ASP.NET Core 5.0 から 6.0 への移行

この記事では、既存の ASP.NET Core 5.0 プロジェクトを ASP.NET Core 6.0 に更新する方法について説明します。 ASP.NET Core 3.1 から ASP.NET Core 6.0 に移行する方法については、「 ASP.NET Core 3.1 から 6.0 への移行」を参照してください。

前提条件

global.json で .NET SDK バージョンを更新する

特定の .NET SDK バージョンを対象とする global.json ファイルを使用する場合は、version プロパティを、インストールされる .NET 6.0 SDK バージョンに更新します。 次に例を示します。

{
  "sdk": {
-    "version": "5.0.100"
+    "version": "6.0.100"
  }
}

ターゲット フレームワークを更新する

プロジェクト ファイルのターゲット フレームワーク モニカー (TFM)net6.0 に更新します。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk.Web">

  <PropertyGroup>
-    <TargetFramework>net5.0</TargetFramework>
+    <TargetFramework>net6.0</TargetFramework>
  </PropertyGroup>

</Project>

パッケージ参照の更新

プロジェクト ファイルで、各 Microsoft.AspNetCore.* および Microsoft.Extensions.* パッケージ参照の Version 属性を 6.0.0 以降に更新します。 次に例を示します。

<ItemGroup>
-    <PackageReference Include="Microsoft.AspNetCore.JsonPatch" Version="5.0.3" />
-    <PackageReference Include="Microsoft.Extensions.Caching.Abstractions" Version="5.0.0" />
+    <PackageReference Include="Microsoft.AspNetCore.JsonPatch" Version="6.0.0" />
+    <PackageReference Include="Microsoft.Extensions.Caching.Abstractions" Version="6.0.0" />
</ItemGroup>

新しいホスティング モデル

ASP.NET Core アプリの新しい .NET 6 最小ホスティング モデルで必要となるのは、1 つのファイルと数行のコードのみです。 6.0 に移行するアプリでは、新しい最小限のホスティング モデルを使用する必要はありません。 詳細については、次のセクションの「 6.0 に移行するアプリは、新しい最小ホスティング モデルを使用する必要はありません 」を参照してください。

ASP.NET Core の空のテンプレートの次のコードは、新しい最小ホスティング モデルを使用してアプリを作成します。

var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);
var app = builder.Build();

app.MapGet("/", () => "Hello World!");

app.Run();

最小ホスティング モデルには、次の特長があります。

  • アプリの作成に必要なファイルの数とコードの行数を大幅に削減します。 必要なのは、1 つのファイルと 4 行のコードのみです。
  • Startup.csProgram.cs を 1 つの Program.cs ファイルに統合します。
  • トップレベル ステートメントを使用して、アプリに必要なコードを最小限に抑えます。
  • global using ディレクティブ を使用して、using ステートメントを不要にするか、または必要とするその行数を最小限に抑えます。

次のコードは、使用されない using ステートメントが削除された、ASP.NET Core 5 Web App テンプレート (Razor Pages) の Startup.cs および Program.cs ファイルを示しています。

using Microsoft.AspNetCore.Builder;
using Microsoft.AspNetCore.Hosting;
using Microsoft.Extensions.Configuration;
using Microsoft.Extensions.DependencyInjection;
using Microsoft.Extensions.Hosting;
// Unused usings removed.

namespace WebAppRPv5
{
    public class Startup
    {
        public Startup(IConfiguration configuration)
        {
            Configuration = configuration;
        }

        public IConfiguration Configuration { get; }

        // This method gets called by the runtime. Use this method to add services to the container.
        public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
        {
            services.AddRazorPages();
        }

        // This method gets called by the runtime. Use this method to configure the HTTP request pipeline.
        public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
        {
            if (env.IsDevelopment())
            {
                app.UseDeveloperExceptionPage();
            }
            else
            {
                app.UseExceptionHandler("/Error");
                // The default HSTS value is 30 days. You may want to change this for production scenarios, see https://aka.ms/aspnetcore-hsts.
                app.UseHsts();
            }

            app.UseHttpsRedirection();
            app.UseStaticFiles();

            app.UseRouting();

            app.UseAuthorization();

            app.UseEndpoints(endpoints =>
            {
                endpoints.MapRazorPages();
            });
        }
    }
}
using Microsoft.AspNetCore.Hosting;
using Microsoft.Extensions.Hosting;
// Unused usings removed.

namespace WebAppRPv5
{
    public class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            CreateHostBuilder(args).Build().Run();
        }

        public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
            Host.CreateDefaultBuilder(args)
                .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
                {
                    webBuilder.UseStartup<Startup>();
                });
    }
}

ASP.NET Core 6 では、上記のコードが次のコードに置き換えられます。

var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);

// Add services to the container.
builder.Services.AddRazorPages();

var app = builder.Build();

// Configure the HTTP request pipeline.
if (!app.Environment.IsDevelopment())
{
    app.UseExceptionHandler("/Error");
    // The default HSTS value is 30 days. You may want to change this for production scenarios, see https://aka.ms/aspnetcore-hsts.
    app.UseHsts();
}

app.UseHttpsRedirection();
app.UseStaticFiles();

app.UseRouting();

app.UseAuthorization();

app.MapRazorPages();

app.Run();

上記の ASP.NET Core 6 のサンプルは、次の方法を示しています。

最小のホスティング モデルを使用して ASP.NET Core 5 の Startup コードを ASP.NET Core 6 に移行する詳細な例については、このドキュメントで後ほど説明します。

Web App テンプレート用に生成された他のファイルに対して、いくつかの変更があります。

  • Index.cshtml および Privacy.cshtml では、使用されない using ステートメントが削除されます。
  • Error.cshtmlRequestId は、null 許容参照型 (NRT) として宣言されます。
- public string RequestId { get; set; }
+ public string? RequestId { get; set; }
  • ログ レベルの既定値は、次の中でappsettings.jsonappsettings.Development.json変更されています。
- "Microsoft": "Warning",
- "Microsoft.Hosting.Lifetime": "Information"
+ "Microsoft.AspNetCore": "Warning"

上記の ASP.NET Core テンプレート コードでは、 "Microsoft": "Warning" 次に "Microsoft.AspNetCore": "Warning"変更されています。 この変更により、名前空間Microsoft.AspNetCore以外のすべての情報メッセージがログにMicrosoft記録されます。 たとえば Microsoft.EntityFrameworkCore は、情報レベルでログに記録されるようになりました。

新しいホスティング モデルの詳細については、「よく寄せられる質問」セクションを参照してください。 NRT と .NET コンパイラの null 状態分析詳細については、「null 許容参照型 (NRT) と .NET コンパイラの null 状態スタティック分析」セクションを参照してください。

6.0 に移行するアプリでは、新しい最小限のホスティング モデルを使用する必要はありません

Startup ASP.NET Core 3.1 および 5.0 テンプレートで使用される汎用ホストと使用する汎用ホストは、完全にサポートされています。

新しい最小ホスティング モデルで Startup を使用する

ASP.NET Core 3.1 および 5.0 アプリでは、新しい最小限のホスティング モデルでコードを Startup 使用できます。 ASP.NET Core 3.1 または 5.0 Razor Pages テンプレートによって生成される次のコードを検討してください。

public class Program
{
    public static void Main(string[] args)
    {
        CreateHostBuilder(args).Build().Run();
    }

    public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
        Host.CreateDefaultBuilder(args)
            .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
            {
                webBuilder.UseStartup<Startup>();
            });
}
public class Startup
{
    public Startup(IConfiguration configuration)
    {
        Configuration = configuration;
    }

    public IConfiguration Configuration { get; }

    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
        services.AddRazorPages();
    }

    public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
    {
        if (env.IsDevelopment())
        {
            app.UseDeveloperExceptionPage();
        }
        else
        {
            app.UseExceptionHandler("/Error");
            app.UseHsts();
        }

        app.UseHttpsRedirection();
        app.UseStaticFiles();
        app.UseRouting();

        app.UseEndpoints(endpoints =>
        {
            endpoints.MapRazorPages();
        });
    }
}

上記のコードは、新しい最小ホスティング モデルに移行されました。

using Microsoft.AspNetCore.Builder;

var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);

var startup = new Startup(builder.Configuration);

startup.ConfigureServices(builder.Services);

var app = builder.Build();

startup.Configure(app, app.Environment);

app.Run();
public class Startup
{
    public Startup(IConfiguration configuration)
    {
        Configuration = configuration;
    }

    public IConfiguration Configuration { get; }

    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
        services.AddRazorPages();
    }

    public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
    {
        if (!env.IsDevelopment())
        {
            app.UseExceptionHandler("/Error");
            app.UseHsts();
        }

        app.UseHttpsRedirection();
        app.UseStaticFiles();
        app.UseRouting();

        app.UseEndpoints(endpoints =>
        {
            endpoints.MapRazorPages();
        });
    }
}

前のコードでは、 if (env.IsDevelopment())開発モードでは開発者例外ページ ミドルウェアが既定で有効になっているため、ブロックは削除されます。 詳細については、次のセクションの 「ASP.NET Core 5 と 6 のホスティング モデルの違い 」を参照してください。

カスタム依存関係挿入 (DI) コンテナーを使用する場合は、次の強調表示されたコードを追加します。

using Autofac;
using Autofac.Extensions.DependencyInjection;
using Microsoft.AspNetCore.Builder;
using Microsoft.Extensions.Hosting;

var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);

var startup = new Startup(builder.Configuration);

startup.ConfigureServices(builder.Services);

// Using a custom DI container.
builder.Host.UseServiceProviderFactory(new AutofacServiceProviderFactory());
builder.Host.ConfigureContainer<ContainerBuilder>(startup.ConfigureContainer);

var app = builder.Build();

startup.Configure(app, app.Environment);

app.Run();
using Autofac;
public class Startup
{
    public Startup(IConfiguration configuration)
    {
        Configuration = configuration;
    }

    public IConfiguration Configuration { get; }

    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
        services.AddRazorPages();
    }

    //  Using a custom DI container
    public void ConfigureContainer(ContainerBuilder builder)
    {
        // Configure custom container.
    }

    public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
    {
        if (!env.IsDevelopment())
        {
            app.UseExceptionHandler("/Error");
            app.UseHsts();
        }

        app.UseHttpsRedirection();
        app.UseStaticFiles();
        app.UseRouting();

        app.UseEndpoints(endpoints =>
        {
            endpoints.MapRazorPages();
        });
    }
}

最小限のホスティング モデルを使用する場合、エンドポイント ルーティング ミドルウェアはミドルウェア パイプライン全体をラップするため、ルートへの明示的な呼び出し UseRoutingUseEndpoints 登録を行う必要はありません。 UseRouting は引き続きルートマッチングが発生する場所を指定するために使用できますが UseRouting 、ミドルウェア パイプラインの先頭でルートを照合する必要がある場合は明示的に呼び出す必要はありません。

次のコードでは、 UseRoutingUseEndpointsStartup. MapRazorPagesProgram.cs で呼び出されます。

public class Startup
{
    public Startup(IConfiguration configuration)
    {
        Configuration = configuration;
    }

    public IConfiguration Configuration { get; }

    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
        services.AddRazorPages();
    }

    public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
    {
        if (!env.IsDevelopment())
        {
            app.UseExceptionHandler("/Error");
            app.UseHsts();
        }

        app.UseHttpsRedirection();
        app.UseStaticFiles();
        //app.UseRouting();

        //app.UseEndpoints(endpoints =>
        //{
        //    endpoints.MapRazorPages();
        //});
    }
}
using Microsoft.AspNetCore.Builder;

var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);

var startup = new Startup(builder.Configuration);

startup.ConfigureServices(builder.Services);

var app = builder.Build();

startup.Configure(app, app.Environment);

app.MapRazorPages();

app.Run();

新しい最小ホスティング モデルで使用 Startup する場合は、次の違いに注意してください。

  • Program.cs は、クラスのインスタンス化と有効期間を Startup 制御します。
  • メソッドに挿入される追加の Configure サービスは、クラスによって手動で解決する Program 必要があります。

ASP.NET Core 5 と 6 のホスティング モデルの違い

  • 開発モードでは、開発者例外ページ ミドルウェアが既定で有効になっています。
  • アプリ名は、エントリ ポイント アセンブリの名前である Assembly.GetEntryAssembly().GetName().FullName を既定値とします。 ライブラリで WebApplicationBuilder を使用する場合は、MVC のアプリケーション パーツ検出が機能できるように、このアプリ名をライブラリのアセンブリに明示的に変更してください。 詳細な手順については、このドキュメントの「コンテンツのルート、アプリ名、および環境を変更する」を参照してください。
  • エンドポイント ルーティング ミドルウェアはミドルウェア パイプライン全体をラップするため、ルートへの明示的な呼び出し UseRoutingUseEndpoints 登録を行う必要はありません。 UseRouting は引き続きルートマッチングが発生する場所を指定するために使用できますが UseRouting 、ミドルウェア パイプラインの先頭でルートを照合する必要がある場合は明示的に呼び出す必要はありません。
  • パイプラインは、IStartupFilter の実行前に作成されるため、パイプラインの構築中に発生した例外は、IStartupFilter 呼び出しチェーンに表示されません。
  • EF 移行などの一部のツールでは、Program.CreateHostBuilder を使用してアプリの IServiceProvider にアクセスし、アプリのコンテキストでカスタム ロジックを実行します。 これらのツールは、新しい手法を使用してアプリのコンテキストでカスタム ロジックを実行するように更新されています。 Entity Framework Migrations は、この方法で使用 Program.CreateHostBuilder するツールの例です。 ツールが新しいモデルを使用するように更新されていることを確認する作業は現在進行中です。
  • の作成WebApplicationBuilder後に、アプリ名、環境、コンテンツ ルートなどのホスト設定を変更することはできません。 ホスト設定の変更に関する詳細な手順については、「IHostBuilder または IWebHostBuilder のカスタマイズ」を参照してください。 次の強調表示された API では、例外がスローされます。
var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);

builder.Services.AddRazorPages();

// WebHost

try
{
    builder.WebHost.UseContentRoot(Directory.GetCurrentDirectory());
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

try
{
    builder.WebHost.UseEnvironment(Environments.Staging);
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

try
{
    builder.WebHost.UseSetting(WebHostDefaults.ApplicationKey, "ApplicationName2");
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

try
{
    builder.WebHost.UseSetting(WebHostDefaults.ContentRootKey, Directory.GetCurrentDirectory());
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

try
{
    builder.WebHost.UseSetting(WebHostDefaults.EnvironmentKey, Environments.Staging);
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

// Host
try
{
    builder.Host.UseEnvironment(Environments.Staging);
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

try
{
    // TODO: This does not throw
    builder.Host.UseContentRoot(Directory.GetCurrentDirectory());
}
catch (Exception ex)
{
    Console.WriteLine(ex.Message);
}

var app = builder.Build();

if (!app.Environment.IsDevelopment())
{
    app.UseExceptionHandler("/Error");
    app.UseHsts();
}

app.UseHttpsRedirection();
app.UseStaticFiles();

app.UseRouting();

app.UseAuthorization();

app.MapRazorPages();

app.Run();
  • WebApplicationBuilder.Host または WebApplicationBuilder.WebHost から Startup クラスを使用することはできません。 次の強調表示されたコードでは、例外がスローされます。

    var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);
    
    try
    {
        builder.Host.ConfigureWebHostDefaults(webHostBuilder =>
        {
            webHostBuilder.UseStartup<Startup>();
        });
    }
    catch (Exception ex)
    {
        Console.WriteLine(ex.Message);
        throw;    
    }
    
    builder.Services.AddRazorPages();
    
    var app = builder.Build();
    
    var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);
    
    try
    {
        builder.WebHost.UseStartup<Startup>();
    }
    catch (Exception ex)
    {
        Console.WriteLine(ex.Message);
        throw;    
    }
    
    builder.Services.AddRazorPages();
    
    var app = builder.Build();
    
  • WebApplicationBuilder (WebApplicationBuilder.Host) 上の IHostBuilder の実装では、ConfigureServicesConfigureAppConfiguration、または ConfigureHostConfiguration の実行は遅延されません。 実行が遅延されないため、WebApplicationBuilder を使用するコードにより、IServiceCollection および IConfiguration に加えられる変更を監視することができます。 次の例では、IService として Service1 のみを追加しています。

    using Microsoft.Extensions.DependencyInjection.Extensions;
    
    var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);
    
    builder.Host.ConfigureServices(services =>
    {
        services.TryAddSingleton<IService, Service1>();
    });
    
    builder.Services.TryAddSingleton<IService, Service2>();
    
    var app = builder.Build();
    
    // Displays Service1 only.
    Console.WriteLine(app.Services.GetRequiredService<IService>());
    
    app.Run();
    
    class Service1 : IService
    {
    }
    
    class Service2 : IService
    {
    }
    
    interface IService
    {
    }
    

上記のコードの builder.Host.ConfigureServices コールバックは、builder.Build が呼び出されるまで遅延されことはなく、インラインで呼び出されます。 つまり、Service1 は、Service2 の前に IServiceCollection に追加され、IServiceに対して Service1 が解決されます。

ASP.NET Core 6 のライブラリの構築

既存の .NET エコシステムでは、IServiceCollectionIHostBuilderIWebHostBuilder について拡張性が構築されています。 これらのプロパティは、WebApplicationBuilderServicesHostWebHost として使用できます。

WebApplication では、Microsoft.AspNetCore.Builder.IApplicationBuilderMicrosoft.AspNetCore.Routing.IEndpointRouteBuilder の両方が実装されます。

ライブラリの作成者は ASP.NET Core 固有のコンポーネントを構築するときに、引き続き IHostBuilderIWebHostBuilderIApplicationBuilderIEndpointRouteBuilder をターゲットにすることが想定されています。 これにより、ミドルウェア、ルート ハンドラー、またはその他の拡張ポイントは、さまざまなホスティング モデル間で引き続き機能することが保証されます。

よく寄せられる質問 (FAQ)

  • 新しい最小ホスティング モデルの機能は低下していますか?

    いいえ。 新しいホスティング モデルは、IHostBuilder および IWebHostBuilder によってサポートされるシナリオの 98% で機能的に同等です。 IHostBuilder で特定の回避策を必要とする高度なシナリオがいくつかありますが、それらは非常にまれであると考えられます。

  • 汎用ホスティング モデルは非推奨ですか?

    いいえ。 汎用ホスティング モデルは、無期限にサポートされる代替モデルです。 汎用ホストは新しいホスティング モデルの基礎であり、引き続きワーカーベースのアプリケーションをホストするための主要な方法です。

  • 新しいホスティング モデルに移行する必要がありますか?

    いいえ。 新しいホスティング モデルは、.NET 6 以降を使用する新しいアプリをホストするための推奨される方法ですが、既存のアプリのプロジェクト レイアウトを変更する必要はありません。 つまり、プロジェクト ファイルのターゲット フレームワークを net5.0 から net6.0 に変更することで、アプリを .NET 5 から .NET 6 にアップグレードできます。 詳細については、この記事の「ターゲット フレームの更新」セクションを参照してください。 ただし、新しいホスティング モデルでのみ使用できる新しい機能を利用するには、アプリを新しいホスティング モデルに移行することをお勧めします。

  • トップレベル ステートメントを使用する必要がありますか?

    いいえ。 新しいプロジェクト テンプレートはすべてトップレベル ステートメントを使用しますが、新しいホスティング API を任意の .NET 6 アプリで使用して、Web サーバーまたは Web アプリをホストできます。

  • Program または Startup クラスにフィールドとして格納された状態をどこに配置しますか?

    依存関係挿入 (DI) を使用して、ASP.NET Core アプリの状態をフローすることを強くお勧めします。

    DI の外部に状態を格納するには、次の 2 つの方法があります。

    • 状態を別のクラスに格納します。 クラスに格納する場合、状態はアプリ内のどこからでもアクセスできる静的な状態であることを前提とします。

    • トップレベル ステートメントによって生成される Program を使用して状態を格納します。 Program を使用して状態を格納する方法は、セマンティック アプローチです。

      var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);
      
      ConfigurationValue = builder.Configuration["SomeKey"] ?? "Hello";
      
      var app = builder.Build();
      
      app.MapGet("/", () => ConfigurationValue);
      
      app.Run();
      
      partial class Program
      {
          public static string? ConfigurationValue { get; private set; }
      }
      
  • カスタムの依存関係挿入コンテナーを使用していた場合はどうなりますか?

    カスタムの DI コンテナーはサポートされます。 例については、「カスタムの依存関係挿入 (DI) コンテナー」を参照してください。

  • WebApplicationFactory および TestServer は引き続き機能しますか?

    はい。 WebApplicationFactory<TEntryPoint> は、新しいホスティング モデルをテストするための方法です。 例については、「WebApplicationFactory または TestServer を使用してテストする」を参照してください。

Blazor

この記事の前半のガイダンスに従ってアプリを 6.0 に更新した後、 ASP.NET Core 6.0 の新機能のリンクに従って、特定の機能を採用します。

アプリのすべての新しい 6.0 機能をBlazor採用するには、次のプロセスをお勧めします。

  • Blazor プロジェクト テンプレートの 1 つから新しい 6.0 Blazor プロジェクトを作成します。 詳しくは、「ASP.NET Core Blazor 用のツール」をご覧ください。
  • アプリのコンポーネントとコードを 6.0 アプリに移動して、6.0 の新機能を導入するように変更します。

Docker イメージを更新する

Docker を使用するアプリの場合は、 DockerfileFROM ステートメントとスクリプトを更新します。 ASP.NET Core 6.0 ランタイムを含む基本イメージを使用します。 ASP.NET Core 5.0 と 6.0 の間では docker pull コマンドに次の違いがあることに注意してください。

- docker pull mcr.microsoft.com/dotnet/aspnet:5.0
+ docker pull mcr.microsoft.com/dotnet/aspnet:6.0

「GitHub の問題の破壊的変更: 既定のコンソール ロガー形式が ON に設定されている」をJS参照してください。

ASP.NET Core Razor SDK に変更する

Razor コンパイラでは、新しいソース ジェネレーター機能を活用して、プロジェクト内の Razor ビューとページからコンパイル済みの C# ファイルを生成するようになりました。 以前のバージョンでは、次のように動作していました。

  • コンパイルは、生成済みのコードを生成するために RazorGenerate および RazorCompile ターゲットに依存していました。 これらのターゲットは有効ではなくなりました。 .NET 6 では、コードの生成とコンパイルの両方が、コンパイラへの 1 回の呼び出しでサポートされます。 RazorComponentGenerateDependsOn は、ビルドを実行する前に必要な依存関係を指定するために引き続きサポートされます。
  • アプリケーションでコンパイルされたビューの種類を含む別の Razor アセンブリ AppName.Views.dll が生成されていました。 この動作は非推奨になり、アプリの種類と生成済みのビューの両方を含む単一のアセンブリ AppName.dll が生成されます。
  • AppName.Views.dll に含まれるアプリの種類は public でした。 .NET 6 でも、アプリの種類は AppName.dll に含まれますが、internal sealed です。 AppName.Views.dll で型の検出を実行するアプリは、AppName.dll で型の検出を実行できません。 以下に、API の変更を示します。
- public class Views_Home_Index : global::Microsoft.AspNetCore.Mvc.Razor.RazorPage<dynamic>
+ internal sealed class Views_Home_Index : global::Microsoft.AspNetCore.Mvc.Razor.RazorPage<dynamic>

次の変更を行います。

  • 次のプロパティは、シングルステップのコンパイル モデルで使用できなくなりました。
    • RazorTargetAssemblyAttribute
    • RazorTargetName
    • EnableDefaultRazorTargetAssemblyInfoAttributes
    • UseRazorBuildServer
    • GenerateRazorTargetAssemblyInfo
    • GenerateMvcApplicationPartsAssemblyAttributes

詳細については、「RazorRazor: コンパイラによって Views アセンブリが生成されなくなりました」を参照してください。

Duende Identity Server を使用するプロジェクト テンプレート

プロジェクト テンプレートでは、Duende Identity Serverが使用されるようになりました。 移行のガイダンスについては、「IdentityServer4 v4.1 から Duende IdentityServer v5」を参照してください。

重要

Duende Identity Server は、レシプロカル ライセンス契約を伴うオープン ソース製品です。 運用環境で Duende Identity Server を使用する予定がある場合は、Duende Software から商用ライセンスを取得し、ライセンス料金を支払うことが必要な場合があります。 詳細については、「Duende Software: ライセンス」を参照してください。

ASP.NET Core Identityに Microsoft Azure Active Directory を使用する方法については、(dotnet/aspnetcore GitHub リポジトリ) を参照してくださいIdentity

IPersistedGrantDbContext の更新バージョンの新しい要件を満たすために、すべての IdentityDbContextKeys という名前の DbSet<Key> プロパティを追加します。 Duende Identity Server のストアとのコントラクトの一部としてキーが必要です。

public DbSet<Key> Keys { get; set; }

注意

既存の移行は、Duende Identity Server 用に再作成する必要があります。

ASP.NET Core 6.0 に移行されたコード サンプル

6.0 での新しい最小ホスティング モデルに移行されたコード サンプル

破壊的変更の確認

次のリソースを参照してください。

null 許容参照型 (NRT) と .NET コンパイラの null 状態スタティック分析

ASP.NET Core プロジェクト テンプレートでは、null 許容参照型 (NRT) が使用され、.NET コンパイラでは null 状態スタティック分析が実行されます。 これらの機能は、C# 8 でリリースされていて、ASP.NET Core 6.0 (C# 10) 以降を使用して生成されたアプリに対して既定で有効になります。

.NET コンパイラの null 状態スタティック分析の警告は、ドキュメントの例またはサンプル アプリをローカルで更新するためのガイドとして使用することも、無視することもできます。 null 状態スタティック分析は、アプリのプロジェクト ファイルで Nullabledisable に設定することにより無効にすることができます。これを推奨するのは、ドキュメントの例およびサンプル アプリにおいて、.NET の学習中にコンパイラの警告が邪魔に感じる場合のみです。 運用プロジェクトで null 状態チェックを無効にすることはお勧めしません。

NRT、MSBuild の Nullable プロパティ、およびアプリの更新方法 (#pragma のガイダンスを含む) の詳細については、C# ドキュメントの次のリソースを参照してください。

ASP.NET Core モジュール (ANCM)

Visual Studio のインストール時に ASP.NET Core モジュール (ANCM) が選択されたコンポーネントではなかった場合、または以前のバージョンの ANCM がシステムにインストールされている場合は、最新の .NET Core ホスティング バンドル インストーラー (直接ダウンロード) をダウンロード し、インストーラーを実行します。 詳細については、「 ホスティング バンドル」を参照してください。

アプリケーション名の変更

.NET 6 では、WebApplicationBuilder によって、コンテンツのルート パスが DirectorySeparatorChar で終わるように正規化されます。 移行するHostBuilderWebHostBuilderほとんどのアプリは、正規化されていないため、同じアプリ名を持ちません。 詳細については、「SetApplicationName」を参照してください。

その他のリソース