単一サーバーでの Azure Stack HCI の使用

適用対象: Azure Stack HCI バージョン 21H2

この記事では、単一サーバー (単一ノード クラスターとも呼ばれます) で Azure Stack HCI を実行する方法の概要について説明します。 単一サーバーを使用すると、回復性の低さを許容できる場所で、ハードウェアとソフトウェアのコストを最小限に抑えることができます。 また、単一サーバーは、小規模なデプロイから開始し、後からサーバーを追加 (スケールアウト) したい場合にも適しています。

上記の利点がある一方で、最初に認識しておくべき制限事項もいくつかあります。

  • PowerShell を使用して単一ノード クラスターを作成し、記憶域スペース ダイレクトを有効にする必要があります。
  • 単一サーバーでは、Non-volatile Memory Express (NVMe) ドライブとソリッドステート (SSD) ドライブのうち、いずれか 1 種類のドライブのみを使用する必要があります。
  • ストレッチ (デュアルサイト) クラスターは、個別のサーバーではサポートされません (ストレッチ クラスターを使用するには、各サイトに少なくとも 2 つのサーバーが必要です)。
  • Windows Admin Center を使用して更新プログラムをインストールするには、単一サーバーの [サーバー マネージャー]>[更新プログラム] ツールを使用します。 または、PowerShell またはサーバー構成ツール (SConfig) を使用します。 ソリューションの更新プログラム (ドライバーやファームウェアの更新プログラムなど) については、ご利用のソリューション ベンダーを参照してください。 現時点では、[クラスター マネージャー]>[更新プログラム] ツールを使用して単一ノード クラスターを更新することはできません。
  • 再起動が必要なオペレーティング システムやその他の更新プログラムでは、VM の移動先となる実行中のクラスター ノードが他にないため、仮想マシン (VM) の実行にダウンタイムが発生します。 再起動前に VM を手動でシャットダウンし、再起動前に VM がシャットダウンするための十分な時間が確保されるようにすることをお勧めします。

前提条件

ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの要件については、「Azure Stack HCI に必要なもの」を参照してください。

単一ノード クラスターとマルチノード クラスターの比較

次の表は、単一ノード クラスターの属性とマルチノード クラスターの属性を比較したものです。

属性 単一ノード 複数ノード
完全なソフトウェア定義データ センター (SDDC) スタック (ハイパーバイザー、ストレージ、ネットワーク) はい はい
記憶域スペース ダイレクトのサポート はい はい
ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) のサポート はい はい
ネイティブ Azure Arc 統合 はい はい
Windows Admin Center と Azure portal での管理 はい はい
Azure の課金/登録 はい はい
物理コアあたりの課金 はい はい
Azure を通じたサポート はい はい
接続性 (断続的または常時接続) はい はい
Azure Stack HCI での Azure 特典 はい はい
Windows Server サブスクリプションのアクティブ化 はい はい
Azure Defender とセキュリティで保護されたコア はい はい
Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI (AKS-HCI) はい 1 はい
Azure Virtual Desktop はい はい
Azure Site Recovery はい はい
Azure Stack HCI: ストレッチ クラスターのサポート いいえ はい
クラスター化された VM でのグラフィックス処理装置 (GPU) の使用 はい はい

1 サポートには制限があります。AKS on Azure Stack HCI は、単一ノード クラスターではプレビュー段階です。

既知の問題

次の表は、単一ノード クラスターの現在の既知の問題について説明したものです。 この一覧は、他の項目が特定された場合に変更される可能性があります。随時更新を確認してください。

問題 メモ
SBL キャッシュは、単一ノード クラスターではサポートされません。 オール フラッシュ、Non-volatile Memory Express (NVMe) を使用したフラット構成、またはソリッドステート ドライブ (SSD) を使用する必要があります。
Windows Admin Center では、単一ノード クラスターの作成はサポートされていません。 PowerShell を使用して単一サーバーをデプロイしてください
Windows Admin Center の表面的なユーザー インターフェイス (UI) を変更する必要があります。 同じクラスター内のライブ マイグレーションは制限されません。アフィニティ ルールの作成などは行えます。アクションが失敗しても特に害はありません。
Windows Admin Center でのサーバーの一時停止は、サーバーのドレインが試行されるため失敗します。 PowerShell を使用して一時停止 (サーバーを中断) してください。
Windows Admin Center と PowerShell で、ボリュームの作成が失敗します。 PowerShell を使用して、"StorageTier" パラメーターを使用せずにボリュームを作成してください。 たとえば、New-Volume -FriendlyName "Volume1" -Size 1 TB -ProvisioningType Thin とします。
クラスター対応更新 (CAU) では、単一ノード クラスターはサポートされていません。 PowerShell、サーバー構成ツール (SConfig)、または Windows Admin Center (サーバー マネージャー経由) を使用して更新してください。 詳細情報
ノードを追加して単一ノード クラスターをスケールアウトしても、記憶域スペース ダイレクトの FaultDomainAwarenessDefault は自動的には変更されません。 FaultDomainAwarenessDefault は、PhysicalDisk から StorageScaleUnit に手動で変更できます。

次のステップ