Azure Kubernetes Service on Azure Stack Hub をインストールして提供する

Azure Kubernetes Service (AKS) を使用すると、ユーザーは Kubernetes クラスターを Azure Stack Hub にデプロイできます。 AKS により、Kubernetes クラスターの管理の複雑さと運用オーバーヘッドが軽減されます。 ホストされた Kubernetes サービスとして、Azure Stack Hub により正常性監視などの重要なタスクが処理され、クラスターのメンテナンスが容易になります。 クラスターの維持に使用されるイメージは、Azure Stack Hub チームが管理します。 クラスター テナント管理者は、必要に応じて更新プログラムを適用するだけで済みます。 サービスに追加コストはかかりません。 AKS は無料です。クラスター内の仮想マシン (VM) (マスターおよびエージェント ノード) の使用料のみを払います。 Azure Stack Hub のユーザー向けに Azure Kubernetes Service (AKS) リソース プロバイダーをインストールできます。

インストールするには、VM 拡張機能、AKS 基本イメージ、ユーザーに対するプランとオファーを用意し、Azure Stack Hub のマルチテナントを有効にする必要があります。 AKS クラスターは、ユーザー環境でのみ作成できます。

重要

Azure Kubernetes Service on Azure Stack Hub は現在、プレビュー段階です。 ベータ版、プレビュー版、または一般提供としてまだリリースされていない Azure の機能に適用される法律条項については、「Microsoft Azure プレビューの追加使用条件」を参照してください。

Note

Azure Kubernetes Service on Azure Stack Hub では、管理環境内のクラスターの作成はサポートされていません。 AKS クラスターは、ユーザー環境にのみ作成できます。

必要な VM 拡張機能をダウンロードする

次の VM 拡張機能が Azure Stack Hub で使用できることを確認します。

ポータルから拡張機能を取得する

これらは、Azure Stack Hub Marketplace で見つかります。 切断された環境に追加する必要がある場合は、Azure からダウンロードできます。 「Azure Stack Hub に Marketplace の項目をダウンロードする」 (接続されていない環境) の手順に従って行うことができます。

  • Linux 用の実行コマンド (最新バージョン)

    Get the run command for Linux

  • Linux 用のカスタム スクリプト (バージョン 2.0.6)

    Get custom script for Linux

PowerShell で拡張機能を表示する

PowerShell には、システムで使用できる VM 拡張機能を表示するためのコマンドレット Get-AzsVMExtension が用意されています。 使用可能な拡張機能を表示するには、次のスクリプトを実行します。 Azure Stack Hub Resource Manager エンドポイントの正しい URL を指定します。

Add-AzureRMEnvironment -Name "AzureStackAdmin" -ArmEndpoint "https://adminmanagement.\<location\>.\<yourdomainname\>/"
Login-AzureRMAccount -EnvironmentName "AzureStackAdmin"
Get-AzsVMExtension

AzureStack PowerShell モジュールのインストールと使用について詳しくは、「Azure Stack Hub 用の PowerShell Az モジュールをインストールする」をご覧ください。

AKS の基本イメージをダウンロードする

AKS サービスには、"AKS 基本イメージ" と呼ばれる特別な VM イメージが必要です。 AKS サービスは、正しいバージョンのイメージをローカル環境の Azure Stack Hub Marketplace で使用できないと動作しません。 イメージは、個々の VM を作成するためにテナントが使用するのではなく、AKS サービスが使用するためのものです。 Marketplace ではイメージはテナントに表示されません。 これは、Azure Stack Hub のすべての更新プログラムと共に行う必要があるタスクです。 新しい更新プログラムがあるたびに、AKS サービスに関連付けられた新しい AKS 基本イメージがあります。 次に手順を示します。

  1. 管理者ポータルを使用して [Marketplace management](Marketplace 管理) ブレードに移動し、[Add from Azure] (Azure から追加) を選択し、検索ボックスに「AKS」と入力し、Linux の "AKS Base Ubuntu 18.04-LTS Image Distro, 2021 Q4" バージョン "2021.12.08" と Windows AKS 基本イメージ "AKS Base Windows Image" バージョン "17763.1697.210210" を見つけてダウンロードします。

    • Linux 基本イメージ:

      Add the AKS Base Image - Linux

    • Windows 基本イメージ:

      Add the AKS Base Image - Windows

  2. インスタンスが接続されていない場合は、「Azure Stack Hub に Marketplace の項目をダウンロードする」の記事の手順に従って、示されている 2 つの項目を Azure のマーケットプレースからダウンロードし、Azure Stack Hub インスタンスにアップロードします。

プランとオファーの作成

テナント ユーザーが AKS サービスを使用できるためには、オペレーターはプランとオファーでそれを使用できるようにする必要があります。

  1. Microsoft.Container サービスを使用してプランを作成します。 このサービスに特定のクォータはありません。コンピューティング、ネットワーク、ストレージの各サービスで利用できるクォータを使用します。

    Create a plan

  2. ここでも、Azure Stack Hub 管理ポータルを使用して、前のステップで作成したプランを含むオファーを作成します。

    Create an offer

マルチテナントを構成する

他の Azure Active Directory (Azure AD) ディレクトリにいるユーザーからのサインインをサポートするように Azure Stack Hub を構成して、それらのユーザーが Azure Stack Hub のサービスを使用できるようにする必要があります。

手順については、「Azure Stack Hub でマルチテナントを構成する」をご覧ください

アラートを監視して対応する

  1. 管理ポータルを使用すると、[管理] グループで [Azure Kubernetes Service] にアクセスできます。

  2. [アラート] ブレードを選択します。 アラートを確認します。

    AKS - Admin

  3. アラートは [アラート] ブレードに表示され、必要に応じてそれに対するアクションを実行できます。

AKS - Alerts

次の手順

Azure Stack Hub 上の AKS についてさらに理解する