Wi-Fi を構成してデバイスを更新するConfigure Wi-Fi and update your device

Azure Sphere デバイスを要求した後、デバイスを Wi-Fi 用に構成し、Azure Sphere Security Service から無線 (OTA) アップデートを受信して Azure IoT Hub などのサービスと通信できるようにします。After you claim your Azure Sphere device, configure it for Wi-Fi so that it can receive over-the-air (OTA) updates from the Azure Sphere Security Service and communicate with services such as an Azure IoT Hub.

Wi-Fi を構成する前に、以下を行う必要があります。Before you can configure Wi-Fi, you must:

Azure Sphere デバイス上に Wi-Fi を設定するSet up Wi-Fi on your Azure Sphere device

以下の手順に従って、Azure Sphere デバイス上に Wi-Fi を構成します。Follow these steps to configure Wi-Fi on your Azure Sphere device:

  1. Azure Sphere ボードを PC に USB で接続します。Connect your Azure Sphere board to your PC over USB.

  2. Azure Sphere 開発者コマンド プロンプトを開きます。Open an Azure Sphere Developer Command Prompt.

  3. ネットワーク環境で必要な場合は、デバイスの MAC アドレスを登録します。Register the device's MAC address if your network environment requires it. MAC アドレスを取得するには、次のコマンドを使用します。Use the following command to get the MAC address:

    azsphere device wifi show-status

  4. 次のように azsphere device wifi add コマンドを使用して、Wi-Fi ネットワークをデバイスに追加します。Add your Wi-Fi network to the device by using the azsphere device wifi add command as follows:

    azsphere device wifi add --ssid <yourSSID> --key <yourNetworkKey>

    <yourSSID> をお使いのネットワークの名前に、<yourNetworkKey> をお使いの WPA/WPA2 キーに置き換えます。Replace <yourSSID> with the name of your network and <yourNetworkKey> with your WPA/WPA2 key. Azure Sphere デバイスでは、WEP はサポートされません。Azure Sphere devices do not support WEP. ネットワーク SSID では大文字と小文字が区別されます。Network SSIDs are case-sensitive. 例: For example:

    azsphere device wifi add --ssid My5GNetwork --key secretnetworkkey

    オープン ネットワークを追加するには、--key フラグを省略します。To add an open network, omit the --key flag.

    ネットワーク SSID またはキーにスペースが埋め込まれている場合は、SSID またはキーを引用符で囲みます。If your network SSID or key has embedded spaces, enclose the SSID or key in quotation marks. SSID またはキーに引用符を含める場合は、バックスラッシュを使用して引用符をエスケープします。If the SSID or key includes a quotation mark, use a backslash to escape the quotation mark. 値の一部であれば、バックスラッシュをエスケープする必要ありません。Backslashes do not require escape if they are part of a value. 例: For example:

    azsphere device wifi add --ssid "New SSID" --key "key \"value\" with quotes"

    通常、ボード上でネットワークの準備ができるまで数秒かかりますが、ネットワーク環境によってはさらに時間がかかる場合があります。It typically takes several seconds for networking to be ready on the board, but might take longer, depending on your network environment.

注意

Azure Sphere デバイスでは、毎回の起動時と Wi-Fi への初回の接続時にソフトウェアの更新の有無をチェックし、接続後は 24 時間間隔でチェックを行います。The Azure Sphere device checks for software updates each time it boots, when it initially connects to Wi-Fi, and at 24-hour intervals thereafter. Azure Sphere OS の更新プログラムを利用できる場合、ダウンロードとインストールには 15 分程度かかり、デバイスが再起動される可能性があります。If an Azure Sphere OS update is available, download and installation could take as much as 15 minutes and might cause the device to restart.

  1. 接続の状態をチェックするには、azsphere device wifi show-status コマンドを使用します。Use the azsphere device wifi show-status command to check the status of the connection. 更新中に、azsphere device wifi show-status コマンドで、不明な構成状態が一時的に表示される場合があります。During update, the azsphere device wifi show-status command may temporarily show an unknown configuration state. 次の例で、セキュリティで保護された WPA2 接続が成功した場合の結果を示します。The following example shows successful results for a secure WPA2 connection:

    azsphere device wifi show-status
    
    SSID : NETGEAR21  
    Configuration state : enabled  
    Connection state : connected  
    Security state : psk  
    Frequency : 2442  
    Mode : station  
    Key management : WPA2-PSK  
    WPA State : COMPLETED  
    IP Address : 192.168.1.15  
    MAC Address : 52:cf:ff:3a:76:1b
    Command completed successfully in 00:00:01.3976308.
    

azsphere device wifi コマンドでは、いくつかの追加オプションがサポートされています。The azsphere device wifi command supports several additional options. 完全な一覧を表示するには azsphere device wifi を、個々のオプションのヘルプを表示するには azsphere device wifi option --help を入力します。Type azsphere device wifi for a complete list, or azsphere device wifi option --help for help on an individual option.

Wi-Fi に関する問題が発生した場合は、Wi-Fi ネットワークで 802.11b/g/n を使用していることをまず確認してください。Azure Sphere デバイスでは 802.11a はサポートされません。If you encounter Wi-Fi problems, first ensure that your Wi-Fi network uses 802.11b/g/n; Azure Sphere devices do not support 802.11a.

データを更新するUpdate the device

Wi-Fi ネットワークが初めて利用可能になったとき、デバイスによって Azure Sphere オペレーティング システム (OS) と現在のアプリケーション (存在する場合) に対する無線 (OTA) アップデートの有無がチェックされます。When Wi-Fi networking initially becomes available, the device checks for over-the-air (OTA) updates for the Azure Sphere operating system (OS) and the current application (if one exists). 更新プログラムを利用できる場合、ダウンロードは 15 ~ 20 分以内で完了します。If updates are available, download should complete within 15-20 minutes.

更新状態を確認するには、Azure Sphere 開発者コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを入力します。To check on update status, type the following command in an Azure Sphere Developer Command Prompt:

azsphere device show-ota-status

注意

Azure Sphere OS の更新は段階的なプロセスであり、15 分未満で完了する場合もありますが、インターネットの接続状態によっては長くかかる可能性があります。Azure Sphere OS update is a staged process over a period that may be less than 15 minutes but can be longer depending on the internet connectivity. 次の段階に移る前に更新プログラムの次のグループがダウンロードされている間、ボードは動作しているように見えますが、更新中は、ボードは数分にわたって応答不能であると想定してください。Between stages, the board will appear functional while the next group of updates is downloaded, but during the update you should expect the board to be unresponsive for several minutes at a time.

次の手順Next Steps