Skype for Business Online におけるメディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンスMedia Quality and Network Connectivity Performance in Skype for Business Online

このトピックは、オンライン ビジネス サービスの Skype のネットワーク パフォーマンスの要件のセットを定義し、ネットワークの評価に基づくビジネス オンラインの Skype、ネットワーク間の接続、インターネットまたは ExpressRoute を使用する選択する方法接続します。This topic defines the set of network performance requirements for Skype for Business Online services and how you can choose to use the Internet or ExpressRoute for connectivity between your network and Skype for Business Online based your assessment of the network connectivity. Azure ExpressRoute Office 365 に専用の接続を導入する場合、別の Skype のオンライン ビジネスの展開シナリオで、ExpressRoute の接続を計画する方法のガイダンスも提供します。If you have decided to deploy Azure ExpressRoute for dedicated connectivity to Office 365, this document also provides guidance on how to plan your ExpressRoute connections in different Skype for Business Online deployment scenarios.

IP 経由でのリアルタイムのメディア (オーディオ、ビデオ、およびアプリケーションの共有) の品質は、エンド ・ ツー ・ エンドのネットワーク接続の品質が大幅に影響があります。The quality of Real-Time media (audio, video, and application sharing) over IP is greatly impacted by the quality of end-to-end network connectivity. Skype for Business Online メディアの最適な品質を得るために、会社のネットワークと Skype for Business Online 間の接続が高品質であることを確認することが重要です。For optimal Skype for Business Online media quality, it is important for you to make sure there is a high-quality connection between your company network and Skype for Business Online. これを達成するためには、内部ネットワークとクラウド接続を、接続全体にわたって Skype for Business Online のピーク時のトラフィック量を処理するネットワークのキャパシティに基づいて設定することが最善の方法になります。The best way to accomplish this is to set up your internal network and cloud connectivity based on the capacity of your network to accommodate for peak traffic volume for Skype for Business Online across all connections.

Azure の ExpressRoute では、Office 365 サービスの Skype を含むオンライン ビジネスのための必要条件はありません。Azure ExpressRoute isn't a requirement for Office 365 services including Skype for Business Online. ただし、Azure の ExpressRoute は、展開のいずれかのオプションが利用可能な有用な Office 365 への接続は、Skype のビジネス ネットワークのパフォーマンスの要件を満たしているし、確実にビジネスのオンライン ・ メディアの最適 Skype かどうかを確認高品質なエクスペリエンスです。However, Azure ExpressRoute is one of the deployment options that are available that will help make sure that connectivity to Office 365 meets the Skype for Business network performance requirements and ensures the most optimal Skype for Business Online media quality experience.

ヒント

このトピックでは、全体的なネットワーク パフォーマンスのガイドでは、このドキュメントの範囲外では、ネットワーク評価のための詳細なガイダンス。Although this topic provides you with overall networking performance guidance, complete guidance for network assessment is outside of the scope of this document. Skype の一覧を検索するにはオンライン ビジネスのパートナーを支援できるネットワーク パフォーマンスの測定と綿密で完全なネットワークの評価の一環として、 Skypeをご覧ください。To find a list of Skype for Business Online partners who can help you with the network performance measurements as part of a thorough and complete network assessment, please visit Skype for Business Partner Solutions.

ビジネス オンラインの Skype へのネットワーク接続の要件Network connectivity requirements to Skype for Business Online

Skype ビジネス オンラインのメディアの品質に影響を与える要因Factors that impact Skype for Business Online media quality

使用されているデバイスは、ビジネス オンラインのリアルタイム メディア (オーディオ、ビデオ、およびアプリケーションの共有) の品質、環境、およびネットワーク接続の Skype する原因となるさまざまな要因があります。There are many different factors that contribute to Skype for Business Online Real-Time media (audio, video, and application sharing) quality that include the devices that are used, the environment, and the network connectivity.

デバイスDevices

リアルタイム メディアのセッションで全体的なオーディオとビデオの品質に大きく影響があるメディアをキャプチャし、ヘッドセットや Web カムなどのすべての参加者が使用されているデバイスを表示します。In a Real-Time media session, media capturing and rendering devices that are used by all participants such as headsets and Web cams have a great impact on the overall audio and video quality. 品質の低いデバイスや、デバイス ドライバが間違っているデバイスでは、全体的にオーディオの音質が下がり、ビデオの画質が下がります。Lower quality devices or devices with incorrect device drivers will produce lower overall sound quality for audio and lower image quality for video. 一方、認定デバイスまたは高品質なデバイスは、エコー キャンセル、ノイズ フィルタリング、ビデオ解像度、遅延低減に役立ちます。Certified devices or good quality devices, on the other hand, help with echo cancellation, noise filtering, video resolution and reduce latency.

オーディオおよびビデオのメディア ・ デバイスが必要でない認定を受けていますが、デバイスは、最適なメディア エクスペリエンスのビジネス用の Skype の認定を強くお勧めします。Although certified audio and video media devices aren't required, it's highly recommended devices certified for Skype for Business for the most optimal media experience. ビジネスのすべての Skype の一覧については認定済みのデバイスには、電話や Skype をビジネスのためのデバイスが参照してください。For a list of all Skype for Business certified devices, see Phones and Devices for Skype for Business. Skype ビジネス オンライン コール品質のダッシュ ボードを使用し、については、 Skype のビジネス管理センターを使用中のデバイスが正しく動作していることを確認するのにはオーディオとビデオのメディアの品質を監視できます。You can use the Skype for Business Online Call Quality Dashboard, found in the Skype for Business admin center, to verify devices in use are working correctly and monitor audio and video media quality.

ヒント

認定済みのデバイスはメディアの品質をビジネスに最適の Skype のために必要です。A certified device is required for the most optimal Skype for Business media quality experience.

メディア デバイス、ビジネス クライアントでは、Skype、Skype ビジネス、リアルタイム メディア フローを経由してサーバーがある程度の待機時間を発生することを覚えておく必要があります。It's important to remember that any media devices, Skype for Business clients, and Skype for Business Servers through which Real-Time media flows, introduce some amount of latency. デバイスやソフトウェア、ネットワーク レイテンシと、待機時間を処理大きく影響することし、エンド ・ ツー ・ エンドの全体的な待機時間とエンドユーザーの操作性に寄与します。The device and software processing latency, along with network latency, have a great impact on and contribute to the end-to-end overall latency and the end user's experience.

環境Environment

ユーザーが会議を行い、オーディオ デバイスとビデオ デバイスを使用する環境と周辺領域は、オーディオとビデオの品質のもう 1 つの要因です。ノイズのある環境から通話しているユーザーのオーディオは、エコーがかかり、こもっていて、不明瞭です。暗くて照明が不十分な環境にいるユーザーは、ビデオで明るくクリアな画質を実現することができません。会議室の設定で、マイクとビデオ デバイスの場所は、参加者が受信する音声と画像の品質に直接影響します。The environment and surrounding area where users are meeting and using audio and video devices is another big factor for audio and video quality. Users calling from a noisy environment will have echoed, muffled and unclear audio. Users in a dark or low light environment won't be able to produce bright, clear image quality for video. In a conference room setting, the location of the microphone and video device have a direct impact on the sound and image quality that participants will receive.

ビジネス アプリケーションツールのユーザーのオーディオおよびビデオ機能の使用状況が明確、Skype を取得する > オプション > オーディオ デバイスまたはビデオ デバイスが使用中のデバイスに変更を加えると、その設定をカスタマイズします。To get a clearer picture of a user's audio and video experience use the Skype for Business app Tools > Options > Audio Device or Video Device to make changes to the device in use and customize its settings.

ネットワークNetwork

IP ネットワークを介したリアルタイム メディアの品質は、ネットワーク接続の品質が特に量に大きな影響します。The quality of the Real-Time media over IP network is greatly impacted by the quality of the network connectivity, but especially by the amount of:

  • 遅延時間これは、ポイント A からポイント B をネットワーク上に IP パケットを取得するのにかかる時間です。Latency This is the time it takes to get an IP packet from point A to point B on the network. このネットワーク伝播遅延は基本的に 2 つのポイントとさまざまなルーター間に実行する追加のオーバーヘッドを含む、光の速度との間の物理的な距離に関連付けられています。This network propagation delay is essentially tied to physical distance between the two points and the speed of light, including additional overhead taken by the various routers in between. 遅延時間は、一方向または往復時間 (RTT) として測定されます。Latency is measured as one-way or Round-trip Time (RTT).

  • パケットが失われるこれは多くの場合、指定した時間帯で損失したパケットの割合として定義されます。Packet Loss This is often defined as a percentage of packets that are lost in a given window of time. オーディオの品質に直接影響のパケット損失など個人小さなからパケットの完全なオーディオ カット アウトが発生する連続バースト損失を影響を与えるすることはほとんどありませんが失われます。Packet loss directly affects audio quality—from small, individual lost packets having almost no impact, to back-to-back burst losses that cause complete audio cut-out.

  • 間のパケットの到着のジッター」または単に変位これは、連続するパケットの遅延時間の平均の変更です。Inter-packet arrival jitter or simply jitter This is the average change in delay between successive packets. ビジネス用の Skype を含む最新の VoIP ソフトウェアは、ジッタ バッファーからのいくつかのレベルに適応できます。Most modern VoIP software including Skype for Business can adapt to some levels of jitter through buffering. 超えた場合にだけ、ジッター バッファーの参加者にジッタの影響が注目してください。It's only when the jitter exceeds the buffering that a participant will notice the effects of jitter.

注意

ジッタのバッファリングすると、エンド ・ ツー ・ エンドの遅延時間が増加します。Buffering for jitter will increase end-to-end latency.

オンラインのリアルタイムのビジネス ・ メディア ・ セッションと、他の Office 365 サービスおよびその他のビジネス ・ アプリケーションによって生成されるネットワーク トラフィックを他の多くの同時実行 Skype で、ネットワーク全体のパスで十分な帯域幅があることを確認します。オンライン ビジネス サービスはネットワークの輻輳を回避し、優れたメディア (オーディオ、ビデオ、およびアプリケーションの共有)、リアルタイム メディアの品質保証のために重要なネットワークを Skype に接続します。With many concurrent Skype for Business Online Real-Time media sessions, as well as other network traffic generated by other Office 365 services and other business applications, making sure that there is sufficient bandwidth over the entire network path that connects your network to the Skype for Business Online service is critical to avoid network congestion and ensure excellent media Real-Time media (audio, video, and application sharing) quality.

混雑したネットワーク サービスの品質 (QoS) を実装します。Implementing Quality of Service (QoS) across congested networks

さらに、ネットワーク間でトラフィックの輻輳はメディアの品質に大きく影響されます。In addition, traffic congestion across a network will greatly impact media quality. 高速のネットワークを通過して、混雑したネットワークでは、他のネットワーク トラフィックに優先順位を設定するのには、オーディオとビデオのパケットを許可するには、サービスの品質 (QoS) は、オーディオおよびビデオ通信の最適なエンド ユーザー エクスペリエンスを強化するために使用できます。To allow audio and video packets to travel the network quicker and to be prioritized over other network traffic in a congested network, Quality of Service (QoS) can be used to help provide an optimal end-user experience for audio and video communications.

QoS では、オーディオまたはビデオのデータを保持するは、ネットワーク パケットをより高い優先順位を割り当てるための手段を提供します。QoS provides a way for you to assign higher priorities to network packets that are carrying audio or video data. 優先順位の高いこれらのパケットに割り当てると、オーディオおよびビデオ通信と以下の中断は、ネットワーク セッションのファイル転送、web サイトの参照、またはデータベースのバックアップのようなものよりも高速化、ネットワーク上を移動する可能性があります。By assigning a higher priority to these packets, audio and video communications are likely to travel over the network faster, and with less interruption, than network sessions involving things like file transfers, web browsing, or database backups. ネットワーク パケットは、ファイル転送に使用または既定のデータベースのバックアップが最優先にベスト エフォートを割り当てられ、ネットワークの輻輳がサイズの大きい影響として必要はないためにです。That's because the network packets used for file transfers or database backups by default are assigned "best effort" as a priority and network congestion won't have as large impact. メディア (オーディオ、ビデオ、およびアプリケーションの共有) パケットに高い優先順位を割り当てるし、ベスト エフォートとしても割り当てられているままにしないで、すぎるで処理すると、他のすべてのネットワーク トラフィック。If you don't assign a higher priority to the media (audio, video, and application sharing) packets and leave them also assigned as "best effort", they too will be processed along with all other network traffic. ネットワークの輻輳の量、に応じて可能性があります終了ユーザーの下の全体的なオーディオとビデオの品質操作で。Depending on the amount of network congestion, this will potentially end up in a lower overall audio and video quality experience for your users.

ネットワーク内でネットワークの輻輳に影響を与えるされないことを確認するのには、ネットワーク上で QoS を実装することを強くお勧めします。It is highly recommended that you implement QoS on your network to make sure that network congestion within your network won't have an impact. ただし、これが最大の影響を与えるには、ネットワークのすべてのエンドポイントする必要がありますサポート QoS、すべてのエンドポイントは、QoS のマーキングを受け入れる必要がありますを意味し、パケットの優先順位付けします。However, for this to have the maximum impact, all networking endpoints must support QoS, meaning that all endpoints must honor QoS marking and packet prioritization. オンライン ビジネス サービスの Skype では、QoS のマークを付けると、Microsoft のネットワーク内での優先順位付けを優先します。Skype for Business Online services honor QoS marking and prioritization within the Microsoft network. ただし、Microsoft のネットワークに、企業ネットワークからインターネットのようにパブリック接続経由でルーティングされるトラフィックでは、QoS マーキング、およびパケットの優先順位付けを保持しません。However, traffic that is routed across a public connection like the Internet from your company network to the Microsoft network doesn't preserve QoS markings and packet prioritization. Azure の ExpressRouteを使用して Office 365 にネットワークからのプライベート接続は、エンド ・ ユーザーの QoS マーキング、およびパケットの優先順位付けは全体を向上させるにオーディオを保持するソリューションを展開し、ビデオの品質を提供します。Private connections from your network to Office 365 using Azure ExpressRoute offer a deployment solution that preserves QoS markings and packet prioritization that will in turn increase overall audio and video quality for your end users.

ビジネス オンラインの Skype に接続するネットワーク パフォーマンスの要件Network performance requirements to connect to Skype for Business Online

リアルタイム メディアのビジネス用の Skype では、多くのさまざまなデバイス、クライアント アプリケーション、サーバ ・ ソフトウェアを使用し、異なるネットワーク間を移動します。Skype for Business Real-Time media travels through many different devices, client apps, server software, and across different networks. リアルタイム メディアのエンド ・ ツー ・ エンドの遅延時間は、すべてのコンポーネントおよびネットワーク セグメント間で発生する遅延時間の合計量です。The end-to-end latency of Real-Time media is the total amount of latency that is introduced across all components and network segments. 最悪の品質があるネットワーク セグメントで、エンド ・ ツー ・ エンドのネットワーク接続の品質が決定されます。The quality of the end-to-end network connection is determined by the network segment with the worst quality. このセグメントは、このネットワーク トラフィックのボトルネックとして機能します。This segment acts as a bottleneck for this network traffic.

次の図は、ビジネスの構成要素の 1 つの Skype から別の会議で一方向のオーディオのフローを示しています。The following diagram illustrates one-way audio flow in a conference from one Skype for Business participant to another.

ExpressRoute 呼び出しの流れです。

この会議のシナリオでは、メディアのパスは以下のネットワーク セグメント間で構成されます。In this conferencing scenario, the media path consists across the following network segments:

  1. Microsoft ネットワークの端に 1 をユーザーからの接続通常 WiFi またはイーサネット、インターネット出口ポイント (ネットワーク エッジ デバイス)、ユーザー 1 から WAN 接続および Microsoft ネットワークの端に、ネットワークのエッジからインターネット接続などのネットワーク接続が含まれます。Connection from User 1 to the edge of the Microsoft network This usually includes a network connection such as WiFi or Ethernet, the WAN connection from User 1 to the Internet egress point (your network Edge device), and the Internet connection from your network Edge to Microsoft network Edge.

  2. Microsoft ネットワーク内の接続ビジネス オンラインのデータ ・ センターの Skype にマイクロソフトのエッジの間では、A/V 会議サーバーを使用します。Connection within Microsoft network This is between the Microsoft Edge to Skype for Business Online data center, where the A/V Conferencing servers are used.

  3. Microsoft ネットワーク内の接続これは、オンライン ビジネスのデータ ・ センターの Skype と Microsoft ネットワーク エッジの間。Connection within Microsoft Network This is between the Skype for Business Online data center and Microsoft network Edge.

  4. ユーザー 2 に Microsoft ネットワークのエッジからの接続これには、Microsoft ネットワークのエッジ、インターネット出口点 (エッジ)、ネットワークにユーザ 2 による WAN の接続や WiFi、イーサネットなどのネットワーク接続をネットワークのエッジからインターネット接続が含まれます。Connection from Microsoft network edge to User 2 This includes the Internet connection from your network Edge to Microsoft network Edge, the WAN connection from User 2 to the Internet egress point (your network Edge), and the network connection such as a WiFi or an Ethernet.

次の図は、コンポーネントの内訳とビジネス オンラインの PSTN の呼び出しは、Skype のネットワーク セグメントを示しています。The following diagram shows breakdown of components and network segments of a Skype for Business Online PSTN call:

ExpressRoute PSTN キャリアのコール フローします。

PSTN の呼び出しのシナリオでは、メディア パスには、以下のネットワーク セグメントが交差します。In a PSTN call scenario, the media path crosses the following network segments:

  1. ビジネス クライアントの呼び出し元の Microsoft ネットワークの端には、Skype からの接続通常 WiFi またはイーサネット、インターネット出口ポイント (ネットワーク エッジ デバイス) を WAN 接続ビジネス クライアントの呼び出し元の Skype から Microsoft ネットワークの端に、ネットワークのエッジからインターネット接続などのネットワーク接続が含まれます。Connection from a Skype for Business client caller to the edge of the Microsoft Network This usually includes a network connection such as WiFi or Ethernet, the WAN connection from the Skype for Business client caller to the Internet egress point (your network Edge device), and the Internet connection from your network Edge to Microsoft network Edge.

  2. Microsoft ネットワーク内の接続これは、仲介サーバーが使用されている、オンライン ビジネスのデータ ・ センターの Skype にマイクロソフトのエッジの間。Connection within Microsoft network This is between the Microsoft Edge to Skype for Business Online data center, where a Mediation Server is used.

  3. Microsoft ネットワーク内の接続これは、オンライン ビジネスのデータ ・ センターの Skype と Microsoft ネットワーク エッジの間。Connection within Microsoft Network This is between the Skype for Business Online data center and Microsoft network Edge.

  4. Microsoft ネットワークと PSTN サービス ・ プロバイダ ・ パートナーとの間の接続これは、Microsoft ネットワークの外部にあるビジネス クライアント用の Skype からの PSTN 通話をするために存在する接続です。Connection between Microsoft Network and the PSTN service provider partners This is the connection that exists to place a PSTN call from the Skype for Business client that is outside of the Microsoft network.

Microsoft ネットワークの端に、Skype のビジネスのクライアントからのネットワーク パフォーマンスの要件Network Performance requirements from a Skype for Business client to Microsoft network Edge

ビジネス メディアの品質の最適な Skype は、次のネットワークのパフォーマンス メトリックの目標またはしきい値は、社内ネットワークから Microsoft ネットワークのエッジへの接続に必要です。For optimal Skype for Business media quality, the following network performance metrics targets or thresholds are required for a connection from your company's network to the Microsoft network Edge. このネットワーク セグメントには、内部ネットワークが含まれています、たとえばマルチ プロトコル ラベル スイッチング (MPLS) と同様に、インターネット、または ExpressRoute のパートナー、WAN 接続経由ですべての wi-fi 接続とイーサネット接続、サイト間のトラフィックを企業が含まれますMicrosoft ネットワークのエッジに接続します。This segment of the network includes your internal network, this includes all WiFi and Ethernet connections, any company site-to-site traffic over a WAN connection, for example Multiprotocol Label Switching (MPLS), as well as the Internet or ExpressRoute partner connections to the Microsoft network Edge.

注意事項

Office 365 サービスを企業ネットワーク上のクライアントのビジネスを Skype の間の接続には、これらの次のネットワークのパフォーマンス要件とのしきい値を満たす必要があります。Connectivity between a Skype for Business client on your company network to Office 365 services must meet these following network performance requirements and thresholds.

指標Metric
TargetTarget
遅延 (一方向)Latency (one way)
< 50 ミリ秒< 50ms
遅延 (RTT または往復時間)Latency (RTT or Round-trip Time)
< 100 ミリ秒< 100ms
バースト パケット損失Burst packet loss
< 任意の 200 ミリ秒間隔で 10%<10% during any 200ms interval
パケット損失Packet loss
< 任意の 15 秒間隔で 1%<1% during any 15s interval
パケット到着間ジッターPacket inter-arrival Jitter
< 15 秒間隔で 30 ミリ秒<30ms during any 15s interval
パケットの並べ替えPacket reorder
< 順序が適切でないパケットが 0.05%<0.05% out-of-order packets

その他のパフォーマンス ターゲットの要件:Other performance target requirements:

  • Microsoft のネットワークには世界中で 160 を超える境界の位置。The Microsoft network has over 160 Edge locations worldwide. 努力主要なインターネット サービス プロバイダー (Isp) とそれらのエッジ ・ サイトが世界中で。We work with major Internet Service Providers (ISPs) worldwide through those Edge sites. 遅延のメトリック ターゲットは、会社のサイトを想定していますか、同じ大陸には、サイトおよびマイクロソフトのエッジ。The latency metric target assumes your company site or sites and the Microsoft Edges are on the same continent.

  • 会社のサイトまたはサイトで Microsoft ネットワークのエッジの接続には、WiFi または他のワイヤレス技術は、最初のホップ ネットワーク アクセスが含まれます。Your company site or sites to the Microsoft network Edge connection include first hop network access, which can be WiFi or another wireless technology.

  • ネットワーク パフォーマンスの目標は、適切な帯域幅およびサービス計画の質を想定しています。The network performance target assumes proper bandwidth and/or quality of service planning. つまり、これに直接適用 Skype ビジネス メディアのリアルタイム トラフィックのピーク時の負荷の下では、ネットワーク接続とします。In other words, This applies directly to Skype for Business Real-Time media traffic when the network connection is under a peak load.

Microsoft ネットワークの端に、ネットワークのエッジからのネットワーク パフォーマンスの要件Network performance requirements from your network Edge to Microsoft network Edge

ネットワークのパフォーマンスの目標や、ネットワークのエッジとエッジの Microsoft ネットワーク間の接続に必要なしきい値を次に示します。The following are the network performance targets or thresholds that are required for the connection between your network Edge and the Microsoft network Edge. このネットワーク セグメントを選択し、お客様の内部ネットワークや WAN を除外では、ガイダンス、インターネット経由で、または ExpressRoute のパートナー ネットワークを介して送信され、パフォーマンスをネゴシエートするときにも使用できるネットワーク トラフィックをテストするときサービス レベル契約 (SLA) ExpressRoute ・ プロバイダーです。This segment of the network excludes the customer's internal network or WAN, and is intended as guidance when testing your network traffic that is sent over the Internet, or through an ExpressRoute partner network and can also be used when negotiating a performance Service Level Agreement (SLA) with your ExpressRoute provider.

注意事項

Microsoft ネットワークのエッジに会社のネットワーク エッジの間の接続には、これらの次のネットワークのパフォーマンス要件とのしきい値を満たす必要があります。Connectivity between your company network Edge to the Microsoft network edge must meet these following network performance requirements and thresholds.

指標Metric
TargetTarget
遅延 (一方向)Latency (one way)
< 30 ミリ秒< 30ms
遅延時間 (RTT)Latency (RTT)
< 60 ミリ秒< 60ms
バースト パケット損失Burst packet loss
200 ミリ秒間隔で <1%<1% during any 200 ms interval
パケット損失Packet loss
< 任意の 15 秒間隔で 0.1%<0.1% during any 15s interval
パケット到着間ジッターPacket inter-arrival Jitter
< 任意の 15 秒間隔で 15 ミリ秒<15ms during any 15s interval
パケットの並べ替えPacket reorder
< 順序が適切でないパケットが 0.01%<0.01% out-of-order packets

その他のパフォーマンス ターゲットの要件:Other performance target requirements:

  • パフォーマンス ・ ターゲットには、会社のネットワーク エッジのいずれかと、近くの Microsoft ネットワーク エッジ、同じ大陸の上にある間の接続が必要です。The performance target requires connection between any of your company's network Edge and its nearest Microsoft network Edge, to be on the same continent.

  • ネットワーク パフォーマンスの目標は、適切な帯域幅およびサービス計画の質を想定しています。The network performance target assumes proper bandwidth and/or quality of service planning. これにも適用されます Skype ビジネス メディアのリアルタイム トラフィックのピーク時の負荷の下では、ネットワーク接続とします。This also applies to Skype for Business Real-Time media traffic when the network connection is under a peak load. 適切な帯域幅と QoS の計画、 ExpressRoute、オンライン ビジネスの Skype で QoSを参照してください。For proper bandwidth and QoS planning, please refer to ExpressRoute and QoS in Skype for Business Online.

ネットワークのパフォーマンスを測定します。Measuring network performance

特に遅延とネットワークのエッジに、企業ネットワークのサイトからのパケット損失の場合、実際のネットワークのパフォーマンスを測定するのには ping などのツールを使用して、Skype のビジネス メディア リレー サービスがマイクロソフトのエッジ データからを実行するためのセットに対してテスト中心のサイトです。To measure the actual network performance, especially for latency and packet loss, from any company network site to a network Edge, you can use tools such as ping, test against a set of Skype for Business media relay services running from the Microsoft Edge and data center sites.

マイクロソフト ネットワークへのインターネット接続をテストするには、次の Vip ビジネス メディア リレー用 Skype に対してテストを行うことをお勧めします。For testing Internet connections to the Microsoft network, it is recommended that you test against the following VIPs of the Skype for Business media relays. エニー キャストの VIPは、テストの場所に最も近い Microsoft ネットワーク エッジのサイト内のメディア リレー用の IP アドレスに解決されます。The Anycast VIP will resolve to an IP address of a Media Relay in a Microsoft network Edge site that is closest to the testing location.

IP アドレスIP address
Type
場所Location
13.107.8.213.107.8.2
VIPVIP
ワールド ワイドのエニー キャスト IPWorld Wide Anycast IP

次のネットワーク パフォーマンスを評価するために高レベルの推奨事項を以下に示します。Here are some high level recommendations to follow for assessing network performance:

  • Office 365 への接続と同様に、内部ネットワークを評価する必要があります。You should assess your internal network as well as the connections to Office 365.

  • 評価し、長期間にわたって、ネットワークのすべてのデータを収集する必要があります。You should assess and gather data for all of your networks over a long period of time. すべての営業日と時間の使用パターンを確認できるように、1 週間の最低限のネットワークのパフォーマンスのテストを実行することをお勧めします。We recommend for you to perform your testing of network performance for a minimum of a week, so that you can see usage patterns for all business days and hours. これは、テンプレートを表示する時間のピーク。This will show you peak times.

  • ネットワーク パフォーマンスの測定値の複数のサンプルを行う必要があります。You should take multiple samples of network performance measurements. データを収集する時間の全体の期間中に会社のサイトから 10 分間隔測定を行うことをお勧めします。We recommend taking a measurement every 10 minutes from a company site during the entire period of time you are gathering data. Skype のオンライン ビジネスのネットワーク パフォーマンスの要件を比較するには、このサンプル データ セットからの 90 パーセンタイルの測定値を実行します。For comparing the Skype for Business Online network performance requirements, take the 90th percentile measurement value from this sample data set.

  • 継続的にネットワークのパフォーマンスを評価する必要があります。You should continuously assess the network's performance. ネットワーク使用率は、使用パターンの変更、新しいエンタープライズ アプリケーション、大量の帯域幅を使用して、会社の組織または物理的な場所への変更のための時間の経過と共に変化します。Network utilization varies over time due to usage pattern changes, new enterprise-based applications that use a large amount of bandwidth, and changes to your organizational or physical company locations. 継続的にこれらのネットワークのパフォーマンス要件とターゲット/しきい値に対して、ネットワークのパフォーマンスを監視し、最適のリアルタイム メディアの品質を保証する適切なタイミングの調整を行うが重要です。It is important for you to continuously monitor your network performance against these network performance requirements and targets/thresholds and make timely adjustments to ensure the most optimal Real-Time media quality.

Azure の Vm を使用するネットワークのパフォーマンスを測定します。Measuring Network Performance using Azure VMs

Microsoft ネットワークのエッジ ・ サイトに対して、テストではなく、Skype から企業顧客やパートナーが、Microsoft Azure クラウド サービスのテストの設定を活用するためのネットワーク評価ソリューションがあります。Instead of testing against the Microsoft network Edge sites, there are network assessment solutions from Skype for Business customers and partners that leverage testing setup for services in the Microsoft Azure cloud. それらのソリューションは、ネットワーク評価ツールは、遅延時間、パケットの損失をテストし、Azure クラウド サービスとして設定するカスタムのエンドポイントに対して変位します。In those solutions, the network assessment tools test latency, packet loss and jitter against custom endpoints set up as a service in the Azure cloud. その結果、テストのネットワーク トラフィックがネットワークのエッジの間でマイクロソフトのネットワークに接続では、1 つの追加のネットワーク セグメントを通過して、Azure データ センターをホストしているネットワーク ・ アセスメント ・ サービス。As a result, the test network traffic travels through one additional network segment, which is the connection within the Microsoft network between the network edges and Azure data centers that hosts the network assessment service.

これらのネットワークの Azure に基づく評価ソリューションには、テスト サービスがホストされています。For those network assessment solutions based on Azure hosted testing services. 国や地域の中でネットワークの評価を実行することをお勧めします。We recommend performing the network assessment within country and/or region. たとえば、東の米国でのお客様のサイトの評価を Azure の東米国のデータ センターの地域でホストされているテストのサービス インスタンスに対して実行してください。For example, for customer sites in east U.S., the assessment should be performed against a testing service instance hosted in Azure's east US data center region.

以下の遅延時間 (RTT) ターゲットは、Azure のサービス ベースのネットワークの評価の設定に示します。Below are the latency (RTT) targets for the Azure service based network assessment setup. 一方向の遅延のターゲットは、対応する RTT ターゲットの半分になります。The one-way latency targets will be half of the corresponding RTT targets. パケット損失およびジッタの目標はまだ Skype メディア リレー用に定義されているベースのテストと同じです。The packet loss and jitter goals stays the same as those defined for Skype Media Relay based testing.

顧客の地域Customer region
Azure 地域Azure region
ネットワーク エッジの Azure のラウンドト リップ時間 (RTT)Your network Edge - Azure Round-trip Time (RTT)
Azure の往復時間 (RTT) のサイトYour Site - Azure Round-trip Time (RTT)
中央アメリカCentral US
中央アメリカCentral US
9999
139139
東 u. s.East US
東 u. s.East US
8686
126126
北部中央アメリカ地域North Central US
北部中央アメリカ地域North Central US
9797
137137
南部中央アメリカSouth Central US
南部中央アメリカSouth Central US
9494
134134
西の u. s.West US
西の u. s.West US
9494
134134
ハワイ u. s.Hawaii US
西の u. s.West US
116116
156156
カナダ中部Canada Central
カナダ中部Canada Central
138138
178178
カナダ東部Canada East
カナダ東部Canada East
131131
171171
北ヨーロッパNorth Europe
北ヨーロッパNorth Europe
9999
139139
西ヨーロッパWest Europe
西ヨーロッパWest Europe
9595
135135
東アジアEast Asia
東アジアEast Asia
118118
158158
東南アジアSoutheast Asia
東南アジアSoutheast Asia
9797
137137
日本の東Japan East
日本の東Japan East
111111
151151
日本西部Japan West
日本西部Japan West
118118
158158
ブラジル南Brazil South
ブラジル南Brazil South
7070
110110
オーストラリア東Australia East
オーストラリア東Australia East
124124
164164
オーストラリア南東Australia Southeast
オーストラリア南東Australia Southeast
124124
164164
中央インドCentral India
中央インドCentral India
103103
143143
インド南部South India
インド南部South India
103103
143143
西インドWest India
西インドWest India
103103
143143
中国東China East
中国東China East
120120
160160
中国北部China North
中国北部China North
120120
160160

メディアの品質と ExpressRouteMedia quality and ExpressRoute

Office 365 の azure の ExpressRoute は、Office 365 に接続するための専用のネットワーク接続です。Azure ExpressRoute for Office 365 is a dedicated network connection for connecting to Office 365. ネットワーク トラフィックは、Office 365 のパスを制御すること、顧客を提供します。It offers customers the ability to have control over the path their Office 365 network traffic takes. 予測不可能なルーティング、インターネット上で発生する不明な通信事業者、プロバイダー、Isp でのデータを実行する場所を考慮する必要が不要になった。They no longer have to be concerned with the unpredictable routing that happens on the Internet where data is carried by unknown carriers, providers and ISPs. ExpressRoute 経由で送信されるネットワーク トラフィックは、マイクロソフトのネットワークに、ExpressRoute パートナーのネットワーク経由で直接送信されます。Network traffic that is sent through ExpressRoute is sent directly across the ExpressRoute partner's network to Microsoft's network. これにより、専用接続を使用して独自のオフサイトのデータ センターに配置されているかのように、Office 365 を扱います。This allows customers to treat Office 365 as if it is located in their own off-site data center with a dedicated connection.

Azure の ExpressRoute は、すべての Office 365 のライセンス製品を使用できます。Azure ExpressRoute is available for all Office 365 licensing offerings. ただし、Azure ExpressRoute プレミアムのアドオンは、グローバルなルーティングを有効にするのには Office 365 の必要があります。However, the Azure ExpressRoute Premium Add-on is required for Office 365 to enable global routing. ExpressRoute を実装している、接続クライアント数が 500 以上での office 365 のお客様では、ない余計な出費で必要なExpressRoute のプレミアム ・ アドオンを取得できます。Office 365 customers with at least 500 seats who are implementing ExpressRoute can get the required ExpressRoute Premium Add-on at no additional expense.

適切なメディアの品質の ExpressRoute が必要ですか。Is ExpressRoute required for good media quality?

Azure の ExpressRoute では、ビジネス オンラインのメディアの品質の最適の Skype を取得する必要はありません。Azure ExpressRoute isn't a requirement for getting the most optimal Skype for Business Online media quality. ただし、1 つの展開を支援するオプションを確認、クラウドの接続が、Skype ビジネス ネットワークのパフォーマンスの目標のしきい値を満たしています。It is, however, one of the deployment options that help you make sure that your cloud connectivity meets the Skype for Business network performance targets or thresholds.

Office 365 は、高いパフォーマンスとセキュリティで保護されたサービス、インターネットを使用するには。Office 365 is a high performance and secure service that uses the Internet. 私たちは、継続的にセキュリティとパフォーマンスを向上させるには、新しいセキュリティ機能と地域のエッジのノードへの投資に進みます。We continue to invest in new security capabilities and regional Edge nodes to continuously improve security and performance. Azure の ExpressRoute では、Office 365 サービスの Skype を含むオンライン ビジネスのための必要条件はありません。Azure ExpressRoute isn't a requirement for Office 365 services including Skype for Business Online. Azure の ExpressRoute は、展開のいずれかのオプションが利用可能な有用な Office 365 への接続は、Skype のビジネス ネットワークのパフォーマンスの要件を満たしているし、確実にビジネスのオンラインのメディアの品質を最適な Skype かどうかを確認発生します。Azure ExpressRoute is one of the deployment options that are available that will help make sure that connectivity to Office 365 meets the Skype for Business network performance requirements and ensures the most optimal Skype for Business Online media quality experience.

ビジネス オンラインのメディアの品質の Skype は、企業サイトと Microsoft ネットワークのエッジ間の接続が、Skype のビジネスのクライアントから Microsoft ネットワークへのネットワークのパフォーマンス要件のパフォーマンス目標を満たしていることが重要です。エッジ、ネットワークのエッジと、Microsoft ネットワークのエッジ間の接続がネットワークに Microsoft ネットワーク エッジのエッジからネットワークのパフォーマンス要件のパフォーマンス目標を満たしているとします。For Skype for Business Online media quality, it is important that the connection between your company sites and the Microsoft network Edges meets the performance targets in Network Performance requirements from a Skype for Business client to Microsoft network Edge and that the connection between your network Edges and the Microsoft network edges meets the performance targets in Network performance requirements from your network Edge to Microsoft network Edge.

ピーク時のメディア トラフィックの量が、内部ネットワークとクラウドの接続の容量を含む、企業の物理的なネットワーク接続に対応できることが重要です。It is also important that your company's physical network connectivity, including your internal network and cloud connectivity capacity accommodate peak media traffic volume. Azure の ExpressRoute は、お客様がオンライン ビジネスのクラウド接続用の Skype では、これらのパフォーマンス要件をすべて満たしていることを確認する多くの方法の 1 つです。Azure ExpressRoute is one of many ways that will help customers ensure their Skype for Business Online cloud connectivity meets all of these performance requirements.

音声品質の SLA には、ExpressRoute が必要ですか。Is ExpressRoute required for voice quality SLA?

残念ですが、ExpressRoute オンライン音声品質の SLA のビジネス用の Skype の必要はありません。No, ExpressRoute isn't required for Skype for Business Online Voice Quality SLA. オンライン音声品質の SLA のビジネス用の Skypeは、正しいライセンスと VoIP または PSTN の呼び出しの任意の型を作成するには、そのユーザーを有効にするサブスクリプション内でのオンライン ビジネスの音声サービスのユーザーは、Skype での配置の対象となる呼び出しに適用されます。The Skype for Business Online Voice Quality SLA applies to any eligible call placed by any Skype for Business Online voice service user within the correct license and subscription that enables that user to make any type of VoIP or PSTN call. 音声品質の SLA では、次の条件のすべてを網羅したを含める必要があります。A voice quality SLA should include that all of the following conditions are addressed:

  • マイクロソフトからの呼び出しは、IP 電話を認定します。Calls from Microsoft certified IP Phones.

  • ワイヤード (有線) イーサネット接続です。Wired Ethernet connections.

  • Microsoft ネットワークの問題のための音声品質の問題です。Voice quality issues due to Microsoft Network problems.

注意

音声品質の SLA では、ExpressRoute パートナーおよびその他のネットワークを含むサードパーティ製のネットワークの問題の低い呼び出し品質が原因となったこれらの呼び出しを除外します。The voice quality SLA excludes those calls where the low call quality is caused by problems in non-Microsoft networks including ExpressRoute partner and other networks.

インターネットまたは Azure ExpressRoute でしょうか。Internet or Azure ExpressRoute?

お客様のビジネス オンラインの Skype への接続性オプションのネットワーク上の意思決定を行う、前にネットワークおよび現在インターネットに接続するネットワークのパフォーマンスの要件をに記載されているネットワークのパフォーマンス要件に基づいて評価する必要があります。Skype への接続は、オンライン ビジネスのです。Before making a decision on network connectivity options to Skype for Business Online, customers must assess their network and current Internet connectivity based on the network performance requirements described in Network performance requirements to connect to Skype for Business Online.

ピーク時との間に十分な容量に Microsoft ネットワークのエッジにサイトおよび Microsoft ネットワークのエッジに、ネットワークのエッジからのネットワークのパフォーマンスの要件を満たしている現在のインターネット接続経由でネットワークのパフォーマンスが設定されている場合は、することができます。ビジネス オンラインの Skype に接続する、既存のインターネット接続を使用し続けます。If network performance over the current Internet connection is set up for enough capacity during peak time and that it meets the network performance requirements from sites to Microsoft network Edges and from your network Edges to Microsoft network Edges, you can continue to use your existing Internet connectivity to connect to Skype for Business Online.

ネットワーク パフォーマンスの要件は満たされている会社のサイトを最初に対処する、全体的なネットワーク パフォーマンスを向上させるために、既存のネットワーク サービス プロバイダーを強くお勧めします。For company sites where network performance requirements aren't being met, we strongly recommend that you first work with your existing network service providers to improve your overall network performance. ただし、それらはまだ中が満たされた場合、Azure の ExpressRoute を使用して防止できますオンライン ビジネスのクラウドの接続のため、Skype を使用して、ネットワークのパフォーマンス要件に対応できます。However, if they aren't still being met, using Azure ExpressRoute can help ensure your Skype for Business Online cloud connectivity can help you meet the network performance requirements.

Azure の ExpressRoute には、次の他のメリットが用意されています。Azure ExpressRoute offers the following additional benefits:

  • サービス レベル契約 (SLA) の可用性、ネットワークと Microsoft のネットワーク間の接続。A service level agreement (SLA) on availability of the connection between your network and Microsoft network. ExpressRoute では、99.9% の保証、可用性 SLA があります。ExpressRoute has a guaranteed Availability SLA of 99.9%.

  • Office 365 サービスに必要な計画的および保証された帯域です。Planned and guaranteed bandwidth required for Office 365 services. ExpressRoute を使用してビジネス ・ トラフィックの Skype または Office 365 のトラフィックのみを送信することによってこれを達成し、他のすべてのインターネット トラフィックがネットワークの他のインターネットの egress または ingress ポイントを通過できます。You can achieve this by sending only Office 365 traffic or Skype for Business traffic using the ExpressRoute and then have all other Internet traffic go through other Internet egress/ingress points for your network.

  • ExpressRoute は、ネットワークと Microsoft のネットワークとの間の QoS の DSCP マーキングを保持するために設計されています。ExpressRoute is designed to preserve DSCP QoS markings between your network and the Microsoft Network.

ExpressRoute QoS とキャパシティ ・ プランニングの詳細については、 ExpressRoute とオンライン ビジネスの Skype で QoSを参照してください。For more information about ExpressRoute QoS and capacity planning, please refer to ExpressRoute and QoS in Skype for Business Online.

できますセットアップ Azure ExpressRoute Skype のオンラインのみビジネスでしょうか。Can I setup Azure ExpressRoute for Skype for Business Online Only?

はい、オンライン ビジネスの Skype だけに、社内ネットワークから最適なネットワーク接続を確認するのには Azure ExpressRoute を設定することができます。Yes, you can set up Azure ExpressRoute to ensure excellent network connectivity from your company's network to only Skype for Business Online. これは、リアルタイムのメディア品質を最適なユーザーが、インターネット経由で他の Office 365 サービスに接続を続行することができますし。This will provide the most optimal Real-Time media quality for your users but you can then continue connecting to other Office 365 services over the Internet.

ボーダー ゲートウェイ プロトコル (BGP) は、インターネット経由でネットワーク トラフィックをルーティングするために使用されるインターネット上のルーティング プロトコルです。The Border Gateway Protocol (BGP) is a routing protocol on the Internet that is used to route network traffic across the Internet. 自律システム (AS) 間で、インターネット経由でルーティング情報を交換するために設計されています。It is designed to exchange routing information between autonomous systems (AS) found across the Internet. BGP コミュニティの値は、着信または発信ルートに適用できる属性のタグです。BGP communities values are attribute tags that can be applied to incoming or outgoing routes. BGP コミュニティは地理的条件、サービスの種類またはその他の条件に基づいて特定の宛先に到達するために外部リンクとして受信する信号によく使用されます。BGP communities are often used to signal to the receiving AS which outbound link to use to reach a given destination based on geography, service type or other criteria.

BGP コミュニティ サポートでは、Microsoft がプレフィックスおよびルートをタグ付けに属しているサービスに基づいて、適切な BGP コミュニティの値には。With BGP communities support, Microsoft will tag prefixes and routes with appropriate BGP community values based on the service they belong to. マイクロソフトはパブリック ・ ピアリングによって通知されたプレフィックスにタグを付けるし、ピアリングの領域を示す、適切な BGP コミュニティの値を持つマイクロソフトの接頭番号がでホストされています。Microsoft will tag prefixes advertised through public peering and Microsoft peering with appropriate BGP community values indicating the region the prefixes are hosted in. コミュニティの最適なルーティングを提供する適切なルーティングを決定する値を使用できます。You can rely on the community values to make appropriate routing decisions to offer optimal routing. オンライン ビジネスの ExpressRoute への接続をセットアップするビジネス オンライン BGP コミュニティの値の Skype は、Skype を使用できます。You can use the Skype for Business Online BGP community value to setup up an ExpressRoute connection only for Skype for Business Online. ExpressRoute ルーティングの要件の詳細が表示されます。You can find out more at ExpressRoute routing requirements.

ビジネス オンラインの Skype の ExpressRoute 接続のシナリオExpressRoute connectivity scenarios for Skype for Business Online

するは、前述の推奨事項に基づく ExpressRoute、ここでは、についての推奨事項と ExpressRoute 接続の数を決定する場合が表示されます。If you have decided that ExpressRoute based on recommendations above is for you, here are the recommendations on where and how many ExpressRoute connections you should get.

オンラインのみの展開: 1 つのサイトOnline only deployment - Single site

会社のサイトに最も近いの間で 1 つの ExpressRoute 接続を設定する必要があります、Skype を使用して、オンライン ビジネス サービスのすべてのユーザーと、オフィスが 1 つの物理的な場所の中心し、Azure の ExpressRoute の展開を決定する場合は、ExpressRoute ピアリングの場所です。If all of your users use the Skype for Business Online service, and if your offices are centered around a single physical location and you decide to deploy Azure ExpressRoute, you should set up single ExpressRoute connection between your company site to the closest ExpressRoute peering location.

次の図は、この種類の配置の例を示します。The following graphic shows an example of this type of deployment. この例では、contoso 社はオーランド (フロリダ) にある大学です。For this example, Contoso is a university located in Orlando, FL. Contoso には、10,000 の教職員と生徒がいます。Contoso has 10,000 faculty members and students. エッジのマイクロソフトのサイトにその場所からインターネットのテストは、クラスのピーク時に 5% のパケットの損失よりも大きいことがわかりました。The Internet tests from their location to Microsoft edge sites showed greater than 5% packet loss during peak class hours. ビジネス オンラインのリアルタイム トラフィックの Skype の特に Office 365 をネットワークの輻輳を回避することができますので、帯域幅が過剰にプロビジョニングされた ExpressRoute を使用して Office 365 に専用の接続を取得することにしました。The have decided to get a dedicated connection to Office 365 using ExpressRoute with over-provisioned bandwidth so they can avoid the network congestion for Office 365 especially for Skype for Business Online Real-Time traffic. ジョージア州アトランタ MeetMe サイトで ExpressRoute をマイクロソフトのクラウドに接続するとします。They connect to the Microsoft cloud through ExpressRoute at the Atlanta, GA MeetMe site.

ExpressRoute の 1 つのサイトです。

オンラインのみの展開: 同じ大陸の複数のサイトOnline only deployment - Multiple sites on the same continent

ExpressRoute を使用して、メインのサイトに接続し、必要に応じて追加することを推奨、会社が同じ地域または大陸の複数のオフィスからオンライン ビジネス サービスの Skype を使用して、Azure の ExpressRoute を実装するために選択した場合は、推奨されるネットワークのパフォーマンス目標を満たしていない他の場所のピアリング ExpressRoute。If your company is using Skype for Business Online services from multiple offices in the same region or continent, and you chose to implement Azure ExpressRoute, it is recommended to connect your main site via ExpressRoute, and then optionally add additional ExpressRoute peering for other locations that do not meet the recommended network performance targets.

次の例では、Contoso は、ニューヨークに本社を置くが、米国全体での他のオフィスがある米国の旅行サービス会社です。In the following example, Contoso is an US travel services company that is headquartered in New York but has other offices across the United States. オフィスでは、MPLS を使用して Office 365 に接続するため、WAN を介して相互に接続されました。Their offices are inter-connected through an WAN that uses MPLS for connecting to Office 365. 初期設定、インターネットのルーターから ExpressRoute への接続をニュージャージー州 Hoboken でニューヨーク MeetMe サイトにします。They initially set up an ExpressRoute connection from their Internet router in Hoboken, New Jersey to the New York MeetMe site.

この設定により、Microsoft のネットワーク (ニューヨークのエッジ ・ サイト) に、サイトのほとんどからのネットワーク トラフィックが、Skype のビジネス クライアントの接続ネットワークでのパフォーマンスの目標が、Skype のビジネスのクライアントからネットワークのパフォーマンス要件をに記載されているを満たすことができます。マイクロソフト ネットワークのエッジWith this setup, network traffic from most of their sites to the Microsoft Network (New York Edge site) can meet the Skype for Business client connection network performance targets described in Network Performance requirements from a Skype for Business client to Microsoft network Edge. ただし、contoso 社の西海岸のオフィスからニューヨークまでの待機時間は一方向の往復をでしょう。However, latency between Contoso's west coast offices to New York is going over 50ms one-way. さらに、ホノルルには、contoso 社の第 2 位のオフィス、ホノルルからニューヨークまでの待機時間が一方向 80ms を超えています。In addition, Honolulu is the second largest office for Contoso, latency from Honolulu to New York exceeds 80ms one-way. これらのオフィスのユーザーの適切なメディアの品質保証のため、contoso 社は、サンノゼのサイトとシリコン バレーの ExpressRoute MeetMe サイトとの間の西海岸 ExpressRoute の接続を追加することにしました。To ensure good media quality for users in those offices, Contoso decided to add a west coast ExpressRoute connection between their San Jose site and the Silicon Valley ExpressRoute MeetMe site.

同じ大陸のルーターの高速のマルチ サイトです。

オンラインのみの展開: 別の大陸に複数のサイトOnline only deployment - Multiple sites on different continents

オンライン ビジネス サービスは、Skype を使用しているすべてのユーザーと、オフィスでは、複数の大陸にわたって複数の物理的な場所で、Azure ExpressRoute の展開を決定する場合場合、は、大陸ごとに少なくとも 1 つの ExpressRoute 接続を設定する必要があります。間の最も近いExpressRoute ピアリングの場所に各大陸のメインのサイトです。If all of your users are using Skype for Business Online service, and if your offices are in multiple physical locations across multiple continents, if you decide to deploy Azure ExpressRoute, you should set up at least one ExpressRoute connection for each continent between each continent's main site to its closest ExpressRoute peering location. 費用 vs 効果では、によって、ネットワークのパフォーマンスの目標は満たされているサイトからの追加の ExpressRoute 接続を展開する選択できます。Depending on cost vs benefit, you can choose to deploy additional ExpressRoute connections from sites where network performance targets aren't met.

次の例では、Contoso は、北アメリカ、ヨーロッパ主要都市にオフィスを持つ大規模な企業の法律事務所をします。In the following example, Contoso is a large corporate law firm with offices in major cities across North America and Europe. Contoso 社は、インターネットに接続し、内部ネットワークのパフォーマンス評価に基づき、北米、ヨーロッパのすべてのオフィスの 1 つの ExpressRoute 回路の 2 つの ExpressRoute 接続を展開することにしました。Based on their Internet connection and their internal network performance assessment, Contoso decided to deploy two ExpressRoute connections in North America and a single ExpressRoute circuit for all their European offices.

複数のサイトおよび大陸に ExpressRoute。

ハイブリッド展開Hybrid deployment

設置、Lync がある場合またはビジネス展開するための Skype オンライン ビジネスの統合のためのハイブリッド Skype を実装して、Azure の ExpressRoute を展開する場合は、する必要がありますごとに少なくとも 1 つの ExpressRoute 接続を確立することをお勧めします。設置 Lync または Skype ビジネス エッジ ・ サイトとオフィスの大陸ごとに少なくとも 1 つの ExpressRoute 接続します。If you have an on-premises Lync or Skype for Business deployment and choose to implement a hybrid Skype for Business Online integration, we recommend that if you decide to deploy Azure ExpressRoute, you need to have at least one ExpressRoute connection for each on-premises Lync or Skype for Business Edge site and at least one ExpressRoute connection for each continent with offices. によってコストとメリット、大陸ごとに選択できますからオフィスのネットワークのパフォーマンスの目標は満たされている追加の ExpressRoute 接続を展開します。Depending on cost vs benefit, for each continent you can choose to deploy additional ExpressRoute connections from offices where network performance targets aren't being met.

ビジネス展開するため、設置型の Skype を使っている場合エッジ サーバーの計画と展開ガイド 』に従う必要があります。If you have an on-premises Skype for Business deployment, you must follow the Edge Server Planning and Deployment Guide. 具体的には、エッジ トランスポート サーバーは、外部ネットワークから到達可能でなければなりません。Specifically, the Edge servers must be reachable from outside of your network. エッジ サーバーにルーティング可能なパブリック IP アドレスを割り当てることによって、またはネットワーク アドレス変換 (NAT) を使用して、これは、通常です。This is usually achieved either by assigning a routable public IP address to the Edge server, or by using network address translation (NAT).

次の例では、Contoso は、ビジネスのエンタープライズ VoIP 展開の既存のオンプレミス Skype をいます。In the following example, Contoso has an existing on-premises Skype for Business Enterprise Voice deployment. オンプレミス ユーザーを Office 365 のオンライン サービスに移行します。They want to migrate on-premises users to Office 365 online services. すべての設置とオンラインのユーザー、PSTN の既存のインフラストラクチャを使用することが続行できるように、ハイブリッド展開を使用することも決定します。They also decided to use a hybrid deployment so that they can continue to use their existing PSTN infrastructure for all on-premises and online users. Contoso 社のデータ センターの設置とエッジ トランスポート サーバーのビジネス用の Skype は、シカゴでは。Contoso's on-premises data center and Skype for Business Edge Servers are in Chicago. 展開、contoso 社は、シカゴのデータ センターとシカゴの ExpressRoute との間の 1 つの ExpressRoute 接続を設定することにしました。For their deployment, Contoso decided to set up one ExpressRoute connection between their Chicago data center and the Chicago ExpressRoute. 西海岸、ホノルルのオフィスのサービス向上のために ExpressRoute の接続を追加します。They also added a west coast ExpressRoute connection to better serve their Honolulu office.

ExpressRoute ハイブリッド。

クラウド コネクタ版でオンラインの展開Online deployment with Cloud Connector Edition

クラウド コネクタ エディションのオンライン ビジネスの Skype は、オンプレミスの PSTN への接続を実装するパッケージ化された仮想マシン (Vm) のセットで構成されるハイブリッドを提供することです。Skype for Business Online Cloud Connector Edition is a hybrid offering that consists of a set of packaged Virtual Machines (VMs) that implement on-premises PSTN connectivity. ビジネス サーバー トポロジの場合、仮想化された環境で最小限の Skype を配布すると、landlines と既存のオンプレミス PSTN 音声インフラストラクチャを通じて、携帯電話で通話を送受信することができます。By deploying a minimal Skype for Business Server topology in a virtualized environment, you will be able to send and receive calls with landlines and mobile phones through the existing on-premises PSTN voice infrastructure.

Azure ExpressRoute とコネクタのエディションをクラウドに展開すると、大陸ごとの最も近いExpressRoute ピアリングの場所にメインのサイトとの間には、各大陸の 1 つ以上の高速ルート接続を設定することをお勧めします。If you decide to deploy Azure ExpressRoute and Cloud Connector Edition, we recommend for you to set up at least one Express Route connection for each continent between each continent's main site to it's closest ExpressRoute peering location. によってコストとメリット、大陸ごとに選択できますネットワークのパフォーマンスの目標は満たされているサイトからの追加の ExpressRoute 接続を展開します。Depending on cost vs benefit, for each continent you can choose to deploy additional ExpressRoute connections from sites where network performance targets aren't being met.

ビジネス展開するため、設置型の Skype を使っている場合は、 Skype ビジネス クラウド コネクタ ・ エディションのための計画ガイドに従ってください。If you have an on-premises Skype for Business deployment, you must follow the Planning Guide for Skype for Business Cloud Connector Edition. 具体的には、アクセス エッジ、A と、音声ビデオ エッジ サービスに対して、パブリック IP アドレスを割り当てる必要があります、Office 365 のデータ ・ センターから到達可能です。Specifically, the Access Edge and A/V Edge services should be assigned public IP addresses and reachable from Office 365 data centers.

次の例では、Contoso は、いくつかの主要なヨーロッパの国や都市でのプレゼンスを持つヨーロッパの会計事務所です。In the following example, Contoso is a European accounting firm with presence in a few major European countries and cities. サインアップと Skype のオンライン ビジネスのすべての共同作業のニーズに、引き続き、PSTN のインフラストラクチャを使用する物理的な場所がある国およびキャリアの契約が既に存在しているクラウドのコネクタを配置することにしました。When they sign up for Skype for Business Online for all their collaboration needs, they decided to put a Cloud Connector for each country they have a physical location to continue to use their PSTN infrastructure and carrier contracts that already exist. ビジネス クライアントの接続ネットワークのパフォーマンス目標がネットワークのパフォーマンス」に記載の Skype を満たすロンドンの 1 つの ExpressRoute 接続を役立つことに決定、すべてのサイトおよび Microsoft ネットワークのエッジからテストに基づき、マイクロソフト、Skype のビジネスのクライアントからの要件は、エッジをネットワークBased on their testing from all their sites and Microsoft network Edge, they determined that a single ExpressRoute connection in London will help meet the Skype for Business client connection network performance targets described in Network Performance requirements from a Skype for Business client to Microsoft network Edge.

ExpressRoute クラウド コネクタ 1 つです。

Contoso 社の他の配置オプションを次に示します。Below is another deployment option for Contoso. この例では、クラウドのコネクタが展開されている各サイトの ExpressRoute への接続を設定することにしました。In this case, they decided to set up an ExpressRoute connection at each site where a Cloud Connector is deployed.

ExpressRoute クラウド コネクタ 2 つです。

Skype for Business Online の ExpressRoute および QoSExpressRoute and QoS in Skype for Business Online