Azure Stack Hub のストレージ アカウントを管理する

Azure Stack Hub のストレージ アカウントを管理する方法を学習します。 ビジネス ニーズに応じてストレージ容量を検索、回復、および回収できます。

ストレージ アカウントの検索

リージョン内のストレージ アカウントのリストは、これらの手順に従うことで Azure Stack Hub で表示できます。

  1. 管理者ポータル https://adminportal.local.azurestack.external にサインインします。

  2. [すべてのサービス] > [ストレージ] > [ストレージ アカウント] の順に選択します。

    Azure Stack Hub のストレージ アカウント

既定では、最初の 10 個のアカウントが表示されます。 リストの下部にある [さらに読み込む] リンクをクリックすると、さらに多くのアカウントをフェッチすることができます。

OR

特定のストレージ アカウントに関心がある場合は、フィルター処理して関連するアカウントのみをフェッチ することができます。

アカウントをフィルター処理するには:

  1. ウィンドウの上部にある [フィルター] を選択します。

  2. [フィルター] ウィンドウでは、アカウント名サブスクリプション ID、または ステータス を指定して、表示するストレージ アカウントのリストを細かく調整できます。 必要に応じてこれらを使用します。

  3. 入力中、リストに自動的にフィルターが適用されます。

    Azure Stack Hub のストレージ アカウントをフィルター処理する

  4. フィルターをリセットするには、 [フィルター] を選択し、選択をオフにして更新します。

(ストレージ アカウントのリスト ウィンドウの上部の) 検索テキスト ボックスを使用すると、アカウントのリスト内で選択したテキストを強調表示することができます。 この方法は、フル ネームまたは ID が簡単に見つからないときに使用できます。

ここでフリー テキストを使用すると、関心のあるアカウントを見つけるのに役立ちます。

Azure Stack Hub のストレージ アカウントを見つける

アカウントの詳細の確認

表示で関心のあるアカウントが見つかったら、そのアカウントを選択して特定の詳細を表示できます。 新しいウィンドウが開き、アカウントの詳細が表示されます。 これらの詳細には、アカウントの種類、作成時刻、場所などが含まれます。

ストレージ アカウントの詳細

削除されたキーの回復

削除したアカウントを回復する必要がある場合があります。

Azure Stack Hub では、これを行う簡単な方法があります。

  1. ストレージ アカウント リストを参照します。 詳細については、この記事の最初の「ストレージ アカウントの検索」を参照してください。

  2. そのリストで特定のアカウントを検索します。 場合によっては、フィルターを使用する必要があります。

  3. アカウントの 状態 を確認します。 [削除済み] になっているはずです。

  4. アカウントを選択して、その詳細ウィンドウを開きます。

  5. このウィンドウの上部にある [回復] ボタンを選択します。

  6. [はい] を選択して確定します。

    ストレージ アカウントの回復の確認

  7. 回復が進行中です。 成功したことが示されるまで待機します。 ポータルの上部にある "ベル" アイコンを選択して、進行状況インジケーターを表示することもできます。

    ストレージ アカウントの回復の成功

    回復したアカウントが正常に同期されたら、もう一度使用できます。

注意事項

  • 削除されたアカウントの状態が、保有期間外 として表示される。

    "保有期間外" は、削除されたアカウントが保有期間を超過しており、回復できない可能性があることを意味します。

  • 削除されたアカウントは、アカウント リストには表示されません。

    削除されたアカウントが既にガベージ コレクトされている場合、アカウント リストに表示されません。 この場合、回復はできません。 詳細については、この記事の「容量の回収」を参照してください。

保有期間の設定

保有期間の設定では、クラウド オペレーターは削除されたアカウントが回復できる可能性がある期間を日数で指定できます (0 から 9999 日の間)。 既定の保有期間は 0 日に設定されています。 値を "0" に設定すると、削除されたすべてのアカウントがすぐに保有期間外になり、定期的なガベージ コレクションの対象としてマークされます。

保有期間を変更するには:

  1. 管理者ポータル https://adminportal.local.azurestack.external にサインインします。

  2. [管理] の下で、 [すべてのサービス] > [リージョン管理] を選択します。

  3. [リソース プロバイダー] > [ストレージ] > [設定] の順に選択します。 パスは、[ホーム] > [<リージョン> - リソース プロバイダー] > [ストレージ] です。

  4. [構成] を選択してリテンション期間の値を編集します。

    日数を設定して保存します。

    この値はすぐに有効になり、リージョン全体に設定されます。

    管理者ポータルで保有期間を編集する

容量の回収

保有期間を設定することの副作用の 1 つは、削除されたアカウントが、保有期間外になるまで、容量を消費し続けることです。 クラウド オペレーターとして、削除されたアカウントの保有期間が終了していなくても、その領域を回収する方法が必要な場合があります。

ポータルまたは PowerShell のいずれかを使用して、容量の回収ができます。

ポータルを使用して容量を回収するには:

  1. [ストレージ アカウント] ウィンドウに移動します。 「ストレージ アカウントの検索」を参照してください。

  2. ウィンドウの上部の [Reclaim space](領域の回収) を選択します。

  3. メッセージを確認し、 [OK] を選択します。

    ストレージ アカウント内の領域の回収

  4. 成功通知が表示されるまで待ちます。 ポータルのベル アイコンを確認します。

    正常に回収された領域

  5. [ストレージ アカウント] ページを更新します。 削除されたアカウントは消去されているため、リストに表示されることはありません。

PowerShell を使用して保有期間を明示的にオーバーライドし、すぐに容量を回収することもできます。

PowerShell を使用して容量を回収するには:

  1. Azure PowerShell がインストールおよび構成されていることを確認します。 それ以外の場合は、次の手順を実行します。
  2. 次のコマンドレットを実行します。

注意

これらのコマンドレットを実行すると、アカウントとその内容が完全に削除されます。 これは回復できません。 慎重に使用してください。

    $farm_name = (Get-AzsStorageFarm)[0].name
    Start-AzsReclaimStorageCapacity -FarmName $farm_name

詳細については、Azure Stack Hub PowerShell のドキュメントを参照してください。

次のステップ