Azure Stack Hub にスケール ユニット ノードを追加する

別の物理コンピューターを追加することによって、既存のスケール ユニットの全体的な容量を引き上げることができます。 物理コンピューターは、スケール ユニット ノードとも呼ばれます。 新しいノードはそれぞれ、CPU、型、メモリ、ディスク番号、およびサイズが、スケール ユニットにすでに存在するノードと同じでなければなりません。 Azure Stack Hub は、アーキテクチャの制限によりスケールダウンを目的としたスケール ユニット ノードの削除をサポートしていません。 容量の拡張はノードの追加のみで可能です。 スケール ユニットの最大サイズは 4 から 16 ノードです。

スケール ユニット ノードを追加するには Azure Stack Hub にサインインします。 ハードウェア機器の製造元 (OEM) からツールを実行します。 OEM のツールは、新しい物理コンピューターのファームウェア レベルが既存のノードと同じであることを確認するために、ハードウェア ライフサイクル ホスト (HLH) で実行されます。

警告

Azure Stack Hub では、ソリューション内のすべてのサーバーの構成が、たとえば、CPU (モデル、コア)、メモリ容量、NIC とリンク速度、記憶装置を含め、同じ構成を持っている必要があります。 Azure Stack Hub では、ハードウェアの交換中、またはスケール ユニット ノードの追加時の CPU モデルの変更はサポートされていません。 CPU の変更 (アップグレードなど) には、各スケール ユニット ノード内の均一の CPU と Azure Stack Hub の再デプロイが必要になります。

次のフロー図は、スケール ユニット ノードを追加するための一般的なプロセスを示しています。

Add scale unit flow
OEM ハードウェア ベンダーが物理サーバー ラックの配置とファームウェアの更新を行うかどうかは、サポート契約により異なります。

新しいノードを追加するときは、次の制限事項に注意してください。

  • 別のスケール ユニット ノードを追加する操作には、 コンピューティングストレージの 2 つの異なるフェーズがあります。

  • コンピューティング拡張フェーズでは、Azure Stack Hub の状態が 展開中 になります。 コンピューティング拡張が完了し、記憶域の拡張が実行されると、スタンプにストレージの構成の状態が表示されます。 別のノードを追加する前に、Azure Stack Hub を 実行中 の状態に戻します。 つまり、複数のノードを追加する場合は、ノードを追加し、状態が 実行中に戻るのを待ってから、次のノードを追加する必要があります。

    重要

    記憶域の拡張フェーズは、プール内のスペースが容量のあるディスクに再分配されるため、完了するまでに最大で数日かかる場合があります。 別のスケール ユニット ノードが追加されている間、システム上で実行中のワークロードに影響はありません。

警告

スケール ユニット ノードの追加の操作が既に進行中の場合、次の操作は行わないでください。

  • Azure Stack Hub の更新
  • 証明書のローテーション
  • Azure Stack Hub の停止
  • スケール ユニット ノードの修復
  • 別のノードの追加 (前のノードの追加アクションの失敗も進行中であると見なされます)

スケール ユニット ノードの追加

次の手順でノードの追加方法を簡単に説明します。 この手順を実行する前に必ず、OEM から容量拡張に関して提供されるドキュメントに目を通しておいてください。

  1. 新しい物理サーバーをラックに設置し、正しく配線します。
  2. 物理スイッチ ポートを有効にし、アクセス制御リスト (ACL) を調整します (該当する場合)。
  3. OEM から提供されたドキュメントに従って、ベースボード管理コントローラー (BMC) で正しい IP アドレスを設定し、すべての BIOS 設定を適用します。
  4. HLH 上で実行されているハードウェア メーカー製ツールを使って、最新のファームウェア ベースラインをすべてのコンポーネントに適用します。
  5. Azure Stack Hub 管理者ポータルでノードの追加操作を実行します。
  6. ノードの追加操作が成功したことを確認します。 スケール ユニットの [状態] をチェックしてください。

ノードの追加

新しいノードは、管理者ポータルまたは PowerShell を使って追加できます。 ノードの追加操作では、まず新しいスケール ユニット ノードを利用可能な計算処理能力として追加します。その後、ストレージ容量が自動的に拡張されます。 Azure Stack Hub は、"計算" と "ストレージ" が一体となってスケーリングされるハイパーコンバージド システムであるため、容量は自動的に拡張されます。

  1. Azure Stack Hub 管理者ポータルに Azure Stack Hub オペレーターとしてサインインします。
  2. [+ リソースの作成]>[キャパシティ]>[Scale Unit Node]\(スケール ユニット ノード\) に移動します。 Scale unit node
  3. [ノードの追加] ウィンドウで [リージョン] を選択し、ノードを追加する スケール ユニット を選択します。 また、追加するスケール ユニット ノードに、BMC IP アドレスを指定します。 一度に追加できるノードは 1 つだけです。 Add node details

ノードの追加操作の監視

ノードの追加操作の状態は、管理者ポータルまたは PowerShell を使用して取得します。 ノードの追加操作は、完了までに数時間から数日かかることがあります。

管理者ポータルを使用する

新しいノードの追加を監視するには、管理者ポータルで、スケール ユニットまたはスケール ユニット ノード オブジェクトを確認します。 そのためには、 [Region management]\(リージョン管理\)>[Scale units]\(スケール ユニット\) に移動します。 次に、確認するスケール ユニットまたはスケール ユニット ノードを選択します。

PowerShell の使用

スケール ユニットとスケール ユニット ノードの状態は、次のように PowerShell を使って取得できます。

#Retrieve Status for the Scale Unit
Get-AzsScaleUnit|select name,state

#Retrieve Status for each Scale Unit Node
Get-AzsScaleUnitNode |Select Name, ScaleUnitNodeStatus

ノードの追加操作の状態

スケール ユニットの場合:

Status 説明
実行中 すべてのノードは、アクティブにスケール ユニットに参加しています。
停止済み スケール ユニット ノードはダウンしているか、到達不能です。
拡張中 現在少なくとも 1 つのスケール ユニット ノードが計算処理能力として追加されています。
ストレージの構成 計算処理能力は拡張済みで、現在、ストレージの構成が実行されています。
修復が必要 スケール ユニット ノードの修復を必要とするエラーが少なくとも 1 つ検出されました。

スケール ユニット ノードの場合:

Status 説明
実行中 ノードは、アクティブにスケール ユニットに参加しています。
停止済み ノードは利用不可です。
追加中 ノードは、アクティブにスケール ユニットに追加されています。
修復中 ノードは現在、アクティブに修復されています。
メンテナンス ノードは一時停止され、アクティブなユーザー ワークロードは実行されていません。
修復が必要 ノードの修復を必要とするエラーが検出されました。

トラブルシューティング

ノードを追加するときに多く見られる問題は次のとおりです。

シナリオ 1: スケール ユニット ノードの追加操作は失敗するが、停止状態で表示されるノードが少なくとも 1 つ存在する。

  • 修復: 修復操作を使用してノードを修復してください。 一度に実行できる修復操作は 1 つだけです。

シナリオ 2: 1 つまたは複数のスケール ユニット ノードが追加されましたが、ストレージの拡張に失敗した。 このシナリオでは、スケール ユニット ノード オブジェクトから "実行中" という状態が報告されますが、"記憶域を構成しています" タスクが開始されません。

  • 修復: 特権のあるエンドポイントを使用し、次の PowerShell コマンドレットを実行してストレージの正常性を確認してください。
       Get-VirtualDisk -CimSession s-cluster | Get-StorageJob
    

シナリオ 3: ストレージのスケールアウト ジョブが失敗したことを示すアラートを受信した。

  • 修復: このケースでは、ストレージの構成タスクが失敗しています。 この問題はサポートに連絡する必要があります。

次のステップ

パブリック IP アドレスの追加