Azure Stack Hub 上で SQL データベースを使用する

SQL リソース プロバイダーを使用して、Azure Stack Hub 上で SQL データベースを提供します。 リソースプロバイダーをインストールして 1 つまたは複数の SQL Server インスタンスに接続すると、御社および御社のユーザーは次のものを作成できます。

  • クラウドネイティブ アプリ向けの SQL データベース。
  • Web アプリケーション向けの SQL データベース。

SQL リソース プロバイダーをインストールする前に、考慮すべき制限事項:

  • ユーザーは、個々のデータベースの作成と管理のみを行うことができます。 エンド ユーザーは、データベース サーバー インスタンスにアクセスできません。 これにより、マスター、Temp DB にアクセスしたり、データベースを動的に管理したりすることが必要なオンプレミス データベース アプリとの互換性が制限される可能性があります。
  • Azure Stack Hub オペレーターは、SQL データベース サーバーとホストのデプロイ、更新、セキュリティ保護、構成、保守を担当します。 RP サービスでは、ホストおよびデータベース サーバー インスタンスの管理機能は提供されません。
  • 異なるサブスクリプションの異なるユーザーのデータベースは、同じデータベース サーバー インスタンスに配置できます。 RP は、データベースを別のホストまたはデータベース サーバー インスタンス上で分離するためのメカニズムを備えていません。
  • RP では、データベースのテナント使用に関するレポートは提供されません。
  • SQL ホスティング サーバーは、グローバル Azure 内の別のサブスクリプションにのみ移動できます。 Azure Stack Hub では、SQL ホスティング サーバーの別のサブスクリプションへの移動はサポートされていません。

オンプレミスの従来の SQL Server ワークロードには、Azure Stack Hub 上の SQL Server 仮想マシンをお勧めします。

SQL リソースプロバイダー アダプターのアーキテクチャ

リソース プロバイダーは、次のコンポーネントで構成されています。

  • SQL リソース プロバイダーの仮想マシン (VM)。プロバイダー サービスを実行する Windows Server VM です。
  • リソース プロバイダー。要求を処理し、データベース リソースにアクセスします。
  • SQL Server をホストするサーバー。これはデータベースに容量を提供し、ホスティング サーバーと呼ばれます。

少なくとも 1 つの SQL Server インスタンスを作成するか、外部 SQL Server インスタンスへのアクセスを提供する必要があります。

注意

Azure Stack Hub 統合システムにインストールされたホスティング サーバーは、テナント サブスクリプションから作成する必要があります。 既定のプロバイダー サブスクリプションからは作成できません。 作成するには、適切にサインインしたユーザー ポータルまたは PowerShell を使用する必要があります。 すべてのホスティング サーバーは課金対象の VM であり、ライセンスが必要です。 サービス管理者は、テナント サブスクリプションの所有者になることができます。

次のステップ

SQL Server リソース プロバイダーのデプロイ