Azure Stack Hub 修正プログラム 1.2005.35.112

まとめ

  • 異常な TPM の処理で、べき等のロジックが拡張されました。
  • 一部の拡張機能をアンインストールすると、以前デプロイした拡張機能がエラー状態になるという問題を修正しました。

以前の修正プログラム リリースからロールアップされた修正プログラム

  • nchostagent が必要とするパートナー ノード証明書が削除されることのある問題を修正しました。
  • VM の割り当てを解除して再起動した後に、VM NIC で別のハードウェア識別子が取得される問題を修正しました。
  • 修正プログラムの適用後にインフラストラクチャ VM のデプロイが失敗することがあるという問題を修正しました。
  • いくつかのエラー ケースでセカンダリ BLOB データ パーティションを読み込めない問題を修正しました。
  • インフラストラクチャ上のメモリ不足を加速させた可能性があるローカル正常性システム内のバグを修正しました。
  • 物理ノードの SDN 関連のバイナリにパッチを適用しました。
  • 中断済み状態で 1910 から移行されたストレージ アカウントのストレージ リソース プロバイダーにおける無効な状態を修正しました。
  • VM のプロビジョニング、拡張、およびイメージの操作の回復性が向上しました。
  • 現在の登録の詳細を取得するための PEP と、削除-登録 用の古いオブジェクトのクリーンアップを追加しました。
  • ファイル共有を収集することで SDN ロールのログ収集の信頼性が向上しました。
  • アラートが誤って生成される問題を修正しました:"VM 配置でノードにアクセスできません。"
  • seedringservices の無効な修復インターフェイスを削除しました。
  • 物理ノードの SDN ネットワークの信頼性が向上しました。
  • winrm ランナーを無効化しました
  • クラスターの共有ボリュームに対するバグ チェックを修正し、外部キー保護機能を適用しました。
  • SRP のバックグラウンド使用ジョブで KVS の競合状態が発生したためにストレージ アカウントが部分的に復元される問題を修正しました。
  • トンネルが別の GW VM に移動され、VGW が削除された場合に、仮想サブネットがクリーンアップされない問題を修正しました。
  • 登録と内部シークレットのローテーションが失敗する原因となる問題を修正しました。
  • 次の更新でエラーの原因となる可能性がある内部シークレット ローテーションの問題を修正しました。
  • クラッシュ ダンプ設定にメモリ固有の設定を追加しました。
  • ポータルへのアクセスに影響したデータベース アクセスの潜在的な問題を軽減するために、SQL VM を再起動しました。
  • TableServer の ESENT エラー 59 イベントによってトリガーされる SMB ハンドル無効化の問題を修復しました。
  • AzsInfraRoleSummary Test-Azurestack テストを UpdateReadiness として含めました。
  • パッチと更新中の ERCS メモリ不足を修復しました。
  • デプロイ プロバイダーの ID 証明書を内部シークレット ローテーションに含めます。
  • ネットワーク コントローラーの安定性が向上しました。
  • 診断に役立つネットワーク コントローラー ログのリテンション期間を延長しました。
  • Get-NetView を既定で Get-AzureStackLog コレクションの一部として追加しました。
  • 証明書の検証エラーが原因でマーケットプレースのダウンロードが失敗する問題を修正しました。
  • HealthAgent バイナリの切り替えロジックが向上しました。
  • パッチと更新 (PnU) 後のクラスターの共有ボリュームの再調整が改善されました。
  • ADSI を使用して、HealthAgent の localgroup メンバーをフェッチしました。
  • WASP VM が、スケールインおよびスケールアウト中に DNS コマンドレットを使用したレコードとゾーンの同期に失敗する場合に、欠落しているレコードを追加しました。
  • PnU 中のストレージ サービスの信頼性が向上しました。
  • 内部ロード バランサーの作成中に問題の原因となったパブリック IP クォータの検証を削除しました。
  • VM 削除の信頼性の向上: 完全には作成できなかった、またはクラスターに追加できなかった新しい VM が確実に削除されるようにします。
  • クラスターの共有ボリューム上でキー保護機能を確認し、適用します。
  • 更新および管理操作が失敗する原因となる "アクセスが拒否されました" という問題を修正しました。
  • WhsFaultScanner が停止したときに再起動するように修正し、ユーザーに対してアラートが正しく生成されるようにしました。
  • ストレージの再生成テレメトリ イベントの発行を妨害していたオーケストレーションのバグを修正しました。
  • 後続の更新プログラムのダウンロードの信頼性に影響を与える問題を修正しました。
  • オーケストレーター テレメトリに基づいてエラーを診断する機能が向上しました。
  • 2005 PnU 中にシステムの内部サブスクリプションにシステム ストレージ アカウントを移動するときの SRP の競合状態を修正しました。
  • サーバー待機時間メトリックの時間単位のスケーリング エラーを修正しました
  • ポータルへのアクセスに影響したデータベース アクセスの潜在的な問題を軽減するために、SQL VM を再起動しました。
  • 削除されたストレージ アカウントの保持期間の構成が元に戻される問題を修正しました。
  • ストレージ BLOB とテーブル サービスの信頼性が向上しました。
  • Send-AzureStackDiagnosticLog PEP コマンドレットの問題に対処しました。
  • 更新エラーが発生したときの HRP 修復時間を延長しました。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、バージョン 1.2005.6.53 以降が必要です。

重要

2005 更新プログラムのリリース ノートに記載されているように、(指定されたパラメーターを使用して) 実行されている Test-AzureStack の更新アクティビティ チェックリストを参照し、すべての警告とエラーを含む、検出された操作上の問題をすべて解決してください。 また、アクティブなアラートを確認し、アクションが必要なものがあれば解決してください。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。 さらに、Microsoft Docs Web サイトの「Azure Stack で更新を適用する」ページの指示に従って、この更新プログラムを Azure Stack に適用します。

ZIP ファイルを今すぐダウンロードします。

修正プログラムの xml ファイルを今すぐダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub 更新リソース

Azure Stack で更新を適用する

特権エンドポイントを使用して Azure Stack での更新プログラムをモニターする