Azure Stack Hub 修正プログラム 1.2102.30.101

まとめ

  • マルチテナント Web サイトのセキュリティ問題が修正されました。
  • 2008 から 2102 への更新の信頼性が向上しました。
  • SQL VM 作成プロセスで SQL VM に可用性セットを追加するための修正プログラム。
  • SQL VM 構成でストレージ サイズを 1000 GB 以上に設定するための修正プログラム。
  • グループの拡張を必要とするユーザーのために、グループベースの承認エラーを修正しました。
  • Key Vault リソース プロバイダーのための新しい API バージョンのサポート。 Key Vault コントロール プレーンは 2019-09-01 API バージョンをサポートし、Key Vault データ プレーンは API バージョン 7.1 をサポートしています。
  • 証明書の有効期限が近づいたときにユーザーに警告するためのバナーを追加しました。
  • 修復操作が失敗した場合に、ポータルのノードの正確な状態を表示するように修正しました。

以前の修正プログラム リリースからロールアップされた修正プログラム

  • ETW トレース セッションは、16 MB の非ページ プール メモリを使用するように構成されます。 トレース セッションでは、TraceCollector Eventlog での ETL ファイルのローテーション中に、セッションごとの削除されたイベント数 (ある場合) が報告されます。 これにより、ホストと VM 上の重要な非ページ プール メモリが他のサービスに解放されます。 Tracecollector のさまざまなバグも修正しました。
  • インフラストラクチャのメモリ不足が加速するバグを修正しました。
  • AD FS と Azure Stack Graph のバグを修正して、デプロイとアップグレードの信頼性が向上しました。
  • WAC クライアントでパフォーマンス カウンターが見つからないという SRP と DiskRP のバグを修正しました。
  • リソースプロバイダー (Event Hubs など) のデプロイや更新、シークレット ローテーションのバグを修正しました。 以前は、原因が明らかでないエラーが発生して、操作が失敗しました。 この修正により、操作を正常に完了できます。
  • 安全なデバイス セット (マウス、キーボードなど) に対して PnPDevice.Attached アラートが誤って発生するバグを修正しました。
  • メモリ アラートをプレビューに設定しました。
  • ホスト エージェント モニターに関する問題に対処しました。
  • FabricRing のコンテナー アプリケーションとの信頼関係の問題を修正しました。
  • 空の RdAgent ファイルを削除することで、RdAgent の可用性が向上しました。
  • 完全更新の信頼性が向上しました。
  • メモリ使用量チェックやストレージ ディスク容量チェックなどの Service Fabric の正常性および VM の正常性チェックをより幅広く含むように更新準備チェックを拡張しました。
  • VM サイズ Standard_NC16as_T4_v3 および Standard_NC64as_T4_v3 のメモリ構成を更新しました。
  • スタンプ リソースを解放するために、レガシ SRP SQL インスタンスと DB ファイルを削除しました。
  • 新しいノードを追加した後でクラスターの状態が "ストレージ構成中" でスタックする可能性があるバグを修正しました。
  • 正常性パッケージの登録を修正し、重複した成果物の作成を削除しました。
  • オペレーター ポータルの正常性ブレードが使用できなくなることがあるバグを修正しました。
  • BCDR ランナー ログによって、物理ホスト上の MASLogs フォルダーがいっぱいになるバグを修正しました。
  • WMIProvider の正常性と修復の監視を追加しました。
  • Test-AzureStack にネットワーク コントローラーの IMOS サイズ チェックを追加しました。
  • 内部シークレットのローテーションの間の SSL 証明書検証におけるバグを修正しました。
  • プロセス ウォッチドッグのメモリ リークを修正しました。
  • Defender プラットフォームをバージョン 4.18.2103.7 に更新しました。
  • アラートの Syslog に応じたお客様に対するアラート モジュールを有効にしました。 サービスは引き続き Syslog パイプラインにアラートを出力します。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、バージョン 1.2102.28.82 以降が必要です。

重要

2102 更新プログラムのリリース ノートに記載されているように、(指定されたパラメーターを使用して) 実行されている Test-AzureStack の更新アクティビティ チェックリストを参照し、すべての警告とエラーを含む、検出された操作上の問題をすべて解決してください。 また、アクティブなアラートを確認し、アクションが必要なものがあれば解決してください。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。 さらに、Microsoft Docs Web サイトの「Azure Stack で更新を適用する」ページの指示に従って、この更新プログラムを Azure Stack に適用します。

ZIP ファイルを今すぐダウンロードします。

修正プログラムの xml ファイルを今すぐダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub 更新リソース

Azure Stack で更新を適用する

特権エンドポイントを使用して Azure Stack での更新プログラムをモニターする