Skype for Business Online での ExpressRoute および QoSExpressRoute and QoS in Skype for Business Online

Office 365 および Skype for Business Online 用の Azure ExpressRoute を使用して、専用ネットワーク接続を介して Office 365 に接続します。Connect to Office 365 over a dedicated network connection using Azure ExpressRoute for Office 365 and Skype for Business Online. Skype for Business アプリ用の専用接続により、信頼性が高く、予測可能なパフォーマンスと、公共のインターネットからのプライバシーが確保されます。Your dedicated connection for your Skype for Business apps will give you reliable and predictable performance as well as privacy away from the public internet. これで、Office 365 および Skype for Business Online へのネットワーク接続をさらに向上させることができます。これにより予測性、ビジネスクラスの信頼性が向上し、稼働時間の SLA が追加されます。You can now buy a better network connection to Office 365 and Skype for Business Online that adds predictability, business class reliability and comes with an uptime SLA.

注意

新しいバージョンの帯域幅計算ツールを使用できます。 Skype For business、帯域幅計算ツールA new version of the bandwidth calculator is available: Skype for Business, Bandwidth Calculator. ただし、このドキュメントの手順では、Lync 2010 および2013の帯域幅計算ツールを使用します。However, the directions in this document use the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator.

Skype for Business Online と ExpressRouteSkype for Business Online and ExpressRoute

Microsoft の ExpressRoute パートナーと協力して、専用の接続を介してクラウド内の Skype for Business Online などのさまざまな Office 365 アプリケーションに接続することができます。Working with a Microsoft's ExpressRoute partner, you can connect a variety of Office 365 applications including Skype for Business Online in the cloud over a dedicated connection. ただし、Skype for Business のリアルタイムの音声/ビデオ通信機能には、これらの Office 365 のリアルタイムのワークロードをサポートするように特別に構成されたネットワークサービスが必要です。However, the real-time voice and video communications capabilities for Skype for Business require network services that are specifically configured to support these Office 365 real-time workloads. これには、必要なトラフィック量を伝送するための十分な帯域幅を備えたネットワークと、ユーザーに対してビジネスクラスのエクスペリエンスを実現するためにサービスの品質 (QoS) をサポートできるものが含まれます。This includes a network that has sufficient bandwidth to carry the required volume of traffic and be capable of supporting Quality of Service (QoS) to deliver a business class experience for your users.

このドキュメントでは、管理者とネットワーク設計者向けに、リアルタイム通信をサポートできるネットワークの設計を支援するために Microsoft が提供するツールである、リアルタイム通信をサポートするために必要な特別な課題について説明します。要件。また、ケーススタディを使用して設計プロセスについて説明します。This document is designed to help you, administrators and network designers understand the special challenges needed to support real-time communications, the tools provided by Microsoft to assist you in designing a network capable of supporting those requirements, and to walk you through the design process using a case study.

このドキュメントの最初の部分では、 Lync 2010 および2013の帯域幅計算ツールを使用したネットワーク設計のサポートについて説明します。これは、大規模な複数サイトの Skype For business ExpressRoute の展開のネットワーク要件を見積もるためのものです。The first part of this document walks you through a case study to help you with the network design using the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator to estimate the network requirements for a large, multi-site Skype for Business ExpressRoute deployment. このドキュメントの2番目の部分では、QoS (Quality of Service) の基本的な概念について説明し、Skype for Business のリアルタイム通信をサポートするための特定の技術上の詳細について詳しく説明しています。また、特定の種類のネットワークサービス不要.The second part of this document gives you with the fundamental concepts of Quality of Service (QoS), a deep-dive on the specific technical details for supporting Skype for Business real-time communications, and the specific types of network services that are needed.

ここに記載されているすべての情報により、QoS と ExpressRoute についての技術的な詳細と理解、お客に向けた特定の課題について理解し、問題を最大限に活用するためのツールと手法についての実用的な知識を得ることができます。Skype for Business ネットワークで ExpressRoute を展開します。All of the information here will give you the technical details and understanding for QoS and ExpressRoute, an understanding of the specific challenges you'll be facing, and give you a working knowledge of the tools and techniques that will allow you to successfully deploy an ExpressRoute across your Skype for Business network.

はじめにGetting started

Skype for Business 向け ExpressRoute の準備ができたら、さまざまな ExpressRoute 接続モデルとパートナーや場所のさまざまな選択を確認して、ビジネスで ExpressRoute を購入してプロビジョニングする方法を参照することをお勧めします。When you are getting ready for ExpressRoute for Skype for Business, it's a good idea to look at the different ExpressRoute connection models and the various choice of partners and locations and read how to purchase and provision ExpressRoute within your business. 次のリソースを使い始めることができます。Here are some resources to get you started:

パート 1: Dewey 法の ExpressRoute のケーススタディ-ExpressRoute。Part 1: Case study - ExpressRoute for Dewey Law, LLC.

このケーススタディでは、Dewey 法のお客様を対象としています。This case study for Dewey Law, LLC. ネットワークのセットアップ方法、ネットワークアクセスサービスの注文方法、および Skype for Business Online 向け ExpressRoute をサポートするための帯域幅要件の決定方法について説明します。will show you how to setup a network, order network access services, and determine the bandwidth requirements to support ExpressRoute for Skype for Business Online.

背景Dewy 法規Background Dewy Law LLC. は、790弁護士と、78の地域で広がっている5580人の社員を対象とした大規模な国家の法律事務所です。is a large national law firm with 790 attorneys and a total of 5,580 employees spread across 78 locations. この企業は、本社がニューヨークにあり、シカゴ、サンフランシスコ、ダラスの3つの支社、およびその国内に分散した24大規模の支社と50の小規模支店を持っています。The firm has a headquarters in New York, three regional offices in Chicago, San Francisco and Dallas, along with 24 large and 50 small branch offices scattered around the country. この企業は、通常、2つ以上のオフィスの間で分散された大規模な複雑なケースを処理します。The firm handles large, complex cases with the workload typically spread among two or more of the offices. このネットワーク設計を行うと、オフィス間のネットワークトラフィックがかなり大きくなります。Having this network design results in considerable network traffic between the offices.

Dewy 法規Dewy Law LLC. は比較的若い企業であり、弁護士やその他のスタッフメンバーがテクノロジを使い慣れていて、日常的な仕事のためにそれに依存しています。is a relatively young firm and the attorneys and other staff members are very comfortable with technology and greatly depend on it for their daily work.

場所と職位によるユーザーの分布Distribution of users by locations and positions

本社 (NY)Headquarters (NY) 支社 (3)Regional offices (3) 大規模事業所 (24)Large branch offices (24) 小規模事業所 (50)Small branch offices (50)
主席Executive
超える20
常用10
11
11
パートナーPartners
150150
5050
常用10
55
対応Associates
300300
100100
超える20
常用10
パラリーガルParalegal
400400
125125
求める30
マート15
エグゼクティブ管理者Executive admins
100100
3535
66
33
IT と一般的な管理IT and general Administrative
100100
5025
33
22
サイトあたりの合計Total per site
10701,070
345345
7070
3636
サイトクラスごとの合計Total per site class
10701,070
10351,035
16801,680
18001,800

ネットワークのセットアップSetting up the network

Dewey 法の一貫した高品質リアルタイムサービスを提供するには、次のようないくつかの基本要件を満たす必要があります。To deliver consistent and high quality real-time services for Dewey Law LLC., there are a couple basics requirements that must be met:

  • 停電中も音声サービスを提供する必要があります。そのためには、ネットワークのディストリビューションスイッチとルーターが power over Ethernet (PoE) IEEE 802.3 af または 802.3 at を提供している必要があります。They want to provide voice services during power failure so their network distribution switches and routers must provide power over Ethernet (PoE) IEEE 802.3af or 802.3at.

  • 電源障害が発生しても引き続き動作できるように、ネットワークスイッチとルーターは、無停電電源 (UPS) を使用する必要があります。The networking switches and routers must also use uninterrupted power sources (UPS) so they can continue operating during a power failure.

    これらの会社は、自社の LAN オフィスへの Wi-fi 接続を利用しているため、Skype for businessソリューションから認定された Skype For business wi-fi インフラストラクチャパートナーを使用することを強くお勧めします。They have a Wi-Fi connections to their LAN offices, so we highly recommend they use a certified Skype for Business Wi-Fi infrastructure partner from Skype for Business Solutions.

    ヒント

    802.11 n および 802.11 ac ワイヤレスアクセスポイントが推奨されます。802.11n and 802.11ac wireless access points are recommended.

  • 最も重要なことは、すべてのオフィスのすべての LAN ネットワークがサービス品質 (QoS) を提供するようにセットアップされていることです。And most importantly, all of the LAN networks in all offices must be set up to provide Quality of Service (QoS). これには、Pc、ノート pc、スイッチやルーターなどのすべてのネットワークハードウェアが含まれます。This includes PCs, laptops and any networking hardware such as switches and routers.

ここでは、Dewey 法律向けのビジネスグレードの音声サービスを提供するための基本的な機能について説明しました。次に、Azure ExpressRoute サービスに接続するネットワークサービスパートナーからのマルチプロトコルラベル切り替え (MPLS) IP サービスを使用することをお勧めします。Now that you have the basics covered, to deliver business grade voice services for Dewey Law LLC., we recommend using Multi-Protocol Label Switching (MPLS) IP service from a network service partner that will connect to the Azure ExpressRoute service. MPLS は、遅延、ジッタ、パケット損失に対するパフォーマンスの保証を備えた IP サービスを提供します。MPLS provides an IP service with performance guarantees for delay, jitter and packet loss. ただし、MPLS が利用できない場合は、いずれかの ExpressRoute データ交換パートナーに接続されたイーサネットも使用できます。However, if MPLS isn't available, Ethernet connected to one of our ExpressRoute data exchange partners can also be used.

MPLS プロバイダーは、いくつかのクラスのサービスレベルを提供していますが、それぞれに異なる用語を使用して識別します。MPLS providers offer several class of service levels but each use different terms to identify them. Lync 2010 および2013の帯域幅計算ツールに入力したデータと、使用可能365なオプションについて理解していることを確認するには、プロバイダーと密接に連携する必要があります。アプリケーション.You will have to work closely with your provider to ensure they understand the data that you have input into the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator and the options available and are recommended for the different Office 365 real-time workload applications.

Skype for Business アプリケーションからのデータを適切な MPLS クラスのサービスにマッピングする方法については、次の2つのオプションがあります。There are two options for how data from Skype for Business applications can be mapped to the appropriate MPLS classes of service:

  • DiffServ コントロールポイント (DSCP) を使ったトラフィックのエンドポイントマーキングEndpoint Marking of traffic using DiffServ Control Point (DSCP)

  • ネットワークアクセス制御リスト (ACL) ベースNetwork Access Control List (ACL) based

エンドポイントマーキングを実装するには、Dewey 法のすべてのドメインに参加している Windows コンピューターを構成する必要があります。To implement Endpoint Marking, you must configure all domain joined Windows machines for Dewey Law LLC. 各パケットを適切な DiffServ Control Point (DSCP) マークでマークし、すべての office サイトにあるすべてのネットワークスイッチとルーターに QoS を実装して、QoS のマークが維持され、削除されないようにします。to mark each packet with the appropriate DiffServ Control Point (DSCP) marking and then implement QoS on all network switches and routers across all of their office sites to make sure the QoS markings are maintained and aren't removed. ネットワークパケット上の DSCP マーキングは、ネットワークパケットの優先順位を指定することをサービスプロバイダに伝えます。DSCP markings on network packets tell the service provider how that network packet is prioritized. DSCP の詳細については、「パート2」の「QoS」セクションを参照してください。There is more information on DSCP in the QoS section in Part 2.

ネットワーク ACL ベースの割り当ての場合、DSCP 優先順位マーキングは上流のルータに実装され、UDP ソースポートに基づいています。For network ACL-based assignment, the DSCP priority markings are implemented at an upstream router and are based on the UDP source port. 各アプリケーションの推奨されるポート範囲は、「 Lync Server を使ったネットワーク計画、監視、トラブルシューティング2.6.1.1」に記載されています。The recommended port ranges for each application are listed in Section 2.6.1.1 of Network Planning, Monitoring, and Troubleshooting with Lync Server. この問題は、Dewey 法の全体的な QoS の実装と設計によって調整され、さまざまな QoS ポリシーとパケットマークの不一致が発生する可能性があることに注意することが重要です。It is important that you coordinate this with Dewey Law LLC's overall QoS implementation and design and be aware of different QoS policies and the potential for packet marking mismatches.

各 ExpressRoute ネットワークサービスプロバイダーには、リアルタイムの音声とビデオに適したサービスクラス (QoS) が用意されています。Each ExpressRoute network service provider will have a class of service (QoS) that is appropriate for real-time voice and video. この COS は、音声の場合は「優先転送」 (EF)、ビデオには「確実な転送」 (AF) と呼ばれます。This COS is called 'Expedited Forwarding' (EF) for voice and 'Assured Forwarding' (AF) for video. ボイス EF トラフィックに対して購入する帯域幅の量は、細心の注意が必要です。You must be very careful in sizing the amount of bandwidth you purchase for voice EF traffic. その理由は、サービスのクラスがプロビジョニングされているよりも多くのボイストラフィックを送信する場合、サービスの音声クラスが非常に不安定になるためです。The reason is that the voice class of service is very unforgiving in the event you send more voice traffic than the class of service is provisioned for.

ヒント

サービスの音声クラスで送信されたトラフィックは、サービスプロバイダの確約を超えて、すぐに破棄されるため、音声品質が直接適用されます。Any traffic that is sent on the voice class of service in excess of the service provider's commitment is immediately discarded which will direct effect voice quality.

Dewey 法の設計全体を見ている場合。When looking at the overall design for Dewey Law LLC. ネットワーク経由のボイストラフィックをサポートするために必要なネットワーク帯域幅の量を正確に決定し、ボイスの DSCP 設定 (つまり、DSCP EF 46) を使用して各ボイスパケットをマークすることが非常に重要です。it is extremely important that you accurately determine the amount of network bandwidth that they need to support the voice traffic across their network and be marking each voice packet (and only voice packets) with the DSCP setting for voice (i.e. DSCP EF 46).

企業ネットワーク全体で QoS を実装するには、エンドポイントまたはルーターは、各パケットを適切なレイヤー3優先順位インジケータ (つまり DSCP) でマークする必要があります。To implement QoS across their enterprise network, the endpoints or routers must mark each packet with the appropriate Layer 3 priority indicator (i.e., DSCP). 各スイッチとルーターは、ネットワークパス全体で QoS オプションをオンにしておく必要があります。Along the entire network path, each switch and router must have the QoS option turned on. QoS が有効になっていないネットワークスイッチまたはルーターが1つしかない場合、そのスイッチまたはルーターを通過する音声またはビデオパケット上の QoS 標識はオフにすることができます。Having even only one network switch or router that doesn't have QoS turned on, the QoS markings on voice or video packets passing through that switch or router could be stripped off. これにより、すべてのダウンストリームスイッチとルーターの QoS が有効になり、ExpressRoute の価値が減少します。This effectively disables QoS in all downstream switches and routers which decreases the value of having ExpressRoute.

また、レイヤー3とレイヤー2の QoS 優先順位の関連付けが各ポイントで定義されている必要があります。This also requires that the association of the Layer 3 and Layer 2 QoS priorities be defined at each point. レイヤー2優先メカニズムは、ワイヤードネットワーク用の IEEE 802.1 p で定義され、Wi-fi ネットワーク用の 802.11 e/WMM で定義されています。The Layer 2 priority mechanisms are defined in IEEE 802.1p for wired networks and 802.11e/WMM for Wi-Fi networks. さらに重要なのは、ネットワークサービスプロバイダーの MPLS ネットワークに接続しているネットワークルーターが、適切な MPLS クラスのサービスを維持するために、すべての送信パケットについて DSCP 設定を保持している必要があることです。More importantly, the network router facing the network service provider's MPLS network must maintain the DSCP settings on all outbound packets so that they will maintain the appropriate MPLS class of service.

ヒント

QoS のセットアップに関する具体的な詳細については、「2.6 のネットワーク計画、監視、および Lync Server のトラブルシューティング」を参照してください。For the specific details regarding QoS set-up, refer to Section 2.6 Network Planning, Monitoring, and Troubleshooting with Lync Server. さらに多くのネットワーク計画が必要な場合は、「 Skype For business 2015 の計画ネットワーク要件」も参照してください。You can also see Plan network requirements for Skype for Business 2015 for more network planning requirements.

ネットワークアクセスサービスの注文Ordering Network Access Services

ExpressRoute をサポートするための QoS ネットワークの前提条件とメカニズムを用意したら、次の手順は ExpressRoute ネットワークアクセスサービスの注文を行うことです。Once you have the QoS network prerequisites and mechanisms in place to support ExpressRoute, the next step is to place an order for the ExpressRoute network access services. Microsoft ネットワークサービスプロバイダパートナーから Dewey 法律のために ExpressRoute access services を注文する場合は、次の2つの項目を提供する必要があります。When ordering ExpressRoute access services for Dewey Law LLC from the Microsoft network services provider partner, you will need to provide two things:

  • 各サイトを ExpressRoute および Office 365 に接続するために必要な帯域幅の合計量です。The total amount of bandwidth required to connect each site to ExpressRoute and Office 365.

  • Dewey 法で使用されている Skype for Business アプリをサポートするために必要なサービスの各クラスに必要な総帯域幅。The total bandwidth required for each class of service that is required to support Skype for Business apps that are being used at Dewey Law LLC. サービス帯域幅の要件のクラスは、音声、ビデオ、IM、プレゼンス、画面共有などのさまざまな Skype for Business アプリケーションで想定されるトラフィックの量によって決まります。The class of service bandwidth requirement is driven by the volume of traffic you expect from each of the various Skype for Business applications like voice, video, IM, presence, and screen sharing.

Skype for Business アプリケーションの帯域幅要件の決定Determining Bandwidth Requirements for Skype for Business Applications

Dewey 法の場合は、必要な合計帯域幅を確認したら、その合計帯域幅をさまざまなサービスクラスに分割する方法について知る必要があります。For Dewey Law LLC., once you have determined the total bandwidth required you now need to know how that total amount of bandwidth should be divided among the various classes of service. たとえば、各 Skype for Business アプリケーションの帯域幅を使用します。For example, how much bandwidth for each Skype for Business application.

これらの要件を Dewey 法規のそれぞれについて確認します。To determine those requirements at each of the Dewey Law LLC. サイトでは、 Lync 2010 と2013の帯域幅計算ツールを使用します。sites, you will use the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator. この電卓は、音声、ビデオ、会議、画面共有など、さまざまな Skype for Business アプリケーションの使用予定を指定できる Excel ベースのツールです。This calculator is an Excel-based tool that allows you to specify the expected use of the various Skype for Business applications including voice, video, conferencing, and screen sharing. 電卓は、ネットワーク上の各サイトの帯域幅と CoS の要件の推定値を自動的に生成します。The calculator will automatically generate an estimate of the bandwidth and CoS requirements for each site on their network. Lync 2010 および2013の帯域幅計算ツールをダウンロードすると、その使用についての詳細情報が表示されるユーザーガイドもダウンロードされます。When you download the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator, a user's guide will also be downloaded which will give you details on using it.

スプレッドシートのさまざまなセルを色分けして表示すると、スプレッドシートの操作が簡単になります。To help you with the spreadsheet, the various cells in the spreadsheet are color-coded:

  • これらは一般的なデータ入力領域です。Green These are general data input areas.

  • 黄色これらは高度なデータ入力領域です。Yellow These are advanced data input areas. これらの変更は慎重に行うことができます。You can change these, but do so carefully.

  • これらは読み取り専用領域であり、ロックされた入力値であり、変更できません。Red These are read-only areas and are locked input values and can't be changed.

  • 灰色これらは表示専用の領域です。Gray These are display-only areas. これは、一般的な入力領域の結果またはデータです。They are the results or data that is from the general input areas.

Dewey 法の設計プロセス。The design process for Dewey Law LLC. 最初に、ユーザーを異なる "ペルソナ" に分類します。begins by characterizing their users into different 'Personas.' 定義した各ペルソナに対して、さまざまな Skype for Business アプリケーション (' なし '、"低"、' Medium '、' High '、または3つの定義済みの ' カスタム ' 設定のいずれか) の使用を指定できます。For each persona you define, you can specify their expected use of the various Skype for Business applications ('None', 'Low', 'Medium', 'High', or one of three defined 'Custom' settings). これらの選択は、"ペルソナ" ワークシートにあります。Those selections are found in the 'Persona' worksheet. 各選択肢の具体的な用途 ("低"、"中"、または "高") が提供されますが、それぞれの選択肢の既定値を変更することができます。The specific usage for each choice ('Low', 'Medium', or 'High') is provided, but the defaults for each choice can be changed. 各サイトに配置されている各ペルソナのユーザー数を特定することで、計算機は各場所に必要な合計帯域幅を計算できます。By identifying the number of users for each persona that is located at each site, the calculator can compute the total bandwidth required for each location.

また、転送エラーの修正が使用されているかどうかや、帯域幅の要件に影響する他のシステムパラメーターも使用されているオーディオとビデオのコーデックを指定することもできます。You can also specify the audio and video codecs that are used, whether forward error correction is used and also other system parameters that will affect the bandwidth requirements. Lync 2010 および2013の帯域幅電卓で既定の設定を使用するか、さまざまなコーデックやその他のシステムパラメーターを選択することができます。You can use the default settings in the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator or select different codecs and other system parameters. Dewey 法のサイト設計では、既定の設定を使用できます。For Dewey Law LLC's site design, the default settings can be used. ただし、既定の設定のいずれかを変更するには、すべての選択肢を含むプルダウンメニューを使用します。However, to change from any of the default settings there is a pull-down menu with all of the available choices. 各オプションに使用される帯域幅は、「コーデック」ワークシートに含まれています。The bandwidths that are used for each choice are included in the 'Codecs' worksheet. いずれかの設定を変更すると、各サイトでの帯域幅とサービス (CoS) ミックスの変更が更新されます。When you change any setting, the change in bandwidth and class of service (CoS) mix at each site is updated. この機能を使用すると、さまざまな可能性のある構成をテストして、変更の帯域幅要件に対する影響を確認することができます。Having this capability allows you to test different potential configurations for them and see the impact the changes will have on bandwidth requirements for them.

Dewey 法の3ペルソナを定義しています。「Executive/パートナー」、「アソシエイト/パラリーガル」、「IT 管理者」。We have defined three personas for Dewey Law LLC., 'Executive/Partner', 'Associate/Paralegal' and 'IT admins'. 次の表は、各ペルソナのさまざまな Skype for Business アプリの使用状況プロファイルを設定する方法を示しています。The table below shows how we have set the usage profiles for the various Skype for Business apps for each persona.

ペルソナと使用状況プロファイル ("ペルソナ" ワークシート-列 A ~ P)Personas and usage profiles ('Persona' Worksheet- Columns A through P)

代表Persona IM/プレゼンスIM/Presence P2P オーディオP2P audio P2P ビデオP2P video 会議の音声Conferencing audio 会議ビデオConferencing video デスクトップ共有Desktop sharing 電話会議Audio Conferencing Lync 2010 RTV_TypeLync 2010 RTV_Type リモートユーザーRemote Users Lync 2013 ステレオオーディオLync 2013 stereo audio Lync 2013 ビデオの品質Lync 2013 video quality P2P のビデオウィンドウの Lync 2013 ユーザーの動作Lync 2013 users behavior for P2P video window Lync 2013 の複数表示の使用Lync 2013 Multi-view usage
エグゼクティブ/パートナーExecutive/ Partner
High
Medium
Low
Medium
Medium
なしNone
Medium
金額CIF
0%0%
0%0%
よくBest
一般的なTypical
一般的なTypical
関連付け/パラリーガルAssociate/ Paralegal
High
Medium
Low
Medium
High
High
Medium
金額CIF
0%0%
0%0%
Medium
一般的なTypical
一般的なTypical
IT 管理者IT admins
High
Medium
なしNone
Low
なしNone
なしNone
Medium
金額CIF
0%0%
0%0%
Medium
一般的なTypical
一般的なTypical

Lync 2010 および2013帯域幅計算の [サイト] ワークシートで、上の [場所と位置を指定してユーザーの分布] の情報を入力する必要があります。You will need to enter the information in the Distribution of users by locations and positions table above in the 'Sites' worksheet of the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator. 各支社のユーザー数は同じであるため、1つの "サイト" に対して定義され、3つのインスタンスが指定されています。As the number of users in the regional offices is identical, they are defined for one 'Site' and specified that there were three instances of it. サイトにそれぞれ24人のユーザーと50のユーザーがいる場合、これらの大きな分岐についても同じ手順を実行しました。The same was done for the large and small branches where there were 24 and 50 users in sites respectively.

各ペルソナの設定を指定した後、[サイト] ワークシートの各サイトで各ペルソナのユーザー数を入力する必要があります。After specifying the settings for each persona, you need to enter the number of users in each persona at each site in the 'Sites' worksheet. すべてのサイトのユーザーの合計が自動的に更新されます。The total users for all sites is updated automatically. ユーザーが Office 365 の場所にないため、ワークシートの [分岐] 行にすべてのユーザーが入力されている必要があります。Since there aren't users at the Office 365 location, they should all be entered in the 'Branches' rows of the worksheet. Lync 2010 および2013の帯域幅計算では、「ベストエフォートクラス」、「データ通信クラス」、「リアルタイムトラフィッククラス」の各列を「WAN BW per QoS トラフィッククラス」テーブルに入力します。The Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator then populates the 'Best Effort Class', 'Data Traffic Class' and 'Real-time traffic class' columns in the 'WAN BW per QoS traffic class' table. これは、次の表のデータに表示されます。This is shown in the data in the table below.

ヒント

また、完全なスプレッドシートには各アプリケーションの同時セッションの最大数も含まれていますが、これらの列を削除して領域を節約しています。The full spreadsheet also includes the maximum number of simultaneous sessions for each application, but we deleted those columns to save space.

サイトごとのペルソナ-("Sites" ワークシート-列 A、D、I、および AI ~ AX)Personas by site - ('Sites' Worksheet- Columns A, D, I and AI through AX)

サイト名Site Name サイト内のユーザーの合計Total Users in Site 次のようなサイトの合計Total Sites Like This ユーザープロファイル1User Profile 1 プロファイル1のユーザーUser's of Profile 1 ユーザープロファイル2User Profile 2 プロファイル2のユーザーUser's of Profile 2 ユーザープロファイル3User Profile 3 プロファイル3のユーザーUser's of Profile 3
小売Headquarters
10701070
11
エグゼクティブ/パートナーExecutive/Partner
170170
関連付け/パラリーガルAssociate/Paralegal
700700
IT 管理者IT admins
200200
支社Regional offices
345345
33
エグゼクティブ/パートナーExecutive/Partner
6060
関連付け/パラリーガルAssociate/Paralegal
225225
IT 管理者IT admin
6060
大規模な事業所Large branch offices
7070
2424
エグゼクティブ/パートナーExecutive/Partner
折り11
関連付け/パラリーガルAssociate/Paralegal
5050
IT 管理者IT admin
ファイブ9
小規模事業所Small branch offices
3636
5050
エグゼクティブ/パートナーExecutive/Partner
66
関連付け/パラリーガルAssociate/Paralegal
5025
IT 管理者IT admin
11

サイト別のアプリケーションごとに必要な帯域幅 (Kbps) ("Sites Worksheet"-列 A および BQ ~ LF)Bandwidth required per application by site in Kbps ('Sites Worksheet'- Columns A and BQ through LF)

サイトSite SIP/IM 帯域幅のピークPeak SIP / IM bandwidth サイト間ピアオーディオ帯域幅のピークPeak Intersite Peer Audio bandwidth サイト間ピアビデオ帯域幅のピークPeak Intersite Peer Video bandwidth 電話会議の最大帯域幅Peak Audio Conferencing bandwidth ビデオ会議の帯域幅のピークPeak Video Conferencing bandwidth WAN 共有帯域幅のピークPeak WAN Share bandwidth PSTN 通話での WAN 帯域幅のピークPeak WAN bandwidth for PSTN Calls
小売Headquarters
10701070
525.30525.30
560.00560.00
739.50739.50
2640.002640.00
4224.004224.00
2688.302688.30
支社Regional Offices
345345
185.40185.40
560.00560.00
255.00255.00
1320.001320.00
1536.001536.00
896.10896.10
大規模な支店Large Branches
7070
92.7092.70
560.00560.00
102.00102.00
600.00600.00
384.00384.00
216.30216.30
小規模支店Small Branches
3636
119.40119.40
560.00560.00
76.5076.50
600.00600.00
384.00384.00
123.60123.60

おそらく、スプレッドシートで最も重要な列は、QoS クラスによる WAN の帯域幅を説明する列です。Probably the most important columns in the spreadsheet are those that describe the WAN bandwidth by QoS class. これについては、次の表をご覧ください。This is shown in the table below. このデータは、各サイトでアクセス接続を注文するためにネットワークサービスプロバイダーに提供する必要がある情報をまとめたものです。This data summarizes the information you will need to provide to the network service provider to order the access connection at each of your sites. 帯域幅の合計を計算するときは、同じ種類のサイトの数を指定して、ブランチサイトの各種類の帯域幅を掛け合わせてください。When calculating total bandwidth, please remember to multiply the bandwidth for each type of branch sites by the number of sites of the same type. ExpressRoute ネットワークサービスパートナーと接続するには、 Azure ExpressRouteを参照してください。To connect with your ExpressRoute network services partner, you can see Azure ExpressRoute.

音声または「優先転送」 (EF) クラスのサービスの帯域幅を超えないようにすることが非常に重要です。It is very important that you don't exceed the bandwidth in the voice or 'Expedited Forwarding' (EF) class of service. ランダムな一連のパケットは破棄されるため、1回の通話または通話のグループの品質を低下させるのではなく、進行中のすべての通話が影響を受ける可能性があります。A random set of packets will be discarded so rather than reducing the quality of a single call or group of calls, all of the calls in progress can be impacted. また、音声のみを DSCP for EF (つまり、dscp = 46) でマークしたり、音声以外のトラフィックが追加されたときに音声キューがオーバーフローしたりすることも重要です。It is also important that only voice be marked with the DSCP for EF (i.e. DSCP = 46) or the voice queue could overflow when of non-voice traffic is added.

ヒント

この場合も、EF のサービスクラスによって最高のパフォーマンスの保証が得られますが、定義済みの帯域幅を超えると、追加のパケットは直ちに破棄されます。Again, while the EF class of service offers the best performance guarantee, if you exceed the defined bandwidth, any additional packets will immediately be discarded.

QoS トラフィッククラスによるサイトごとの総計帯域幅-("Sites" ワークシート-列 A および ML ~ MR)Aggregate bandwidth per site by QoS traffic class - ('Sites' Worksheet- Columns A and ML through MR)

サイト名Site Name ベストエフォートクラス (DSCP 0)Best effort class (DSCP 0) データトラフィッククラス (DSCP custom)Data traffic class (DSCP custom) リアルタイムトラフィッククラス (DSCP 34、AF41)Real-time traffic class (DSCP 34, AF41) 優先トラフィッククラス (DSCP 46、EF)Priority traffic class (DSCP 46, EF)
小売Headquarters
0.000.00
5764.805764.80
3200.003200.00
3953.103953.10
支社Regional Offices
0.000.00
2033.602033.60
1880.001880.00
1336.501336.50
大規模な支店Large Branches
0.000.00
486.40486.40
1160.001160.00
411.00411.00
小規模支店Small Branches
0.000.00
438.40438.40
1160.001160.00
319.50319.50

計画を実施するPutting your plan into action

上の 1つのサイトあたりのアプリケーションごとの帯域幅を使用して、WAN 経由で転送される帯域幅の合計と、ExpressRoute を通過する帯域幅の量を計算できます。We can calculate the total bandwidth that will traverse the WAN and the amount of bandwidth that will traverse ExpressRoute, using the bandwidth estimates from the Per application Per site table above. ExpressRoute を通過するトラフィックの一部は、サイト間ピア帯域幅を除外します。The portion of traffic that traverses ExpressRoute excludes the inter-site peer bandwidth.

サイトSite SIP/IM 帯域幅のピークPeak SIP / IM bandwidth 電話会議の最大帯域幅Peak Audio Conferencing bandwidth ビデオ会議の帯域幅のピークPeak Video Conferencing bandwidth WAN 共有帯域幅のピークPeak WAN Share bandwidth PSTN 通話での WAN 帯域幅のピークPeak WAN bandwidth for PSTN Calls サイトクラス

ごとの ExpressRoute トラフィックの合計数 (つまり
、サイトの合計時間数)
Total ExpressRoute
traffic per site class
(i.e., total
time # of sites)
小売Headquarters
10701,070
739.50739.50
2640.002640.00
4224.004224.00
2688.302688.30
11361.8011361.80
支社Regional Offices
345345
255.00255.00
1320.001320.00
1536.001536.00
896.10896.10
8704.208704.20
大規模な支店Large Branches
7070
102.00102.00
600.00600.00
384.00384.00
216.30216.30
32935.2032935.20
小規模支店Small Branches
3636
76.5076.50
600.00600.00
384.00384.00
123.60123.60
61005.0061005.00

つまり、express ルートを通過する Skype for Business Online トラフィックは約 114 Mbps であるため、Dewey には ExpressRoute の 200 Mbps の月額プランが必要です。This means that Skype for Business Online traffic which will traverse the express route will be approximately 114 Mbps, so Dewey will need at least the 200 Mbps subscription for ExpressRoute. さまざまな ExpressRoute のピアリングの場所で、複数の ExpressRoute 回線を購入できます。Multiple ExpressRoute circuits may be purchased at different ExpressRoute peering locations. これは、Dewey のサイトが地理的な地域によって異なる場合、または ExpressRoute 回路への接続が失敗した場合に回復性を提供する場合にお勧めします。This could be recommended if Dewey's sites are in different geographical regions, or to provide resiliency in the event that connection to the ExpressRoute circuit fails. 複数の Azure リージョンで ExpressRoute 回路を購入する場合は、expressroute premium アドオンを使用して ExpressRoute 経由でのグローバル接続を受け取る必要があります。If you purchase ExpressRoute circuits in multiple Azure regions, the ExpressRoute premium add-on will be required to receive global connectivity over ExpressRoute.

必要な帯域幅とサービスクラス (CoS) の帯域幅の合計量が設定されたので、選択したネットワークサービスプロバイダーを使用して注文を行うことができます。Now that you have the total amount of required bandwidth, and class of service (CoS) bandwidth numbers you can place your orders with the selected network service provider(s). 他のアプリケーションやサービスのトラフィックの推定値を必ず含めるようにしてください。Don't forget to include estimates for traffic for other applications and services. Exchange と OneDrive の帯域幅計算ツールなど、他の Office 365 サービスのネットワーク計画ガイダンスを提供します。We offer network planning guidance for other Office 365 services, including bandwidth calculators for Exchange and OneDrive. ネットワークサービスプロバイダーの帯域幅の月額プランは、サイト内のトラフィックを再び追加する必要があるため、より高くなります。Bandwidth subscription for network service provider will be higher because intra-site traffic will need to be added back in. Lync 2010 および2013の帯域幅計算では、予測されるトラフィックの推定値のみが提供されます。そのため、ストレステストを実施しているトラフィックの量についてネットワークがサポートできるかどうかを確認することをお勧めします。The Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator provides only an estimate of the expected traffic, therefore it is recommended to confirm the network's ability to support that volume of traffic conducting a stress test.

ヒント

ネットワークを事前評価する場合は、ネットワークのストレステストを強くお勧めします。Stress testing your network is a highly recommended when you are performing a network pre-assessment.

ストレステストでは、インフラストラクチャを構築して構成し、パフォーマンスを監視しながら、シミュレートされたトラフィックの予想量を実行します。A stress test involves building and configuring the infrastructure and then running it with the expected volume of simulated traffic while monitoring the performance. 地域によっては、トラフィックの推定値が不正確になることもありますが、少なくとも Lync 2010 および2013帯域幅電卓が予測したトラフィック量をサポートできるかどうかを確認できます。Your traffic estimates might be inaccurate in some areas, but at least you can be sure it can support the volume of traffic the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator predicted. 少なくとも数日間はストレステストを実行することをお勧めしますが、長期間実行している場合は、数値を調整するのに役立ちます。It is recommended that you run the stress test for a minimum of a few days, but running it for longer periods of time can help you refine the numbers. ただし、ストレステスト期間の延長は、実際のユーザーのネットワークトラフィックを受けていないネットワークサービスのコストに対して評価される必要があります。However, extending the stress test period must be weighed against the cost of the network services you are paying for that aren't carrying real user network traffic. Microsoft は、IT Pro ツールプログラムの一部として多数のベンダーを認定して、ネットワーク管理と運用ツール (ネットワークの評価前のストレスツールなど) を提供しています。Microsoft has certified a number of vendors as part of its IT Pro Tools program to provide network management and operations tools including network pre-assessment stress tools. Skype for Business は、認定された IT Pro ツールを利用し、ネットワーク評価を行うことができるシステムインテグレーター (SI) も提供しています。Skype for Business also provides a System Integrators (SI) that can take the certified IT Pro Tools and that can do the network assessment for you. 詳細については、「Skype For Business ソリューション: IT Pro ツール」を参照してください。You can see more at Skype for Business Solutions: IT Pro Tools.

ストレステストでは、必要なトラフィックボリュームがネットワークでサポートされていても、実際には Lync 2010 および2013帯域幅の計算データをいくつかの理由でオフにすることができる両方が提供されます。Stress testing provides some reassurance that the network can support the traffic volume that will be needed, but in reality the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator data can be off for any number of reasons. また、帯域幅が十分であり、QoS 機構が適切に動作していることを確認するために、展開後に継続的なネットワークの評価を実行して、サイトネットワークの監視を続行することも検討してください。You should also consider continuing to monitor your sites networks by doing an ongoing network assessment once it is deployed to ensure the bandwidth is sufficient and that the QoS mechanisms are operating properly. より多くの実際のユーザーがオンラインで利用できるように、ネットワークのパフォーマンスの監視を続けることが重要です。It is important to continue monitoring the network performance as more and more real users are brought on line.

パート 2: Skype for Business の QoS QoS の ExpressRoutePart 2: ExpressRoute Skype for Business QoS

Microsoft の ExpressRoute サービスは、Azure cloud への専用接続を提供していますが、Office 365 のリアルタイムワークロードの通信サービスでは、トラフィック量を伝達し、サポート可能な帯域幅を備えたネットワークサービスが必要です。ビジネスグレードのユーザーエクスペリエンスを実現するためのサービスの品質 (QoS)。Microsoft's ExpressRoute service provides a dedicated connection to the Azure cloud, but Office 365 Real Time Workloads' communication services will require network services with sufficient bandwidth to carry the volume of traffic and are capable of supporting Quality of Service (QoS) to deliver a business grade user experience. Qos をサポートしていないパスの一部は、qos に対応した接続をエンドツーエンド (PC、ネットワークスイッチ、ルータ) に構成する必要があります。これは、通話全体の品質を低下させる可能性があるためです。A QoS capable connection must be configured end-to-end (PC, network switches and routers to the cloud) as any part in the path that fails to support QoS could degrade the quality of the entire call.

このセクションの目的は、IP ネットワークでリアルタイムのトラフィックをサポートするときの問題を理解し、Microsoft の ExpressRoute Exchange を使用して、Office 365 のリアルタイムのワークロードの構成とサポートを成功させるために役立ちます。プロバイダーまたはネットワークサービスプロバイダパートナー。The purpose of this section is to help you understand the challenges when supporting real-time traffic in an IP network and configuring and supporting a successful ExpressRoute deployment of Office 365 Real Time Workloads using a Microsoft's ExpressRoute Exchange Provider or Network Service Provider partner.

QoS は ExpressRoute ネットワーク回線を介してのみネットワークから受け入れられ、Skype for Business トラフィックには Microsoft ネットワーク内で使用されます。QoS is accepted from your networks exclusively over ExpressRoute network circuits and is used within the Microsoft network for Skype for Business traffic. 現在、Microsoft の一部の送信接続の部分には、Skype for Business の DSCP 値がありません。Today, portions of some outbound connections from Microsoft have missing DSCP values for Skype for Business. 送信トラフィックが DSCP 値で完全にマークされるまでは、このセクションの「ネットワークアクセス制御リスト (ACL) を使用した qos の実装」で説明されているように、ネットワーク境界でのトラフィックに qos マーキングを追加するためのガイドラインに従うことをお勧めします。「.Until outbound traffic is fully marked with DSCP values, you are encouraged to follow the guidelines for adding QoS markings to traffic at your network boundary as described in the Implementing QoS using Network Access Control List (ACL) section of this article.

実際の時間の問題The Real Time problem

ビジネス品質の音声とビデオサービスを提供することで、IP ネットワークに対する特別な要求が発生します。Delivering business quality voice and video services places special demands on an IP network. リアルタイムトラフィックでは、ユーザーデータグラムプロトコル (UDP) を使って伝送されるリアルタイムトランスポートプロトコル (RTP) が使用されます。Real-time traffic uses the Real-time Transport Protocol (RTP) that is carried using User Datagram Protocol (UDP). 伝送制御プロトコル (TCP) とは異なり、各メッセージにエラーがあるかどうかをテストし、紛失またはエラーが発生したメッセージを検出して再送信するその他のメカニズムも含まれていますが、UDP はこの型の信頼性を提供しません。Unlike Transmission Control Protocol (TCP) that numbers and tests each message for errors and includes other mechanisms to detect and retransmit lost or errored messages, UDP doesn't provide for this type reliability. エラーによってメッセージが破損したり、バッファーオーバーフローのために失われたりした場合、メッセージは失われます。If messages are corrupted by errors or are lost due to buffer overflows, they are lost. 実際には紛失したメッセージが再送信された場合でも、UDP が RTP と共に使用されるように選択されました。これは、音声メッセージの流れにプラスの影響を与えるのではないということです。UDP was chosen for use with RTP because the nature of real-time traffic is that even if the lost messages were resent, they would arrive far too late to have any positive impact to the flow of voice message.

音声パケットの損失による影響を理解している場合、設計者は、音声とビデオのパフォーマンスを向上させるための2つのアプローチを考案しました。Knowing the impact of lost voice packets, designers came up with two approaches to improve the performance of voice and video over IP:

  • パケットが失われたときに、音声のコーディングとデコードの耐性を高めます。Make the voice coding/decoding more resilient when packets are lost. この処理を実行するには、forward error 補正 (FEC) を使用して、Office 365 のリアルタイムトランスポートで検出された機能である、またはボイスデコードシステムを設計することで、発生したエラーのパーセンテージを修正します。は、Microsoft コーデックの特徴です。This can be done by either using forward error correction (FEC) to correct a percentage of the encountered errors which is a capability found in Office 365 Real Time Transport, or by designing voice decoding systems that attempt to mask the effect of lost packets which is a characteristic of Microsoft codecs.

  • 遅延、パケットの損失とジッター、およびパケット間の遅延の変動に関してネットワークのパフォーマンスを保証するために、qos メカニズムを使用するトランスポートサービスを使用します。Use transport services that use quality of service mechanisms to guarantee the network's performance with respect to delay, packet loss and jitter and the variation in delay between packets.

耐障害性のある音声コーディングは、パケット損失の問題にのみ対応するため、リアルタイムの音声とビデオを使用するために使われるネットワークには、遅延とジッタを最小化するメカニズムが必要です。Resilient voice coding only addresses the problem of packet loss, so it's important that a network used to carry real-time voice and video have mechanisms that minimize delay and jitter. 回復可能なコーディングでも、大量のパケットが失われた場合でも、受信ステーションには音声信号の認識可能なバージョンを再構築するための十分な情報がありません。Even with resilient coding, if too many packets are lost, the receiving station won't have enough information to reconstruct a recognizable version of the voice signal. 失われたパケットのパーセンテージは、使用されている音声エンコード方法によって異なるため、音声品質が大幅に低下する可能性があります。The percentage of lost packets that would result in a noticeable degradation in voice quality which varies depending on the voice encoding technique that is used. ただし、連続したパケットの文字列が失われても、非常に大きな問題が発生します。In all cases however, losing strings of successive packets is very problematic.

遅延を最小限に抑えることは、面倒な遅延によって会話の流れが影響を受ける可能性があり、スピーカーの異常を作成するためです。Minimizing delay is important because excessive delay can impact the flow of the conversation and create an annoyance for speakers. ベストプラクティスとして、ボイスのエンドツーエンドの遅延 ("口間の遅延" と呼ばれます) は、150ミリ秒 (ミリ秒) 以下にする必要があります。Best practices tell us that end-to-end delay for voice (what we refer to as 'mouth-to-ear' delay) must be kept below 150 milliseconds (msecs). 一方向で、「ラウンドトリップ」の遅延はありません。one-way, not 'round trip' delay. 当然のことですが、遅延は、伝達の遅延または信号がケーブルを介して物理的に移動するまでにかかる時間によって、海間の伝送リンクの増加にも大きくなります。Of course the delay will increase on longer transmission links like those that go across oceans, given the propagation delay or the time it takes for the signal to physically travel over the cable.

遅延時間が150ミリ秒を超えた場合。When the delay goes higher than 150 msecs. 一方向で、スピーカーに奇妙な効果があります。one-way, it has a strange effect on the speaker. Psychologically と、スピーカーの脳で時計が消え、受信者が相手の声を聞いたことがなくなり、最後に言ったことを繰り返します。Psychologically, a clock goes off in the speaker's brain that makes them think that the recipient hasn't heard them and they repeat the last thing they said. これは、遠い側からの遅延応答と競合します。This collides with the delayed response coming from the far end. 衛星チャネルを使って会話をしたことがある場合は、この効果が認識されます。If you have ever spoken over a satellite channel you will recognize this effect. サテライトチャネルでは、一方向の遅延は約250ミリ秒になります。これは、許容できる遅延を超えています。Over a satellite channel the one-way delay is roughly 250 msecs., which is far beyond the allowable delay.

ビジネスグレードの音声に推奨されるネットワークパラメーターRecommended network parameters for business grade voice

パラメーターParameter 推奨値Recommended value
到着パケット間のジッター (平均)Inter arrival packet jitter (average)
≤5ms≤ 5ms
到着パケット間のジッター (最大)Inter arrival packet jitter (maximum)
≤40ミリ秒≤ 40ms
パケット損失率 (平均)Packet loss rate (average)
0% の近づいている0% approaching
ネットワーク待ち時間の1つの方法Network latency one way
≤ 100ms (時間と地理的距離のチェックを含める必要がある)≤ 100ms (should include checks on delay versus geographic distance)

ビジネスグレードのボイスネットワークの一部としての ExpressRouteExpressRoute as part of a business grade voice network

ExpressRoute は、ネットワークサービスプロバイダー (NSP) または Exchange プロバイダー (EXP) を介して、次の3つの接続オプションのいずれかで専用接続を提供します。ExpressRoute offers a dedicated connection via a Network Service Provider (NSP) or an Exchange Provider (EXP) in one of 3 connection options:

  • クラウド Exchange コロケーションCloud Exchange Colocation

  • ポイントツーポイントのイーサネット接続Point-to-Point Ethernet connection

  • 任意の IP (IPVPN) 接続Any-to-Any (IPVPN) connection

これにより、高可用性 (99.9% の稼働時間 SLA) と安全性の高いルーティング (インターネット転送なし)、インターネットトラフィックのバリエーションに影響されない信頼性の高いルーティング、およびトラフィックの優先順位付けのサービスのマークの品質 (QoS については以下で説明します) が提供されます。.This provides benefits of high availability (99.9% uptime SLA), and dependable routing that is secure (no internet transit), unaffected by variations in Internet traffic, and respects Quality of Service markings for prioritizing traffic (QoS is explained below). ExpressRoute は、適切に計画された WAN と共に、ビジネスグレードの音声ネットワークを提供できます。ExpressRoute, along with a well-planned WAN can provide you with a business grade voice network.

ExpressRoute は、回路に接続されているオフィスまたはデータセンターからのデータ伝送に使用できます (ハイブリッドトポロジの場合)。You may use ExpressRoute for data transit from offices or datacenters (if hybrid topology) that are connected to the circuit. ユーザーが VPN に接続していて、ExpressRoute 回線のサイズを調整するために帯域幅の見積もりに含まれていない場合は、オフサイトユーザーのデータによって ExpressRoute 回路が利用されることはありません。Data for offsite users (For example, from home offices, or traveling, etc.) won't leverage the ExpressRoute circuit unless users are VPN connected and need not be included in bandwidth estimations for sizing the ExpressRoute circuit. 多国籍のお客様の場合は、各地域で ExpressRoute 回線を購入し、BGP コミュニティタグを使ってルーティングルールに通知することができます。これにより、トラフィックは優先 ExpressRoute 回線 (通常は各サイトの最も近いもの) に転送されます。回線は、1つの回路に影響がある場合に冗長性を提供します。If you are a multi-national customer, you may purchase ExpressRoute circuits in each region and use BGP community tags to inform routing rules so that traffic is directed to the preferred ExpressRoute circuit (typically the nearest one for each site), while the other circuits offer redundancy in the event of an outage affecting a single circuit.

ExpressRoute がオプションではない場合If ExpressRoute isn't an option

場合によっては、コスト、ExpressRoute の前提条件を満たしていない、または現在の NSP の制限によって、すべてのサイトを ExpressRoute に接続することはできません。It may not be feasible to connect all sites to ExpressRoute, either due to costs, inability to meet ExpressRoute prerequisites, or limitations of your current NSP. ExpressRoute を使用できないユーザーは、次のガイダンスに従ってネットワーク内で QoS をマークすることをお勧めします。また、十分な帯域幅を確保し、QoS に基づいてトラフィックの優先順位付けをサポートするには、NSP でコントラクトを計画することをお勧めします。If you who can't use ExpressRoute you are still recommended to follow the guidance below for marking QoS within your network, and to plan the contracts with your NSP to ensure sufficient bandwidth and support for traffic prioritization based on QoS.

さらに、複数の地域にオフィスがある場合でも、すべての地域で ExpressRoute 回線を使用しない場合は、サテライトオフィスとのトラフィックのルーティングを構成するときに、地域の BGP コミュニティタグを使用して、不要な長距離伝送が回避されるようにする必要があります。Additionally, if you have offices in multiple regions, but don't have ExpressRoute circuits in all regions should use the region BGP community tags when configuring routing for traffic to/from satellite offices so that unnecessary long haul transit can be avoided. たとえば、米国でホストされている Skype for Business Online 組織があり、ヨーロッパの支社がある会社では、その会社はシリコンバレーに1つの ExpressRoute 回路しかありません。For example, consider a company that has a Skype for Business Online organization hosted in United states, but with branch offices in Europe, and the company only has a single ExpressRoute circuit in Silicon Valley. Skype for Business Online のほとんどのトラフィックは、組織がホストされているデータセンター (会社内の他のユーザーとの電話会議など) にルーティングされます。これは、ほとんどのトラフィックで ExpressRoute 回線を使うことが推奨される場合があります。Most of the Skype for Business Online traffic will be routed to a datacenter where the organization is hosted (For example, conference calls with other users within the company), using the ExpressRoute circuit may be preferred for most traffic. ただし、ヨーロッパのユーザーが、ヨーロッパの組織の別の会社によってホストされている電話会議に参加している場合、その通話でのメディアの送信先は、第2の会社が配置されているヨーロッパのデータセンターになります。However, if a user in Europe were to join a conference call hosted by another company whose organization is located in Europe, the destination for media in that call would be the European datacenter where second company is located. シリコンバレーで ExpressRoute 回線を経由してトラフィックをルーティングすると、インターネット経由で送信される可能性が低いルートが少なくなります。Routing the traffic through the ExpressRoute circuit in Silicon Valley would be a less direct route than would be possible via the Internet. このような場合は、ネットワーク内のルータ (ヨーロッパのオフィスなど) を設定して、ルーティングルールを作成するときにコミュニティタグを検査し、次のようなトラフィックに対して、シリコンバレー ExpressRoute 回線ではなくインターネット経由でルーティングすることができます。ヨーロッパ地域タグ。In such a case, you may want to configure routers within your network (For example, at the European offices) to inspect the community tags when making routing rules, and routing via Internet rather than Silicon Valley ExpressRoute circuit for traffic that has European region tags.

QoS (Quality of Service)/サービスクラス (CoS) の基本的な概念Basic concepts of Quality of Service (QoS)/Class of Service (CoS)

[IP]、[サービスの品質 (QoS)] には、他のユーザーのパケットの優先順位処理を提供するために使われるメカニズムが記述されます。In IP, Quality of Service (QoS) describes any mechanism that is used to provide priority handling for some packets over others. 国際電気通信連合 (ITU) の定義によれば、QoS は、遅延、損失、信号対雑音の比率、クロストーク、エコー、割り込み、周波数応答、ラウドネスレベルなどを含む、接続のすべての品質側面で構成されます。According to the International Telecommunications Union (ITU) definition, QoS comprises all quality aspects of a connection including delay, loss, signal-to-noise ratio, crosstalk, echo, interrupts, frequency response, loudness levels, and so on. パケットネットワークでの QoS とは、遅延、ジッタ、パケット損失のパフォーマンスの向上に重点を置いた、より適切に機能するサービスクラス (CoS) ですが、QoS 用語は一般的に使用されます。What we refer to as QoS in packet networks is more correctly termed Class of Service (CoS) that focuses on improving performance for delay, jitter and packet loss, but we will continue to use the QoS term as it is more commonly used.

次の2つの主要コンポーネントに対する IP ネットワーク通話で QoS を提供します。Providing QoS in an IP network calls for two primary components:

  • リアルタイムトラフィック用の各リンクに定義された帯域幅の予約。リアルタイムのトラフィックには、その帯域幅がいつでも必要な場合は、他のトラフィックに使うことができます。The reservation of a defined amount of bandwidth on each link for real-time traffic; if that bandwidth isn't needed for real-time traffic at any time, it can be used for other traffic. 一般的なガイダンスとして、音声トラフィックに割り当てることができるのは、リンクの最大 30% 以内です。The general guidance is that no more than 30% of the capacity of any link should be assigned for voice traffic.

  • ヘッダーの優先度インジケーターでパケットをマークすると、パスにあるスイッチとルーターには、割り当てる必要があるパケットの優先度が通知されます。Marking the packets with a priority indicator in the header that tells the switches and routers in the path the priority of the packet that should be assigned.

スイッチまたはルーターでパケットを受信すると、次の区間またはホップの出力キューに移動します。When a packet is received at a switch or router, it is moved to an output queue for the next leg or hop. それぞれの優先度レベルに異なる出力キューが用意されています。There are different output queues for the different priority levels. スイッチまたはルーターは、優先度の低いキューよりも高い優先順位のキューにサービスを利用するアルゴリズムを使います。A switch or router uses an algorithm that services the high priority queue more frequently than the lower priority queues.

課題として、レイヤー 2 (イーサネットまたは Wi-fi レイヤー) とレイヤー 3 (IP レイヤー) で実装されているさまざまな QoS 手法があります。The challenge is that there are different QoS techniques that are implemented at Layer 2 (i.e. the Ethernet or Wi-Fi layer) and Layer 3 (i.e. the IP layer). これらのさまざまな QoS の実装は、ネットワークの各スイッチとルーター、およびネットワークとネットワークサービスプロバイダーのネットワーク間のインターフェイスで構成する必要がある場合があります。Those different QoS implementations may have to be configured in each switch and router in the network, as well as the interface between your network and the network service provider's network.

さまざまな Skype for Business アプリケーションからのデータを適切なサービスクラスにマッピングする方法については、次の2つのオプションがあります。There are two options for how data from the various Skype for Business applications can be mapped to the appropriate classes of service:

  • 区別されたサービス制御ポイント (DSCP) を使ってトラフィックをエンドポイントにマークするEnd point marking of the traffic using Differentiated Services Control Point (DSCP)

  • ネットワークアクセス制御リスト (ACL) ベースNetwork Access Control List (ACL)-based

エンドポイントトラフィックマーキング-区別サービス制御ポイント (DSCP)End Point Traffic Marking- Differentiated Services Control Point (DSCP)

差別化サービス (DiffServ) は、ネットワークトラフィックを分類および管理し、IP ネットワークで QoS を提供するための "粒度の粗い" メカニズムと呼ばれます。Differentiated Services (DiffServ) is referred to as a "coarse grained" mechanism for classifying and managing network traffic and providing QoS in IP networks. レイヤー3の機能を実装するルーターやその他のデバイスでは、DiffServ コントロールポイント (DSCP) を使ってパケットの優先順位を定義します。Routers and other devices that implement Layer 3 functions use the DiffServ Control Point (DSCP) to define the packet's priority. QoS は、IP ヘッダーの [区別されたサービス] フィールド (旧称 "種類のサービス" フィールド) に6ビット DSCP 値を挿入することによって実装されています。6ビットでは64の優先度レベルが異なります。QoS is implemented by inserting a 6-bit DSCP value in the Differentiated Services field (formerly the "Type of Service" field) in the IP header; 6-bits allows for 64 different priority levels. 優先度レベルは、通常、次のように定義されます。The priority levels are typically defined as shown here.

推奨される DSCP 設定Recommended DSCP settings

トラフィッククラスTraffic Class 処理 (DSCP マーキング)Treatment (DSCP Marking) Skype for Business のワークロードSkype for Business workloads
音声Voice
EF (46)EF (46)
Skype for Business および Lync の音声Skype for Business and Lync voice
双方Interactive
AF41 (34)AF41 (34)
ビデオVideo
AF21 (18)AF21 (18)
アプリケーション共有Application sharing
既定値Default
AF11 (10)AF11 (10)
ファイル転送File transfer
CS0 (0)CS0 (0)
ほかに何かAnything else

IP バージョン4のヘッダーIP Version 4 header

IPv4 ヘッダー

レイヤー 2 QoS: IEEE 802.1 p/Wi-Fi マルチメディア (IEEE 802.11 e)Layer 2 QoS: IEEE 802.1p/Wi-Fi Multi-Media (IEEE 802.11e)

DSCP は、レイヤー3で QoS を実装するための標準的なメカニズムですが、有線 (イーサネット) とワイヤレス (つまり Wi-fi ネットワーク) 用のさまざまなレイヤー 2 QoS メカニズムがあります。While DSCP is the standard mechanism for implementing QoS at Layer 3, there are different Layer 2 QoS mechanisms for wired (i.e. Ethernet) and wireless (i.e. Wi-Fi networks). 有線ネットワークの QoS メカニズムは IEEE 802.1 p 規格で定義されています。WLAN QoS メカニズムは IEEE 802.11 e で定義されています。 Wi-fi アライアンスは、"Wi-fi マルチメディア認定" (WMM 認定) として識別されます。The QoS mechanism for wired networks is defined in IEEE 802.1p standard; the WLAN QoS mechanism is defined in IEEE 802.11e, what the Wi-Fi Alliance identifies as "Wi-Fi Multi-Media Certified" (WMM Certified).

IEEE 802.1 p は、3ビット優先コードポイント (PCP) を使って、メッセージの優先度を特定します。PCP は、イーサネットヘッダーの32ビットフィールドの一部であり、VLAN 識別子も伴います。The IEEE 802.1p uses a 3-bit Priority Code Point (PCP) to identify the message's priority; the PCP is part of a 32-bit field in the Ethernet Header that also carries the VLAN identifier. PCP 値の定義は以下に含まれています。The definitions for the PCP values are included below.

IEEE 802.1 p PCP の値IEEE 802.1p PCP values

PCP 値PCP Value [Priority]Priority 呼びAcronym トラフィックの種類Traffic types
77
77
INSIDENC
ネットワークコントロールNetwork Control
66
66
ギリシャIC
インターネットワークコントロールInternetwork Control
55
55
VOVO
音声Voice
44
44
VI
ビデオVideo
33
33
FR-CACA
重要なアプリケーションCritical Applications
22
22
EEEE
すばらしい作業Excellent Effort
00
11
BE
ベストエフォートBest Effort
11
00
ブークモールBK
背景Background

IEEE 802.1 p は、DSCP とほぼ同じように実装されていますが、優先順位ごとに異なる優先順位のキューに分類されたトラフィックが含まれていますが、Wlan の共有メディアという性質は、別のアプローチを使用しています。Where IEEE 802.1p is implemented in much the same way as DSCP with traffic sorted into different priority queues for each priority level, but the shared media nature of WLANs calls for a different approach. アクセスポイントとクライアントは、それぞれの優先度レベルに対して個別の出力キューを保持しますが、無線チャネルでのフレームの送信方法にも違いがあります。While the access point and the client will maintain separate output queues for the different priority levels, there are also differences in how the frames are sent out on the radio channel.

Wi-fi ネットワークでは、1つのアクセスポイントに関連付けられているすべてのクライアントが、単一の半二重チャネル (つまり、1つのクライアントステーションまたはアクセスポイントのみを同時に送信できます) を共有します。In a Wi-Fi network, all clients associated with an access point share a single, half-duplex channel (i.e. only one client station or the access point can send at a time). 無線チャネルでの衝突の可能性を最小限に抑えるために、ステーションは、"フレーム間の間隔" と呼ばれる定義された期間、チャネルがアイドル状態になるのを待機していますが、チャンネルが送信されているときに、着信があると、ランダムな時間が消えます。od.To minimize the potential of collisions on the radio channel, before sending a frame the station waits for the channel to be idle for a defined period of time called an "Inter-Frame Spacing", if the channel is busy when a station goes to send, it backs off a random time period. フレームが送信されると、送信者が受信者から受信確認メッセージを受信しなかった場合は、コリジョンまたはその他の障害が発生したことを前提としています。その後、送信されたラジオチャンネルにアクセスしようとする前に、ランダムな間隔をさかのぼって処理します。Once the frame is sent, if the sender does not receive an acknowledgment message from the recipient, it assumes a collision or other failure has occurred and it steps back a random interval before attempting to access the radio channel to resend. バックオフ間隔はランダムで、同じ2つのステーションが再び競合する確率を減らします。The back-off interval is random to reduce the probability the same two stations will collide again.

IEEE 802.11 e/WMM は、無線チャネルへのアクセスを優先するために、さまざまな伝送の待機時間 (AFIS) と、さまざまなトラフィッククラスのさまざまなバックオフ範囲を定義しています。"アクセスカテゴリ" と呼ばれる4つの優先度レベルが定義されます。To prioritize access to the radio channel, IEEE 802.11e/WMM defines different pre-transmission waiting intervals called "Arbitrated Inter-Frame Spacings" (AFIS) and different back-off ranges for the different traffic classes; four priority levels called 'Access Categories' are defined.

優先度は、より優先度の高いフレームにより短い AFIS 値を割り当てることで指定されます。Priority is given by assigning shorter AFIS values to the higher priority frames. つまり、一方のステーションがボイスフレームの送信を待機していて、別のステーションがデータフレームの送信を待機している場合は、最初にボイスフレームが送信されます。So if one station is waiting to send a voice frame and another is waiting to send a data frame, the voice frame will always be sent first. 技術的には、音声とビデオのフレームには同じ AFIS 値が割り当てられますが、ビデオフレームのバックオフ間隔の範囲は高くなります。Technically, voice and video frames are assigned the same AFIS value, but the range of back-off intervals for video frames is higher. 音声とビデオのフレームが最初の試行で衝突する可能性がありますが、その場合、ボイスフレームは常に再伝送されます。So while a voice and video frame may collide on the first attempt, the voice frame will always be retransmitted sooner. IEEE 802.1 p と IEEE 802.11 e との相関関係を以下に示します。The correlation between IEEE 802.1p and IEEE 802.11e is shown below:

IEEE 802.11 e/Wi-Fi マルチメディア (WMM) から 802.1 P へのマッピングIEEE 802.11e/Wi-Fi Multi-Media (WMM) to 802.1P mapping

WMM アクセスカテゴリWMM access category WMM の説明WMM description 802.1 p PCP 値802.1P PCP value 802.1 p の指定802.1P designation
1 (AC_VO)1 (AC_VO)
音声Voice
7 (111)7 (111)
INSIDENC
6 (110)6 (110)
VOVO
2 (AC_VI)2 (AC_VI)
ビデオVideo
5 (101)5 (101)
VI
4 (100)4 (100)
CLCL
3 (AC_BE)3 (AC_BE)
ベストエフォートデータBest Effort Data
3 (011)3 (011)
EEEE
0 (000)0 (000)
BE
4 (AC_BK)4 (AC_BK)
バックグラウンドデータBackground Data
1 (001)1 (001)
ブークモールBK
2 (010)2 (010)
---

レイヤー3からレイヤー2への優先度の関連付けの推奨事項を次に示します。The recommended association of Layer 3 to Layer 2 priorities is shown here:

レイヤー3からレイヤー2への優先度の関連付け (推奨)Recommended Layer 3 to Layer 2 priority associations

レイヤー3のマーキングLayer 3 markings レイヤー 2 (PCP 値)Layer 2 (PCP Value) Wi-fi (アクセスカテゴリ)Wi-Fi (Access Category)
ネットワークコントロールNetwork Control
ホップ動作単位 (PHB)-クラスセレクター (CS) 6Per Hop Behavior (PHB) - Class Selector (CS) 6
66
1 (AC_VO)1 (AC_VO)
DSCP 値-48DSCP Value -48
音声Voice
ホップ動作単位 (PHB)-優先転送 (EF)Per Hop Behavior (PHB) -Expedited Forwarding (EF)
55
1 (AC_VO)1 (AC_VO)
DSCP 値-46DSCP Value - 46
ビデオ会議Video Conferencing
ホップ動作単位 (PHB)-優先転送 (AF) 41Per Hop Behavior (PHB) - Assured Forwarding (AF) 41
44
2 (AC_VI)2 (AC_VI)
DSCP 値-34DSCP Value - 34
通話のシグナルCall Signaling
ホップ動作単位 (PHB)-クラスセレクター (CS) 3Per Hop Behavior (PHB) - Class Selector (CS) 3
33
2 (AC_VI)2 (AC_VI)
DSCP 値-24DSCP Value - 24
待機時間の短いデータLow Latency Data
ホップ動作単位 (PHB)-保証転送 (AF) 21Per Hop Behavior (PHB) -Assured Forwarding (AF) 21
22
3 (AC_BE)3 (AC_BE)
DSCP 値-18DSCP Value -18
高スループットデータHigh Throughput Data
ホップ動作単位 (PHB)-保証転送 (AF) 11Per Hop Behavior (PHB) - Assured Forwarding (AF) 11
11
3 (AC_BE)3 (AC_BE)
DSCP 値-10DSCP Value - 10
ベストエフォートBest Effort
ホップ動作単位 (PHB)-0Per Hop Behavior (PHB) - 0
00
4 (AC_BK)4 (AC_BK)
DSCP 値-0DSCP Value - 0

IEEE 802.1 p と WMM の優先度のコーディングに不一致があることに注意することが重要です。It is important to note that there is a mismatch in the priority coding for IEEE 802.1p and WMM. 802.1 p (ボイスの PCP 値は 5) ですが、PCP 5 は、WMM への標準の同値マッピングでは、の WMM access カテゴリのアクセスカテゴリ2に変換されます (AC_VI)。The 802.1p the PCP value for voice is 5, however, in the standard equivalence mapping to WMM, PCP 5 is translated to Access Category 2, the WMM access category for video (AC_VI). 可能であれば、PCP 5 がアクセスカテゴリ1に変換されるようにマッピングを上書きするか、Wi-fi アライアンスがこの問題を解決するまで同じ Wi-fi ネットワークで音声とビデオを使用しないようにする必要があります。If possible you should override that mapping so that PCP 5 translates to Access Category 1, or simply avoid using voice and video on the same Wi-Fi network until the Wi-Fi Alliance addresses this issue. Wi-fi の詳細については、「 Wi-fi カタログアイテム」を参照してください。For additional information on Wi-Fi, see Wi-Fi Catalog Items.

ネットワークアクセス制御リスト (ACL) を使用した QoS の実装Implementing QoS using Network Access Control List (ACL)

ExpressRoute 構成で QoS を実装するもう1つの方法は、ネットワークアクセス制御リスト (ACL) を使用することです。The alternative method of implementing QoS in an ExpressRoute configuration is to use Network Access Control List (ACL). この方法では、エンドポイントによって各パケットのヘッダーに適切な DSCP マーキングが挿入されることなく、UDP ソースポートに基づいて、上流のルーターでマークすることができます。In that approach, rather than having the end points insert the appropriate DSCP marking in the header of each packet, the marking can be done by an upstream router, based on the UDP source port. すべてのスイッチとルーターが QoS をサポートするように構成されている必要があります。そのため、DSCP 設定が維持されていることが保証されます。All of the switches and routers must still be configured to support QoS to ensure the DSCP settings are maintained. さらに重要なのは、サービスプロバイダーのネットワークに接続されているルーターが、各パケットのヘッダーに DSCP を保持している必要があるためです。これは基本的に、そのパケットを処理する方法についてネットワークサービスプロバイダーへの指示となるためです。More importantly, the router connected to the service provider's network must maintain the DSCP in the header of each packet, as that DSCP setting is essentially your instruction to the network service provider for how that packet should be treated.

各 Skype for Business アプリケーションの推奨されるポート範囲は、「 Lync Server の計画、監視、トラブルシューティング2.6.1.1」のセクションに記載されています。The recommended port ranges for each Skype for Business application are listed in Section 2.6.1.1 of the Network Planning, Monitoring, and Troubleshooting with Lync Server guide. これは QoS の組織全体のアプローチに合わせて調整することが重要であり、さまざまな QoS ポリシーと潜在的なパケット再マークの不一致について注意する必要があります。It is important that this be coordinated with the organization's overall approach to QoS and you should be on the lookout for different QoS policies and potential packet remarking mismatches.

QoS および MPLS ネットワークサービスを使用する主な理由は、リアルタイムの音声とビデオのユーザーエクスペリエンスを向上させることです。このような機能は、データアプリケーションにも適用できます。While the main reason QoS and MPLS network services are used is to ensure a good user experience for real-time voice and video, those same capabilities can also be applied to data applications. すべてのアプリケーションを同じように扱うのではなく、MPLS ネットワークを使うと、組織は、他のデータアプリケーションに対する優先順位を与えることができます。Rather than treating all applications equally, MPLS networks can allow organizations to give priority to some data applications over others. MPLS を使用すると、クレジットカードトランザクションや画面共有などのリアルタイムアプリケーションの優先度が、メールなどの低優先メールトラフィックよりも優先されます。With MPLS, real-time applications like credit card transactions or screen sharing can be given priority over less time sensitive traffic like email.

IP ネットワークサービスの種類について-基本的な IP と MPLSUnderstanding the types of IP Network Services- Basic IP and MPLS

元の IP パケット転送は、"ベストエフォート" の原則に基づいて運営されています。The original IP packet forwarding operated on the principle of "best effort." これにより、ルータは、それらの IP パケットをお客様に転送するために最適な方法を提供していますが、相手に到着したかどうかに関係なく、まったく保証はありませんでした。That meant that the routers forwarding those IP packets would do their best to deliver them to their destinations, but there was absolutely no guarantee with regard to when or if they would arrive at their destinations. これにより、自宅のインターネット接続を含む基本的なインターネットサービスが、今日で動作します。That is how basic Internet services, including your home Internet connection, work today. これは、特定のアプリケーションについて信頼性が必要な場合は、プロトコルスタックでより高いレベルで提供されるということです。The idea was that if reliability was required for a particular application, it would be provided at a higher level in the protocol stack. 信頼性の高い配信メカニズムは、伝送制御プロトコル (TCP) です。The reliable delivery mechanism is the Transmission Control Protocol (TCP). リアルタイムの音声とビデオに使用されるユーザーデータグラムプロトコル (UDP) は、信頼性が低くなっています (つまり、"ベストエフォート") 配信メカニズムです。The User Datagram Protocol (UDP), which is used for real-time voice and video, is the unreliable (i.e. "best effort") delivery mechanism.

マルチプロトコルラベル切り替え (MPLS) は、遅延、ジッタ、パケット損失のパフォーマンス保証を使用して IP サービスを提供するための手段として開発されました。Multi-Protocol Label Switching (MPLS) was developed as a means for network service providers to offer an IP service with performance guarantees for delay, jitter and packet loss. これらのパフォーマンス保証を実現するために、MPLS は従来の IP から一部の unpredictability を受け取ります。To deliver on those performance guarantees, MPLS takes some of the unpredictability out of traditional IP. まず、各パケットにその宛先へのルーター間の通信方法を指定するのではなく、1つのパケットを "仮想回線" 接続上のすべてのパケットにルーティングすることになります (これが原因となります)。ラベル交換パス (LSP) と呼ばれる固定ルート。First, rather than having each packet find its way router-to-router to its destination (the result of which could be that each packet takes a different route from the source to the destination), MPLS routes all of the packets on a "virtual circuit" connection with a fixed route called a Label Switched Path (LSP). そのパスのいずれかのリンクに障害が発生した場合、そのリンクを使用するすべての Lsp がすぐに再ルーティングされます。If one of the links in that path fails, all of the LSPs using that link are quickly rerouted.

パケットが MPLS ネットワークに送信されると、ネットワークサービスプロバイダーのエッジルータによって、適切な LSP を介して転送するために使用されるラベルが含まれているパケットに追加のヘッダーが追加されます。When a packet is sent into the MPLS network the network service provider's edge router appends an additional header to the packet that includes a label that is used to forward it over the appropriate LSP. ラベルは、MPLS ネットワークのもう一方の端にあるエッジルータによって除去されます。The label is stripped off by the edge router at the other end of the MPLS network.

転送プロセスを簡単にすると、その他の利点として、ネットワークのすべてのリンクで伝送されている接続がネットワーク管理システムによってわかるという利点があります。Beside simplifying the forwarding process, the other advantage MPLS provides is that the network management system will know what connections are being carried on every link in the network. ネットワーク経由でトラフィックをルーティングする方法を制御することで、オペレーターは各パスが提供する QoS を保証できます。By controlling the way traffic is routed through the network, the operator can guarantee the QoS each path will provide. したがって、従来の IP または基本的な IP の最良の労力パフォーマンスとは異なり、MPLS 演算子は、パフォーマンスが予測可能な IP サービスを提供できます。So unlike the best effort performance of traditional or basic IP, MPLS operators can provide an IP service with predictable performance. この LSP は、従来のインターネットサービスよりも、MPLS の安全性を高めています。That LSP also makes MPLS inherently more secure than traditional Internet services. このように、基本的な IP サービスを利用すれば、良質な音声や FEC などの優れた音質を実現するのに十分な品質を発揮し、MPLS を使用することで、確実にご利用いただけるようになります。So with basic IP service we can hope that the network will perform well enough to provide good quality voice and use techniques like FEC and more resilient voice coding to improve the odds, but by using MPLS, we can be sure of it.

MPLS プロバイダーは、さまざまな用語を使用して識別するためのいくつかのクラスのサービスグラデーションを提供します。MPLS providers offer several class of service gradients that unfortunately uses different terms to identify them. Lync 2010 および2013帯域幅計算ツールからのアウトプットと、さまざまな Office 365 リアルタイムワークロードアプリケーションの推奨オプションについて理解するために、プロバイダーと密接に連携する必要があります。You will have to work closely with your provider to ensure they understand the outputs from the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator and the recommended options for different Office 365 Real Time Workloads applications.

終わりにConclusion

Skype for Business は、ビジネスコミュニケーションの実施方法を強化します。Skype for Business enhances the way business communications are conducted. Skype for Business では、PBX、スタンドアロンのビデオ会議システム、メール用の別のプラットフォーム、電話会議用の外部サービス、IM とプレゼンスのための機能を備えているのではなく、Skype for Business でこれらすべての機能をまとめることができます。1つのユーザーインターフェイス。Rather than having a telephone connected to a PBX, a stand-alone video conferencing system, a separate platform for email, an outside service for audio conferencing and some vehicle for IM and presence, Skype for Business can bring all of these capabilities together in a single user interface.

一貫したビジネス成績のリアルタイムの音声およびビデオサービスには、QoS を提供できるエンドツーエンドのネットワークインフラストラクチャが必要です。Consistently delivering business grade real-time voice and video services requires an end-to-end network infrastructure that is capable of providing QoS. これには、LAN と WAN の両方のサービスが含まれます。That would include both LAN and the WAN services. Microsoft は、 Lync 2010 および2013帯域幅計算などのツールを提供して、さまざまなサービスに必要となるネットワーク容量を推定します。Microsoft provides tools like the Lync 2010 and 2013 Bandwidth Calculator to estimate the network capacity you will require for the various services. また、IT Pro ツールプログラムの Skype for Business ソリューションにはパートナーもあります。 It Pro ツールは、ネットワークインフラストラクチャの事前評価と監視、レポート作成、トラブルシューティングをサポートするツールを提供します。Also, there are partners in the IT Pro Tools program Skype for Business Solutions: IT Pro Tools that offer tools to pre-assess the network infrastructure and support monitoring, reporting and troubleshooting. 適切なサイズのネットワークインフラストラクチャが構成されていない場合は、品質と一貫性を維持するために、ユーザーの期待を満たせない、ExpressRoute のビジネス展開が必要となる可能性があります。Without a correctly sized and configured network infrastructure, you run the risk of having an ExpressRoute Skype of Business deployment that will not meet your user's expectations for quality and consistency.

効果的なビジネスツールは、確実かつ一貫性のある方法で実行する必要があります。また、ユーザーの導入を促進するユーザーエクスペリエンスを提供する必要があります。Effective business tools must perform reliably, consistently, and deliver a user experience that encourages user adoption. ネットワークの観点から見ると、ローカルと広域の両方のネットワークインフラストラクチャを使用できます。これにより、これを行うことができます。From a networking standpoint that means having a network infrastructure, both local and wide area, fixed and mobile, that can allow that to happen. このようなインフラストラクチャの計画、設計、実装、管理は、常に簡単ではありません。Planning, designing, implementing and maintaining that infrastructure isn't always an easy feat. 現在提供されているハードウェア、ツール、ネットワークサービス。ただし、IT Pro が設計、実装、管理されていることを確認し、ユーザーが一連の通信とコラボレーションサービスを確実に利用できるようにすることをお勧めします。効率的かつ効率的に作業を行うことができます。また、組織は、この技術が提供する機能を最大限に活用することができます。The hardware, tools and network services to accomplish that are available today, but it is the responsibility of IT Pro to see that they are designed, implemented and maintained in a way that ensures the users get a set of communications and collaboration services that allow them to work efficiently and effectively and that the organization can reap the full benefit of what this technology has to offer.

ExpressRoute ドキュメントExpressRoute documentation