Get-AksHciCredential

構文

kubectl を使用してご自身のクラスターにアクセスします。 これにより、指定したクラスターの kubeconfig ファイルが kubectl の既定の kubeconfig ファイルとして使用されます。

構文

Get-AksHciCredential -name <String>
                    [-configPath <String>]
                    [-adAuth]

説明

kubectl を使用してご自身のクラスターにアクセスします。

kubectl を使用してご自身のクラスターにアクセスします。

Get-AksHciCredential -name myCluster

パラメーター

-name

クラスターの名前です。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-configPath

kubeconfig をダウンロードする場所。 既定値は %USERPROFILE%\.kube です。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: %USERPROFILE%\.kube
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-adAuth

このフラグを使用して、kubeconfig の Active Directory SSO バージョンを取得します。

Type: System.Management.Automation.SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False