クイック スタート:Blink サンプル アプリケーションをビルドするQuickstart: Build the Blink application

このクイックスタートでは、Azure Sphere デバイスでアプリケーションを開発する方法と、高度なアプリケーションをビルドし、デバッグする方法を紹介します。This quickstart shows how to enable application development on an Azure Sphere device and how to build and debug a high-level application. Azure Sphere SDK の一部である Blink サンプルを使用します。It uses the Blink sample, which is part of the Azure Sphere SDK. Blink サンプルでは、Azure Sphere デバイスとツールがインストールされ、正しく設定されていることを確認できるように LED が点滅します。The Blink sample blinks an LED, so that you can verify that the Azure Sphere device and tools are installed and set up correctly.

前提条件Prerequisites

このクイック スタートの手順では、以下を前提とします。The steps in this quickstart assume that:

重要

以下の手順では、Seeed MT3620 開発キットなど、MT3620 参照ボード設計 (RBD) に準拠しているハードウェアを使用していることを前提としています。These instructions assume that you are using hardware that follows the MT3620 reference board design (RBD), such as the Seeed MT3620 Development Kit. それ以外の Azure Sphere ハードウェアを使用している場合、メーカーのドキュメントを参照し、GPIO が公開されているかどうかとそれにアクセスする方法を見つけてください。If you are using different Azure Sphere hardware, consult the manufacturer's documentation to find out whether the GPIO is exposed and how to access it. 場合によっては、サンプル コードと、app_manifest.json ファイルの "Gpio" フィールドを更新し、別の GPIO を使用する必要があります。You might need to update the sample code and the "Gpio" field of the app_manifest.json file to use a different GPIO.

開発とデバッグのためにデバイスを準備するPrepare your device for development and debugging

Azure Sphere デバイスでサンプル アプリケーションをビルドしたり、Azure Sphere デバイス用の新しいアプリケーションを開発したりするには、その前に、開発とデバッグを有効にする必要があります。Before you can build a sample application on your Azure Sphere device or develop new applications for it, you must enable development and debugging. 既定では、Azure Sphere デバイスは "ロックされています"。つまり、開発中のアプリケーションを PC から読み込むことはできず、アプリケーションのデバッグは許可されません。By default, Azure Sphere devices are "locked"; that is, they do not allow applications under development to be loaded from a PC, and they do not allow debugging of applications. デバッグ用にデバイスを準備すると、この制限が解除されます。Preparing the device for debugging removes this restriction.

azsphere device prep-debug コマンドを実行すると、PC からデバッグ用のアプリケーションを受け入れるようにデバイスが構成され、デバイスにデバッグ サーバーが読み込まれます。The azsphere device prep-debug command configures the device to accept applications from a PC for debugging and loads the debugging server onto the device. また、無線経由 (OTA) のアプリケーション更新を許可しないデバイス グループに、デバイスが割り当てられます。It also assigns the device to a device group that does not allow over-the-air (OTA) application updates. アプリケーションの開発およびデバッグ中は、OTA アプリケーション更新によって開発中のアプリケーションが上書きされないように、デバイスをこのグループに残しておく必要があります。During application development and debugging, you should leave the device in this group so that OTA application updates do not overwrite the application under development.

デバイスを準備するにはTo prep your device

  1. Azure Sphere デバイスが PC に接続され、PC がインターネットに接続されていることを確認します。Make sure that your Azure Sphere device is connected to your PC, and your PC is connected to the internet.

  2. Azure Sphere 開発者コマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを入力します。In an Azure Sphere Developer Command Prompt window, type the following command:

    azsphere device prep-debug
    

    次のような出力が表示されます。You should see output similar to the following:

    Getting device capability configuration for application development.
    Downloading device capability configuration for device ID '<device ID>'.
    Successfully downloaded device capability configuration.
    Successfully wrote device capability configuration file 'C:\Users\user\AppData\Local\Temp\tmpD732.tmp'.
    Setting device group ID 'a6df7013-c7c2-4764-8424-00cbacb431e5' for device with ID '<device ID>'.
    Successfully disabled over-the-air updates.
    Enabling application development capability on attached device.
    Applying device capability configuration to device.
    Successfully applied device capability configuration to device.
    The device is rebooting.
    Installing debugging server to device.
    Deploying 'C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Sphere SDK\DebugTools\gdbserver.imagepackage' to the attached device.
    Image package 'C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Sphere SDK\DebugTools\gdbserver.imagepackage' has been deployed to the attached device.
    Application development capability enabled.
    Successfully set up device '<device ID>' for application development, and disabled over-the-air updates.
    Command completed successfully in 00:00:38.3299276.
    

デバイスは、デバッグが有効な状態のままになり、ユーザーが明示的に変更するまで OTA アプリケーション更新は無効になります。The device remains enabled for debugging and closed to OTA application updates until you explicitly change it. デバッグを無効にしてアプリケーションの更新を許可するには、azsphere device prep-field コマンドを使用します。To disable debugging and allow application updates, use the azsphere device prep-field command.

  1. Visual Studio にまだ慣れていない場合は、クイック スタートガイド付きのツアーなどの記事で、ナビゲーションと使用方法について確認してください。If you are new to Visual Studio, consider the Quickstart or Guided Tour to learn about navigating and using it.

  2. Visual Studio で、Azure Sphere の点滅テンプレートに基づいて新しいプロジェクトを作成します。In Visual Studio, create a new project based on the Azure Sphere Blink template. プロジェクトの名前と場所を入力し、 [OK] を選択します。Enter a name and location for the project and select OK. プロジェクトの main.c がエディターで開きます。The project opens with main.c in the editor.

  3. GPIO 9 にアクセスできないハードウェアを使用している場合は、GPIO を変更します。If you are using hardware on which GPIO 9 is not accessible, change the GPIO. たとえば、Seeed Mini 開発ボードで、GPIO 9 を GPIO 7 に変更します。For example, on the Seeed Mini Dev Board, change GPIO 9 to GPIO 7:

    • app_manifest.json で "Gpio": [ 9 ],"Gpio": [ 7 ], に変更します。In app_manifest.json, change "Gpio": [ 9 ], to "Gpio": [ 7 ],
    • main.c で、GPIO 9 ではなく GPIO 7 を指定するように GPIO_OpenAsOutput の呼び出しを編集します。In main.c, edit the call to GPIO_OpenAsOutput to specify GPIO 7 instead of GPIO 9:
      int fd = GPIO_OpenAsOutput(7, GPIO_OutputMode_PushPull, GPIO_Value_High);
  4. Visual Studio で、 [表示]>[出力] を選択して [出力] ウィンドウを表示します。In Visual Studio, select View>Output to display the Output window.

  5. 使用するデバイスが USB で PC に接続されていることを確認します。Ensure that your device is connected to your PC by USB. 次に、メニュー バーから [リモート GDB デバッガー] を選択するか、または F5 キーを押します。Then select Remote GDB Debugger from the menu bar or press F5.

    [リモート GDB デバッガー] ボタン

  6. プロジェクトのビルドを求めるメッセージが表示されたら、 [はい] を選択します。If you are prompted to build the project, select Yes. Visual Studio により、アプリケーションがコンパイルされ、イメージ パッケージが作成され、ボードに "サイドローディング" されて、デバッグ モードで開始されます。Visual Studio compiles the application, creates an image package, sideloads it onto the board, and starts it in debug mode. "サイドローディング" とは、アプリケーションが、無線経由 (OTA) の配信ではなく、有線接続経由で PC から直接配信されることを意味します。Sideloading means that the application is delivered directly from the PC over a wired connection, rather than delivered over the air (OTA).

    ヒント

    ビルド出力のパスに注意してください。これは、PC での出力イメージ パッケージの場所を示します。Note the path in the Build output, which indicates the location of the output image package on your PC. イメージ パッケージは後のデプロイ クイック スタートで使用します。You'll use the image package later in the Deployment Quickstart.

  7. 既定では、[出力] ウィンドウにデバイス出力からの出力が表示されます。By default, the Output window shows output from Device Output. デバッガーからのメッセージを表示するには、 [出力元] ドロップダウン メニューで [デバッグ] を選択します。To see messages from the debugger, select Debug from the Show output from: dropdown menu. [デバッグ] > [Windows] メニューからは、プログラムの逆アセンブリ、レジスタ、またはメモリを調べることもできます。You can also inspect the program disassembly, registers, or memory through the Debug>Windows menu.

  8. プログラムを実行すると、LED が点滅します。When you run the program, you should see an LED blink.

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、デバッグ用に Azure Sphere デバイスを準備する方法、および高度なアプリケーションをビルドしてデバッグする方法を示しました。This quickstart showed how to prepare your Azure Sphere device for debugging and how to build and debug a high-level application.

次:Next: