はじめに-.NET WPFGetting started - .NET WPF

はじめにページで説明したように、アダプティブカードは JSON でシリアル化されたカードオブジェクトモデルです。As we described in Getting Started page, an Adaptive Card is a JSON-serialized card object model. このライブラリにより、アプリ内で使用できる WPF UI に JSON を簡単にレンダリングできるようになります。This library makes it easy to render that JSON into WPF UI that you can use within your app.

NuGet のインストールNuGet install

Nuget インストールNuget install

Install-Package AdaptiveCards.Rendering.Wpf

Xceed 拡張入力パッケージXceed enhanced input package

このオプションのパッケージを使用すると、WPF が提供する機能を超えるアダプティブカード入力コントロールが拡張されます。This optional package enhances the Adaptive Card Input controls beyond what WPF provides out of the box. Extended.Wpf.Toolkit に依存しています。It has a dependency on Extended.Wpf.Toolkit

Nuget インストールNuget install

Install-Package AdaptiveCards.Rendering.Wpf.Xceed

WPF ビジュアライザーのサンプルWPF Visualizer Sample

ビジュアライザーのスクリーンショット

Wpf ビジュアライザーのサンプルでは、wpf を使用してカードを視覚化できます。The WPF Visualizer sample lets you visualize cards using WPF. Host Config エディターはホストの構成設定を編集および表示するために組み込まれています。A Host Config editor is built in for editing and viewing host config settings. これらの設定を JSON として保存し、アプリケーションでのレンダリングに使用します。Save these settings as a JSON to use them in rendering in your application.

次のステップ:Next steps

次のステップについては、「カードをレンダリングする」を参照してください。See Render a card for the next steps!