Azure Stack 開発キット (ASDK) とは

Microsoft Azure Stack Hub 統合システムには 4 ノードから 16 ノードまでのサイズがあり、ハードウェア パートナーと Microsoft によって共同でサポートされます。 Azure Stack Hub 統合システムの使用により、運用ワークロード向けの新しいシナリオが可能になります。 統合システム インフラストラクチャの管理およびサービスの提供を行う Azure Stack Hub オペレーターは、オペレーター ドキュメントを参照してください。

ASDK は、Azure Stack Hub の単一ノード デプロイであり、無料でダウンロードして使用できます。 すべての ASDK コンポーネントは、単一のホスト コンピューター上で実行される仮想マシン (VM) にインストールされます。そのコンピューターは、最低限のハードウェア要件を満たす必要があります。 ASDK の目的は、"非運用" 環境で Azure と一貫性のある API とツールを使用して、Azure Stack Hub の評価と最新アプリの開発ができる環境を提供することです。

重要

ASDK の運用環境での使用は、想定されておらず、サポートされていません。

すべての ASDK コンポーネントが単一のホスト コンピューターにデプロイされるため、使用可能な物理リソースは限られています。 ASDK のデプロイでは、Azure Stack Hub インフラストラクチャ VM とテナント VM の両方が同じサーバー コンピューター上に共存します。 この構成は、拡張性やパフォーマンスの評価のためのものではありません。

ASDK は、以下のユーザーに Azure の一貫したハイブリッド クラウド エクスペリエンスを提供するように設計されています。

  • 管理者 (Azure Stack Hub オペレーター):ASDK は、利用可能な Azure Stack Hub サービスの評価と学習に役立つ優れたリソースです。
  • 開発者:ASDK を使用すると、オンプレミス (開発/テスト環境) でハイブリッド アプリや最新型アプリを開発することができます。 この柔軟性により、Azure Stack Hub の運用環境のデプロイの前またはそれと同時に、開発環境を再現することができるようになります。

ASDK の詳細については、次の短い動画をご覧ください。

ASDK とマルチノード Azure Stack Hub の相違点

単一ノードの ASDK デプロイは、マルチノードの Azure Stack Hub デプロイとはいくつかの重要な点で異なります。

説明 ASDK マルチノード Azure Stack Hub
スケール すべてのコンポーネントが、単一ノードのサーバー コンピューターにインストールされます。 サイズは 4 から 16 ノードの範囲で設定できます。
回復力 単一ノードの構成では、高可用性は提供されません 高可用性機能がサポートされています。
ネットワーク ASDK ホストは、すべての ASDK ネットワーク トラフィックをルーティングします。 他のスイッチ要件はありません。 Top-Of-Rack (TOR)、ベースボード管理コントローラー (BMC)、境界 (データセンター ネットワーク) スイッチなど、より複雑なネットワーク ルーティング インフラストラクチャがマルチノード デプロイでは必要です。
修正プログラムと更新プログラムの処理 ASDK の新しいバージョンに移行するには、ASDK のホスト コンピューターで ASDK を再デプロイする必要があります。 インストール済みの Azure Stack Hub バージョンを更新するために、修正プログラムと更新プログラムのプロセスが使用されます。
サポート MSDN の Azure Stack フォーラム。 Microsoft サポートは、非運用環境では使用 "できません"。 MSDN の Azure Stack フォーラムと完全なサポート。

利用できるサービスの詳細

Azure Stack Hub オペレーターは、ユーザーにどのサービスを提供できるかを知っておく必要があります。 Azure Stack Hub は Azure サービスのサブセットをサポートしており、サポートされるサービスの一覧は常に進化し続けています。

基礎となるサービス

ASDK をデプロイすると、Azure Stack Hub には既定で以下の "基礎となるサービス" が含まれています。

  • Compute
  • ストレージ
  • ネットワーク
  • Key Vault

これらの基礎となるサービスによって、最小限の構成でユーザーにサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) を提供できます。

その他のサービス

現時点では、その他に以下の、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) サービスがサポートされています。

  • App Service
  • Azure Functions
  • SQL および MySQL データベース

注意

これらのサービスをユーザーが利用できるようにするには、追加の構成が必要です。ASDK をインストールした時点で、既定では使用できません。

サービスのロードマップ

Azure Stack Hub には、引き続き Azure サービスのサポートが追加される予定です。 Azure Stack Hub の今後の予定については、Azure Stack ロードマップを参照してください。

次のステップ

Azure Stack Hub の評価を開始するには、最初に最新の ASDK をダウンロードし、ASDK ホスト コンピューターを準備する必要があります。 その後、ASDK をインストールして管理者ポータルとユーザー ポータルにサインインし、Azure Stack Hub の使用を開始することができます。