February 2017

Volume 32 Number 2

Azure - Azure Functions によるサーバーなしのアーキテクチャ

Azure - Azure Functions によるサーバーなしのアーキテクチャ

Joseph Fultz

サーバーなしのコンピューティングは、クラウド向けにアプリケーションをビルドする方法と考えることができます。つまり、アプリケーションのインフラストラクチャがコードから抽象化され、無制限のスケーラビリティが提供されます。今回は Joseph Fultz と Darren Brust がこのサーバーなしという考え方を取り上げ、このアーキテクチャが Azure Functions によってサポートされるしくみを説明します。

Cutting Edge - イベントと CQRS による社内ビジネス インテリジェンスコラム

Cutting Edge - イベントと CQRS による社内ビジネス インテリジェンス

Dino Esposito

可能な限り低レベルの抽象化で保存され、手を加えられていない情報は、その後さまざまな方法かつさまざまなタイミングで使われる可能性があります。今回は、イベント ソース ソリューションにビジネス インテリジェンス機能を追加する方法を示します。

Azure - Azure App Service Architecture 徹底解剖

Azure - Azure App Service Architecture 徹底解剖

Yochay Kiriaty

Azure App Service は機能満載の PaaS (Platform-as-a-Service) で、Web、モバイル、API の各アプリケーションのスケールを複雑さを伴わにグローバル レベルへと拡張できるようにします。今回は、App Service のスケール単位にアプリケーションをマップする方法と、App Service インフラストラクチャ内でアプリケーションを実行する方法について説明します。

データ ポイント - Azure Search の概要 — ハンドヘルド チュートリアルコラム

データ ポイント - Azure Search の概要 — ハンドヘルド チュートリアル

Julie Lerman

今回 Julie Lerman が取り上げるのは Azure Search です。このサービスにより、マイクロソフトが検索に使用しているプロセスやインテリジェンスを取り込み、独自のデータに対して洗練された検索機能を実現できるようになります。

モバイル DevOps - アプリやサービスのアクティブ監視による開発の推進

モバイル DevOps - アプリやサービスのアクティブ監視による開発の推進

Kraig Brockschmidt

Kraig Brockschmidt による「モバイル DevOps」シリーズの最終回です。今回は Thomas Dohmke と Alan Cameron Wills の協力を得て、アプリやサービスの監視に利用できるツールやプラクティスを取り上げます。また、Application Insights と HockeyApp についても調べます。

テストの実行 - C# を使用した符号検定コラム

テストの実行 - C# を使用した符号検定

James McCaffrey

今回は、符号検定が解決する問題の種類、C# を使用して符号検定を実行する方法、符号検定の結果を解釈する方法について説明します。

HoloLens - 仮想現実から複合現実への移行

HoloLens - 仮想現実から複合現実への移行

Tim Kulp

複合現実は仮想現実をさらに進めたもので、仮想の世界と現実の世界を組み合わせて、総合的なエクスペリエンスを生み出します。今回 Tim Kulp が 9 月号で作成した仮想現実アプリを更新し、視線入力、ジェスチャ、音声を対話に使用する複合現実アプリを実現します。

働くプログラマ - MEAN あれこれ: Angular への取り組みコラム

働くプログラマ - MEAN あれこれ: Angular への取り組み

Ted Neward

今月の「働くプログラマ」コラムでは、Ted Neward がいよいよ Angular 2 に取り組みます。まず、基本的な “Hello World” を作成し、Angular 2 が取り入れている重要な概念をいくつか調査します。

最新のアプリ - Twitter 検索ユーティリティコラム

最新のアプリ - Twitter 検索ユーティリティ

Frank La La

ユニバーサル Windows プラットフォームの Twitter 検索クライアントを UWP Community Toolkit を使って作成する方法を Frank La Vigne が紹介します。

ちょっとひと言 - 反発コラム

ちょっとひと言 - 反発

David Platt

AI と機械学習の時代になり、ソフトウェアが運転席に座り、かつては人間だけが行えると信じていた仕事を行います。「問題が起きたらどうなるのだろう」と David Platt が問い掛けます。

新進気鋭 - お年寄り優先: 成功と昔の開発者コラム

新進気鋭 - お年寄り優先: 成功と昔の開発者

Krishnan Rangachari

「30 歳過ぎは信じるな」 これは 1960 年代の反体制時代のキャッチフレーズで、技術業界で管理職を採用する際の格言として重宝されていました。今回はこれに闘いを挑みます。

編集長より - サーバーなしの未来コラム

編集長より - サーバーなしの未来

Michael Desmond

サーバーなしのアプローチがアプリケーションの作成や配置の方法を変えていくにつれて、サービスが支配する未来に向けての動きが続きます。