無線でアプリケーションをデプロイするDeploy an application over the air

azsphere コマンドライン ユーティリティでは各展開タスクを個別に実行できますが、他のコマンドを複数組み合わせた azsphere コマンドを使用して 2 段階の手順で、ローカルに接続された Azure Sphere デバイスにアプリケーションを展開することもできます。Although the azsphere command-line utility can perform each individual deployment task, you can deploy an application to a locally attached Azure Sphere device in two steps by using azsphere commands that combine several other commands:

学習やトラブルシューティングの目的で各無線 (OTA) アプリケーション展開タスクを個別に実行する場合は、azsphere を使用して次の一連のタスクを実行できます。If you want to perform each over-the-air (OTA) application deployment task separately for learning or troubleshooting purposes, you can use azsphere to do the following series of tasks:

  • サイドロードされた現在のアプリケーションをデバイスから削除するRemoving any current sideloaded application from the device
  • 実稼働署名済みアプリケーションのみをデバイスに読み込むことができるように、appdevelopment 機能を削除するRemoving any appdevelopment capability, so that only production-signed applications can be loaded on the device
  • 製品 SKU をデバイスに割り当てるAssigning a product SKU to the device
  • OTA アプリケーションの更新プログラムを提供するデバイス グループに、デバイスを割り当てるAssigning the device to a device group that provides OTA application updates
  • アプリケーション イメージをコンポーネントに追加するAdding the application image to a component
  • フィードを作成してコンポーネントを配信するCreating a feed to deliver the component 
  • デバイスが属するデバイス グループにフィードを追加するAdding the feed to the device group to which the device belongs
  • アプリケーションを表すイメージ セットを作成するCreating an image set that represents the application
  • イメージ セットをフィードに追加するAdding the image set to the feed

最初の配置の後、既存のフィードに別のイメージ セットを割り当てることで配置を更新できます。After your initial deployment, you can update a deployment by assigning a different image set to the existing feed.