OS を更新するUpdate the OS

すべての Azure Sphere デバイスは、Azure Sphere OS がインストールされた状態で製造元から出荷されています。All Azure Sphere devices are shipped from the manufacturer with the Azure Sphere OS installed. ほとんどのデバイスは、Wi-Fi に接続した後、インターネット経由で更新できます。Most devices can be updated over the internet after they are connected to Wi-FI. ただし、一部の初期の Seeed MT3620 開発キットでは、一度も使用されたことがない場合、手動更新が必要な場合があります。Some early Seeed MT3620 development kits, however, may require manual update if they have never been used.

重要

デバイスが既に使用されていて、18.11 OS リリース (またはそれ以降) を実行している場合は、インターネットに接続した後、更新された OS を受け取る必要があります。If your device is already in use and is running the 18.11 OS release (or more recent), it should receive the updated OS after it connects to the internet. OS の更新に必要な作業は何もありません。You do not need to do anything to update the OS.

このセクションをスキップして、Azure Sphere で使用する「アカウントの設定」に進みます。Skip this section and proceed to Set up an account to use with Azure Sphere.

未使用のボード上の OS を更新するにはTo update the OS on an unused board

現在のところ、一部の初期の Seeed MT3620 開発キットでは手動更新が必要です。Currently, a few early Seeed MT3620 development kits require manual update. 一度も使用されたことがないこのようなボードがある場合は、次の手順に従って OS を手動で更新してください。If you have such a board that has never been used, follow these steps to update the OS manually.

  1. USB 経由でボードを PC に接続します。Connect the board to the PC by USB.

  2. Azure Sphere 開発者コマンド プロンプトを開きます。Open an Azure Sphere Developer Command Prompt. [スタート] メニューの [Azure Sphere] の下にコマンド プロンプトが表示されます。The command prompt appears in the Start menu under Azure Sphere. [スタート] メニュー インデックスはインストール後、すぐには更新されないため、プロンプトの検索に失敗する可能性があることに注意してください。Note that sometimes the Start menu index is not updated immediately after installation, so searching for the prompt might fail. その場合は、Azure Sphere を参照して開きます。If so, browse to Azure Sphere and open it.

  3. 回復手順を使用して、ボードを更新します。Update your board by using the recovery procedure:

    azsphere device recover

    ダウンロードされたイメージ数が異なる場合はありますが、以下とほぼ同様の出力が表示されます。You should see output similar to this, though the number of images downloaded might vary:

    Starting device recovery. Please note that this may take up to 10 minutes.
    Board found. Sending recovery bootloader.
    Erasing flash.
    Sending images.
    Sending image 1 of 16.
    . . . 
    Sending image 16 of 16.
    Finished writing images; rebooting board.
    Device ID: <GUID>
    Device recovered successfully.
    Command completed successfully in 00:02:37.3011134.
    

次の手順Next Steps