Azure Stack Hub 修正プログラム 1.2002.67.175

まとめ

  • 物理ノードの SDN 関連のバイナリにパッチを適用しました。

以前の修正プログラム リリースからロールアップされた修正プログラム

  • 中断済み状態で 1910 から移行されたストレージ アカウントのストレージ リソース プロバイダーにおける無効な状態を修正しました。
  • VM のプロビジョニングおよび拡張操作の回復性が向上しました。
  • 物理ノードの SDN ネットワークの信頼性が向上しました。
  • トンネルが別の GW VM に移動され、VGW が削除された場合に、仮想サブネットがクリーンアップされない問題を修正しました。
  • 登録と内部シークレットのローテーションが失敗する原因となる問題を修正しました。
  • クラッシュ ダンプ設定にメモリ固有の設定を追加しました。
  • TableServer 内で ESENT エラー 59 イベントによってトリガーされる SMB ハンドル無効化の問題を修復しました。
  • 後続の更新プログラムのダウンロードの信頼性に影響を与える問題を修正しました。
  • 予期しないエラーが発生した後の NuGet パッケージのインストールの信頼性が向上しました。
  • ユーザーが持っているアクセス許可が RG 書き込みだけのときに、サブスクリプション ドロップダウンの検証が失敗する問題を修正しました。
  • 大きな項目をダウンロードするときに BLOB のダウンロード ページに問題が発生する問題を修正しました。
  • 削除されたストレージ アカウントの保持期間の構成が元に戻される問題を修正しました。
  • ネットワーク コントローラーの安定性が向上しました。
  • 診断に役立つネットワーク コントローラー ログのリテンション期間を延長しました。
  • 証明書の検証エラーが原因でマーケットプレースのダウンロードが失敗する問題を修正しました。
  • デプロイ プロバイダーの ID 証明書を内部シークレット ローテーションに含めます。
  • 呼び出しの応答性を維持し、ストレージ管理操作の信頼性を向上させるために、Windows ストレージ WMI を修正しました。
  • 物理ホスト用の TPM 状態モニターを追加しました。
  • ポータルへのアクセスに影響するデータベース アクセスの潜在的な問題を軽減するために、SQL VM を再起動しました。
  • ストレージ BLOB とテーブル サービスの信頼性が向上しました。
  • UI を使用した Standard_DS2_v2 SKU での仮想マシン スケール セットの作成が常に失敗する問題を修正しました。
  • 構成更新の機能強化。
  • ディスク操作の信頼性を向上させるために DiskRP 内の KVS 列挙子のリークを修正しました。
  • ホスト クラッシュ ダンプを生成し、ハングに対して NMI クラッシュをトリガーする機能を再有効化しました。
  • CVE-2020-1350 で説明されている DNS サーバーの脆弱性に対処しました。
  • クラスターの不安定性に対処した変更。
  • JEA エンドポイント作成の信頼性が向上しました。
  • 20 以上のバッチ サイズで同時実行 VM 作成のブロックが解除されるバグを修正しました。
  • ポータルの信頼性と安定性が向上し、ダウンタイムが発生した場合にホスティング サービスを再起動する監視機能が追加されました。
  • 更新中に一部のアラートが一時停止されない問題に対処しました。
  • DSC リソースのエラーに関する診断が向上しました。
  • ベアメタル デプロイ スクリプトでの予期しないエラーによって生成されるエラー メッセージを改善しました。
  • 物理ノード修復操作中の回復性を追加しました。
  • HRP SF アプリが異常な状態になる原因となることがあったコードの不具合を修正しました。 また、更新中にアラートが中断されないようになるコードの不具合も修正しました。
  • 宛先パスが予期せず存在しない場合のイメージ作成コードに回復性を追加しました。
  • ERCS VM 用ディスク クリーンアップ インターフェイスを追加し、VM への新しいコンテンツのインストールが試行される前に、確実に実行されるようにしました。
  • 自動修復パス内の Service Fabric ノード修復に対するクォーラム チェックを強化しました。
  • 外部からの介入によってクラスター ノードが予期しない状態になるというまれな場合に、そのノードをオンラインに戻すロジックが向上しました。
  • ノードの追加および削除に手動操作が使用されている場合、マシン名の大文字小文字の入力ミスによって ECE 構成で予期しない状態が発生しないように、エンジン コードの回復性を強化しました。
  • 部分的に完了した状態のままになっている VM または物理ノードの修復操作を、以前のサポート セッションから検出する正常性チェックを追加しました。
  • 更新プログラムのオーケストレーション中に NuGet パッケージからコンテンツをインストールするための診断ログが向上しました。
  • AAD を ID システムとして使用し、ERCS 送信インターネット接続をブロックする顧客に対する、内部シークレット ローテーション エラーを修正しました。
  • AzsScenarios に対する Test-AzureStack の既定のタイムアウトを 45 分に増やしました。
  • HealthAgent 更新プログラムの信頼性が向上しました。
  • 修復アクション中に ERCS VM の VM 修復がトリガーされなかった問題を修正しました。
  • 古いインフラストラクチャ VM ファイルをクリーンアップするために、ホストの更新プログラムを、サイレント エラーによる問題に強いものにしました。
  • ランダムに生成されたパスワードを使用するときの certutil 解析エラーに対する予防的な修正プログラムを追加しました。
  • エンジン更新の前の正常性チェックをいくつか追加しました。これにより、失敗した管理者操作を、元のバージョンのオーケストレーション コードで実行し続けることができます。
  • ACSSettingsService バックアップが最初に終了したときの ACS バックアップ エラーを修正しました。
  • Azure Stack AD FS ファーム動作レベルを v4 にアップグレードしました。 1908 以降でデプロイされた Azure Stack Hub が既に v4 にあります。
  • ホスト更新プロセスの信頼性が向上しました。
  • 内部シークレット ローテーション失敗の原因となった可能性がある証明書更新の問題を修正しました。
  • タイム ソースが 0x8 フラグで指定されたときに、時間同期の問題が誤って検出される問題を修正するために、新しいタイム サーバー同期アラートを修正しました。
  • 新しい自動ログ コレクション インターフェイスを使用しているときに発生した検証制約エラーを修正しました。これは、 https://login.windows.net/ を無効な Azure AD エンドポイントとして検出しました。
  • SQLIaaSExtension を介した SQL 自動バックアップの使用を妨げていた問題を修正しました。
  • ネットワーク コントローラー証明書を検証するときに Test-AzureStack 内で使用されるアラートを修正しました。
  • Azure Stack AD FS ファーム動作レベルを v4 にアップグレードしました。 1908 以降でデプロイされた Azure Stack Hub が既に v4 にあります。
  • ホスト更新プロセスの信頼性が向上しました。
  • 内部シークレット ローテーション失敗の原因となった可能性がある証明書更新の問題を修正しました。
  • 不要なプロアクティブ ログの収集を回避するために、アラート トリガーを減らしました。
  • Windows ヘルス サービス WMI 呼び出しのタイムアウトを排除することで、ストレージ アップグレードの信頼性が向上しました。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、バージョン 1.2002.0.35 以降が必要です。

重要

2002 更新プログラムのリリース ノートに記載されているように、(指定されたパラメーターを使用して) 実行されている Test-AzureStack の更新アクティビティ チェックリストを参照し、すべての警告とエラーを含む、検出された操作上の問題をすべて解決してください。 また、アクティブなアラートを確認し、アクションが必要なものがあれば解決してください。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。 さらに、Microsoft Docs Web サイトの「Azure Stack で更新を適用する」ページの指示に従って、この更新プログラムを Azure Stack に適用します。

ZIP ファイルを今すぐダウンロードします。

修正プログラムの xml ファイルを今すぐダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub 更新リソース

Azure Stack で更新を適用する

特権エンドポイントを使用して Azure Stack での更新プログラムをモニターする