ASP.NET Core のイメージ タグ ヘルパー

著者: Peter Kellner

イメージ タグ ヘルパーは <img> タグを強化し、静的イメージ ファイルにキャッシュ バスティング動作を提供します。

キャッシュ バスティング文字列は、アセットの URL に追加される、静的なイメージ ファイルのハッシュを表す一意の値です。 一意の文字列は、クライアントのキャッシュからではなく、ホスト Web サーバーからイメージの再読み込みを行うよう、クライアント (および一部のプロキシ) に要求します。

イメージ ソース (src) がホスト Web サーバー上の静的ファイルの場合:

  • 一意のキャッシュ バスティング文字列は、クエリ パラメーターとしてイメージ ソースに追加されます。
  • ホスト Web サーバーのファイルが変更された場合、更新された要求パラメーターを含む一意の要求 URL が確実に生成されます。

タグ ヘルパーの概要については、「ASP.NET Core のタグ ヘルパー」をご覧ください。

イメージ タグ ヘルパーの属性

src

イメージ タグ ヘルパーをアクティブにするには、<img> 要素に src 属性が必要です。

イメージ ソース (src) は、サーバー上の物理静的ファイルをポイントしている必要があります。 src がリモート URI の場合は、キャッシュ バスティング クエリ文字列パラメーターは生成されません。

asp-append-version

asp-append-version 属性の値が true で、src 属性も指定されている場合、イメージ タグ ヘルパーが呼び出されます。

イメージ タグ ヘルパーを使用する例を次に示します。

<img src="~/images/asplogo.png" asp-append-version="true">

静的ファイルがディレクトリ /wwwroot/images/ に存在する場合、生成された HTML は次のようになります (ハッシュは異なります)。

<img src="/images/asplogo.png?v=Kl_dqr9NVtnMdsM2MUg4qthUnWZm5T1fCEimBPWDNgM">

パラメーター v に割り当てられた値は、ディスク上の asplogo.png ファイルのハッシュ値です。 Web サーバーが静的ファイルに対する読み取りアクセスを取得できない場合、v パラメーターは表示されるマークアップの src 属性に追加されません。

ハッシュ キャッシュの動作

イメージ タグ ヘルパーはローカル Web サーバーでキャッシュ プロバイダーを使用して、特定のファイルの計算された Sha512 ハッシュを格納します。 ファイルが複数回要求された場合、ハッシュは再計算されません。 キャッシュは、ファイルの Sha512 ハッシュが計算されたときにファイルにアタッチされるファイル ウォッチャーによって無効になります。 ディスク上のファイルが変更されると、新しいハッシュが計算されてキャッシュされます。

その他のリソース