Windows 開発者向けアダプティブ カードAdaptive Cards for Windows Developers

タイムラインTimeline

アダプティブ カードをサポートする最初の Windows エクスペリエンスはタイムラインです。これは、Windows 10 1803 で初めて導入された新しいエクスペリエンスです。The first Windows experience to supports Adaptive Cards is Timeline, a brand new experience first introduced in Windows 10 1803.

タイムライン

UserActivity APIUserActivity API

Windows.ApplicationModel.UserActivities.UserActivity API は、Activity を Timeline に事前設定するものです。The Windows.ApplicationModel.UserActivities.UserActivity API is what populates an Activity into Timeline.

次に示すように、アダプティブ カードは VisualElementContent プロパティを介して供給されます。The Adaptive Card will be supplied via the Content property of VisualElement, as seen below:

UserActivity userActivity = await channel.GetOrCreateUserActivityAsync(activityId, new HostName("contoso.com"));
userActivity.ActivationUri = new Uri("rss-reader:article?" + article.Link);
userActivity.DisplayText = article.Title; //used for details tile text
userActivity.VisualElements.Content = AdaptiveCardBuilder.CreateAdaptiveCardFromJson(jsonString);
await userActivity.SaveAsync();

学習モジュールLearning Module

これらの手順をエンド ツー エンドで説明する、45 分間の優れた学習モジュールがあります。There is a great 45-min learn module that covers these steps end-to-end.

アダプティブ カードを Windows 10 タイムラインに統合するIntegrate adaptive cards into Windows 10 Timeline

詳細情報Learn more

Build 2017 のこのセッションでは、ユーザー アクティビティを詳細に扱っています。This session at Build 2017 covers User Activities in detail.

その他の Windows サーフェスOther Windows Surfaces

まだ発表できる内容はありませんが、より多くの Windows エクスペリエンスにアダプティブ カードを組み込むための作業を進めています。We don't have anything to share just yet, but we're working on incorporating Adaptive Cards into more Windows experiences.

もっと詳しく!Dive in!

このチュートリアルで扱ったのはごく初歩的な内容です。今すぐ下記のリンクから、アダプティブ カードのことをもっと詳しく知りましょう。We've barely scratched the surface in this tutorial, so check back soon and browse the links below to explore more about Adaptive Cards.