンツ アクセス アカウントを指定する] を選択します。In the Specify Authentication section, select Specify a different content access account.

  10. 表示される [アカウント] ボックスに、プロファイルストアへのアクセス権を付与したユーザーアカウントを_domain\user name_という形式で入力します。In the Account box that appears, type the user account to which you gave access to the profile store in the form domain\user name.

  11. 指定したアカウントのパスワードを [ パスワード] ボックスと [ パスワードの確認] ボックスに入力します。Type the password for the account that you specified in the Password and Confirm Password boxes.

  12. ユーザー アカウントの資格情報をプレーンテキストで送信する場合に限り、[ 基本認証を許可しない] チェック ボックスをオフにします。Clear the Do not allow Basic Authentication check box only if you want to allow the user account credentials to be sent as plaintext.

    注意

    Web サイトのトラフィックを SSL で暗号化しない場合に [ 基本認証を許可しない] チェック ボックスをオフにしないでください。You should not clear the Do not allow Basic Authentication check box unless you are using SSL to encrypt the website traffic. 詳細については、「SharePoint Server でユーザー認証方法を計画する」を参照してください。For more information, see Plan for user authentication methods in SharePoint Server.

  13. [OK] をクリックします。Click OK.

詳細については、「 SharePoint Server でクロールルールを管理する」を参照してください。For more information, see Manage crawl rules in SharePoint Server.

個人用サイトを構成する場合、プロファイルストアをクロールする開始 URL (sps3:// _My_Site_host_URL_または sps3s:// My_Site_host_URL) は、あらかじめ構成されたコンテンツソースのローカルの SharePoint サイトに自動的に追加されます。When you configure My Sites, the starting URL to crawl the profile store (sps3:// My_Site_host_URL or sps3s:// My_Site_host_URL) is automatically added to the preconfigured content source Local SharePoint Sites. 事前に構成されたコンテンツ ソースからプロファイル ストアの URL を削除し、プロファイル ストアのみをクロールする別のコンテンツ ソースを作成することをお勧めします。We recommend that you remove the URL of the profile store from the preconfigured content source and then create a separate content source to crawl only the profile store. このようにすると、他のクロールとは異なるスケジュールでプロファイル ストアをクロールできます。This allows you to crawl the profile store on a different schedule from other crawls.

事前に構成されたコンテンツ ソースからプロファイル ストアの URL を削除するには、次の手順を使用します。Use the following procedure to remove the URL of the profile store from the preconfigured content source.

事前に構成されたコンテンツ ソースからプロファイル ストアの URL を削除するにはTo remove the profile store URL from the preconfigured content source

  1. この手順を実行しているユーザー アカウントが Search Service アプリケーションの管理者であることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is an administrator for the Search service application.

  2. サーバーの全体管理の [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, in the Application Management section, click Manage service applications.

  3. [ サービス アプリケーションの管理] ページで、[ Search Service アプリケーション] をクリックします。On the Manage Service Applications page, click Search Service Application.

  4. [ 検索管理] ページのサイド リンク バーの [ クロール] セクションで、[ コンテンツ ソース] をクリックします。On the Search Administration page, in the Quick Launch, in the Crawling section, click Content Sources.

  5. [ コンテンツ ソースの管理] ページで、事前に構成されたコンテンツ ソース ( ローカルの SharePoint サイト) へのリンクをクリックします。On the Manage Content Sources page, click the link to the preconfigured content source ( Local SharePoint sites).

  6. [開始アドレス] セクションで、プロファイルストアの url (sps3:// _My_Site_host_URL_または sps3s:// My_Site_host_URL) を削除します。ここで、 _My_Site_host_URL_は個人用サイトを展開した web アプリケーションの url です。コレクション)。In the Start Addresses section, remove the URL for the profile store (sps3:// My_Site_host_URL or sps3s:// My_Site_host_URL, where My_Site_host_URL is the URL for the web application where you deployed the My Sites site collection).

  7. [ OK] をクリックします。Click OK.

    次の手順を使用して、プロファイル ストアのクロール方法を指定するコンテンツ ソースを作成します。Use the following procedure to create a content source that specifies how to crawl the profile store. 詳細については、「 SharePoint Server でコンテンツソースを追加、編集、または削除する」を参照してください。For more information, see Add, edit, or delete a content source in SharePoint Server.

プロファイル ストアをクロールする方法を指定するコンテンツ ソースを作成するにはTo create a content source that specifies how to crawl the profile store

  1. この手順を実行しているユーザー アカウントが Search Service アプリケーションの管理者であることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is an administrator for the Search service application.

  2. サーバーの全体管理の [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, in the Application Management section, click Manage service applications.

  3. [ サービス アプリケーションの管理] ページで、[ Search Service アプリケーション] をクリックします。On the Manage Service Applications page, click Search Service Application.

  4. [ 検索管理] ページのサイド リンク バーの [ クロール] セクションで、[ コンテンツ ソース] をクリックします。On the Search Administration page, in the Quick Launch, in the Crawling section, click Content Sources.

  5. [ コンテンツ ソースの管理] ページで、[ 新しいコンテンツ ソース] をクリックします。On the Manage Content Sources page, click New Content Source.

  6. [ コンテンツ ソースの追加] ページの [ 名前] セクションに、このコンテンツ ソースの名前を入力します。On the Add Content Source page, in the Name section, type a name for this content source.

  7. [ コンテンツ ソースの種類] セクションで、[ SharePoint サイト] が選択されていることを確認します。In the Content Source Type section, ensure that SharePoint Sites is selected.

  8. [開始アドレス] セクションで、開始アドレスを sps3:// _My_Site_host_URL_の形式で入力します。ここで、 _My_Site_host_URL_は、個人用サイトのサイトコレクションを展開した web アプリケーションの URL です。In the Start Addresses section, type the start address in the form sps3:// My_Site_host_URL, where My_Site_host_URL is the URL for the web application where you deployed the My Sites site collection.

    個人用サイトのサイト コレクションを展開した先の Web アプリケーションで SSL が使用されている場合は、開始アドレスを sps3s:// My_Site_host_URL の形式で入力します。If the web application where you deployed the My Sites site collection uses SSL, then type the start address in the form sps3s:// My_Site_host_URL.

  9. [ クロール設定] セクションでは、[ [各開始アドレスから、ホスト名下にあるすべてをクロールする] の既定値をそのまま使用します。In the Crawl Settings section, leave the default value of Crawl everything under the host name for each start address.

  10. [ クロールのスケジュール] セクションで、次の操作を行います。In the Crawl Schedules section, do the following:

  • [ 継続的クロールを有効にする] または [ 増分クロールを有効にする] を選択します。Select Enable Continuous Crawls or Enable Incremental Crawls.

    継続的クロールは、増分クロールのスケジュールなしでコンテンツ ソースを最新の状態にします。A continuous crawl automatically provides maximum freshness for the content source without an incremental crawl schedule. 詳細については、「Manage continuous crawls in SharePoint Server」を参照してください。For more information, see Manage continuous crawls in SharePoint Server.

    [ 増分クロールを有効にする] を選択する場合は、増分クロールのスケジュールを作成します。If you select Enable Incremental Crawls, create an incremental crawl schedule.

  • オプションで、フル クロールのスケジュールを作成します。Optionally create a schedule for full crawls.

  1. [ 増分クロールを有効にする] を選択した場合は、[ コンテンツ ソースの優先度] セクションで、このコンテンツ ソースの優先度を選択します。If you selected Enable Incremental Crawls, in the Content Source Priority section, select the priority for this content source.

    注意

    コンテンツ ソースの種類に [ SharePoint サイト] を指定し、[ 継続的クロールを有効にする] を選択すると、[ コンテンツ ソースの優先度] セクションは表示されません。The Content Source Priority section does not appear when you specify the content source type as SharePoint Sites and you select Enable Continuous Crawls.

  2. [ OK] をクリックします。Click OK.

人の検索で最適な結果を得るには、できるだけ多くの情報が必要です。そのためには、プロファイル ストアにユーザー プロファイルを追加し、個人用サイトに情報を追加する必要があります。To get the best results from people search, you should add as much information as you can by adding user profiles to the profile store and adding information to My Sites.

ユーザー プロファイルをプロファイル ストアに追加するAdd user profiles to the profile store

人の検索で有用な検索結果を得るには、User Profile Service アプリケーションにユーザー プロファイルを追加する必要があります。これは次の方法で実行できます。Before you can obtain meaningful people search results, you must add user profiles to the User Profile service application. You can do this in the following ways:

重要

テスト環境の場合は、プロファイル ストアを運用環境内にあるディレクトリ サービスや他の外部データ ソースと同期することはお勧めしません。代わりに、ディレクトリ サービスのコピーを作成し、そのコピーをプロファイル ストアと同期してください。For a test environment, we recommend that you do not synchronize the profile store to a directory service or other external data source that is in a production environment. Instead, create a copy of the directory service and synchronize the copy with the profile store.

次の手順を使用して、User Profile Service アプリケーションのユーザー プロファイルを表示します。Use the following procedure to view the user profiles in the User Profile service application.

User Profile service アプリケーションのユーザープロファイルの一覧を表示するにはTo view a list of user profiles in the User Profile service application

  1. この手順を実行しているユーザー アカウントが User Profile Service サービス アプリケーションの管理者であることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is an administrator for the User Profile service application.

  2. サーバーの全体管理の [ アプリケーション構成の管理] セクションで、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, in the Application Management section, click Manage service applications.

  3. [ サービス アプリケーションの管理] ページで、User Profile Services アプリケーションをクリックします。On the Manage Service Applications page, click the User Profile service application.

  4. [ プロファイル サービスの管理] ページの [ ] セクションで、[ ユーザー プロファイルの管理] をクリックします。On the Manage Profile Service page, in the People section, click Manage User Profiles.

  5. [ ユーザー プロファイルの管理] ページの [ プロファイルの検索] ボックスに、そのユーザーが所属するドメインの名前を入力します。On the Manage User Profiles page, in the Find profiles box, type the name of the domain of which the users are members.

    完全修飾ドメイン名は入力しないでください。たとえば、ユーザーが Contoso.com ドメインのメンバーである場合は、[ プロファイルの検索] ボックスに「 Contoso」と入力します。Do not type the fully qualified domain name. For example, if users are members of the Contoso.com domain, type Contoso in the Find profiles box.

  6. [ 検索] をクリックします。Click Find.

情報を個人用サイトに追加するAdd information to My Sites

個人用サイトの情報は、User Profile Service アプリケーション データベースに格納されます。User Profile Service アプリケーションには、人の検索の結果に表示される多くの情報が格納されます。個人用サイトに追加される情報が増えるほど、人の検索でより有効な結果が得られます。My Sites keep information in the User Profile service application databases. The User Profile service application stores much of the information that appears in results for people search. People search results become more useful as users add more information to their My Sites.

ユーザーが初めて個人用サイトにアクセスしたときに、そのユーザー用の個人用サイトが作成され、User Profile Service アプリケーションにプロファイルが自動的に追加されます。The first time that a user accesses their My Site, also known as their personal site, a My Site is created for them and a profile is automatically added to the User Profile service application.

ユーザーの個人用サイトに情報を追加するには、User Profile Service アプリケーションにユーザー プロファイルが作成されているユーザーとしてログオンし、そのユーザーの個人用サイトにアクセスします。ユーザーの個人用サイトでは、ユーザーの専門知識や関心事に関する情報を追加できます。追加した情報が人の検索結果の表示にどのように影響するかを確認するには、プロファイル ストアをクロールしてからユーザー名を検索します。To add information to a user's My Site, log on as a user for whom a user profile was created in the User Profile service application, and then go to that user's My Site. In the user's My Site, you can provide information about the user's expertise and interests. To see how the information that you added affects the people search results that appear, perform a crawl of the profile store, and then search on the user's name.

プロファイル ストアをクロールするCrawl the profile store

これで、プロファイル ストアをクロールする準備ができました。You are now ready to crawl the profile store. クロールを開始する方法については、「 SharePoint Server でクロールの開始、一時停止、再開、または停止を行う」を参照してください。For information about how to start the crawl, see Start, pause, resume, or stop a crawl in SharePoint Server.

注意

事前に構成されたコンテンツソース (ローカルの SharePoint サイト) の最初のクロールを開始する前に、プロファイルストアをクロールして、クロールが終了してから約2時間待機することをお勧めします。We recommend that you crawl the profile store and wait about two hours after the crawl finishes before you start the first crawl of the preconfigured content source (that is, local SharePoint sites). プロファイルストアのクロールが終了した後、検索システムによって、ユーザーの名前を標準化するリストが生成されます。After the crawl of the profile store finishes, the search system generates a list to standardize people's names. これにより、検索結果で人名の形式が異なると、1つの名前に対応する1つのグループに結果が表示されるようになります。This is so that when a person's name has different forms in search results, the results are displayed in a single group corresponding to one name. たとえば、Ayano Weiler または Weiler または alias AnneW によって作成されたすべてのドキュメントは、"Documents by Ayano Weiler" というラベルが付いた結果ブロックに検索結果として表示されることがあります。For example, all documents authored by Anne Weiler or A. Weiler or alias AnneW can be displayed in the search results in a result block that is labeled "Documents by Anne Weiler". 同様に、[作成者] がカテゴリの1つである場合は、これらの id によって作成されたすべてのドキュメントを絞り込みパネルの見出し "Ayano Weiler" に表示できます。Similarly, all documents authored by any of those identities can be displayed under the heading "Anne Weiler" in the refinement panel if "Author" is one of the categories there.

クロールの状態を表示する方法については、「コンテンツソースのクロールを開始、一時停止、再開、または停止する」を参照してください。For information about how to view the status of a crawl, see Start, pause, resume, or stop a crawl for a content source.

関連項目See also

SharePoint Server で User Profile Service を管理するAdminister the User Profile service in SharePoint Server

SharePoint Server 2013 のプロファイル同期の概要Overview of profile synchronization in SharePoint Server 2013

ユーザー プロファイルの同期を管理する (SharePoint Server)Manage user profile synchronization in SharePoint Server

SharePoint Server で個人用サイトを計画するPlan for My Sites in SharePoint Server

SharePoint Server 2016 で Search service アプリケーションを作成および構成するCreate and configure a Search service application in SharePoint Server 2016

Manage crawling in SharePoint ServerManage crawling in SharePoint Server

SharePoint Server でコンテンツソースを追加、編集、または削除するAdd, edit, or delete a content source in SharePoint Server