Repair-AksHciClusterCerts

構文

Kubernetes 組み込みコンポーネントの証明書の有効期限が切れた場合に関連するエラーをトラブルシューティングおよび修正します。

構文

Repair-AksHciClusterCerts -name 
                          -fixCloudCredentials
                         [-sshPrivateKeyFile <String>] 
                         [-force]
Repair-AksHciClusterCerts -name 
                          -fixKubeletCredentials
                         [-sshPrivateKeyFile <String>] 
                         [-force]

説明

このコマンドレットは非推奨になる予定です。 Update-AksHciClusterCertificates を使用してください。

Kubernetes 組み込みコンポーネントの証明書の有効期限が切れた場合に関連するエラーをトラブルシューティングおよび修正します。

使用例

Repair-AksHciClusterCerts -name mycluster -fixCloudCredentials

ターゲット クラスター間で通信の問題がある場合に、クラスター証明書を修正する

Repair-AksHciClusterCerts -name mycluster -fixKubeletCredentials

パラメーター

-name

証明書を再プロビジョニングする Kubernetes クラスターの名前。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-fixCloudCredentials

ワークロード クラスターがクラウド エージェントとの通信を失う場合は、このフラグを使用します。

Type: System.Management.Automation.SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-fixKubeletCredentials

ワークロード クラスターで他のワークロード クラスター間の通信を失う場合は、このフラグを使用します。

Type: System.Management.Automation.SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-sshPrivateKeyFile

クラスターのホスト VM にリモートでアクセスするために使用される SSH キー。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-force

チェックを行わずに強制的に修復するには、このフラグを使用します。

Type: System.Management.Automation.SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

次のステップ

AksHci PowerShell リファレンス