Set-AksHciConfig

構文

Azure Kubernetes Service ホストの構成を設定または更新します。

構文

ホストの構成を設定します

Set-AksHciConfig  -imageDir <String>
                  -workingDir <String>
                  -cloudConfigLocation <String>
                  -vnet <Virtual Network>
                 [-nodeConfigLocation <String>]
                 [-controlPlaneVmSize <VmSize>]
                 [-sshPublicKey <String>]
                 [-macPoolStart <String>]
                 [-macPoolEnd <String>]       
                 [-proxySettings <ProxySettings>]
                 [-cloudServiceCidr <String>]
                 [-version <String>]
                 [-nodeAgentPort <int>]
                 [-nodeAgentAuthorizerPort <int>]
                 [-cloudAgentPort <int>]
                 [-cloudAgentAuthorizerPort <int>]
                 [-clusterRoleName <String>]
                 [-cloudLocation <String>]
                 [-skipHostLimitChecks]
                 [-skipRemotingChecks]
                 [-insecure]
                 [-skipUpdates]
                 [-forceDnsReplication]   

説明

Azure Kubernetes Service ホストの構成を設定します。 2 から 8 ノードの Azure Stack HCI クラスターまたは Windows Server 2019 Datacenter フェールオーバー クラスターにデプロイする場合は、-workingDir および -cloudConfigLocation の各パラメーターを指定する必要があります。 単一ノードの Windows Server 2019 Datacenter の場合、すべてのパラメーターは省略可能で、既定値に設定されます。

VLAN および DHCP ネットワークを使用して 2 から 8 ノードのクラスターにデプロイするには

$vnet = New-AksHciNetworkSetting -name newNetwork -vswitchName "DefaultSwitch" -vipPoolStart "172.16.255.0" -vipPoolEnd "172.16.255.254" -vlanID 7

Set-AksHciConfig -workingDir c:\ClusterStorage\Volume1\workingDir -cloudConfigLocation c:\clusterstorage\volume1\Config -vnet $vnet -cloudservicecidr "172.16.10.10/16"

VLAN なしで DHCP ネットワークを使用して 2 から 8 ノードのクラスターにデプロイするには

$vnet = New-AksHciNetworkSetting -name newNetwork -vswitchName "DefaultSwitch" -vipPoolStart "172.16.255.0" -vipPoolEnd "172.16.255.254"

Set-AksHciConfig -workingDir c:\ClusterStorage\Volume1\workingDir -cloudConfigLocation c:\clusterstorage\volume1\Config -vnet $vnet -cloudservicecidr "172.16.10.10/16"

VLAN および静的 IP ネットワークを使用してデプロイするには

$vnet = New-AksHciNetworkSetting -name newNetwork -vswitchName "DefaultSwitch" -k8snodeippoolstart "172.16.10.0" -k8snodeippoolend "172.16.10.255" -vipPoolStart "172.16.255.0" -vipPoolEnd "172.16.255.254" -ipaddressprefix "172.16.0.0/16" -gateway "172.16.0.1" -dnsservers "172.16.0.1" -vlanID 7

Set-AksHciConfig -workingDir c:\ClusterStorage\Volume1\workingDir -cloudConfigLocation c:\clusterstorage\volume1\Config -vnet $vnet -cloudservicecidr "172.16.10.10/16"

VLAN なしで静的 IP ネットワークを使用してデプロイするには

$vnet = New-AksHciNetworkSetting -name newNetwork -vswitchName "DefaultSwitch" -k8snodeippoolstart "172.16.10.0" -k8snodeippoolend "172.16.10.255" -vipPoolStart "172.16.255.0" -vipPoolEnd "172.16.255.254" -ipaddressprefix "172.16.0.0/16" -gateway "172.16.0.1" -dnsservers "172.16.0.1"

Set-AksHciConfig -workingDir c:\ClusterStorage\Volume1\workingDir -cloudConfigLocation c:\clusterstorage\volume1\Config -vnet $vnet -cloudservicecidr "172.16.10.10/16"

プロキシ サーバーを使用してデプロイするには

$proxySetting = New-AksHciProxySetting -name "corpProxy" -http http://contosoproxy:8080 -https https://contosoproxy:8443 -noProxy localhost,127.0.0.1,.svc,10.96.0.0/12,10.244.0.0/16 -credential $proxyCredential

Set-AksHciConfig -workingDir c:\ClusterStorage\Volume1\workingDir -cloudConfigLocation c:\clusterstorage\volume1\Config -proxySetting $proxySettings -vnet $vnet -cloudservicecidr "172.16.10.10/16"

事前に構成されたクラウド エージェント クラスター サービスと DNS レコードを使用してデプロイするには

この例を実行する前に、Active Directory 内に ca-cloudagent という名前を持つ汎用クラスター サービスを事前設定する必要があります。名前は任意でかまいませんが、長さが 32 文字を超えないようにしてください。 また、指定された cloudservicecidr アドレスを持つ、汎用クラスター サービスの FQDN を指す関連付けられた DNS レコードを作成することも必要です。

AKS on Azure Stack HCI and Windows Server デプロイでは、デプロイに進む前に、指定された clusterRoleName を Active Directory 内で見つけようとします。

注意

AKS on Azure Stack HCI and Windows Server がデプロイされた後、これらの情報を変更することはできません。

$vnet = New-AksHciNetworkSetting -name newNetwork -vswitchName "DefaultSwitch" -k8snodeippoolstart "172.16.10.0" -k8snodeippoolend "172.16.10.255" -vipPoolStart "172.16.255.0" -vipPoolEnd "172.16.255.254" -ipaddressprefix "172.16.0.0/16" -gateway "172.16.0.1" -dnsservers "172.16.0.1" -vlanID 7

Set-AksHciConfig -workingDir c:\ClusterStorage\Volume1\workingDir -cloudConfigLocation c:\clusterstorage\volume1\Config -vnet $vnet -cloudservicecidr "172.16.10.10/16" -clusterRoleName "ca-cloudagent"

パラメーター

-imageDir

Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI and Windows Server によって VHD イメージが格納されるディレクトリのパス。 このパラメーターは必須です。 このパスは C:\ClusterStorage\Volume2\ImageStore などの共有ストレージ パスか、または \\FileShare\ImageStore などの SMB 共有を指している必要があります。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: %systemdrive%\AksHciImageStore
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-workingDir

これは、小さいファイルを格納するためにモジュールで使用する作業ディレクトリです。 このパラメーターは必須です。 パスは、共有ストレージ パス (c:\ClusterStorage\Volume2\ImageStore など) または SMB 共有 (\\FileShare\ImageStore など) を指す必要があります。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: %systemdrive%\AksHci
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-cloudConfigLocation

クラウド エージェントによって構成が格納される場所。 このパラメーターは必須です。 このパスは C:\ClusterStorage\Volume2\ImageStore などの共有ストレージ パスか、または \\FileShare\ImageStore などの SMB 共有を指している必要があります。 ストレージに常にアクセスできるようにするために、この場所は可用性の高い共有に存在する必要があります。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: %systemdrive%\wssdcloudagent
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-vnet

New-AksHciNetworkSetting コマンドを使用して作成された AksHciNetworkSetting オブジェクトの名前。

Type: VirtualNetwork
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: True
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-nodeConfigLocation

ノード エージェントによって構成が格納される場所。 すべてのノードにノード エージェントがあるため、その構成はノードごとにローカルになります。 この場所はローカル パスである必要があります。 既定では、すべてのデプロイで %systemdrive%\programdata\wssdagent になります。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: %systemdrive%\programdata\wssdagent
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-controlPlaneVmSize

コントロール プレーン用に作成する VM のサイズ。 使用できる VM サイズの一覧を取得するには、Get-AksHciVmSize を実行します。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: Standard_A4_V2
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-sshPublicKey

SSH 公開キー ファイルへのパス。 この公開キーを使用すると、Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI and Windows Server デプロイによって作成された任意の VM にログインできます。 独自の SSH 公開キーを使用する場合は、ここでその場所を渡します。 キーを指定しなかった場合は、%systemdrive%\akshci\.ssh\akshci_rsa.pub でそれが検索されます。 そのファイルが存在しない場合は、この場所で SSH キー ペアが生成されて使用されます。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-macPoolStart

これは、Azure Kubernetes Service ホスト VM に使用する MAC プールの MAC アドレスの先頭を指定するために使用されます。 MAC アドレスの構文では、先頭のバイトの最下位ビットが常に 0 である必要があります。また、先頭のバイトは常に偶数 (つまり、00、02、04、06...) である必要があります。一般的な MAC アドレスは、02:1E:2B:78:00:00 のようになります。 割り当てられる MAC アドレスが一貫性のあるものになるように、長期間維持されるデプロイには MAC プールを使用します。 MAC プールは、VM に特定の MAC アドレスが割り当てられる必要がある場合に便利です。 既定値は none です。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-macPoolEnd

これは、Azure Kubernetes Service ホスト VM に使用する MAC プールの MAC アドレスの末尾を指定するために使用されます。 MAC アドレスの構文では、先頭のバイトの最下位ビットが常に 0 である必要があります。また、先頭のバイトは常に偶数 (つまり、00、02、04、06...) である必要があります。-macPoolEnd として渡されたアドレスの先頭のバイトは、-macPoolStart として渡されたアドレスの先頭のバイトと同じである必要があります。 割り当てられる MAC アドレスが一貫性のあるものになるように、長期間維持されるデプロイには MAC プールを使用します。 MAC プールは、VM に特定の MAC アドレスが割り当てられる必要がある場合に便利です。 既定値は none です。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-proxySettings

New-AksHciProxySetting を使用して作成されたプロキシ オブジェクト。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-cloudServiceCidr

これを使用すると、MOC CloudAgent サービスに割り当てられる静的 IP/ネットワーク プレフィックスを指定できます。 この値は、CIDR 形式を使用して指定する必要があります (例: 192.168.1.2/16)。 (例: 192.168.1.2/16)。 これを指定すると、IP アドレスが変更されないため、ネットワーク上で重要なすべてのものに常にアクセスできるようにすることができます。 既定値は none です。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-version

デプロイする Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI and Windows Server のバージョン。 既定値は最新バージョンです。 既定値は変更しないことをお勧めします。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: Latest version
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-nodeAgentPort

ノード エージェントでリッスンする必要がある TCP/IP ポート番号。既定値は 45000 です。  既定値は変更しないことをお勧めします。

Type: System.Int32
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: 45000
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-nodeAgentAuthorizerPort

ノード エージェントで承認ポートに使用する必要がある TCP/IP ポート番号。 既定値は 45001 です。 既定値は変更しないことをお勧めします。 

Type: System.Int32
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: 45001
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-cloudAgentPort

クラウド エージェントでリッスンする必要がある TCP/IP ポート番号。 既定値は 55000 です。 既定値は変更しないことをお勧めします。

Type: System.Int32
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: 55000
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-cloudAgentAuthorizerPort

クラウド エージェントで承認ポートに使用する必要がある TCP/IP ポート番号。 既定値は 65000 です。 既定値は変更しないことをお勧めします。

Type: System.Int32
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: 65000
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-clusterRoleName

これは、クラスター内の汎用サービスとしてクラウド エージェントを作成するときに使用する名前を指定します。 これの既定値は、ca- のプレフィックスと GUID サフィックスを含む一意の名前です (例: "ca-9e6eb299-bc0b-4f00-9fd7-942843820c26")。 既定値は変更しないことをお勧めします。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: A unique name with a prefix of ca- and a guid suffix
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-cloudLocation

このパラメーターにより、Microsoft が運営するカスタム クラウドの場所の名前を提供します。 既定の名前は "MocLocation" です。 既定値は変更しないことをお勧めします。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: MocLocation
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-skipHostLimitChecks

デプロイを続行する前に、メモリとディスク領域が使用可能であることを確認するために実行するすべてのチェックをスキップするよう、スクリプトに要求します。 この設定を使用することは推奨されません。

Type: System.Management.Automation.SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-skipRemotingChecks

ローカル ノードとリモート ノードの両方に対してリモート処理機能を確認するために行われるチェックをスキップするようにスクリプトに要求します。 この設定を使用することは推奨されません。

Type: System.Management.Automation.SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-insecure

セキュリティ保護されていないモード (接続が TLS によって保護されていない) で、クラウド エージェントやノード エージェントなどの Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI and Windows Server コンポーネントをデプロイします。    運用環境に、セキュリティ保護されていないモードを使用しないことをお勧めします。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-skipUpdates

利用可能な更新プログラムをスキップする場合は、このフラグを使用します。 この設定を使用することは推奨されません。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-forceDnsReplication

一部のシステムでは、DNS レプリケーションに最大 1 時間かかることがあります。 これにより、デプロイの速度が低下します。 この問題が発生した場合は、Install-AksHci がループに入っていることがわかります。 この問題を解決するには、このフラグを使用してみてください。 -forceDnsReplication フラグは、保証されている修正プログラムではありません。 フラグの背後にあるロジックが失敗した場合、エラーは非表示になり、フラグが指定されなかったかのようにコマンドが実行されます。

Type: System.String
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

次のステップ

AksHci PowerShell リファレンス