MySQL リソース プロバイダー 2.0.6.x のリリース ノート

これらのリリース ノートでは、MySQL リソース プロバイダー バージョン 2.0.6.x の改善点と既知の問題について説明します。

ビルドのリファレンス

このリリースから、MySQL リソース プロバイダーは、標準 Azure Stack Hub の付加価値 RP になります。 Azure Stack Hub Marketplace で MySQL リソース プロバイダーにアクセスする場合は、サポート ケースを開き、サブスクリプションを許可リストに追加します。

リソース プロバイダーには、対応する最低限の Azure Stack Hub のビルドがあります。 MySQL リソース プロバイダーのこのバージョンをインストールするために必要な Azure Stack Hub の最小リリース バージョンを次に示します。

MySQL リソース プロバイダーの最新バージョンをデプロイする前に、サポートされている最低限の Azure Stack Hub 更新プログラムを Azure Stack Hub 統合システムに適用する必要があります。

サポートされる Azure Stack Hub のバージョン MySQL リソース プロバイダーのバージョン
バージョン 2108 MySQL RP バージョン 2.0.6.x

重要

システムで実行されている MySQL リソース プロバイダーの既存のバージョンがある場合は、この最新バージョンにアップグレードする前に、必ずバージョン 1.1.93.x に更新してください。

新機能と修正

このバージョンの Azure Stack Hub MySQL リソース プロバイダーには、次の機能強化と修正プログラムが含まれています。

  • インストールと将来のバージョンのアップグレードは、Azure Stack Hub Marketplace から実行されます。
  • 特定のバージョンのアドオン RP Windows Server が必要になります。 接続された環境にリソース プロバイダーをインストールすると、適切なバージョンの Microsoft AzureStack アドオン RP Windows Server が自動的にダウンロードされます。 切断された環境では、このバージョンの MySQL リソース プロバイダーのデプロイまたはこのバージョンへのアップグレードを行う前に、適切なバージョンの Microsoft AzureStack アドオン RP Windows Server イメージがダウンロードされていることを確認してください。
  • 証明書の有効期限が近づいたときにアラートを受信します。 詳細については、こちらのドキュメントを確認してください。
  • その他のバグの修正。

既知の問題

デプロイまたはアップグレード後、Azure Stack Hub オペレーターは、ログインまたはデータベースを作成する前に、既定のプロバイダー サブスクリプションをテナント名前空間 (Microsoft.MySQLAdapter) に手動で登録する必要があります。

次のステップ