クラスター検証レポートのトラブルシューティング

適用対象:Azure Stack HCI バージョン 20H2、Windows Server 2019

このトピックは、Azure Stack HCI クラスター内のサーバー間でのネットワークとストレージの QoS (サービスの品質) 設定に関するクラスター検証レポートのトラブルシューティングを行い、重要なルールが定義されていることを確認するのに役立ちます。 最適な接続とパフォーマンスのため、クラスター検証プロセスでは、データ センター ブリッジング (DCB) の QoS 構成が一貫していること、そして定義されている場合は、フェールオーバー クラスタリングと SMB/SMB ダイレクト トラフィック クラスに適した規則が含まれていることが確認されます。

DCB は RDMA over Converged Ethernet (RoCE) ネットワークに必須であり、Internet Wide Area RDMA Protocol (iWARP) ネットワークでは省略可能です (ただし推奨されます)。

データ センター ブリッジングをインストールする

QoS 固有のコマンドレットを使用するには、データ センター ブリッジングをインストールする必要があります。 サーバーにデータ センター ブリッジング機能が既にインストールされているかどうかを確認するには、PowerShell で次のコマンドレットを実行します。

Get-WindowsFeature -Name Data-Center-Bridging -ComputerName Server1

データ センター ブリッジングがインストールされていない場合は、クラスター内の各サーバーで次のコマンドレットを実行してインストールします。

Install-WindowsFeature –Name Data-Center-Bridging -ComputerName Server1

クラスター検証テストを実行する

Windows Admin Center で [ツール] > [サーバー] > [インベントリ] > [クラスターの検証] を選択して検証機能を使用するか、または次の PowerShell コマンドを実行します。

Test-Cluster –Node Server1, Server2

テストでは、特に、DCB QoS の構成が一貫していることと、クラスター内のすべてのサーバーに同じ数のトラフィック クラスと QoS ルールがあることが検証されます。 また、すべてのサーバーで、フェールオーバー クラスタリングと SMB/SMB ダイレクト トラフィック クラスに対して QoS ルールが定義されていることも確認されます。

検証レポートは、Windows Admin Centerで表示するか、現在の作業ディレクトリのログ ファイルにアクセスして表示することができます。 次に例を示します。C:\Users<username>\AppData\Local\Temp\

レポートの下部には、[Validate QoS Settings Configuration](QoS 設定の構成を検証する) と、クラスター内の各サーバーの対応するレポートが表示されます。

サーバーで既に設定されているトラフィック クラスを把握するには、Get-NetQosTrafficClass コマンドレットを使用します。

詳細については、「Azure Stack HCI クラスターの検証」を参照してください。

ネットワーク QoS ルールを検証する

クラスター内のサーバー間で、DCB 許容状態と優先順位フロー制御状態の設定の整合性を検証します。

DCB 許容状態

Data Center Bridging Capability Exchange プロトコル (DCBX) をサポートするネットワーク アダプターでは、リモート デバイスから構成を受け入れることができます。 この機能を有効にするには、ネットワーク アダプターで DCB 許容ビットを true に設定する必要があります。 許容ビットが false に設定されている場合、デバイスではリモート デバイスからのすべての構成試行が拒否され、ローカル構成のみが適用されます。 RDMA over Converged Ethernet (RoCE) アダプターを使用している場合は、すべてのサーバーで許容ビットを false に設定する必要があります。

Azure Stack HCI クラスター内のすべてのサーバーで、DCB 許容ビットが同じように設定されている必要があります。

次の例のように、DCB 許容ビットを true または false に設定するには、Set-NetQosDcbxSetting コマンドレットを使用します。

Set-NetQosDcbxSetting –Willing $false

DCB フロー制御状態

ファイバー チャネルなどの上位層プロトコルで、基になる転送が無損失であることが想定されている場合は、優先順位に基づくフロー制御が不可欠です。 DCB フロー制御は、グローバルに、または個々のネットワーク アダプターに対して、有効または無効にすることができます。 有効にすると、特定のアプリケーション トラフィックに優先順位を付ける QoS ポリシーを作成できるようになります。

フェールオーバーの間に QoS ポリシーがシームレスに機能するには、Azure Stack HCI クラスター内のすべてのサーバーに、同じフロー制御状態が設定されている必要があります。 RoCE アダプターを使用している場合は、すべてのサーバーで優先順位フロー制御を有効にする必要があります。

現在のフロー制御の構成を取得するには、Get-NetQosFlowControl コマンドレットを使用します。 既定では、すべての優先順位は無効になっています。

優先順位フロー制御をオンまたはオフにするには、-priority パラメーターを指定して Enable-NetQosFlowControl および Disable-NetQosFlowControl コマンドレットを使用します。 たとえば、次のコマンドでは、優先順位 3 のタグが付けられたトラフィックに対するフロー制御が有効になります。

Enable-NetQosFlowControl –Priority 3

ストレージの QoS ルールを検証する

すべてのノードに、フェールオーバー クラスタリングと SMB または SMB ダイレクトに対する QoS ルールがあることを確認します。 ない場合、接続の問題とパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

フェールオーバー クラスタリングの QoS ルール

クラスターで 何らかの ストレージ QoS ルールが定義されている場合は、フェールオーバー クラスタリングに対する QoS ルールが存在する必要があります。ないと、接続の問題が発生する可能性があります。 フェールオーバー クラスタリングに新しい QoS ルールを追加するには、次の例のように New-NetQosPolicy コマンドレットを使用します。

New-NetQosPolicy "Cluster" -IPDstPort 3343 -Priority 6

SMB の QoS ルール

一部またはすべてのノードで QoS ルールが定義されているのに、SMB の QoS ルールが設定されていない場合は、SMB で接続とパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。 SMB に新しいネットワーク QoS ルールを追加するには、次の例のように New-NetQosPolicy コマンドレットを使用します。

New-NetQosPolicy -Name "SMB" -SMB -PriorityValue8021Action 3

SMB ダイレクトの QoS ルール

SMB ダイレクトでは、RDMA の方法を使用してデータが転送される代わりに、ネットワーク スタックがバイパスされます。 一部またはすべてのノードで QoS ルールが定義されているのに、SMB ダイレクトの QoS ルールが設定されていない場合、SMB ダイレクトで接続とパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。 SMB ダイレクトに対する新しい QoS ポリシーを作成するには、次のコマンドを実行します。

New-NetQosPolicy "SMB Direct" –NetDirectPort 445 –Priority 3

次のステップ

関連情報については、以下も参照してください。