Tabular Model Scripting Language (TMSL) のリファレンスTabular Model Scripting Language (TMSL) Reference

適用対象: SQL Server 2016 以降 Analysis Services Azure Analysis Services Power BI Premium

表形式モデルのスクリプト言語 (TMSL) は、互換性レベル1200以上の表形式データモデルに対するコマンドとオブジェクトモデルの定義の構文です。Tabular Model Scripting Language (TMSL) is the command and object model definition syntax for tabular data models at compatibility level 1200 or higher. TMSL は、XMLA プロトコルを介して Analysis Services と通信し XMLA.Execute ます。このメソッドは、TMSL の JSON ベースの ステートメント スクリプトと、Analysis Services スクリプト言語 (XMLA 用 assl) の従来の XML ベースのスクリプトの両方を受け入れます。TMSL communicates with Analysis Services through the XMLA protocol, where the XMLA.Execute method accepts both JSON-based statement scripts in TMSL as well as the traditional XML-based scripts in Analysis Services Scripting Language (ASSL for XMLA).

TMSL の主な要素:Key elements of TMSL:

  • 表形式モデルのセマンティクスに基づく表形式のメタデータ。Tabular metadata based on tabular model semantics.

    表形式モデルは、テーブル、列、およびリレーションシップで構成されます。A tabular model is composed of tables, columns, and relationships. TMSL の同等のオブジェクト定義は現在、驚くべきことではなく、テーブル、列、リレーションシップなどです。Equivalent object definitions in TMSL are now, not surprisingly, tables, columns, relationships, and so forth. 新しいメタデータエンジンでは、これらの定義がサポートされています。A new metadata engine supports these definitions.

  • オブジェクト定義は、XML ではなく JSON として構成されます。Object definitions are structured as JSON instead of XML.

    ペイロードの形式 (JSON または XML) を除き、TMSL と ASSL は、サーバーの通信とデータ転送に使用される XMLA メソッドに対してコマンドとメタデータを提供する方法と機能的に同等です。With the exception of how the payload is formatted (in either JSON or XML), both TMSL and ASSL are functionally equivalent in how they provide commands and metadata to XMLA methods used for server communication and data transfer.

TMSL の使用方法How to use TMSL

TMSL スクリプトを調べる最も簡単な方法は、既に知られているモデルで SQL Server Management Studio (SSMS) の CREATE、ALTER、DELETE、または Process コマンドを使用することです。The easiest way to explore TMSL scripting is using the CREATE, ALTER, DELETE, or Process commands in SQL Server Management Studio (SSMS) on a model you already know.

  1. 使用するコマンドを探します: Tmsl リファレンス-コマンドFind the command you want to use: TMSL Reference - Commands

  2. コマンドで使用されているオブジェクトのオブジェクト定義の参照を確認してください: Tmsl 参照オブジェクトCheck the object definition reference for objects used in the command: TMSL Reference - Objects

  3. TMSL スクリプトを実行する方法を選択します。Choose a method for executing the TMSL script:

モデル定義スキーマModel definition schema

次のスクリーンショットは、主要なオブジェクトを示すために折りたたまれたスキーマの簡略版を示しています。The following screenshot shows an abbreviated version of the schema, collapsed to show the major objects.

SSAS_TabularMetadata

Analysis Services のスクリプト言語Scripting languages in Analysis Services

Analysis Services は、ASSL および TMSL スクリプト言語をサポートしています。Analysis Services supports ASSL and TMSL scripting languages. 互換性レベルが1200以上で作成された表形式モデルのみが JSON 形式で記述されています。Only tabular models created at the 1200 compatibility level or higher are described in TMS in JSON format.

Analysis Services スクリプト言語 (XMLA 用 ASSL) は最初のスクリプト言語であり、互換性レベルが低い (1100 または 1103) の多次元モデルと表形式モデルの唯一のスクリプト言語です。Analysis Services Scripting Language (ASSL for XMLA) was the first scripting language, and is still the only scripting language for Multidimensional models and Tabular models at lower compatibility levels (1100 or 1103). ASSL では、表形式モデルは、 キューブ (モデルの場合) や measuregroup (テーブルの場合) などの多次元用語で記述されています。In ASSL, tabular models at 110x are described in multidimensional terms, such as cube (for a model) and measuregroup (for a table).

注意

[SQL Server Data Tools (SSDT) では、 CompatibilityLevel を1200以上に切り替えることによって、以前のバージョンの表形式モデルをアップグレードして tmsl を使用することができます。In [SQL Server Data Tools (SSDT), you can upgrade an earlier version tabular model to use TMSL by switching up its CompatibilityLevel to 1200 or higher. アップグレードは元に戻せないことに注意してください。Remember that upgrade is irreversible. アップグレードする前に、後で元のバージョンが必要になった場合に備えて、モデルをバックアップしてください。Prior to upgrading, back up your model in case you need the original version later.

次の表は、さまざまなバージョンのデータモデルを特定の互換性レベルで Analysis Services するためのスクリプト言語行列です。The following table is the scripting language matrix for Analysis Services data models across different versions, at specific compatibility levels.

VersionVersion 多次元Multidimensional 表 1-10Tabular 110x 表1200Tabular 1200 表1400Tabular 1400 表1500Tabular 1500
Azure Analysis ServicesAzure Analysis Services NANA NANA TMSLTMSL TMSLTMSL TMSLTMSL
SQL Server 2019 Analysis ServicesSQL Server 2019 Analysis Services ASSLASSL ASSLASSL TMSLTMSL TMSLTMSL TMSLTMSL
SQL Server 2017 Analysis ServicesSQL Server 2017 Analysis Services ASSLASSL ASSLASSL TMSLTMSL TMSLTMSL NANA
SQL Server 2016 Analysis ServicesSQL Server 2016 Analysis Services ASSLASSL ASSLASSL TMSLTMSL NANA NANA
SQL Server 2014 Analysis ServicesSQL Server 2014 Analysis Services ASSLASSL ASSLASSL NANA NANA NANA
SQL Server 2012 Analysis ServicesSQL Server 2012 Analysis Services ASSLASSL ASSLASSL NANA NANA NANA