Azure Stack HCI の SDN インフラストラクチャを更新する

適用対象: Azure Stack HCI バージョン 21H2 および 20H2、Windows Server 2022、Windows Server 2019

ソフトウェアによるネットワーク 制御 (SDN) インフラストラクチャ コンポーネントには、ネットワーク コントローラーと、必要に応じて、ソフトウェア ロード バランサー (SLB)、仮想マシン (VM) 上で実行される SDN ゲートウェイが含まれます。

各コンポーネントを更新する場合は、Windows の更新プログラムをインストールするためのいずれかの標準的な方法を使用し、Windows PowerShell も使用します。 SDN インフラストラクチャは任意の順序で更新できますが、最初にネットワーク コントローラー仮想マシン (VM) を更新することをお勧めします。

Hyper-V ホストは、SDN インフラストラクチャを更新する前または後に更新できます。

ネットワーク コントローラーを更新する

ネットワーク コントローラーを更新するには、次の手順を実行します。

  1. 最初のネットワーク コントローラー VM で、すべての更新プログラムをインストールし、更新プログラムで必要とされる場合は VM を再起動します。 再起動中に、ネットワーク コントローラー ノードが停止し、再度起動します。 VM を再起動すると、Up 状態に戻るまで数分かかる場合があります。

  2. 次のネットワーク コントローラー VM を更新する前に、以下の PowerShell Get-NetworkControllerNode コマンドレットを実行して、ノードの状態が Up であることを確認します。

    PS C:\> get-networkcontrollernode
    
    Name            : NCNode1.contoso.com 
    Server          : NCNode1.Contoso.com 
    FaultDomain     : fd:/NCNode1.Contoso.com 
    RestInterface   : Ethernet 
    NodeCertificate : 
    Status          : Down 
    
    Name            : NCNode2.Contoso.com 
    Server          : NCNode2.contoso.com 
    FaultDomain     : fd:/ NCNode2.Contoso.com 
    RestInterface   : Ethernet 
    NodeCertificate : 
    Status          : Up 
    
    Name            : NCNode3.Contoso.com 
    Server          : NCNode3.Contoso.com 
    FaultDomain     : fd:/ NCNode3.Contoso.com 
    RestInterface   : Ethernet 
    NodeCertificate : 
    Status          : Up 
    
  3. 他のネットワーク コントローラー VM に対して手順 1 と 2 を実行します。

ソフトウェア ロード バランサーを更新する

ロード バランサー インフラストラクチャの継続的可用性を確保するために、各 SLB VM に更新プログラムを一度に 1 つずつインストールします。

SDN ゲートウェイを更新する

各ゲートウェイ VM に更新プログラムを一度に 1 つずつインストールします。 更新中に VM が使用できないか、再起動が必要になる場合があります。 この場合は、そのゲートウェイ上のアクティブな接続がスタンバイ ゲートウェイ VM に移行されます (そのように構成されている場合)。 これにより、テナント接続がスタンバイ ゲートウェイに移行されるときに、多少のダウンタイムが発生します。

  1. ダウンタイムを最小限に抑えるには、最初に冗長ゲートウェイ VM に更新プログラムをインストールします。 冗長ゲートウェイ VM を構成していない場合は、この手順は無視してください。 特定のゲートウェイ VM が冗長かどうかを確認するには、ネットワーク コントローラー VM で次のコマンドを実行します。

    (Get-NetworkControllerGateway -ConnectionUri <your_REST_URI_for_Network_Controller_deployment> -ResourceId <your_resource_ID_of_gateway>).Properties.State
    

    状態は、Active または Redundant のいずれかです。

  2. ゲートウェイが更新された後、次のゲートウェイに進む前に、ゲートウェイの HealthState が Healthy に設定されており、State が Redundant または Active であることを確認します。 冗長ゲートウェイがない場合は、次のゲートウェイに進む前に、State が Active であることを確認します。

    ゲートウェイ VM の HealthState 状態を確認するには、ネットワーク コントローラー VM で次の PowerShell コマンドを実行します。

    (Get-NetworkControllerGateway -ConnectionUri <REST uri of the Network Controller deployment> -ResourceId <Resource ID of gateway>).Properties.HealthState
    

次のステップ

SDN インフラストラクチャの詳細について理解します。 「ソフトウェア定義ネットワーク インフラストラクチャを計画する」を参照してください。