パブリック IP アドレスの追加

この記事では、外部アドレスをパブリック IP アドレスと呼びます。 Azure Stack Hub のコンテキストでは、パブリック IP アドレスは、Azure Stack Hub の外部からアクセスできる IP アドレスです。 この記事の目的では、外部ネットワークがルーティング可能なパブリック インターネットであるか、イントラネット上にあるか、またプライベート アドレス空間を使用するかはあまり重要ではなく、手順は同じです。

複数の IP プールを設定することはできますが、どれを使用するかを選択することはできません。 Azure Stack Hub はすべての IP プールを 1 つとして利用します。 リソースを作成するときに、割り当ての IP を選択することはできません。

重要

この記事の手順は、パートナー ツールキット バージョン 1809 以降を使用してデプロイされたシステムにのみ適用されます。 バージョン 1809 より前にデプロイされたシステムでは、新しいパブリック VIP プール範囲を許可するために、Top-of-Rack (TOR) スイッチ アクセス制御リスト (ACL) を更新する必要があります。 古いスイッチ構成を実行している場合は、OEM と協力して、新しいパブリック IP プールに適切な許可 ACL を追加するか、最新のパートナー ツールキットを使用して、スイッチを再構成し、新しいパブリック IP アドレスがブロックされないようにします。

パブリック IP アドレス プールを追加する

Azure Stack Hub システムの初期デプロイ後はいつでも、Azure Stack Hub システムにパブリック IP アドレスを追加できます。 パブリック IP アドレスの使用量を表示する方法を参照し、ご利用の Azure Stack Hub での現在の使用量とパブリック IP アドレスの可用性を確認してください。

Azure Stack Hub に新しいパブリック IP アドレス ブロックを追加するプロセスの概要は次のようになります。

IP の追加フロー

プロバイダーからアドレス ブロックを取得する

まず、Azure Stack Hub に追加するアドレス ブロックを取得する必要があります。 どこからアドレス ブロックを取得するかに応じて、リード タイムを考慮し、Azure Stack Hub でのパブリック IP アドレスの使用率と照らし合わせて管理します。

重要

Azure Stack Hub では、有効なアドレス ブロックであり、Azure Stack Hub の既存のアドレス範囲と重複していなければ、指定するすべてのアドレス ブロックが受け入れられます。 Azure Stack Hub が接続されている外部ネットワークにルーティング可能で、かつ重複していない、有効なアドレス ブロックを取得するようにしてください。 Azure Stack Hub に範囲を追加すると、削除できません。

Azure Stack Hub に IP アドレス範囲を追加する

  1. ブラウザーで、管理者ポータル ダッシュボードにアクセスします。 この例では、https://adminportal.local.azurestack.external を使用します。
  2. Azure Stack Hub 管理者ポータルにクラウド オペレーターとしてサインインします。
  3. 既定のダッシュボードで、[Region management](リージョンの管理) リストを見つけ、管理するリージョンを選択します。 この例では、ローカルを使用します。
  4. [リソース プロバイダー] タイルを見つけて、ネットワーク リソース プロバイダーをクリックします。
  5. [パブリック IP プールの使用量] タイルをクリックします。
  6. [Add IP pool](IP プールの追加) ボタンをクリックします。
  7. IP プールの名前を指定します。 選択した名前によって、IP プールを簡単に識別できます。 このフィールドでは、"/" のような特殊文字は使用できません。 必須ではありませんが、アドレス範囲と同じ名前にすることをお勧めします。
  8. CIDR 表記で追加するアドレス ブロックを入力します。 次に例を示します。192.168.203.0/24
  9. [アドレス範囲 (CIDR ブロック)] フィールドに有効な CIDR 範囲を指定すると、[開始 IP アドレス]、[終了 IP アドレス] および [利用可能な IP アドレス] の各フィールドが自動的に設定されます。 これらは読み取り専用で、自動的に生成されるため、[アドレス範囲] フィールドで値を変更せずにこれらのフィールドを変更することはできません。
  10. ブレード上の情報を確認し、すべて正しいことを確認したら、 [OK] を選択して変更をコミットし、アドレス範囲を Azure Stack Hub に追加します。

次のステップ

スケール ユニットのノード操作を確認します