この記事は機械翻訳されたものです。

Microsoft Azure

マイクロソフト azure Cordova アプリに通知をプッシュします。

Glenn Gailey

コード サンプルをダウンロードする

モバイル デバイスは増殖し、私たちの日常の存在のユビキタス一部となる, 消費者期待より自分の携帯電話のアプリから。ユーザーは今それらを警告するイベントが発生したときにアプリを期待一度単に最新の株価情報を取得するかをユーザーが生成したデータを格納するクラウドに接続するモバイル アプリの許容は、-彼らの在庫がある特定の価格を打つときなどまたはときチーム得点。今日では、ネイティブ デバイス ・ プラットフォームすべてをサポートしてプッシュ通知は、ほぼリアルタイムでユーザーと対話することができます。

Apache コルドバの Visual Studio ツールを使用して開発されたアプリケーションにプッシュ通知を送信する Microsoft Azure プラットフォームを活用するための基本的な説明します。既存のコルドバ サンプル アプリ プロジェクトを開始を作成し、必要なサービスを構成して、Visual Studio 内のすべてのプッシュ通知を登録するアプリを変更します。Android アプリにプッシュ通知を送ることに焦点を当てるよが完成した Cordova アプリ サンプル Android や iOS プラットフォームをサポートします。それは (それは)、素晴らしいではなくそれはプッシュ通知をサポートするためにアンドロイドのエミュレーターを使用する方法を紹介します。ことができる場合、エミュレーターではなく Android のデバイスを使用してください。(IOS のデバイスにプッシュ通知の送信が必要である、物理デバイスと、アップルの開発者アカウントとプラグインのモバイル サービスが Windows Phone を現在サポートしていないことに注意してください。.)

この記事で強調表示されます Visual Studio 2013 ツーリングを使用するにインストールされている更新 4 を持っている必要があります。Apache コルドバの Visual Studio ツールも必要があります (aka.ms/uopu9r)、また Visual Studio 2015 プレビューに含まれています。これらのツールのより包括的な概観の記事を参照してください"Apache コルドバと Visual Studio でハイブリッド クロス プラットフォーム アプリケーションを書く"、この問題で。

最後に、Azure のアカウントを必要があります。アカウントを持っていない場合、紺碧の試用版にサインアップし、試用の終了後も使用を続けることができます最大 10 の無料モバイル サービスを取得できます。詳細については、Azure 無料試用ページを参照してください (aka.ms/qepjcc)。

プッシュ通知のしくみ

ネイティブ デバイス プラットフォームに関係なくすべてのプッシュ通知アーキテクチャは REST ベースの詳細はプラットフォーム -­特定します。図 1 Azure を使用してプッシュ通知を送信するために必要なサービスのアーキテクチャを示しています。

プッシュ通知サービスのアーキテクチャ
図 1 プッシュ通知サービスのアーキテクチャ

見ることができる図 1、プッシュ通知アーキテクチャへのキーはプラットフォーム通知サービス (PNS)。このデバイス プラットフォーム固有のサービスのネイティブ ・ デバイスにメッセージを送信の責任であり、実際にアプリケーションではなく、通知を処理するデバイスです。見ることができます図 1 バック エンド サービスも (これは、Azure の出番) デバイスに通知を送信する必要があります。ほとんどの場合、バックエンド サービスは PNS の悪意のある使用を防ぐために行われ、通知を送信することができる PNS による認証が必要です。プッシュ通知を送信する基本的なプロセスは、このように書きます:

  1. モバイル アプリの連絡先、デバイスを識別するために使用して、サービスのハンドルを要求する PNS。これらのハンドルは耐久性ではないし、管理し、定期的に更新する必要があります。
  2. アプリケーションは格納されます、通常他のデータとサービスが正しく、デバイスをターゲットにできるようにハンドルそのバックエンド サービスに送信します。わかります、Azure はこのために素晴らしいです。
  3. プッシュ通知の送信、バック エンド サービス、プラットフォーム固有の形式 (通常 JSON または XML) のハンドルと、メッセージを含む通知サービスに要求を送信するように。
  4. PNS が要求を認証し、指定したハンドルで識別される特定のデバイスに要求メッセージを送信します。

各ネイティブ デバイス プラットフォームには、独自の PNS。つまりコルドバを使ってクロス プラットフォーム アプリケーションを作成し、メッセージを送信するとき、1 つまたは複数、次のサービス アプリケーションを準備する必要があります。

  • アップル プッシュ通知サービス (APN) の iPad と iPhone のデバイス
  • Android デバイスのための Google クラウド メッセージング サービス (GCM)
  • Windows 通知サービス (WNS) の Windows デバイス
  • マイクロソフト プッシュ通知サービス (MPNS) Windows Phone デバイス用

PhoneGap のためには、プラグインのプッシュ通知 (aka.ms/xltv38) ネイティブ デバイス PNS の Cordova アプリを登録するために使用します。しかし、さらにこの便利なプラグインは、あなたはまだ持っている両方に管理登録サポート メッセージに送信するすべての人の間で異なる、さまざまなプラットフォーム上でアプリの プラットフォーム。このすべての上にも作成して、通知を送信し、バックエンド サービスを維持する必要があります。幸いなことに、Azure の両方を登録および管理のデバイス登録、便利なバックエンド サービスから通知を送信する簡単な方法を提供することによって救助に来る Cordova アプリ。

プッシュ通知の Azure を使用なぜですか?

Azure の具体的には容易にクロス プラットフォームのモバイル デバイス アプリにプッシュ通知を送信するように設計には、次の 2 つのサービスがあります。Azure 通知ハブおよび紺碧のモバイル サービス。

通知ハブ通知ハブ、モバイル デバイスにプッシュ通知を送信するためのスケーラブルなクロスプラット フォーム ソリューションは Cordova アプリとうまく動作します。通知ハブそれぞれ PNS の登録を管理します。重要な通知のハブを使用して、単一行のコードだけで、プラットフォームに関係なく、すべての登録されているデバイスにメッセージを送信できるようにテンプレートの登録を作成できます。タグ通知を送信する対象となる特定の登録を持つデバイスにのみ使用することもできます。通知ハブについてで Azure Web サイトを参照してください。 aka.ms/nkn4n4

モバイル サービスモバイル サービス モバイル アプリケーションをサポートするために特に設計された通知ハブと統合されています。新しいモバイル サービスを作成するとき新しい通知ハブが自動的に準備されます。この記事の執筆時点で無料の層で実行されている携帯電話サービスも 100 万を 1 ヶ月無料でプッシュすることができます。プッシュ通知に加えてモバイル サービスも単純なストレージを提供します Azure SQL データベースと Google は、Facebook などの人気のあるプロバイダーと認証で、アプリのデータ 紺碧の Active Directory、Microsoft アカウントと Twitter。モバイル サービスの詳細についてで Azure Web サイトを参照してください。 aka.ms/az48v5

モバイル サービス統合されるので通知をハブ空港と、モバイル サービス クライアントを使用してプッシュ通知を登録できます。通知ハブ アクセス ポリシーまたは接続文字列に対処する必要はありません。

この文書の執筆時点携帯サービス クライアントのみをサポートしている登録 iOS と Android アプリのため。Cordova アプリ MPNS を使用して Windows Phone でサポートする場合を参照してください私のブログの記事、「プッシュ通知する PhoneGap アプリを使用して通知ハブの統合、」で aka.ms/r197ab

TodoList サンプル アプリを取得します。

モバイル アプリの接続については、モバイル サービス-コルドバ ベースのアプリケーションを含む — を Azure ストレージ、認証およびプッシュ通知のために。そのため、Cordova アプリは限り、私は、プッシュ通知を示すために使用するアプリ本当に関係ありません。それぞれ異なる JavaScript のフレームワークを使用して Visual Studio の人々 によって公開されたいくつかのコルドバ ベースの Todo サンプル アプリ プロジェクトがあります。これらのコルドバの Visual Studio ベースのサンプルを見つけることができます aka.ms/dxrr30

AngularJS は間違いなくより普及したフレームワークですが、携帯サービスの REST Api を使用してリモート データ ストレージの Todo サンプルの AngularJS バージョンを示しています。バックボーン­JS サンプル プラグインでは、モバイル サービスを使用は、プッシュ通知を追加するこのサンプルを拡張する方が簡単ですので。したがって、私は BackboneJS バージョンのサンプルを使用することを選んだ (aka.ms/sffl1f)。(もしあれば) アプリを使用する JavaScript のフレームワークにかかわらず同じ基本的な手順が適用されます。

この時点で、プロジェクトの index.html ファイルを開くと、削除、またはこのような既存のモバイル サービスの参照をコメント アウトする必要があります。

<script src="http://ajax.aspnetcdn.com/ajax/mobileservices/
  MobileServices.Web-1.1.3.min.js"></script>
<script src="services/mobile services/todolist-xplat/service.js"></script>

また、おそらく元のサンプルの service.js ファイルが含まれています全体既存 \services フォルダーを削除する必要があります。これは後で複数の MobileServiceClient の変数間の混乱を避けるために役立ちます。次のセクションでは Visual Studio を使用して新しいモバイル サービスを作成し、Cordova アプリに接続するでしょう。また、プロジェクトに PushPlugin、デバイス、およびコンソールのプラグインを追加します。

バック エンドの Azure サービスを作成します。

Visual Studio を簡単にする必要があります、Azure サービスのプロビジョニングし、直接 IDE から行うことができます。次に、Visual Studio (アクティブな Azure サブスクリプションがあると仮定して) から携帯電話サービスに新しいを作成する方法を示します。

Visual Studio のソリューション エクスプ ローラーで、プロジェクトを右クリックして追加クリックします | 接続サービス。サービス マネージャーで作成するサービスをクリックします。モバイル サービスの作成] ダイアログ ボックスで、次のフィールドを設定で示されて図 2、作成をクリックします。

  • サブスクリプション : これは、Azure サブスクリプションです。
  • Name:これは、Azure で一意である必要がありますサービスの URL の一部となり、新しいモバイル サービスの名前です。赤の X が表示されます、名を入力するときは使用できません。
  • ランタイム:このアプリはちょうど JavaScript プログラマは .NET バックエンド (ASP.NET Web API プロジェクト) よりもっと理にかなっている JavaScript (Node.js) バック エンドを使用します。
  • 地域:モバイル サービスの場所 — SQL データベースと同じ場所に理想的です。
  • データベース:同じ地域内の既存データベースを選択または理想的に自由な 1 つ、新しいデータベースを作成します。既存のデータベースを選択するとテーブルは携帯電話サービスの名前、現在のデータへのリスクはありませんので、スキーマに属しています。
  • サーバーのユーザー名とサーバーのパスワード:これらは重要な資格情報、これを安全に保ちます。モバイル サービスは再び、それらを必要はありませんが、別のモバイル サービスをサポートするよう、何かをこのデータベースを使用する場合に。

モバイル サービス] ダイアログ ボックスを作成します。
図 2、モバイル サービス] ダイアログ ボックスを作成します。

[作成] をクリックすると、新しい通知ハブとともに新しいモバイル サービスがプロビジョニングされます。サービス マネージャー] ダイアログに戻る新しいサービスを選択し、[ok] をクリックします。これは、コルドバ プロジェクトにモバイル サービスを使用する認証のため、InAppBrowser、プラグインとプラグインのモバイル サービスのバージョンを追加します。また、追加し、モバイル サービスへの接続に使用する MobileServiceClient インスタンスを定義する todolist cordova.js などの新しいコード ファイルを開きます。このファイルのままに開いている; 後でここで更新をするでしょう。

次に、アプリを使用してアイテムを格納できます、SQL データベースの TodoItem の新しいテーブルを作成する必要があります。サーバー エクスプ ローラーを開き、Azure ノードとし、[モバイル サービス] ノードを展開し、モバイル サービスを右クリックし、作成するテーブルを選択します。、TodoItem テーブル名を入力し、作成をクリックします。サーバー エクスプ ローラーで [モバイル サービス] ノードの下 TodoItem の新しいテーブルが追加されます。このノードは、モバイル サービスの新しいテーブルとして公開されている、新しい SQL データベース テーブルに対応します。

この時点でデフォルト挿入スクリプトの exe ファイルを更新する必要があります­モバイル サービスが新しいテーブルに挿入が行われたときに入る。サーバー エクスプ ローラーで、追加した TodoItem テーブルを展開、insert.js ファイルを開き、既存の insert 関数に示すコードで置き換えます図 3

図 3 TodoItem テーブルに項目を挿入するときに実行されるスクリプト

function insert(item, user, request) {
  // Execute the request and send notifications.
  request.execute({
    success: function () {
      // Create a template-based payload.
      var payload = '{ "message" : "New item added: ' + item.text + '" }';
      // Write the default response and send a template notification
      // to all registered devices on all platforms.           
      push.send(null, payload, {
        success: function (pushResponse) {
          console.log("Sent push:", pushResponse);
          // Send the default response.
          request.respond();
        },
        error: function (pushResponse) {
          console.log("Error Sending push:", pushResponse);
          // Send the error response.
          request.respond(500, { error: pushResponse });
        }
      });
    }
  });
}

コードでは、 図 3 登録済みのすべてのデバイスにテンプレート ベースのプッシュ通知を送信するプッシュ オブジェクトの送信メソッドを呼び出します。この例のようにの最初のパラメーター (タグ) に null を渡す代わりにもタグ値またはタグの配列を渡すことができます。タグを使用するとき通知ハブは通知登録がこれらのタグのいずれかが含まれているデバイスに送信されます。タグの詳細を参照してください aka.ms/cwr4l4

最後に、次のセクションで作成しますアプリの PNS 資格情報を登録することができますので、Azure 管理ポータル Web サイトに移動する必要があります。サーバー エクスプ ローラーで、Azure では、モバイル サービスのノードを右クリックし、管理ポータルで開く] をクリックして、ポータルにサインインします。この時点で、新しいモバイル サービスのため (唯一の記号で示されます) [クイック スタート] タブにする必要があります。プッシュのタブをクリックし、ページの上部にあなたの携帯電話サービスで使用される通知ハブの名前に注意してください。これを知っている場合は () が表示されます後に Visual Studio に通知ハブにトラブルシューティングする必要がある必要があります。GCM 設定、ページの下部までスクロールします。これは、プッシュ通知を準備できたら、GCM API キーを設定する場所です。

メッセージング サービス Google クラウドをプロビジョニングします。

プッシュ通知を構成する最も時間のかかる部分通常 PNS でアプリのプロビジョニングです。ありがたいことに、このプロビジョニングされる必要があるだけ一度与えられたアプリとプラットフォーム。Android は、Google アカウント Google の開発者コンソールの Web サイトで GCM による Cordova アプリを準備する必要があります (aka.ms/wt80js)。一度サインインすると、プロジェクトの作成をクリックして、プロジェクト名と (オプションで) 一意のプロジェクト ID を指定します、条項に同意、作成をクリックします。作成、新しいプロジェクトが表示されます。値をメモしますプロジェクト番号、ページの上部に表示されます。 後で必要があります。

次に、Api の拡張 & auth、Api をクリックして、Android 向け Google クラウド メッセージングまで下にスクロール、それを有効にする、サービスの条項に同意します。Api の下で今、& auth、[資格情報] をクリックして、パブリック API アクセス] で [新しいキーの作成] をクリックして、サーバーのキーし、[作成] をクリックします。API キーの値を書き留めます。Azure 管理ポータルに戻って「google クラウド メッセージングの設定」セクションの下の API キーを入力し、保存クリックします。、

API キーは今設定され通知ハブ GCM をアプリにプッシュ通知を送信する使用できます。場合、GCM をプロビジョニングに問題があるまたはに最新、詳細な手順の記事では、「どのようにする Google クラウド メッセージングの有効化、」GCM を準備見つける Web サイトが変更された場合常にすることができます、 Azure の Web サイト aka.ms/po7r8n。Azure Web サイトに APN が記事では、「方法を有効にするとアップルのプッシュ通知、"iOS のクライアントのプロビジョニングのため、同等の手順を実行を検索することもできます aka.ms/vooydc.そのため通知ハブは、独立したサービスです、他のバックエンド サービスも使用できますこの登録アプリに通知を送信するに注意してください。

通知用のレジスタにクライアントを更新します。

アプリの起動時に Azure とプッシュ通知を登録するダウンロード TodoList サンプル プロジェクトを更新するを行う必要があります最後のことです。まず、必要なプラグインを追加する必要があります。ソリューション エクスプ ローラーで、ファイルをダブルクリックして、config.xml プロジェクトを構成デザイナーで開き、[プラグイン] タブを選択します。コア、下デバイス、コンソール、地理位置情報のプラグインを追加します。プラグインの Azure モバイル サービスが既にインストールされている場合はそれをアンインストールする削除をクリックします-サポート プッシュ通知より新しいバージョンをインストールする必要があります。次に、クリックしてカスタム Git、Azure モバイル サービス プラグイン リポジトリに次の URL を入力し、選択し、追加をクリックします。

https://github.com/Azure/azure-mobile-services-cordova.git

これは、モバイル サービス クライアント ライブラリを含むプラグインの最新バージョンをインストールします。次のリポジトリ URL を使用して、プロジェクトに、PushPlugin を追加する前の手順を繰り返します。

https://github.com/phonegap-build/PushPlugin.git

図 4 を示していますどのように単純な Visual Studio プロジェクトに追加する任意の有効なコルドバ プラグインあなたになり。

プラグインの PushPlugin App プロジェクトに追加します。
図 4 プラグインの PushPlugin App プロジェクトに追加します。

モバイル サービスの接続をプロジェクトに追加したときに作成されたプロジェクト ファイルを開く (todolist-cordova.js todolist コルドバの名前など名前を持つ 1 つ、 サービス)。既存 MobileServiceClient のコンス トラクターで、モバイル サービスとアプリケーション キー (ので、それらは上書きされますを取得しないでください) の URL が含まれているのコピーを保存し、生成されたこのコードを置き換える 示すコードで図 5

図 5 のコードのプッシュ通知のアプリ起動時の Azure で登録されます。

var GCM_SENDER_ID = '<your_project_number>'; // Replace with your own ID.
var mobileServiceClient;
var pushNotification;
// Create the Azure client register for notifications.
document.addEventListener('deviceready', function () {
  mobileServiceClient = new WindowsAzure.MobileServiceClient(
    'https://todolist-cordova.azure-mobile.net/',
    'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX');
  // Define the PushPlugin.
  pushNotification = window.plugins.pushNotification;
  // Platform-specific registrations.
  if (device.platform == 'android' || device.platform == 'Android') {
    // Register with GCM for Android apps.
    pushNotification.register(successHandler, errorHandler,
      {
        "senderID": GCM_SENDER_ID,
        "ecb": "onGcmNotification"
      });
  }
});
// Handle a GCM notification.
function onGcmNotification(e) {
  switch (e.event) {
    case 'registered':
      // Handle the registration.
      if (e.regid.length &gt; 0) {
        console.log("gcm id " + e.regid);
        if (mobileServiceClient) {
          // Template registration.
          var template = "{ \"data\" : {\"message\":\"$(message)\"}}";
          // Register for notifications.
          mobileServiceClient.push.gcm.registerTemplate(e.regid,
            "myTemplate", template, null)
            .done(function () {
              alert('Registered template with Azure!');
            }).fail(function (error) {
              alert('Failed registering with Azure: ' + error);
            });
          }
        }
        break;
      case 'message':
        if (e.foreground) {
          // Handle the received notification when the app is running
          // and display the alert message.
          alert(e.payload.message);
          // Reload the items list.
          refreshTodoItems();
        }
        break;
      case 'error':
        alert('Google Cloud Messaging error: ' + e.message);
        break;
      default:
        alert('An unknown GCM event has occurred');
        break;
  }
}

コードでは、 図 5 GCM から登録 ID を要求し、返された登録 ID を作成または更新通知ハブ登録を使って。注意してください図 5 付属プロジェクト ダウンロード Android と iOS のコードが含まれているに対し、Android のために必要な GCM コードのみを格納します。このプロジェクトで実行するコードを取得するに Visual Studio のツールによって追加された保存された 1 つ MobileServiceClient コンス トラクターに置き換えます。また、Google の開発者コンソールでアプリのプロジェクト番号を GCM_SENDER_ID を設定します。

プッシュ通知のアンドロイドのエミュレーターを構成します。

IOS のシミュレータとは異なり、いくつかの余分な構成手順を実行する提供 Android エミュレーター上のプッシュ通知を受信できます。基本的には、Google Api を使用して Google アカウントを追加する必要があります。物理的な Android デバイスを使用して、これらの手順をスキップし、実行してアプリケーションをテストするには、次のセクションに移動できます。、(再度、可能であれば、本当にすることが必要物理的な Android デバイス上で実行-Android SDK に付属しているエミュレーターは耐え難いほど遅いが、動作します)。

コマンド プロンプトから"android avd「Android 仮想デバイス (AVD) マネージャーを表示するを入力します。少なくとも 1 つ AVD の使用可能な時々 MyEmulator と呼ばれるが必要です。AVD を持っていない場合は、1 つを作成する必要があります。選択あなた AVD 編集をクリックして、Google の Api をターゲットに設定し、[ok] をクリックします。このエミュレーターを実行する開始をクリックします。エミュレーターでアプリ アイコンをクリックし、設定をクリックします。アカウントまでスクロール、アカウントの追加] をクリックして、グーグルをクリックして、エミュレーターを新規または既存のアカウントを追加します。Google アカウントを追加、エミュレーター上の通知を受け取ることができます。

エミュレーターで Google アカウントを追加した、一度 (しない限り、[エミュレーター オプション] でスナップショットを有効にしている) を実行しているエミュレーターを維持する計画する必要があります。それ以外の場合はときに、エミュレーターを再起動して、再び通知を受信できるようにする Google アカウントを再度追加する必要がありますデバイスの状態を維持することはありません。

アプリを実行して、プッシュ通知の生成

初めてのアプリを実行する新しい登録通知ハブに作成されます。以降の起動時に既存の登録は、GCM によって返される最も最近の登録 ID で更新されます。選択した Android エミュレーターで起動し、アプリを実行する f5 キーを押します。Visual Studio が起動 Android プラットフォーム向け Cordova ビルドとアプリに展開され、(それも開始エミュレーターは、必要な場合) 実行中のエミュレーターに開始。アプリケーションが読み込まれると、警告が表示されますアプリが正常に登録 (または登録を更新します) Azure とプッシュ通知の。新しいアイテム、onGcmNotification 関数を追加する (で示されて図 5) アプリが実行されていると警告のメッセージが表示されるときに受信メッセージを処理.

アプリが実行されていない、するステータス バーに通知が終了します。図 6 (左) に警告として表示される通知が表示されます、ステータス バー。

通知メッセージ警告 (左) と、ステータス バーに表示されます。
図 6 通知メッセージ警告 (左) と、ステータス バーに表示されます。

送信直後後、アプリから切り替えることでこの動作をテストできます。または、send メソッドが呼び出される前に挿入スクリプトに遅延を追加することができますこれを行うに十分な時間がない場合。ステータス バーの通知をクリックすると、アプリが起動します。

これを実証する別の方法は、アプリにテスト通知を送信することによって。

テスト通知を送信することによって登録をトラブルシューティングします。

いくつかのサービスとさまざまな登録が関与するのでプッシュ通知のトラブルシューティングを行うは難しいことがあります。幸いにも、通知のハブのための診断機能が組み込まれて右 Visual Studio 2013。 サーバー エクスプ ローラーから Azure し通知ハブを展開し、記載されている通知ハブ参照してくださいする必要があります。この項目をダブルクリックして、Visual Studio で開くと右診断ページが表示されます (を参照してください図 7)。このページは、次の 2 つのタブ:

  • テスト送信:これは作成し、通知のハブを使用してメッセージを送信することができます。特定のネイティブ ・ デバイスの登録をターゲットすることができますまたは、この場合は、テンプレート登録。送信は、特定の通知をクリックするとが送信されます。 結果、通知ハブによって記録されるように残っているメッセージの結果。
  • デバイスの登録:これは通知のハブに現在存在するすべての登録を列挙します。このタブから登録を削除または登録のためのタグのコレクションを更新することができます。このタブでアプリを起動したときにだけ追加された少なくとも 1 つの登録を参照してくださいする必要があります。

通知ハブ診断ページ
図 7 通知ハブ診断ページ

覚えて、Visual Studio からテスト通知を送信して、アプリが実行されていない、ステータス バーにメッセージが表示されます。アプリを実行していた、アラートは育てられた代わりに (はのように図 6)。

Azure 管理ポータルで [通知ハブ] タブでプッシュ通知テストの同じ機能の多くを見つけることができます (manage.windowsazure.com)、それが 偉大なテストし、いくつかの基本的な権利を Visual Studio IDE でデバッグを行うことができます。

簡略化された通知

確認は、モバイル ユーザー今これまで以上に期待彼らの装置にそれらを自分たちの利益と彼らの周り何が起こっているかに関する最新情報と最新保ちます。モバイル アプリは、アプリで提供される重要なデータの更新についてのリアルタイムの近くに、あなたの顧客に通知することができる必要があります。コルドバ ベースのアプリケーションなどのクロス プラットフォーム アプリケーションで 4 つ以上の異なるネイティブ プッシュ通知プラットフォームを扱うを設定および管理するが難しいことができます。

テンプレート ベースの登録のサポート、通知ハブは Cordova アプリにプッシュ通知を送信するための最適なソリューションです。プッシュ機能は、PushPlugin であなたのアプリケーションで有効です。モバイル サービスのデータ ストレージ機能と認証機能と組み合わせると、Azure プラットフォーム Cordova アプリをサポートするため便利です。クロス プラットフォーム アプリケーションをサポートするために Azure の使用に関する詳細についてを参照してください紺碧トピックをサポート複数デバイス プラットフォームから単一携帯サービス"、" aka.ms/w7oq0y。Visual Studio は、偉大なプラットフォームだけでなく Cordova アプリの開発、それはまた作成および Cordova アプリの Azure を管理するための素晴らしいツールです。


Glenn Gaileyは、プログラマの作家と 14 年間マイクロソフト ベテランの Azure モバイル サービス、通知ハブ WCF データのドキュメントおよびサンプルが作成 サービス、OData、ADO.NET エンティティ フレームワーク、SQL Server レプリケーションと SQL Server CE 。 彼に到達glenn.gailey@microsoft.com で Twitter 経由で、または ggailey777

次この記事のレビューのマイクロソフト技術支援スタッフのおかげで:スレシュ Jayabalan、マイクジョーンズ、Piyush 女子