サーバーでのMicrosoft OneDriveのSharePoint概要

適用対象: yes-img-132013 yes-img-162016 yes-img-192019 yes-img-seサブスクリプション エディション no-img-sopMicrosoft 365 の SharePoint

注意

このOneDriveは、SharePoint サーバーと Microsoft 365 環境の両方で使用しますが、この記事では、SharePoint Server での動作について説明します。 環境での動作の詳細については、「Microsoft 365とは」をOneDrive。

Microsoft OneDriveは、サーバーまたはサーバー内のユーザーの既定SharePointドキュメント ライブラリMicrosoft 365。 このライブラリの内容をオプションで 1 つ以上のユーザーのコンピューターまたはモバイル デバイスと同期できます。

ユーザーのOneDriveを使用すると、ユーザーのビジネス ファイルが一つの場所に保存されます。 1 つの場所にビジネス ファイルを格納すると、ユーザーがドキュメントを共有したりコラボレーションしたりすることが容易になります。 クラウド を使用しているOneDrive、ユーザーのファイルをクラウドに移動することで、オンプレミスのストレージ コストを削減することもできます。

OneDrive OneDrive は SharePoint に基づいており、ユーザーのビジネス ドキュメントとファイルを格納するためのコンシューマー OneDrive サービスとは異なります。 カスタマー OneDrive は、個人向けの別個のサービスです。

サーバーのOneDrive環境でSharePointを使用する理由

このOneDrive多くの企業にとって最適なストレージ ソリューションとして機能する場合があります。一部の企業では、次を含むさまざまな理由で、会社のデータをクラウドに保存する制限を受け取る場合があります。

  • インターネット経由でのデータの送信を禁止するビジネス ルール

  • 業界の規則

  • コンプライアンス基準

さらに、お客様の環境では、IT スタッフがお客様の環境に適用されている更新プログラムを厳密に制御する必要があります。理由の 1 つに、製品またはサービスの特定のバージョンでのみ動作をテストしてある、サードパーティ製アプリケーションまたはカスタマイズに特化していることが考えられます。

このような種類の顧客の場合、OneDrive は SharePoint Server オンプレミス環境に実装し、OneDrive によって提供される同期機能とストレージ機能をビジネス ユーザーに提供しますが、すべてのデータをオンプレミス環境内に保持できます。

さらに、SharePoint サーバーとサービスが実行される更新プログラム (OneDrive など) は、ユーザーによって内部的に制御されます。

どのような仕組みなのか。

サーバー SharePoint、OneDriveはユーザーの MySite のドキュメント ライブラリです。 直接個人用サイト内のドキュメント ライブラリを介して、または Office 2013 または Office 2016 の保存場所として、ユーザーに個人用の記憶域を提供します。 OneDrive ファイルはクラウドに保存されます。OneDrive では SharePoint Server オンプレミス環境では、ユーザー ファイルは SharePoint Server で使用している SQL Server の SharePoint コンテンツ データベースに保存されます。 ユーザーの記憶域のクォータは、個人用サイトのホスト サイトをホストしている Web アプリケーションのサイト設定を介して設定されます。

OneDrive Server 2013 SharePointオンプレミスのサイト

ファイルを同期する

ファイルをOneDriveするには、同期アプリを使用する必要があります。 同期アプリは、ユーザーとユーザー OneDriveまたはモバイル デバイス間でファイルを自動的に同期します。 これらのクライアントは、さまざまなオペレーティング システムおよびモバイル デバイスで使用できます。 同期OneDrive Windowsは、インストールの一部としてOfficeされます。

SharePoint Server で OneDrive を使用している場合、ファイルをさまざまなデバイスに同期できますが、同期を機能するには、SharePoint Server が存在するネットワークにこれらのデバイスを接続する必要があります。 同期は、旅行中など、企業ネットワークから切断されている間に使用されるラップトップの場合に主に役立ちます。 これは、ネットワーク内のオンプレミスの場所ではなく、ユーザー デバイスから Microsoft 365 にファイルを同期するためにインターネット接続が必要な UsingOneDrive とは異なります。

OneDriveハイブリッド

SharePoint Server を使用し、ユーザーのビジネス ドキュメントのクラウド ストレージを利用する場合は、OneDrive を設定し、SharePoint Server で OneDrive リンクを選択すると、ユーザーが自動的に Microsoft 365 にリダイレクトされます。

ドキュメント ストレージMicrosoft 365使用すると、すべてのワークロードをクラウド ストレージに移行することなく、クラウド ストレージをMicrosoft 365。

ハイブリッドOneDriveをセットアップするには、Microsoft 365をまだ構成していない場合は、OneDrive を構成し、SharePoint Server 環境で SharePoint を OneDrive に "リダイレクト" する必要があります。 ハイブリッドの計画の詳細OneDrive、「Configure hybrid OneDrive - ロードマップ」を参照してください

はじめに

サーバーでOneDriveをSharePointするには、User Profile Service アプリケーションを構成し、自分のサイトをセットアップする必要があります。 計画の詳細については、「Plan for OneDrive」をSharePointしてください

SharePoint Server 2016 または 2013 で OneDrive ファイルを同期する方法の詳細については、「OneDrive 同期 アプリ (Groove.exe) と SharePoint ファイルを同期する」を参照してください