Azure Stack Hub のクォータの種類

クォータは、ユーザー サブスクリプションがプロビジョニングまたは使用できるリソースの制限を定義します。 たとえば、1 つのクォータでユーザー 1 人に最大 5 つの仮想マシン (VM) の作成を許可できます。 各リソースは、独自のクォータの種類を持つことが可能です。

重要

ユーザー ポータルで新しいクォータが使用可能になるまで、または変更されたクォータが適用されるまでに最大で 2 時間かかることがあります。

Compute クォータの種類

Type 既定値 説明
VM の最大数 50 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できる VM の最大数です。
VM コアの最大数 100 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるコアの最大数です (たとえば、A3 VM のコア数は 4 です)。
[Maximum number of availability sets](可用性セットの最大数) 10 この場所に作成できる可用性セットの最大数です。
[Maximum number of virtual machine scale sets](仮想マシン スケール セットの最大数) 100 この場所に作成できるスケール セットの最大数です。
[Maximum capacity (in GB) of standard managed disk](Standard マネージド ディスクの最大容量 (GB)) 2048 この場所に作成できる Standard マネージド ディスクの最大容量。 この値は、すべての Standard マネージド ディスクの割り当てサイズと、すべての Standard スナップショットの使用サイズを合計したものです。
[Maximum capacity (in GB) of premium managed disk](Premium マネージド ディスクの最大容量 (GB)) 2048 この場所に作成できる Premium マネージド ディスクの最大容量。 この値は、すべての Premium マネージド ディスクの割り当てサイズと、すべての Premium スナップショットの使用サイズを合計したものです。

注意

アンマネージド ディスク (ページ BLOB) の最大容量は、マネージド ディスクのクォータとは区別されます。 この値は、 [Storage quotas](ストレージ クォータ)[Maximum capacity (GB)](最大容量 (GB)) で設定できます。

Storage クォータの種類

Item 既定値 説明
最大容量 (GB) 2048 1 つのサブスクリプションがこの場所で使用できる記憶域の最大容量です。 この値は、すべての BLOB (アンマネージド ディスクを含む) と、それに関連付けられているすべてのスナップショット、テーブル、キューの使用サイズの合計です。
[Total number of storage accounts](ストレージ アカウントの合計数) 20 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるストレージ アカウントの最大数です。

注意

サブスクリプションの [最大容量 (GB)] を超えた場合、そのサブスクリプションで新しいストレージ リソースは作成できません。 アンマネージド ディスクを使用して VM を作成することはできますが、その場合は合計使用容量がクォータ制限を超える可能性があります。
マネージド ディスクの最大容量は、ストレージ クォータの合計とは区別されます。 合計ストレージ クォータは [Compute quotas](コンピューティング クォータ) で設定できます。

Network クォータの種類

Item 既定値 説明
[Maximum virtual networks](仮想ネットワークの最大数) 50 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できる仮想ネットワークの最大数です。
[Maximum virtual network gateways](仮想ネットワーク ゲートウェイの最大数) 1 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できる仮想ネットワーク ゲートウェイ (VPN ゲートウェイ) の最大数です。
[Maximum network connections](ネットワーク接続の最大数) 2 1 つのサブスクリプションで、すべての仮想ネットワーク ゲートウェイにまたがってこの場所に作成できるネットワーク接続 (ポイント対ポイントまたはサイト対サイト) の最大数です。
[Maximum public IPs](パブリック IP の最大数) 50 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるパブリック IP アドレスの最大数です。
[Maximum NICs](最大 NIC 数) 100 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるネットワーク インターフェイスの最大数です。
[Maximum load balancers](ロード バランサーの最大数) 50 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるロード バランサーの最大数です。
[Maximum network security groups](ネットワーク セキュリティ グループの最大数) 50 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるネットワーク セキュリティ グループの最大数です。

Event Hubs クォータの種類

Type 既定値 説明
VM コアの最大数 10 1 つのサブスクリプションでこの場所に作成できるコアの最大数です (たとえば、A3 VM のコア数は 4 です)。

[View an existing quota](既存のクォータの表示)

既存のクォータを表示するには、2 つの異なる方法があります。

プラン

  1. 管理者ポータルの左側のナビゲーション ウィンドウで、 [プラン] を選択します。

  2. 詳細を表示するプランの名前をクリックして選択します。

  3. 表示されたブレードで、 [サービスとクォータ] を選択します。

  4. 表示するクォータの [名前] 列をクリックして選択します。

    Quotas in Azure Stack Hub administrator portal

リソース プロバイダー

  1. 管理者ポータルの既定のダッシュボードで、 [リソース プロバイダー] タイルを見つけます。
  2. [コンピューティング][ネットワーク][ストレージ] など、表示するクォータを含むサービスを選択します。
  3. [クォータ] を選択して、表示するクォータを選択します。

クォータの編集

クォータを編集するには、2 つの異なる方法があります。

プランを編集する

  1. 管理者ポータルの左側のナビゲーション ウィンドウで、 [プラン] を選択します。

  2. クォータを編集するプランの名前をクリックして選択します。

  3. 表示されたブレードで、 [サービスとクォータ] を選択します。

  4. 編集するクォータの [名前] 列をクリックして選択します。

    Quotas in Azure Stack Hub administrator portal

  5. 表示されたブレードで、 [Edit in Compute](コンピューティングで編集)[Edit in Network](ネットワークで編集) 、または [Edit in Storage]() を選択します。

    Edit a plan in Azure Stack Hub administrator portal

または、次の手順に従ってクォータを編集できます。

  1. 管理者ポータルの既定のダッシュボードで、 [リソース プロバイダー] タイルを見つけます。
  2. [計算][ネットワーク][ストレージ] など、変更するクォータを含んだサービスを選択します。
  3. 次に、 [クォータ] を選択して、変更するクォータを選択します。
  4. [Set Storage quotas](ストレージのクォータの設定)[Set Compute quotas](コンピューティングのクォータの設定) 、または [Set Network quotas](ネットワークのクォータの設定) ウィンドウ (編集するために選択したクォータの種類によって決まります) で、 [保存] を選択します。

元の構成を編集する

アドオン プランを使用する代わりに、クォータの元の構成を編集することもできます。 クォータを編集すると、そのクォータを使うすべてのプランおよびそれらのプランを使う既存のサブスクリプションすべてに対してグローバルに、新しい構成が自動的に適用されます。 クォータの編集は、ユーザーが任意でサブスクライブする変更されたクォータをアドオン プランで提供するときとは異なります。

変更されたクォータを使うすべてのプランおよびそれらのプランを使う既存の全サブスクリプションに対して、クォータの新しい値がグローバルに適用されます。

注意

基本プランのクォータの変更は、既にデプロイされているリソースには影響しません。 そのため、サブスクリプションは違反になりません。

次のステップ