ASP.NET Core MVC アプリにコントローラーを追加するAdd a controller to an ASP.NET Core MVC app

作成者: Rick AndersonBy Rick Anderson

モデル ビュー コントローラー (MVC) アーキテクチャ パターンでは、アプリが 3 つの主要なコンポーネントに分けられます。モデルビューコントローラーThe Model-View-Controller (MVC) architectural pattern separates an app into three main components: Model, View, and Controller. MVC パターンでは、よりテスト可能で、従来のモノリシック アプリより更新しやすいアプリを作成できます。The MVC pattern helps you create apps that are more testable and easier to update than traditional monolithic apps. MVC ベースのアプリには以下が含まれます。MVC-based apps contain:

  • モデル: アプリのデータを表すクラス。Models: Classes that represent the data of the app. モデル クラスでは検証ロジックを使用して、そのデータにビジネス ルールを適用します。The model classes use validation logic to enforce business rules for that data. 通常、モデル オブジェクトはモデルの状態を取得して、データベースに格納します。Typically, model objects retrieve and store model state in a database. このチュートリアルでは、Movie モデルはデータベースからムービーデータを取得し、それをビューに提供するか、更新します。In this tutorial, a Movie model retrieves movie data from a database, provides it to the view or updates it. 更新されたデータはデータベースに書き込まれます。Updated data is written to a database.

  • ビュー: ビューは、アプリのユーザー インターフェイス (UI) を表示するコンポーネントです。Views: Views are the components that display the app's user interface (UI). 一般に、この UI ではモデル データが表示されます。Generally, this UI displays the model data.

  • コントローラー: ブラウザー要求を処理するクラスです。Controllers: Classes that handle browser requests. モデル データを取得し、応答を返すビュー テンプレートを呼び出します。They retrieve model data and call view templates that return a response. MVC アプリでは、ビューに情報のみが表示され、コントローラーがユーザーの入力と操作を処理して応答します。In an MVC app, the view only displays information; the controller handles and responds to user input and interaction. たとえば、コントローラーはルート データとクエリ文字列の値を処理し、これらの値をモデルに渡します。For example, the controller handles route data and query-string values, and passes these values to the model. モデルはこれらの値を使用して、データベースを照会する場合があります。The model might use these values to query the database. たとえば、https://localhost:5001/Home/Privacy には、Home (コントローラー) と Privacy (ホーム コントローラーに対して呼び出すアクション メソッド) のルート データがあります。For example, https://localhost:5001/Home/Privacy has route data of Home (the controller) and Privacy (the action method to call on the home controller). https://localhost:5001/Movies/Edit/5 は、ムービー コントローラーを使用して ID=5 のムービーを編集する要求です。https://localhost:5001/Movies/Edit/5 is a request to edit the movie with ID=5 using the movie controller. ルート データについては、このチュートリアルで後ほど説明します。Route data is explained later in the tutorial.

MVC パターンは、これらの要素間の疎結合を提供しながら、アプリのさまざまな側面 (入力ロジック、ビジネス ロジック、および UI ロジック) を分離するアプリを作成するのに役立ちます。The MVC pattern helps you create apps that separate the different aspects of the app (input logic, business logic, and UI logic), while providing a loose coupling between these elements. このパターンは、アプリで各種類のロジックを配置する必要がある場所を指定します。The pattern specifies where each kind of logic should be located in the app. UI ロジックはビューに属しています。The UI logic belongs in the view. 入力ロジックはコントローラーに属しています。Input logic belongs in the controller. ビジネス ロジックはモデルに属しています。Business logic belongs in the model. このように分離することで、他のコードに影響を与えることなく、実装の 1 つの側面に専念できるため、アプリを構築するときの複雑さが管理しやすくなります。This separation helps you manage complexity when you build an app, because it enables you to work on one aspect of the implementation at a time without impacting the code of another. たとえば、ビジネス ロジック コードに依存することなく、ビュー コードに専念できます。For example, you can work on the view code without depending on the business logic code.

このチュートリアルで示すこれらの概念を使用して、ムービー アプリを構築する方法を示します。We cover these concepts in this tutorial series and show you how to use them to build a movie app. MVC プロジェクトには、ControllersViews の各フォルダーが含まれています。The MVC project contains folders for the Controllers and Views.

コントローラーの追加Add a controller

  • ソリューション エクスプローラーで、 [コントローラー] を右クリックし、[追加]、[コントローラー]、[コンテキスト メニュー] の順に選択します。 コンテキスト メニューIn Solution Explorer, right-click Controllers > Add > Controller Contextual menu

  • [スキャフォールディングを追加] ダイアログ ボックスで、 [MVC コント ローラー - 空] を選択します。In the Add Scaffold dialog box, select MVC Controller - Empty

    MVC コント ローラーを追加し、名前を付けます

  • [Add Empty MVC Controller](空の MVC コント ローラーの追加) ダイアログで、「HelloWorldController」と入力して、 [追加] を選択します。In the Add Empty MVC Controller dialog, enter HelloWorldController and select ADD.

Controllers/HelloWorldController.cs の内容を次のように置き換えます。Replace the contents of Controllers/HelloWorldController.cs with the following:

using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using System.Text.Encodings.Web;

namespace MvcMovie.Controllers
{
    public class HelloWorldController : Controller
    {
        // 
        // GET: /HelloWorld/

        public string Index()
        {
            return "This is my default action...";
        }

        // 
        // GET: /HelloWorld/Welcome/ 

        public string Welcome()
        {
            return "This is the Welcome action method...";
        }
    }
}

コントローラーのすべての public メソッドが、HTTP エンドポイントとして呼び出されます。Every public method in a controller is callable as an HTTP endpoint. 上のサンプルでは、両方のメソッドが文字列を返します。In the sample above, both methods return a string. 各メソッドの前のコメントに注意してください。Note the comments preceding each method.

HTTP エンドポイントは、Web アプリケーション内のターゲット設定可能な URL (https://localhost:5001/HelloWorld など) であり、使われているプロトコル (HTTPS)、Web サーバーの (TCP ポートを含む) ネットワーク上の場所 (localhost:5001)、ターゲットの URI (HelloWorld) を組み合わせたものです。An HTTP endpoint is a targetable URL in the web application, such as https://localhost:5001/HelloWorld, and combines the protocol used: HTTPS, the network location of the web server (including the TCP port): localhost:5001 and the target URI HelloWorld.

1 番目のコメントは、これが HTTP GET メソッドであり、ベース URL に /HelloWorld/ を追加することによって呼び出されることを示しています。The first comment states this is an HTTP GET method that's invoked by appending /HelloWorld/ to the base URL. 2 番目のコメントでは、URL に /HelloWorld/Welcome/ を追加することによって呼び出される HTTP GET メソッドが示されています。The second comment specifies an HTTP GET method that's invoked by appending /HelloWorld/Welcome/ to the URL. このチュートリアルではこの後、スキャフォールディング エンジンを使って、データを更新する HTTP POST メソッドを生成します。Later on in the tutorial the scaffolding engine is used to generate HTTP POST methods which update data.

非デバッグ モードでアプリを実行し、アドレス バーのパスに "HelloWorld" を追加します。Run the app in non-debug mode and append "HelloWorld" to the path in the address bar. Index メソッドが文字列を返します。The Index method returns a string.

"This is my default action" というアプリケーションの応答が表示されているブラウザー ウィンドウ

MVC は、着信 URL に応じてコントローラー クラス (およびそれらに含まれるアクション メソッド) を呼び出します。MVC invokes controller classes (and the action methods within them) depending on the incoming URL. MVC によって使われる既定の URL ルーティング ロジックでは、次のような形式を使って呼び出すコードが決定されます。The default URL routing logic used by MVC uses a format like this to determine what code to invoke:

/[Controller]/[ActionName]/[Parameters]

ルーティングの形式は、Startup.cs ファイル内のConfigure メソッドで設定されます。The routing format is set in the Configure method in Startup.cs file.

app.UseEndpoints(endpoints =>
{
    endpoints.MapControllerRoute(
        name: "default",
        pattern: "{controller=Home}/{action=Index}/{id?}");
});

URL セグメントを指定しないでアプリを参照すると、既定では、"Home" コントローラーと "Index" メソッドが、上の強調表示されている template 行で指定されます。When you browse to the app and don't supply any URL segments, it defaults to the "Home" controller and the "Index" method specified in the template line highlighted above.

1 番目の URL セグメントでは、実行するコントローラー クラスが決定されます。The first URL segment determines the controller class to run. そのため、localhost:{PORT}/HelloWorld は、HelloWorld コントローラー クラスにマップされます。So localhost:{PORT}/HelloWorld maps to the HelloWorldController class. URL セグメントの 2 番目の部分では、クラスのアクション メソッドが決定されます。The second part of the URL segment determines the action method on the class. したがって、localhost:{PORT}/HelloWorld/Index では HelloWorldController クラスの Index メソッドが実行されます。So localhost:{PORT}/HelloWorld/Index would cause the Index method of the HelloWorldController class to run. 参照する必要があるのは localhost:{PORT}/HelloWorld だけであり、Index メソッドは既定で呼び出されることに注意してください。Notice that you only had to browse to localhost:{PORT}/HelloWorld and the Index method was called by default. これは、Index がメソッド名が明示的に指定されていない場合にコントローラーで呼び出される既定のメソッドであるためです。That's because Index is the default method that will be called on a controller if a method name isn't explicitly specified. URL セグメントの 3 番目の部分 (id) はルート データ用です。The third part of the URL segment ( id) is for route data. ルート データについては、このチュートリアルで後ほど説明します。Route data is explained later in the tutorial.

https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome を参照します。Browse to https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome. Welcome メソッドが実行され、文字列 This is the Welcome action method... が返されます。The Welcome method runs and returns the string This is the Welcome action method.... この URL では、コントローラーは HelloWorld で、Welcome がアクション メソッドです。For this URL, the controller is HelloWorld and Welcome is the action method. URL の [Parameters] の部分はまだ使っていません。You haven't used the [Parameters] part of the URL yet.

"This is the Welcome action method" というアプリケーションの応答が表示されているブラウザー ウィンドウ

URL からコントローラーにいくつかのパラメーター情報を渡すように、コードを変更します。Modify the code to pass some parameter information from the URL to the controller. たとえば、/HelloWorld/Welcome?name=Rick&numtimes=4 のようにします。For example, /HelloWorld/Welcome?name=Rick&numtimes=4. 次のコードで示すように、2 つのパラメーターを含むように Welcome メソッドを変更します。Change the Welcome method to include two parameters as shown in the following code.

// GET: /HelloWorld/Welcome/ 
// Requires using System.Text.Encodings.Web;
public string Welcome(string name, int numTimes = 1)
{
    return HtmlEncoder.Default.Encode($"Hello {name}, NumTimes is: {numTimes}");
}

上のコードでは以下の操作が行われます。The preceding code:

  • C# のオプション パラメーター機能を使って、numTimes パラメーターに値が渡されない場合の既定値が 1 であることを示します。Uses the C# optional-parameter feature to indicate that the numTimes parameter defaults to 1 if no value is passed for that parameter.
  • HtmlEncoder.Default.Encode を使って、悪意のある入力 (つまり JavaScript) からアプリを保護します。Uses HtmlEncoder.Default.Encode to protect the app from malicious input (namely JavaScript).
  • $"Hello {name}, NumTimes is: {numTimes}" 内で補間文字列を使います。Uses Interpolated Strings in $"Hello {name}, NumTimes is: {numTimes}".

アプリを実行して次を参照します。Run the app and browse to:

https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome?name=Rick&numtimes=4

({PORT} は実際のポート番号に置き換えます。)URL の namenumtimes に違う値を指定してみてください。(Replace {PORT} with your port number.) You can try different values for name and numtimes in the URL. MVC のモデル バインド システムは、名前付きパラメーターを、アドレス バーのクエリ文字列からメソッドのパラメーターに自動的にマップします。The MVC model binding system automatically maps the named parameters from the query string in the address bar to parameters in your method. 詳しくは、「モデル バインド」をご覧ください。See Model Binding for more information.

Hello Rick のアプリケーションの応答が表示されているブラウザー ウィンドウ。NumTimes は次のとおり: 4

上の図では、URL セグメント (Parameters) は使われておらず、name および numTimes パラメーターはクエリ文字列として渡されています。In the image above, the URL segment (Parameters) isn't used, the name and numTimes parameters are passed as query strings. 上の URL の ? (疑問符) は区切り記号であり、後にクエリ文字列が続きます。The ? (question mark) in the above URL is a separator, and the query strings follow. & 文字は、クエリ文字列を区切ります。The & character separates query strings.

Welcome メソッドを次のコードで置き換えます。Replace the Welcome method with the following code:

public string Welcome(string name, int ID = 1)
{
    return HtmlEncoder.Default.Encode($"Hello {name}, ID: {ID}");
}

アプリを実行し、次の URL を入力します: https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome/3?name=RickRun the app and enter the following URL: https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome/3?name=Rick

今度は、3 番目の URL セグメントがルート パラメーター id と一致しました。This time the third URL segment matched the route parameter id. Welcome メソッドには、MapControllerRoute メソッドの URL テンプレートと一致したパラメーター id が含まれます。The Welcome method contains a parameter id that matched the URL template in the MapControllerRoute method. 末尾の ? (id?) は、id パラメーターが省略可能であることを示します。The trailing ? (in id?) indicates the id parameter is optional.

app.UseEndpoints(endpoints =>
{
    endpoints.MapControllerRoute(
        name: "default",
        pattern: "{controller=Home}/{action=Index}/{id?}");
});

これらの例では、コントローラーによって MVC の "VC" 部分が実行されています。つまり、ビュー (View) とコントローラー (Controller) が動作します。In these examples the controller has been doing the "VC" portion of MVC - that is, the View and the Controller work. コントローラーは HTML を直接返しています。The controller is returning HTML directly. 一般に、コントローラーが HTML を直接返すのは、コーディングと保守が非常に面倒になるので、望ましくありません。Generally you don't want controllers returning HTML directly, since that becomes very cumbersome to code and maintain. 代わりに、通常は、別の Razor ビュー テンプレート ファイルを使って、HTML 応答を生成します。Instead you typically use a separate Razor view template file to generate the HTML response. これは次のチュートリアルで行います。You do that in the next tutorial.

モデル ビュー コントローラー (MVC) アーキテクチャ パターンでは、アプリが 3 つの主要なコンポーネントに分けられます。モデルビューコントローラーThe Model-View-Controller (MVC) architectural pattern separates an app into three main components: Model, View, and Controller. MVC パターンでは、よりテスト可能で、従来のモノリシック アプリより更新しやすいアプリを作成できます。The MVC pattern helps you create apps that are more testable and easier to update than traditional monolithic apps. MVC ベースのアプリには以下が含まれます。MVC-based apps contain:

  • モデル: アプリのデータを表すクラス。Models: Classes that represent the data of the app. モデル クラスでは検証ロジックを使用して、そのデータにビジネス ルールを適用します。The model classes use validation logic to enforce business rules for that data. 通常、モデル オブジェクトはモデルの状態を取得して、データベースに格納します。Typically, model objects retrieve and store model state in a database. このチュートリアルでは、Movie モデルはデータベースからムービーデータを取得し、それをビューに提供するか、更新します。In this tutorial, a Movie model retrieves movie data from a database, provides it to the view or updates it. 更新されたデータはデータベースに書き込まれます。Updated data is written to a database.

  • ビュー: ビューは、アプリのユーザー インターフェイス (UI) を表示するコンポーネントです。Views: Views are the components that display the app's user interface (UI). 一般に、この UI ではモデル データが表示されます。Generally, this UI displays the model data.

  • コントローラー: ブラウザー要求を処理するクラスです。Controllers: Classes that handle browser requests. モデル データを取得し、応答を返すビュー テンプレートを呼び出します。They retrieve model data and call view templates that return a response. MVC アプリでは、ビューに情報のみが表示され、コントローラーがユーザーの入力と操作を処理して応答します。In an MVC app, the view only displays information; the controller handles and responds to user input and interaction. たとえば、コントローラーはルート データとクエリ文字列の値を処理し、これらの値をモデルに渡します。For example, the controller handles route data and query-string values, and passes these values to the model. モデルはこれらの値を使用して、データベースを照会する場合があります。The model might use these values to query the database. たとえば、https://localhost:5001/Home/About には、Home (コントローラー) と About (ホーム コントローラーに対して呼び出すアクション メソッド) のルート データがあります。For example, https://localhost:5001/Home/About has route data of Home (the controller) and About (the action method to call on the home controller). https://localhost:5001/Movies/Edit/5 は、ムービー コントローラーを使用して ID=5 のムービーを編集する要求です。https://localhost:5001/Movies/Edit/5 is a request to edit the movie with ID=5 using the movie controller. ルート データについては、このチュートリアルで後ほど説明します。Route data is explained later in the tutorial.

MVC パターンは、これらの要素間の疎結合を提供しながら、アプリのさまざまな側面 (入力ロジック、ビジネス ロジック、および UI ロジック) を分離するアプリを作成するのに役立ちます。The MVC pattern helps you create apps that separate the different aspects of the app (input logic, business logic, and UI logic), while providing a loose coupling between these elements. このパターンは、アプリで各種類のロジックを配置する必要がある場所を指定します。The pattern specifies where each kind of logic should be located in the app. UI ロジックはビューに属しています。The UI logic belongs in the view. 入力ロジックはコントローラーに属しています。Input logic belongs in the controller. ビジネス ロジックはモデルに属しています。Business logic belongs in the model. このように分離することで、他のコードに影響を与えることなく、実装の 1 つの側面に専念できるため、アプリを構築するときの複雑さが管理しやすくなります。This separation helps you manage complexity when you build an app, because it enables you to work on one aspect of the implementation at a time without impacting the code of another. たとえば、ビジネス ロジック コードに依存することなく、ビュー コードに専念できます。For example, you can work on the view code without depending on the business logic code.

このチュートリアルで示すこれらの概念を使用して、ムービー アプリを構築する方法を示します。We cover these concepts in this tutorial series and show you how to use them to build a movie app. MVC プロジェクトには、ControllersViews の各フォルダーが含まれています。The MVC project contains folders for the Controllers and Views.

コントローラーの追加Add a controller

  • ソリューション エクスプローラーで、 [コントローラー] を右クリックし、[追加]、[コントローラー]、[コンテキスト メニュー] の順に選択します。 コンテキスト メニューIn Solution Explorer, right-click Controllers > Add > Controller Contextual menu

  • [スキャフォールディングを追加] ダイアログ ボックスで、 [MVC コント ローラー - 空] を選択します。In the Add Scaffold dialog box, select MVC Controller - Empty

    MVC コント ローラーを追加し、名前を付けます

  • [Add Empty MVC Controller](空の MVC コント ローラーの追加) ダイアログで、「HelloWorldController」と入力して、 [追加] を選択します。In the Add Empty MVC Controller dialog, enter HelloWorldController and select ADD.

Controllers/HelloWorldController.cs の内容を次のように置き換えます。Replace the contents of Controllers/HelloWorldController.cs with the following:

using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using System.Text.Encodings.Web;

namespace MvcMovie.Controllers
{
    public class HelloWorldController : Controller
    {
        // 
        // GET: /HelloWorld/

        public string Index()
        {
            return "This is my default action...";
        }

        // 
        // GET: /HelloWorld/Welcome/ 

        public string Welcome()
        {
            return "This is the Welcome action method...";
        }
    }
}

コントローラーのすべての public メソッドが、HTTP エンドポイントとして呼び出されます。Every public method in a controller is callable as an HTTP endpoint. 上のサンプルでは、両方のメソッドが文字列を返します。In the sample above, both methods return a string. 各メソッドの前のコメントに注意してください。Note the comments preceding each method.

HTTP エンドポイントは、Web アプリケーション内のターゲット設定可能な URL (https://localhost:5001/HelloWorld など) であり、使われているプロトコル (HTTPS)、Web サーバーの (TCP ポートを含む) ネットワーク上の場所 (localhost:5001)、ターゲットの URI (HelloWorld) を組み合わせたものです。An HTTP endpoint is a targetable URL in the web application, such as https://localhost:5001/HelloWorld, and combines the protocol used: HTTPS, the network location of the web server (including the TCP port): localhost:5001 and the target URI HelloWorld.

1 番目のコメントは、これが HTTP GET メソッドであり、ベース URL に /HelloWorld/ を追加することによって呼び出されることを示しています。The first comment states this is an HTTP GET method that's invoked by appending /HelloWorld/ to the base URL. 2 番目のコメントでは、URL に /HelloWorld/Welcome/ を追加することによって呼び出される HTTP GET メソッドが示されています。The second comment specifies an HTTP GET method that's invoked by appending /HelloWorld/Welcome/ to the URL. このチュートリアルではこの後、スキャフォールディング エンジンを使って、データを更新する HTTP POST メソッドを生成します。Later on in the tutorial the scaffolding engine is used to generate HTTP POST methods which update data.

非デバッグ モードでアプリを実行し、アドレス バーのパスに "HelloWorld" を追加します。Run the app in non-debug mode and append "HelloWorld" to the path in the address bar. Index メソッドが文字列を返します。The Index method returns a string.

"This is my default action" というアプリケーションの応答が表示されているブラウザー ウィンドウ

MVC は、着信 URL に応じてコントローラー クラス (およびそれらに含まれるアクション メソッド) を呼び出します。MVC invokes controller classes (and the action methods within them) depending on the incoming URL. MVC によって使われる既定の URL ルーティング ロジックでは、次のような形式を使って呼び出すコードが決定されます。The default URL routing logic used by MVC uses a format like this to determine what code to invoke:

/[Controller]/[ActionName]/[Parameters]

ルーティングの形式は、Startup.cs ファイル内のConfigure メソッドで設定されます。The routing format is set in the Configure method in Startup.cs file.

app.UseMvc(routes =>
{
    routes.MapRoute(
        name: "default",
        template: "{controller=Home}/{action=Index}/{id?}");
});

URL セグメントを指定しないでアプリを参照すると、既定では、"Home" コントローラーと "Index" メソッドが、上の強調表示されている template 行で指定されます。When you browse to the app and don't supply any URL segments, it defaults to the "Home" controller and the "Index" method specified in the template line highlighted above.

1 番目の URL セグメントでは、実行するコントローラー クラスが決定されます。The first URL segment determines the controller class to run. したがって、localhost:{PORT}/HelloWorldHelloWorldController クラスにマップします。So localhost:{PORT}/HelloWorld maps to the HelloWorldController class. URL セグメントの 2 番目の部分では、クラスのアクション メソッドが決定されます。The second part of the URL segment determines the action method on the class. したがって、localhost:{PORT}/HelloWorld/Index では HelloWorldController クラスの Index メソッドが実行されます。So localhost:{PORT}/HelloWorld/Index would cause the Index method of the HelloWorldController class to run. 参照する必要があるのは localhost:{PORT}/HelloWorld だけであり、Index メソッドは既定で呼び出されることに注意してください。Notice that you only had to browse to localhost:{PORT}/HelloWorld and the Index method was called by default. これは、Index はメソッド名が明示的に指定されていない場合にコントローラーで呼び出される既定のメソッドであるためです。This is because Index is the default method that will be called on a controller if a method name isn't explicitly specified. URL セグメントの 3 番目の部分 (id) はルート データ用です。The third part of the URL segment ( id) is for route data. ルート データについては、このチュートリアルで後ほど説明します。Route data is explained later in the tutorial.

https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome を参照します。Browse to https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome. Welcome メソッドが実行され、文字列 This is the Welcome action method... が返されます。The Welcome method runs and returns the string This is the Welcome action method.... この URL では、コントローラーは HelloWorld で、Welcome がアクション メソッドです。For this URL, the controller is HelloWorld and Welcome is the action method. URL の [Parameters] の部分はまだ使っていません。You haven't used the [Parameters] part of the URL yet.

"This is the Welcome action method" というアプリケーションの応答が表示されているブラウザー ウィンドウ

URL からコントローラーにいくつかのパラメーター情報を渡すように、コードを変更します。Modify the code to pass some parameter information from the URL to the controller. たとえば、/HelloWorld/Welcome?name=Rick&numtimes=4 のようにします。For example, /HelloWorld/Welcome?name=Rick&numtimes=4. 次のコードで示すように、2 つのパラメーターを含むように Welcome メソッドを変更します。Change the Welcome method to include two parameters as shown in the following code.

// GET: /HelloWorld/Welcome/ 
// Requires using System.Text.Encodings.Web;
public string Welcome(string name, int numTimes = 1)
{
    return HtmlEncoder.Default.Encode($"Hello {name}, NumTimes is: {numTimes}");
}

上のコードでは以下の操作が行われます。The preceding code:

  • C# のオプション パラメーター機能を使って、numTimes パラメーターに値が渡されない場合の既定値が 1 であることを示します。Uses the C# optional-parameter feature to indicate that the numTimes parameter defaults to 1 if no value is passed for that parameter.
  • HtmlEncoder.Default.Encode を使って、悪意のある入力 (つまり JavaScript) からアプリを保護します。Uses HtmlEncoder.Default.Encode to protect the app from malicious input (namely JavaScript).
  • $"Hello {name}, NumTimes is: {numTimes}" 内で補間文字列を使います。Uses Interpolated Strings in $"Hello {name}, NumTimes is: {numTimes}".

アプリを実行して次を参照します。Run the app and browse to:

https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome?name=Rick&numtimes=4

({PORT} は実際のポート番号に置き換えます。)URL の namenumtimes に違う値を指定してみてください。(Replace {PORT} with your port number.) You can try different values for name and numtimes in the URL. MVC のモデル バインド システムは、名前付きパラメーターを、アドレス バーのクエリ文字列からメソッドのパラメーターに自動的にマップします。The MVC model binding system automatically maps the named parameters from the query string in the address bar to parameters in your method. 詳しくは、「モデル バインド」をご覧ください。See Model Binding for more information.

Hello Rick のアプリケーションの応答が表示されているブラウザー ウィンドウ。NumTimes は次のとおり: 4

上の図では、URL セグメント (Parameters) は使われておらず、name および numTimes パラメーターはクエリ文字列として渡されています。In the image above, the URL segment (Parameters) isn't used, the name and numTimes parameters are passed as query strings. 上の URL の ? (疑問符) は区切り記号であり、後にクエリ文字列が続きます。The ? (question mark) in the above URL is a separator, and the query strings follow. & 文字は、クエリ文字列を区切ります。The & character separates query strings.

Welcome メソッドを次のコードで置き換えます。Replace the Welcome method with the following code:

public string Welcome(string name, int ID = 1)
{
    return HtmlEncoder.Default.Encode($"Hello {name}, ID: {ID}");
}

アプリを実行し、次の URL を入力します: https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome/3?name=RickRun the app and enter the following URL: https://localhost:{PORT}/HelloWorld/Welcome/3?name=Rick

今度は、3 番目の URL セグメントがルート パラメーター id と一致しました。This time the third URL segment matched the route parameter id. Welcome メソッドには、MapRoute メソッドの URL テンプレートと一致したパラメーター id が含まれます。The Welcome method contains a parameter id that matched the URL template in the MapRoute method. 末尾の ? (id?) は、id パラメーターが省略可能であることを示します。The trailing ? (in id?) indicates the id parameter is optional.

app.UseMvc(routes =>
{
    routes.MapRoute(
        name: "default",
        template: "{controller=Home}/{action=Index}/{id?}");
});

これらの例では、コントローラーによって MVC の "VC" 部分が実行されています。つまり、ビューとコントローラーが動作します。In these examples the controller has been doing the "VC" portion of MVC - that is, the view and controller work. コントローラーは HTML を直接返しています。The controller is returning HTML directly. 一般に、コントローラーが HTML を直接返すのは、コーディングと保守が非常に面倒になるので、望ましくありません。Generally you don't want controllers returning HTML directly, since that becomes very cumbersome to code and maintain. 代わりに、通常は、別の Razor ビュー テンプレート ファイルを使って、HTML 応答の生成を支援します。Instead you typically use a separate Razor view template file to help generate the HTML response. これは次のチュートリアルで行います。You do that in the next tutorial.