Azure Stack Hub データセンターの統合のチュートリアル

この記事では、購入からデプロイ後のサポートまで、Azure Stack Hub データセンターの統合についてエンドツーエンドのプロセスを説明します。 統合は、お客様、ソリューション プロバイダー、Microsoft による共同プロジェクトです。 次のタブをクリックすると、プロジェクトの各メンバーの具体的な手順が表示されます。プロジェクトのタイムラインのさまざまなフェーズの概要については、次のセクションを参照してください。

  1. ユース ケースと要件を説明する
  2. 課金モデルを決定する
  3. コントラクトを確認して承認する
  4. デプロイ ワークシートに入力する
  5. デプロイの前提条件が満たされていることを確認する
  6. データセンターを準備する
  7. デプロイ中にサブスクリプション情報を指定する
  8. 提供されたデータに関する質問を解決する

計画

Microsoft または Azure Stack Hub ソリューション パートナーが、目標の評価を支援します。 次のような課題の判断について支援します。

  • Azure Stack Hub が組織にとって最適なソリューションであるか?
  • どの種類の課金およびライセンス モデルが組織に適しているか?
  • どのようなサイズのソリューションが必要か?
  • 電源と冷却に関する要件はどのようなものか?

Azure Stack Hub Capacity Planner を使用して、ニーズに最適なハードウェアの容量と構成を調査して分析できます。

注文プロセス

お客様の組織は、Azure Stack Hub の購入を約束し、コントラクトおよび注文書への署名を行い、統合要件データをソリューション プロバイダーに提供します。

デプロイ前準備

Azure Stack Hub をデータセンターと統合する方法について決定します。 Microsoft とソリューション プロバイダーが協力して、必要な情報の収集に役立つデプロイ ワークシートを公開しています。 一般的なデータセンター統合に関する考慮事項についての記事では、テンプレートを完成させるために役立つデプロイ ワークシートと呼ばれる情報が提供されています。

重要

デプロイの遅延を防ぐために、ソリューションを発注する前にすべての前提条件を調査します。 前提条件の確認には時間がかかることがあり、組織内のさまざまな部門からの調整とデータ収集が必要になります。

次の項目を選択します。

  • Azure Stack Hub の接続モデルと ID プロバイダー。 Azure Stack Hub をインターネット (および Azure) に接続した状態でデプロイするか、接続していない状態でデプロイするかを選択できます。 ハイブリッド シナリオを含めて、Azure Stack Hub から最大のメリットを得るには、Azure に接続した状態でデプロイしてください。 Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) または Azure Active Directory (Azure AD) の選択は、デプロイ時に行う必要がある 1 回限りの決定です。 システム全体を再デプロイせずに、後で ID プロバイダーを変更することはできません

  • ライセンス モデル。 選択するライセンス モデル オプションは、行うデプロイの種類によって異なります。 ID プロバイダーの選択は、テナントの仮想マシン、または ID システムや使用するアカウントには影響を与えません。

    • 接続されていないデプロイのお客様のオプションは、容量ベース課金の 1 つのみです。

    • 接続されたデプロイのお客様は、容量ベース課金と従量課金のいずれかを選択できます。 容量ベース課金では、登録のために Enterprise Agreement (EA) Azure サブスクリプションが必要です。 これは登録に必要であり、Azure サブスクリプションを通じて Azure Marketplace で項目を利用できるようにします。

  • ネットワーク統合ネットワーク統合は、Azure Stack Hub システムのデプロイ、操作、管理に非常に重要です。 Azure Stack Hub ソリューションに回復力があり、運用をサポートする高可用な物理インフラストラクチャがあることを確実にする、いくつかの考慮事項があります。

  • ファイアウォールの統合。 Azure Stack Hub は、ファイアウォールを使用してセキュリティで保護することをお勧めします。 ファイアウォールは、DDOS 攻撃の防止、侵入検出、およびコンテンツ検査に役立ちます。 ただし、Azure ストレージ サービスのスループットのボトルネックになる可能性があることに注意してください。

  • 証明書の要件。 デプロイのためにデータセンターにオンサイト エンジニアが到着する 前に、すべての必要な証明書が使用可能になっていることが重要です。

デプロイ ワークシートからすべての前提条件情報を収集したら、ソリューション プロバイダーは収集されたデータに基づいて工場出荷時のプロセスを開始し、Azure Stack Hub をデータセンターに正常に統合できることを確実にします。

ハードウェア納入

ソリューション プロバイダーは、ソリューションのお客様の施設への納入をスケジュールするためにお客様と連携します。 受け取って適切に配置したら、Azure Stack Hub のデプロイを実行するためにエンジニアがオンサイトに来る時間をソリューション プロバイダーとともにスケジュールする必要があります。

オンサイト エンジニアがソリューションをデプロイするために到着する前に、すべての前提条件データをロックして使用可能にしておくことが 重要です

  • すべての証明書を購入して準備しておく必要があります。

  • リージョン名を決定しておく必要があります。

  • すべてのネットワーク統合のパラメーターは完了処理され、ソリューション プロバイダーと共有しているものと一致しています。

ヒント

このいずれかの情報が変更された場合は、実際のデプロイをスケジュールする前に、ソリューション プロバイダーに必ず変更を通知しておきます。

オンサイト デプロイ

Azure Stack Hub をデプロイするには、ハードウェア ソリューション プロバイダーからのオンサイト エンジニアは、デプロイを開始するためにそこにいる必要があります。 デプロイを成功させるために、デプロイ ワークシートを通じて提供されるすべての情報が変更されていないことを確認します。

次のチェックは、デプロイの実施中にオンサイト エンジニアに期待できる事柄です。

  • すべてのケーブル配線と境界接続をチェックして、ソリューションが適切に構築され要件が満たされることを確認します。
  • ソリューションのハードウェア ライフサイクル ホスト (HLH) が存在する場合は、これを構成します。
  • BMC、BIOS、およびネットワークのすべての設定が正しいことを確認します。
  • すべてのコンポーネントのファームウェアがソリューションにより承認済みの最新バージョンであることを確認します。
  • デプロイを開始します。

注意

オンサイト エンジニアによるデプロイの手順は、完了に 1 営業週かかることがあります。

デプロイ後

統合後フェーズでソリューションがお客様に引き渡される前に、パートナーがいくつかの手順を実行する必要があります。 このフェーズでは、システムが正しくデプロイされて動作することを確認するための検証が重要です。

OEM パートナーによって必ず実行されるアクションは次のとおりです。

インストールの種類によっては、いくつかの手順は必須または省略可能です。

  • AD FS を使用してデプロイが完了した場合、Azure Stack Hub スタンプをお客様独自の AD FS と統合する必要があります。

    注意

    この手順はお客様の責任で実施しますが、パートナーがオプションでこれを行うサービスの提供を選択する場合もあります。

  • それぞれのパートナーが提供する既存の監視システムとの統合。

スケジュール

Azure Stack Hub のオンサイト デプロイの全体的なタイムライン

サポート

Azure Stack Hub では、システムのライフサイクル全体を対象とする、Azure による一貫した統合サポート エクスペリエンスを有効にします。 Azure Stack Hub 統合システムを完全にサポートするには、お客様は 2 つのサポート契約が必要です。1 つは Azure サービスのサポート用の Microsoft (またはクラウド ソリューション プロバイダー) との契約、もう 1 つはシステム サポート用のハードウェア プロバイダーとの契約です。 統合サポート エクスペリエンスは、調整されたエスカレーションと解決を提供するため、お客様が誰に最初に問い合わせるかに関係なく、一貫したサポート エクスペリエンスが得られます。 Microsoft での Premier、Azure の Standard または ProDirect、または Partner サポートを既にお持ちのお客様の場合、Azure Stack Hub ソフトウェア サポートは含まれています。

統合サポート エクスペリエンスでは、Microsoft とハードウェア パートナーとの間のサポート ケースおよびケース更新の双方向転送のために、ケース交換メカニズムを使用します。 Microsoft Azure Stack Hub は、モダン ライフサイクル ポリシーに従います。

次のステップ

詳細については、一般的なデータセンター統合に関する考慮事項 を参照してください。