Azure Stack Hub のリリース ノートAzure Stack Hub release notes

この記事では、Azure Stack Hub 更新プログラム パッケージの内容について説明します。This article describes the contents of Azure Stack Hub update packages. 更新プログラムには、Azure Stack Hub の最新のリリースに対する機能強化と修正が含まれています。The update includes improvements and fixes for the latest release of Azure Stack Hub.

別のバージョンのリリース ノートにアクセスするには、左側の目次の上部にあるバージョン セレクターのドロップダウンを使用します。To access release notes for a different version, use the version selector dropdown above the table of contents on the left.

重要

この更新プログラム パッケージは、Azure Stack Hub 統合システム専用です。This update package is only for Azure Stack Hub integrated systems. Azure Stack Development Kit (ASDK) にこの更新プログラム パッケージを適用しないでください。Do not apply this update package to the Azure Stack Development Kit (ASDK).

重要

お使いの Azure Stack Hub インスタンスが 2 つ前の更新プログラムより古い場合、コンプライアンスに対応していないとみなされます。If your Azure Stack Hub instance is behind by more than two updates, it's considered out of compliance. サポートを受けるためには、少なくともサポートされる最小バージョンまで更新する必要があります。You must update to at least the minimum supported version to receive support.

計画の更新Update planning

更新プログラムを適用する前に、必ず次の情報を確認してください。Before applying the update, make sure to review the following information:

更新プログラムのトラブルシューティングと更新プロセスの詳細については、Azure Stack Hub の修正プログラムと更新プログラムについての問題のトラブルシューティングに関するページを参照してください。For help with troubleshooting updates and the update process, see Troubleshoot patch and update issues for Azure Stack Hub.

更新プログラムをダウンロードするDownload the update

Azure Stack Hub 更新プログラム パッケージは、Azure Stack Hub 更新プログラム ダウンローダー ツールを使用してダウンロードできます。You can download the Azure Stack Hub update package using the Azure Stack Hub update downloader tool.

2008 ビルドのリファレンス2008 build reference

Azure Stack Hub 2008 更新プログラムのビルド番号は 1.2008.13.88 です。The Azure Stack Hub 2008 update build number is 1.2008.13.88.

更新の種類Update type

Azure Stack Hub 2008 更新プログラムのビルドの種類は 完全 です。The Azure Stack Hub 2008 update build type is Full.

2008 更新プログラム パッケージは、以前の更新プログラムと比較してサイズが大きくなっています。The 2008 update package is larger in size compared to previous updates. サイズが大きいため、ダウンロード時間が長くなります。The increased size results in longer download times. この更新プログラムは 準備中 状態の時間が長くなります。オペレーターは以前の更新プログラムよりもこのプロセスの時間が長くなることを想定してください。The update will remain in the Preparing state for a long time, and operators can expect this process to take longer than with previous updates. 内部テストでは、2008 更新プログラムの実行時間が次のように予測されました。4 ノード: 13 から 20 時間、8 ノード: 16 から 26 時間、12 ノード: 19 から 32 時間、16 ノード: 22 から 38 時間。The 2008 update has had the following expected runtimes in our internal testing- 4 nodes: 13-20 hours, 8 nodes: 16-26 hours, 12 nodes: 19-32 hours, 16 nodes: 22-38 hours. 更新プログラムの正確なランタイムは一般的に、ご使用のシステムでテナント ワークロードによって使用されている容量、システム ネットワーク接続 (インターネットに接続されている場合)、およびシステム ハードウェアの仕様に左右されます。Exact update runtimes typically depend on the capacity used on your system by tenant workloads, your system network connectivity (if connected to the internet), and your system hardware specifications. 実行時間がこの予測値よりも短くなったり長くなったりすることは一般的ではなく、更新が失敗した場合を除き、Azure Stack Hub オペレーターによるアクションは不要です。Runtimes that are shorter or longer than the expected value are not uncommon and do not require action by Azure Stack Hub operators unless the update fails. この実行時間の概算は 2008 更新プログラムに固有であるため、他の Azure Stack Hub 更新プログラムと比較しないでください。This runtime approximation is specific to the 2008 update and should not be compared to other Azure Stack Hub updates.

更新プログラムのビルドの種類については、「Azure Stack Hub での更新プログラム管理の概要」を参照してください。For more information about update build types, see Manage updates in Azure Stack Hub.

新機能What's new

  • Azure Stack Hub で VNET ピアリングがサポートされるようになりました。これにより、ネットワーク仮想アプライアンス (NVA) を使用せずに VNET に接続できるようになります。Azure Stack Hub now supports VNET peering, which gives the ability to connect VNETs without a Network Virtual Appliance (NVA). 詳細については、新しい VNET ピアリングのドキュメントを参照してください。For more information, see the new VNET peering documentation.
  • Azure Stack Hub の Blob Storage で、ユーザーが不変 BLOB を使用できるようになりました。Azure Stack Hub blob storage now enables users to use an immutable blob. コンテナーで不変ポリシーを設定することにより、ビジネス クリティカルなデータ オブジェクトを WORM (Write Once, Read Many) 状態で格納することができます。By setting immutable policies on a container, you can store business-critical data objects in a WORM (Write Once, Read Many) state. このリリースでは、不変ポリシーは REST API またはクライアント SDK によってのみ設定できます。In this release, immutable policies can only be set through the REST API or client SDKs. このリリースでは、追加 BLOB の書き込みもできません。Append blob writes are also not possible in this release. 不変 BLOB の詳細については、「不変ストレージを使用してビジネスに不可欠な BLOB データを保存する」を参照してください。For more information about immutable blobs, see Store business-critical blob data with immutable storage.
  • Azure Stack Hub ストレージで、Azure Storage サービスの API バージョン 2019-07-07 がサポートされるようになりました。Azure Stack Hub Storage now supports Azure Storage services APIs version 2019-07-07. 新しい REST API のバージョンと互換性がある Azure クライアント ライブラリについては、Azure Stack Hub ストレージの開発ツールに関するページを参照してください。For Azure client libraries that is compatible with the new REST API version, see Azure Stack Hub storage development tools. Azure Storage サービスの管理 API の場合、利用可能な全機能のサブセットが含まれる 2018-02-01 がサポートに追加されています。For Azure Storage services management APIs, 2018-02-01 has been add of support, with a subset of total available features.
  • Azure Stack Hub コンピューティングで、Azure Compute API バージョン 2020-06-01 がサポートされるようになりました。これには、利用可能な全機能のサブセットが含まれています。Azure Stack Hub compute now supports Azure Compute APIs version 2020-06-01, with a subset of total available features.
  • Azure Stack Hub マネージド ディスクで、Azure Disk API バージョン 2019-03-01 がサポートされるようになりました。これには、利用可能な機能のサブセットが含まれます。Azure Stack Hub managed disks now support Azure Disk APIs version 2019-03-01, with a subset of the available features.
  • サポート操作中に Azure Stack Hub に接続してインフラストラクチャに関する詳細な分析情報を提供できるようになった、Windows Admin Center のプレビュー (緊急用アカウントが必要)。Preview of Windows Admin Center that can now connect to Azure Stack Hub to provide in-depth insights into the infrastructure during support operations (break-glass required).
  • デプロイ時に特権エンドポイント (PEP) にログイン バナーを追加する機能。Ability to add login banner to the privileged endpoint (PEP) at deployment time.
  • より多くの 排他的操作 バナーがリリースされました。これにより、システムで現在行われている操作の可視性が向上し、ユーザーは他の排他的な操作を開始することが (そして後で失敗することが) なくなります。Released more Exclusive Operations banners, which improve the visibility of operations that are currently happening on the system, and disable users from initiating (and subsequently failing) any other exclusive operation.
  • Azure Stack Hub Marketplace の各項目の製品ページに、2 つの新しいバナーが導入されました。Introduced two new banners in each Azure Stack Hub Marketplace item's product page. Marketplace のダウンロードに失敗した場合、オペレーターはエラーの詳細を表示し、問題を解決するために推奨される手順を試行できます。If there is a Marketplace download failure, operators can view error details and attempt recommended steps to resolve the issue.
  • お客様がフィードバックを提供するための評価ツールがリリースされました。Released a rating tool for customers to provide feedback. これにより、Azure Stack Hub でカスタマー エクスペリエンスを測定して最適化できます。This will enable Azure Stack Hub to measure and optimize the customer experience.
  • このリリースの Azure Stack Hub には、Azure Kubernetes Service (AKS) と Azure Container Registry (ACR) のプライベート プレビューが含まれています。This release of Azure Stack Hub includes a private preview of Azure Kubernetes Service (AKS) and Azure Container Registry (ACR). このプライベート プレビューの目的は、Azure Stack Hub の AKS と ACR の品質、機能、ユーザー エクスペリエンスに関するフィードバックを収集することです。The purpose of the private preview is to collect feedback about the quality, features, and user experience of AKS and ACR on Azure Stack Hub.
  • このリリースには、AKS Engine v 0.55.4 を使用する Azure CNI と Windows コンテナーのパブリック プレビューが含まれています。This release includes a public preview of Azure CNI and Windows Containers using AKS Engine v0.55.4. API モデルでこれらを使用する方法の例については、GitHub のこちらの例を参照してください。For an example of how to use them in your API model, see this example on GitHub.
  • AKS Engine v 0.55.4 によってデプロイされたクラスターでの Istio 1.3 デプロイがサポートされるようになりました。There is now support for Istio 1.3 deployment on clusters deployed by AKS Engine v0.55.4. 詳細については、こちらの手順を参照してくださいFor more information, see the instructions here.
  • AKS Engine v 0.55.4 を使用したプライベート クラスターのデプロイがサポートされるようになりました。There is now support for deployment of private clusters using AKS Engine v0.55.4.
  • このリリースでは、Azure および Azure Stack Hub Key Vault インスタンスからの Kubernetes の構成シークレットのソーシングがサポートされています。This release includes support for sourcing Kubernetes configuration secrets from Azure and Azure Stack Hub Key Vault instances.

機能強化Improvements

  • ネットワーク コントローラーと SLB ホスト エージェントの内部監視が実装されたため、停止状態になったサービスは自動的に修復されます。Implemented internal monitoring for Network Controller and SLB host agents, so the services are auto-remediated if they ever enter into a stopped state.
  • お客様が独自の Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) サーバーで新しいトークン署名証明書をローテーションした後、AD FS によってそれが取得されるようになりました。Active Directory Federation Services (AD FS) now retrieves the new token signing certificate after the customer has rotated it on their own AD FS server. 既に構成されているシステムでこの新機能を利用するには、AD FS 統合を再度構成する必要があります。To take advantage of this new capability for already configured systems, the AD FS integration must be configured again. 詳細については、「AD FS ID を Azure Stack Hub データセンターに統合する」を参照してください。For more information, see Integrate AD FS identity with your Azure Stack Hub datacenter.
  • インフラストラクチャ ロール インスタンスおよびスケール ユニット ノードでのそれらの依存関係における、スタートアップ プロセスとシャットダウン プロセスの変更。Changes to the startup and shutdown process on infrastructure role instances and their dependencies on scale unit nodes. これにより、Azure Stack Hub の起動とシャットダウンの信頼性が向上します。This increases the reliability for Azure Stack Hub startup and shutdown.
  • Test-AzureStack 検証ツールの AzSScenarios スイートが、すべての顧客アカウントに多要素認証が適用されている場合にクラウド サービス プロバイダーがこのスイートを正常に実行できるように更新されました。The AzSScenarios suite of the Test-AzureStack validation tool has been updated to enable Cloud Service Providers to run this suite successfully with multi-factor authentication enforced on all customer accounts.
  • ライフサイクル操作中の 29 の顧客向けアラートの抑制ロジックを追加することで、アラートの信頼性が向上しました。Improved alert reliability by adding suppression logic for 29 customer facing alerts during lifecycle operations.
  • ログ コレクションの役割、期間、およびステータスの詳細を提供する詳細なログ コレクション HTML レポートを表示できるようになりました。You can now view a detailed log collection HTML report which provides details on the roles, duration, and status of the log collection. このレポートは、収集したログの概要をユーザーがまとめやすくなるよう提供されています。The purpose of this report is to help users provide a summary of the logs collected. その後、Microsoft カスタマー サポート サービスがレポートを迅速に査定してログ データを評価し、システムの問題をトラブルシューティングして軽減するサポートを行います。Microsoft Customer Support Services can then quickly assess the report to evaluate the log data, and help to troubleshoot and mitigate system issues.
  • CPU 使用率やメモリ消費量などのユーザー シナリオにまたがる、障害検知の信頼性向上に貢献する 7 つのモニターが新たに追加されたことで、インフラストラクチャの障害検知範囲が拡張されました。The infrastructure fault detection coverage has been expanded with the addition of 7 new monitors across user scenarios such as CPU utilization and memory consumption, which helps to increase the reliability of fault detection.

[変更点]Changes

  • SRP API バージョン 2016-01-01 および 2016-05-01supportHttpsTrafficOnly ストレージ アカウント リソースの種類プロパティが有効にされましたが、このプロパティは Azure Stack Hub ではサポートされていません。The supportHttpsTrafficOnly storage account resource type property in SRP API version 2016-01-01 and 2016-05-01 has been enabled, but this property is not supported in Azure Stack Hub.

  • ボリューム容量使用率アラートのしきい値が、80% (警告) と 90% (重大) から、90% (警告) と 95% (重大) に引き上げられました。Raised volume capacity utilization alert threshold from 80% (warning) and 90% (critical) to 90% (warning) and 95% (critical). 詳細については、「記憶域スペースのアラート」を参照してくださいFor more information, see Storage space alerts

  • AD Graph の構成手順が、このリリースで変更されます。The AD Graph configuration steps change with this release. 詳細については、「AD FS ID を Azure Stack Hub データセンターに統合する」を参照してください。For more information, see Integrate AD FS identity with your Azure Stack Hub datacenter.

  • Windows Server 2019 用に定義されている現在のベストプラクティスに合わせるために、Azure Stack Hub は、追加のトラフィック クラスまたは優先順位を使用して、フェールオーバー クラスタリング制御通信をサポートするサーバー間通信をさらに分離するように変更されています。To align to the current best practices defined for Windows Server 2019, Azure Stack Hub is changing to utilize an additional traffic class or priority to further separate server to server communication in support of the Failover Clustering control communication. これらの変更により、フェールオーバー クラスターの通信の回復性が向上します。The result of these changes provides better resiliency for Failover Cluster communication. このトラフィック クラスと帯域幅の予約の構成は、Azure Stack Hub ソリューションの Top-of-Rack (ToR) スイッチ上と、Azure Stack Hub のホストまたはサーバー上での変更によって実現されます。This traffic class and bandwidth reservation configuration is accomplished by a change on the top-of-rack (ToR) switches of the Azure Stack Hub solution and on the host or servers of Azure Stack Hub.

    これらの変更は、Azure Stack Hub システムのホスト レベルで追加されていることに注意してください。Note that these changes are added at the host level of an Azure Stack Hub system. OEM に連絡して、Top-of-Rack (ToR) ネットワーク スイッチで必要な変更を行うように手配してください。Please contact your OEM to arrange making the required changes at the top-of-rack (ToR) network switches. この ToR の変更は、2008 リリースに更新する前に実行することも、2008 に更新した後に実行することもできます。This ToR change can be performed either prior to updating to the 2008 release or after updating to 2008. 詳細については、ネットワーク統合に関するドキュメントを参照してください。For more information, see the Network Integration documentation.

  • このビルドでは、GPU 対応の VM サイズ NCas_v4 (NVIDIA T4) が、Azure に合わせて VM サイズ NCasT4_v3 に置き換えられました。The GPU capable VM sizes NCas_v4 (NVIDIA T4) have been replaced in this build with the VM sizes NCasT4_v3, to be consistent with Azure. それらはポータルにはまだ表示されておらず、Azure Resource Manager テンプレートでのみ使用できることに注意してください。Note that those are not visible in the portal yet, and can only be used via Azure Resource Manager templates.

修正Fixes

  • 実行中の VM にアタッチされていない NIC の NSG の削除が失敗する問題を修正しました。Fixed an issue in which deleting an NSG of a NIC that is not attached to a running VM failed.
  • ロード バランサーに関連付けられているパブリック IP の IdleTimeoutInMinutes の値を変更すると、パブリック IP がエラー状態になるという問題を修正しました。Fixed an issue in which modifying the IdleTimeoutInMinutes value for a public IP that is associated to a load balancer put the public IP in a failed state.
  • アタッチされたマネージド ディスクに対して OnlineMigration ではなく、正しく Attached 状態が返されるように、Get-AzsDisk コマンドレットを修正しました。Fixed the Get-AzsDisk cmdlet to return the correct Attached status, instead of OnlineMigration, for attached managed disks.

セキュリティ更新プログラムSecurity updates

Azure Stack Hub のこの更新でのセキュリティ更新プログラムについては、「Azure Stack Hub のセキュリティ更新プログラム」を参照してください。For information about security updates in this update of Azure Stack Hub, see Azure Stack Hub security updates.

修正プログラムHotfixes

Azure Stack Hub では、修正プログラムが定期的にリリースされます。Azure Stack Hub releases hotfixes on a regular basis. 2008 に更新する前に、最新の 2005 修正プログラムをインストールしてください。Make sure you install the latest 2005 hotfix before updating to 2008. また、2005 リリース以降、新しいメジャー バージョンに更新すると (たとえば、1.2005.x から 1.2008.x)、その新しいメジャー バージョン内の最新の修正プログラム (パッケージのダウンロード時に使用可能なものがある場合) が自動的にインストールされます。Also, starting with the 2005 release, when you update to a new major version (for example, 1.2005.x to 1.2008.x), the latest hotfixes (if any are available at the time of package download) in the new major version are installed automatically. これにより 2008 インストールにすべての修正プログラムが適用され、最新の状態になります。Your 2008 installation is then current with all hotfixes. それ以降は、2008 の修正プログラムがリリースされたら、それをインストールする必要があります。From that point forward, if a hotfix is released for 2008, you should install it.

注意

Azure Stack Hub 修正プログラムのリリースは累積的です。そのバージョンに対する以前の修正プログラムのリリースに含まれるすべての修正を取得するには、最新の修正プログラムをインストールするだけで済みます。Azure Stack Hub hotfix releases are cumulative; you only need to install the latest hotfix to get all fixes included in any previous hotfix releases for that version.

詳細については、サービス ポリシーに関する記事を参照してください。For more information, see our servicing policy.

Azure Stack Hub 修正プログラムを適用できるのは Azure Stack Hub 統合システムのみです。ASDK には修正プログラムをインストールしないでください。Azure Stack Hub hotfixes are only applicable to Azure Stack Hub integrated systems; do not attempt to install hotfixes on the ASDK.

ヒント

各修正プログラムのリリースについて通知を受け取る場合は、RSS フィードをサブスクライブして、各修正プログラムのリリースについての通知を受け取ります。If you want to be notified about each hotfix release, subscribe to the RSS feed to be notified about each hotfix release.

2008 更新プログラムが正常に適用された後After successfully applying the 2008 update

Azure Stack Hub の修正プログラムは累積されるため、ベスト プラクティスとして、お使いのビルド用にリリースされたすべての修正プログラムをインストールして、メジャー リリース間の更新エクスペリエンスを最適にする必要があります。Because Azure Stack Hub hotfixes are cumulative, as a best practice you should install all hotfixes released for your build, to ensure the best update experience between major releases. 新しいメジャー バージョンに更新すると (たとえば、1.2005.x から 1.2008.x)、その新しいメジャー バージョン内の最新の修正プログラム (パッケージのダウンロード時に使用可能なものがある場合) が自動的にインストールされます。When you update to a new major version (for example, 1.2005.x to 1.2008.x), the latest hotfixes (if any are available at the time of package download) in the new major version are installed automatically.

2008 のインストール後に、2008 修正プログラムがリリースされた場合は、それらをインストールする必要があります。After the installation of 2008, if any 2008 hotfixes are subsequently released, you should install them:

2005 ビルドのリファレンス2005 build reference

Azure Stack Hub 2005 更新プログラムのビルド番号は 1.2005.6.53 です。The Azure Stack Hub 2005 update build number is 1.2005.6.53.

更新の種類Update type

Azure Stack Hub 2005 更新プログラムのビルドの種類は 完全 です。The Azure Stack Hub 2005 update build type is Full.

2005 更新プログラム パッケージは、以前の更新プログラムと比較してサイズが大きくなっています。The 2005 update package is larger in size compared to previous updates. サイズが大きいため、ダウンロード時間が長くなります。The increased size results in longer download times. この更新プログラムは 準備中 状態の時間が長くなります。オペレーターは以前の更新プログラムよりもこのプロセスの時間が長くなることを想定してください。The update will remain in the Preparing state for a long time, and operators can expect this process to take longer than with previous updates. 内部テストでは、2005 更新プログラムの実行時間が 4 ノードの場合は 13 から 20 時間、8 ノードの場合は 16 から 26 時間、12 ノードの場合は 19 から 32 時間、16 ノードの場合は 22 から 38 時間と予測されました。The 2005 update has had the following expected runtimes in our internal testing- 4 nodes: 13-20 hours, 8 nodes: 16-26 hours, 12 nodes: 19-32 hours, 16 nodes: 22-38 hours. 更新プログラムの正確なランタイムは一般的に、ご使用のシステムでテナント ワークロードによって使用されている容量、システム ネットワーク接続 (インターネットに接続されている場合)、およびシステム ハードウェアの仕様に左右されます。Exact update runtimes typically depend on the capacity used on your system by tenant workloads, your system network connectivity (if connected to the internet), and your system hardware specifications. 実行時間がこの予測値よりも短くなったり長くなったりすることは一般的ではなく、更新が失敗した場合を除き、Azure Stack Hub オペレーターによるアクションは不要です。Runtimes that are shorter or longer than the expected value are not uncommon and do not require action by Azure Stack Hub operators unless the update fails. この実行時間の概算は 2005 更新プログラムに固有であるため、他の Azure Stack Hub 更新プログラムと比較しないでください。This runtime approximation is specific to the 2005 update and should not be compared to other Azure Stack Hub updates.

更新プログラムのビルドの種類については、「Azure Stack Hub での更新プログラム管理の概要」を参照してください。For more information about update build types, see Manage updates in Azure Stack Hub.

新機能What's new

  • このビルドでは、3 つの新しい GPU VM の種類がサポートされています。NCv3 (Nvidia V100)、NVv4 (AMD MI25)、NCas_v4 (NVIDIA T4) の各 VM サイズです。This build offers support for 3 new GPU VM types: NCv3 (Nvidia V100), NVv4 (AMD MI25), and NCas_v4 (NVIDIA T4) VM sizes. 適切なハードウェアを使用し、Azure Stack Hub GPU プレビュー プログラムにオンボードされていれば、VM のデプロイは成功します。VM deployments will be successful for those who have the right hardware and are onboarded to the Azure Stack Hub GPU preview program. 関心がある場合は、 https://aka.ms/azurestackhubgpupreview で GPU プレビュー プログラムにサインアップしてください。If you are interested, sign up for the GPU preview program at https://aka.ms/azurestackhubgpupreview. 詳細については、こちらを参照してください。For more information, see.
  • このリリースには、エラーを検出し、影響を評価して、システムの問題を安全に軽減する自律復旧機能を有効にする新機能が用意されています。This release provides a new feature that enables an autonomous healing capability, which detects faults, assesses impact, and safely mitigates system issues. この機能により、Microsoft は手動による介入なしでシステムの可用性を向上させることを目指しています。With this feature, we are working towards increased availability of the system without manual intervention. リリース 2005 以降では、アラートの数が減少します。With release 2005 and later, customers will experience a reduction in the number of alerts. このパイプラインでエラーが発生しても、通知されない限り、Azure Stack Hub オペレーターによるアクションは不要です。Any failure in this pipeline doesn't require action by Azure Stack Hub operators unless notified.
  • Azure Stack Hub 管理ポータルに、エアギャップまたは切断された Azure Stack Hub のお客様がログをローカルに保存するための新しいオプションが追加されました。There is a new option in the Azure Stack Hub admin portal for air-gapped/disconnected Azure Stack Hub customers, to save logs locally. Azure Stack Hub が Azure から切断されている場合、ログをローカル SMB 共有に保存できます。You can store the logs in a local SMB share when Azure Stack Hub is disconnected from Azure.
  • システム操作が既に進行中の場合に Azure Stack Hub 管理ポータルで特定の操作がブロックされるようになりました。The Azure Stack Hub admin portal now blocks certain operations if a system operation is already in progress. たとえば、更新が進行中の場合、新しいスケール ユニット ノードを追加することはできません。For example, if an update is in progress, it is not possible to add a new scale unit node.
  • このリリースでは、1910 より前に作成された VM で、Azure とのファブリックの一貫性が向上します。This release provides more fabric consistency with Azure on VMs created pre-1910. 1910 で、Microsoft は、新しく作成されたすべての VM で wireserver プロトコルが使用されることを発表しました。これにより、お客様は Azure と同じ WALA エージェントおよび Windows ゲスト エージェントを使用できるようになり、Azure Stack Hub でより簡単に Azure イメージを使用できるようになりました。In 1910, Microsoft announced that all newly created VMs will use the wireserver protocol, enabling customers to use the same WALA agent and Windows guest agent as Azure, making it easier to use Azure images on Azure Stack Hub. 今回のリリースでは、1910 より前に作成されたすべての VM が、wireserver プロトコルを使用するよう自動的に移行されます。With this release, all VMs created earlier than 1910 are automatically migrated to use the wireserver protocol. これにより、より信頼性の高い VM の作成、VM 拡張機能のデプロイ、安定状態のアップタイムの向上も実現します。This also brings more reliable VM creation, VM extension deployment, and improvements in steady state uptime.
  • Azure Stack Hub ストレージで、Azure Storage サービスの API バージョン 2019-02-02 がサポートされるようになりました。Azure Stack Hub storage now supports Azure Storage services APIs version 2019-02-02. Azure クライアント ライブラリでは、これは新しい REST API バージョンと互換性があります。For Azure client libraries, that is compatible with the new REST API version. 詳細については、Azure Stack Hub ストレージ開発ツールに関する記事をご覧ください。For more information, see Azure Stack Hub storage development tools.
  • Azure Stack Hub で、CreateUiDefinition (バージョン 2) の最新バージョンがサポートされるようになりました。Azure Stack Hub now supports the latest version of CreateUiDefinition (version 2).
  • バッチ処理された VM デプロイに関する新しいガイダンス。New guidance for batched VM deployments. 詳細については、こちらの記事をご覧ください。For more information see this article.
  • Azure Stack Hub Marketplace CoreOS Container Linux 項目は、まもなくサポート終了になりますThe Azure Stack Hub Marketplace CoreOS Container Linux item is approaching its end-of-life. 詳細については、CoreOS Container Linux からの移行に関するページをご覧ください。For more information, see Migrating from CoreOS Container Linux.

改善Improvements

  • ストレージ インフラストラクチャ クラスター サービスのログとイベントの機能強化。Improvements to Storage infrastructure cluster service logs and events. ストレージ インフラストラクチャ クラスター サービスのログとイベントは、診断とトラブルシューティングの向上のために最大 14 日間保持されます。Logs and events of Storage infrastructure cluster service will be kept for up to 14 days, for better diagnostics and troubleshooting.
  • Azure Stack Hub の開始と停止の信頼性を向上させる機能強化。Improvements that increase reliability of starting and stopping Azure Stack Hub.
  • 分散を使用し、依存関係を削除することで、更新プログラムの実行時間を短縮する機能強化。Improvements that reduce the update runtime by using decentralization and removing dependencies. 2002 更新プログラムと比較すると、4 ノードのスタンプ更新時間が、15 から 42 時間から、13 から 20 時間に短縮されます。Compared to the 2002 update, the 4 nodes stamp update time is reduced from 15-42 hours to 13-20 hours. 8 ノードでは、20 から 50 時間から、16 から 26 時間に短縮されます。8 nodes is reduced from 20-50 hours to 16-26 hours. 12 ノードでは、20 から 60 時間から、19 から 32 時間に短縮されます。12 nodes is reduced from 20-60 hours to 19-32 hours. 16 ノードでは、25 から 70 時間から、22 から 38 時間に短縮されます。16 nodes is reduced from 25-70 hours to 22-38 hours. 更新プログラムの正確なランタイムは一般的に、ご使用のシステムでテナント ワークロードによって使用されている容量、システム ネットワーク接続 (インターネットに接続されている場合)、およびシステム ハードウェアの仕様に左右されます。Exact update runtimes typically depend on the capacity used on your system by tenant workloads, your system network connectivity (if connected to the internet), and your system hardware specifications.
  • 特定の回復不能なエラーが発生した場合、更新が早期に失敗するようになりました。The update now fails early if there are certain unrecoverable errors.
  • インターネットからのダウンロード中に更新プログラム パッケージの回復性が向上しました。Improved resiliency of the update package while downloading from the internet.
  • VM の停止 - 割り当て解除中の回復性が向上しました。Improved resiliency of stop-deallocating a VM.
  • ネットワーク コントローラーのホスト エージェントの回復性が向上しました。Improved resiliency of the Network Controller Host Agent.
  • 特権エンドポイントと復旧エンドポイントへの接続に使用されるソース IP とアカウントを報告するために、syslog メッセージの CEF ペイロードにフィールドが追加されました。Added additional fields to the CEF payload of the syslog messages to report the source IP and the account used to connect to the privileged endpoint and the recovery endpoint. 詳細については、「Syslog 転送を使用して Azure Stack Hub と監視ソリューションを統合する」を参照してください。See Integrate Azure Stack Hub with monitoring solutions using syslog forwarding for details.
  • syslog クライアントによって生成されるイベントのリストに Windows Defender イベント (イベント ID 5001、5010、5012) が追加されました。Added Windows Defender events (Event IDs 5001, 5010, 5012) to the list of events emitted via the syslog client.
  • Defender プラットフォームとシグネチャのバージョンの不一致、および検出されたマルウェアに対するアクションの失敗を報告するために、Azure Stack 管理者ポータルに Windows Defender 関連のイベントのアラートが追加されました。Added alerts in the Azure Stack Administrator portal for Windows Defender-related events, to report on Defender platform and signatures version inconsistencies and failure to take actions on detected malware.
  • Azure Stack Hub をデータセンターに統合するときに、4 つの境界デバイスのサポートが追加されました。Added support for 4 Border Devices when integrating Azure Stack Hub into your datacenter.

[変更点]Changes

  • インフラストラクチャ ロール インスタンスを停止、シャットダウン、再起動するアクションが、管理ポータルから削除されました。Removed the actions to stop, shut down, and restart an infrastructure role instance from the admin portal. また、ファブリック リソース プロバイダーの対応する API も削除されました。The corresponding APIs have also been removed in the Fabric Resource Provider. Azure Stack Hub 用の管理 RM モジュールと AZ プレビューの次の PowerShell コマンドレットは機能しなくなりました: Stop-AzsInfrastructureRoleInstanceDisable-InfrastructureRoleInstanceRestart-InfrastructureRoleInstanceThe following PowerShell cmdlets in the admin RM module and AZ preview for Azure Stack Hub no longer work: Stop-AzsInfrastructureRoleInstance, Disable-InfrastructureRoleInstance, and Restart-InfrastructureRoleInstance. これらのコマンドレットは、Azure Stack Hub 用管理 AZ モジュールの次回リリースから削除される予定です。These cmdlets will be removed from the next admin AZ module release for Azure Stack Hub.
  • Azure Stack Hub 2005 では、App Service on Azure Stack Hub 2020 (バージョン 87.x) のみがサポートされるようになりました。Azure Stack Hub 2005 now only supports App Service on Azure Stack Hub 2020 (versions 87.x).
  • セキュリティを強化するために、ハードウェア監視に必要なユーザー暗号化設定が DES から AES に変更されました。The user encryption setting that is required for hardware monitoring was changed from DES to AES to increase security. ベースボード管理コントローラー (BMC) の設定を変更する方法については、ハードウェア パートナーにお問い合わせください。Please reach out to your hardware partner to learn how to change the setting in the base board management controller (BMC). 場合によっては、BMC で変更を行った後、特権エンドポイントを使用して Set-BmcCredential コマンドを再実行する必要があります。After the change is made in the BMC, it may require you to run the command Set-BmcCredential again using the privileged endpoint. 詳細については、「Azure Stack Hub でシークレットをローテーションする」を参照してください。For more information, see Rotate secrets in Azure Stack Hub

修正Fixes

  • ベース OS イメージへのパスが見つからないためスケール ユニット ノードの修復が失敗する原因となる問題を修正しました。Fixed an issue that could cause a repair scale unit node to fail because it could not find the path to the base OS image.
  • スケール ユニット ノードの修復に連鎖的な影響を及ぼすサポート インフラストラクチャ ロールのスケールインとスケールアウトに関する問題を修正しました。Fixed an issue with scale-in and scale-out for the support infrastructure role that has a cascading effect on repairing scale unit nodes.
  • オペレーターが [すべてのサービス] > [コンピューティング] > [VM イメージ] > [追加] で Azure Stack Hub 管理者ポータルに独自のイメージを追加するときに (.vhd ではなく) .VHD 拡張子が許可されない問題を修正しました。Fixed an issue in which the .VHD extension (instead of .vhd) was not allowed when operators added their own images to the Azure Stack Hub administrator portal on All services > Compute > VM Images > Add.
  • 以前の VM 再起動操作によって、他の VM 更新操作 (ディスク、タグなどの追加) 後に予期しない再起動が発生する問題を修正しました。Fixed an issue in which a previous VM restart operation caused a subsequent unexpected restart after any other VM update operation (adding disks, tags, etc.).
  • 重複する DNS ゾーンを作成するとポータルが応答しなくなる問題を修正しました。Fixed an issue in which creating a duplicate DNS zone caused the portal to stop responding. 適切なエラーが表示されるようになりました。It should now show an appropriate error.
  • Get-AzureStackLogs で、ネットワークの問題のトラブルシューティングに必要なログが収集されていない問題を修正しました。Fixed an issue in which Get-AzureStackLogs was not collecting the required logs to troubleshoot networking issues.
  • ポータルで接続が許可される NIC の数が、実際に許可されている数よりも少ないという問題を修正しました。Fixed an issue in which the portal allowed fewer NICs to be attached than what it actually allows.
  • 特定の内部ソフトウェアに対して違反イベントが生成されないようにコードの整合性ポリシーを修正しました。Fixed code integrity policy to not emit violation events for certain internal software. これにより、syslog クライアントによって生成されるコードの整合性違反イベントのノイズが減少します。This reduces noise in code integrity violation events emitted via syslog client.
  • https サービスの再起動またはホストの再起動を求めることなく新しいポリシーを適用するように Set-TLSPolicy コマンドレットを修正しました。Fixed Set-TLSPolicy cmdlet to enforce new policy without requiring restart of the https service or the reboot of the host.
  • Linux NTP サーバーを使用したときに管理ポータルで誤ってアラートが生成される問題を修正しました。Fixed an issue in which using a Linux NTP server erroneously generates alerts in the administration portal.
  • バックアップ コントローラー サービス インスタンスのフェールオーバーによって自動バックアップが無効になる問題を修正しました。Fixed an issue where failover of Backup Controller service instance resulted in automatic backups getting disabled.
  • インフラストラクチャ サービスがインターネットに接続されていないときに内部シークレットのローテーションが失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where internal secret rotation fails when infrastructure services do not have internet connectivity.
  • ユーザーが、Azure Stack Hub ポータルを使用して、サブスクリプションのアクセス許可を表示できない問題を修正しました。Fixed an issue in which users could not view subscription permissions using the Azure Stack Hub portals.

セキュリティ更新プログラムSecurity updates

Azure Stack Hub のこの更新でのセキュリティ更新プログラムについては、「Azure Stack Hub のセキュリティ更新プログラム」を参照してください。For information about security updates in this update of Azure Stack Hub, see Azure Stack Hub security updates.

修正プログラムHotfixes

Azure Stack Hub では、修正プログラムが定期的にリリースされます。Azure Stack Hub releases hotfixes on a regular basis. 2005 リリース以降では、新しいメジャー バージョンに更新すると (たとえば、1.2002.x から 1.2005.x)、その新しいメジャー バージョン内の最新の修正プログラム (存在する場合) が自動的にインストールされます。Starting with the 2005 release, when you update to a new major version (for example, 1.2002.x to 1.2005.x), the latest hotfixes (if any) in the new major version are installed automatically. それ以降は、ビルドの修正プログラムがリリースされたら、それをインストールする必要があります。From that point forward, if a hotfix is released for your build, you should install it.

注意

Azure Stack Hub 修正プログラムのリリースは累積的です。そのバージョンに対する以前の修正プログラムのリリースに含まれるすべての修正を取得するには、最新の修正プログラムをインストールするだけで済みます。Azure Stack Hub hotfix releases are cumulative; you only need to install the latest hotfix to get all fixes included in any previous hotfix releases for that version.

詳細については、サービス ポリシーに関する記事を参照してください。For more information, see our servicing policy.

Azure Stack Hub 修正プログラムを適用できるのは Azure Stack Hub 統合システムのみです。ASDK には修正プログラムをインストールしないでください。Azure Stack Hub hotfixes are only applicable to Azure Stack Hub integrated systems; do not attempt to install hotfixes on the ASDK.

前提条件:2005 更新プログラムを適用する前Prerequisites: Before applying the 2005 update

Azure Stack Hub の 2005 リリースは、次の修正プログラムが適用された 2002 リリースに適用する必要があります。The 2005 release of Azure Stack Hub must be applied on the 2002 release with the following hotfixes:

2005 更新プログラムが正常に適用された後After successfully applying the 2005 update

2005 リリース以降では、新しいメジャー バージョンに更新すると (たとえば、1.2002.x から 1.2005.x)、その新しいメジャー バージョン内の最新の修正プログラム (存在する場合) が自動的にインストールされます。Starting with the 2005 release, when you update to a new major version (for example, 1.2002.x to 1.2005.x), the latest hotfixes (if any) in the new major version are installed automatically.

2005 のインストール後に、2005 修正プログラムがリリースされた場合は、それらをインストールする必要があります。After the installation of 2005, if any 2005 hotfixes are subsequently released, you should install them:

2002 ビルドのリファレンス2002 build reference

Azure Stack Hub 2002 更新プログラムのビルド番号は 1.2002.0.35 です。The Azure Stack Hub 2002 update build number is 1.2002.0.35.

重要

Azure Stack Hub 2002 更新プログラムでは、Microsoft は Azure Stack Hub サポート ポリシー ステートメントを一時的に延長しています。With the Azure Stack Hub 2002 update, Microsoft is temporarily extending our Azure Stack Hub support policy statements. Microsoft は現在、COVID-19 に対応中のユーザーで、Azure Stack Hub システムとその更新および管理の方法に関する重要な意思決定を行う可能性がある世界中のお客様と連携しています。その結果、お客様のデータセンターのビジネス運営が引き続き通常通り運営できるようにしています。We are working with customers around the world who are responding to COVID-19 and who may be making important decisions about their Azure Stack Hub systems, how they are updated and managed, and as a result, ensuring their data center business operations continue to operate normally. Microsoft では、お客様をサポートするために、3 つ前までの更新プログラムのバージョンを含めるように一時的なサポート ポリシー変更の延長を行っています。In support of our customers, Microsoft is offering a temporary support policy change extension to include three previous update versions. その結果、新しくリリースされた 2002 更新プログラムと、3 つ前までの更新プログラムのバージョン (1910、1908、1907 など) のいずれもがサポートされるようになります。As a result, the newly released 2002 update and any one of the three previous update versions (e.g. 1910, 1908, and 1907) will be supported.

更新の種類Update type

Azure Stack Hub 2002 更新プログラムのビルドの種類は 完全 です。The Azure Stack Hub 2002 update build type is Full.

2002 更新プログラム パッケージは、以前の更新プログラムよりも大きなサイズです。The 2002 update package is larger in size compared to previous updates. サイズが大きいため、ダウンロード時間が長くなります。The increased size results in longer download times. この更新プログラムは 準備中 状態の時間が長くなります。オペレーターは以前の更新プログラムよりもこのプロセスの時間が長くなることを想定してください。The update will remain in the Preparing state for a long time, and operators can expect this process to take longer than with previous updates. 内部テストでは、2002 更新プログラムの実行時間が次のように予測されました。4 ノード:15 から 42 時間、8 ノード:20 から 50 時間、12 ノード:20 から 60 時間、16 ノード:25 から 70 時間。The 2002 update has had the following expected runtimes in our internal testing- 4 nodes: 15-42 hours, 8 nodes: 20-50 hours, 12 nodes: 20-60 hours, 16 nodes: 25-70 hours. 更新プログラムの正確なランタイムは一般的に、ご使用のシステムでテナント ワークロードによって使用されている容量、システム ネットワーク接続 (インターネットに接続されている場合)、およびシステム ハードウェアの仕様に左右されます。Exact update runtimes typically depend on the capacity used on your system by tenant workloads, your system network connectivity (if connected to the internet), and your system hardware specifications. 実行時間がこの予測値よりも短くなったり長くなったりすることは一般的ではなく、更新が失敗した場合を除き、Azure Stack Hub オペレーターによるアクションは不要です。Runtimes that are shorter or longer than the expected value are not uncommon and do not require action by Azure Stack Hub operators unless the update fails. このおおよその実行時間は 2002 更新プログラムに固有であり、他の Azure Stack Hub 更新プログラムと比較することはできません。This runtime approximation is specific to the 2002 update and should not be compared to other Azure Stack Hub updates.

更新プログラムのビルドの種類については、「Azure Stack Hub での更新プログラム管理の概要」を参照してください。For more information about update build types, see Manage updates in Azure Stack Hub.

新機能What's new

  • AzureRM に基づく Azure Stack Hub 管理 PowerShell モジュールの新しいバージョン (1.8.1) がリリースされました。A new version (1.8.1) of the Azure Stack Hub admin PowerShell modules based on AzureRM is available.
  • Azure Stack Hub 管理 REST API の新しいバージョンがリリースされました。A new version of the Azure Stack Hub admin REST API is available. エンドポイントと破壊的変更の詳細については、API リファレンスでご確認ください。You can find details about endpoints and breaking changes in the API Reference.
  • 新しい Azure PowerShell テナント モジュールは、2020 年 4 月 15 日に Azure Stack Hub 用にリリースされます。New Azure PowerShell tenant modules will be released for Azure Stack Hub on April 15, 2020. 現在使用されている Azure RM モジュールは引き続き機能しますが、ビルド 2002 の後は更新されません。The currently used Azure RM modules will continue to work, but will no longer be updated after build 2002.
  • 構成された syslog サーバーの接続の問題について報告するために Azure Stack Hub 管理者ポータルに新しい警告アラートが追加されました。Added new warning alert on the Azure Stack Hub administrator portal to report on connectivity issues with the configured syslog server. アラートのタイトルは、The Syslog client encountered a networking issue while sending a Syslog message (syslog クライアントは syslog メッセージの送信中にネットワークの問題を検出しました) です。Alert title is The Syslog client encountered a networking issue while sending a Syslog message.
  • ネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバーの接続の問題について報告するために Azure Stack Hub 管理者ポータルに新しい警告アラートが追加されました。Added new warning alert on the Azure Stack Hub administrator portal to report on connectivity issues with the Network Time Protocol (NTP) server. アラートのタイトルは、Invalid Time Source on [node name] ([ノード名] の時間ソースが無効です) です。Alert title is Invalid Time Source on [node name].
  • 2002 での TLS 制限に関連する破壊的変更により、Java SDKの新しいパッケージがリリースされました。The Java SDK released new packages due to a breaking change in 2002 related to TLS restrictions. 新しい Java SDK 依存関係をインストールする必要があります。You must install the new Java SDK dependency. 手順については、「Java と API バージョンのプロファイル」を参照してください。You can find the instructions at Java and API version profiles.
  • System Center Operations Manager - Azure Stack Hub MP の新しいバージョン (1.0.5.10) が利用できます。これは、API の破壊的変更により、2002 を実行しているすべてのシステムで必要となります。A new version (1.0.5.10) of the System Center Operations Manager - Azure Stack Hub MP is available and required for all systems running 2002 due to breaking API changes. この API の変更は、バックアップとストレージのパフォーマンス ダッシュボードに影響します。最初にすべてのシステムを 2002 に更新してから MP を更新することをお勧めします。The API changes impact the backup and storage performance dashboards, and it is recommended that you first update all systems to 2002 before updating the MP.

機能強化Improvements

  • この更新プログラムには、今後の完全な更新のパフォーマンスを大幅に向上させる更新プロセスの変更が含まれています。This update contains changes to the update process that significantly improve the performance of future full updates. これらの変更は、2002 リリース後の次の完全な更新で有効になり、特にホスト オペレーティング システムが更新される完全な更新のフェーズのパフォーマンスを向上させます。These changes take effect with the next full update after the 2002 release, and specifically target improving the performance of the phase of a full update in which the host operating systems are updated. ホスト オペレーティング システムの更新のパフォーマンスを向上させると、完全な更新中にテナントのワークロードが影響を受ける時間が大幅に短縮されます。Improving the performance of host operating system updates significantly reduces the window of time in which tenant workloads are impacted during full updates.
  • Azure Stack Hub 適合性チェッカー ツールは、AD Graph に割り当てられているすべての TCP IP ポートを使用して AD Graph の統合を検証するようになりました。The Azure Stack Hub readiness checker tool now validates AD Graph integration using all TCP IP ports allocated to AD Graph.
  • オフライン シンジケーション ツールは、信頼性に関する機能強化によって更新されました。The offline syndication tool has been updated with reliability improvements. このツールは GitHub では入手できなくなり、PowerShell ギャラリーに移動されましたThe tool is no longer available on GitHub, and has been moved to the PowerShell Gallery. 詳細については、「Azure Stack Hub に Marketplace の項目をダウンロードする」を参照してください。For more information, see Download Marketplace items to Azure Stack Hub.
  • 新しい監視機能が導入されています。A new monitoring capability is being introduced. 物理ホストとインフラストラクチャ VM のディスク領域不足のアラートは、プラットフォームによって自動的に修復されます。この操作が失敗した場合にのみ、オペレーターがアクションを実行するために、Azure Stack Hub 管理者ポータルにアラートが表示されます。The low disk space alert for physical hosts and infrastructure VMs will be auto-remediated by the platform and only if this action fails will the alert be visible in the Azure Stack Hub administrator portal, for the operator to take action.
  • 診断ログの収集に対する改善。Improvements to diagnostic log collection. 新しいエクスペリエンスでは、BLOB ストレージ アカウントを事前に構成する必要がなくなるため、診断ログの収集が合理化されて簡素化されます。The new experience streamlines and simplifies diagnostic log collection by removing the need to configure a blob storage account in advance. ストレージ環境が事前構成されるため、サポート ケースを開く前にログを送信でき、サポート コールにかかる時間が短縮されます。The storage environment is preconfigured so that you can send logs before opening a support case, and spend less time on a support call.
  • 事前ログ収集とオンデマンドのログ収集の両方にかかる時間が 80% 削減されました。Time taken for both Proactive Log Collection and the on-demand log collection has been reduced by 80%. ログ収集時間は、この予想値より長くなることがありますが、ログ収集が失敗しない限り、Azure Stack Hub オペレーターによる操作は必要ありません。Log collection time can take longer than this expected value but doesn't require action by Azure Stack Hub operators unless the log collection fails.
  • 更新が開始された後、Azure Stack Hub 更新パッケージのダウンロードの進行状況が更新ブレードに表示されるようになりました。The download progress of an Azure Stack Hub update package is now visible in the update blade after an update is initiated. これは、自動ダウンロードを使用して更新パッケージを準備することを選択した、接続済みの Azure Stack Hub システムに対してのみ適用されます。This only applies to connected Azure Stack Hub systems that choose to prepare update packages via automatic download.
  • ネットワーク コントローラーのホスト エージェントの信頼性に関する機能強化。Reliability improvements to the Network Controller Host agent.
  • 修正プログラムや更新プログラムを適用中の内部 DNS サービスの回復性ロジックを向上させる、DNS Orchestrator と呼ばれる新しいマイクロサービスが導入されました。Introduced a new micro-service called DNS Orchestrator that improves the resiliency logic for the internal DNS services during patch and update.
  • VM の作成中にブート診断ストレージ アカウントパラメーターの無効な BLOB URI をエラーとする新しい要求検証を追加しました。Added a new request validation to fail invalid blob URIs for the boot diagnostic storage account parameter while creating VMs.
  • VM の CRUD 操作を容易にするホスト上の 2 つのサービスである Rdagent とホスト エージェントの自動修復とログ作成の機能強化が追加されました。Added auto-remediation and logging improvements for Rdagent and Host agent - two services on the host that facilitate VM CRUD operations.
  • Azure Stack のバージョンや課金モデルなどのさまざまなプロパティにより、利用している Azure Stack と互換性のないマーケットプレース製品を管理者にダウンロードさせないようにする属性を Microsoft が追加できるようにする新しい機能がマーケットプレース管理に追加されました。Added a new feature to marketplace management that enables Microsoft to add attributes that block administrators from downloading marketplace products that are incompatible with their Azure Stack, due to various properties, such as the Azure Stack version or billing model. これらの属性を追加できるのは Microsoft だけです。Only Microsoft can add these attributes. 詳細については、「ポータルを使用して Marketplace 項目をダウンロードする」を参照してください。For more information, see Use the portal to download marketplace items.

[変更点]Changes

  • 管理者ポータルで、操作が進行中かどうかが Azure Stack 領域の横にあるアイコンで表示されるようになりました。The administrator portal now indicates if an operation is in progress, with an icon next to the Azure Stack region. アイコンの上にマウスポインターを置くと、操作の名前が表示されます。When you hover over the icon, it displays the name of the operation. これにより、何時間も実行されることがあるバックアップ ジョブやストレージの拡張など、実行中のシステム バックグラウンド操作を識別することができます。This enables you to identify running system background operations; for example, a backup job or a storage expansion which can run for several hours.

  • 次の管理者 API が非推奨となりました。The following administrator APIs have been deprecated:

    リソース プロバイダーResource provider リソースResource VersionVersion
    Microsoft.Storage.AdminMicrosoft.Storage.Admin farmsfarms 2015-12-01-preview2015-12-01-preview
    Microsoft.Storage.AdminMicrosoft.Storage.Admin farms/acquisitionsfarms/acquisitions 2015-12-01-preview2015-12-01-preview
    Microsoft.Storage.AdminMicrosoft.Storage.Admin farms/sharesfarms/shares 2015-12-01-preview2015-12-01-preview
    Microsoft.Storage.AdminMicrosoft.Storage.Admin farms/storageaccountsfarms/storageaccounts 2015-12-01-preview2015-12-01-preview
  • 次の管理者 API は、新しいバージョン (2018-09-01) に置き換えられました。The following administrator APIs have been replaced by a newer version (2018-09-01):

    リソース プロバイダーResource provider リソースResource VersionVersion
    Microsoft.Backup.AdminMicrosoft.Backup.Admin backupLocationbackupLocation 2016-05-012016-05-01
    Microsoft.Backup.AdminMicrosoft.Backup.Admin backupsbackups 2016-05-012016-05-01
    Microsoft.Backup.AdminMicrosoft.Backup.Admin operationsoperations 2016-05-012016-05-01
  • PowerShell を使用して Windows VM を作成するときに、VM で拡張機能をデプロイする場合は、必ず provisionvmagent フラグを追加してください。When creating a Windows VM using PowerShell, make sure to add the provisionvmagent flag if you want the VM to deploy extensions. このフラグがない場合、VM はゲスト エージェントなしで作成され、VM 拡張機能をデプロイする機能が削除されます。Without this flag, the VM is created without the guest agent, removing the ability to deploy VM extensions:

    $VirtualMachine = Set-AzureRmVMOperatingSystem `
       -VM $VirtualMachine `
       -Windows `
       -ComputerName "MainComputer" `
       -Credential $Credential -ProvisionVMAgent
    

修正Fixes

  • 仮想マシンの同じ NIC に複数のパブリック IP を追加すると、インターネット接続の問題が発生する問題を修正しました。Fixed an issue where adding more than one public IP on the same NIC on a Virtual Machine resulted in internet connectivity issues. これで、2 つのパブリック IP を持つ NIC は正常に動作するようになります。Now, a NIC with two public IPs works as expected.
  • Azure AD のホーム ディレクトリを構成する必要があることを示すアラートがシステムによって生成される原因となった問題を修正しました。Fixed an issue that caused the system to raise an alert indicating that the Azure AD home directory needs to be configured.
  • アラートが自動的に閉じない原因となった問題を修正しました。Fixed an issue that caused an alert to not automatically close. このアラートは、Azure AD のホーム ディレクトリが構成されている必要があることを示していましたが、問題が軽減された後も閉じませんでした。The alert indicated that the Azure AD home directory must be configured, but did not close even after the issue was mitigated.
  • 更新リソース プロバイダーの内部エラーの結果として、更新準備フェーズ中に更新が失敗する原因となった問題を修正しました。Fixed an issue that caused updates to fail during the update preparation phase as a result of internal failures of the update resource provider.
  • Azure Stack Hub のシークレット ローテーションの実行後にアドオン リソース プロバイダーの操作が失敗する原因となる問題を修正しました。Fixed an issue causing add-on resource provider operations to fail after performing Azure Stack Hub secret rotation.
  • ERCS ロールのメモリ不足のために Azure Stack Hub の更新エラーの一般的な原因となった問題を修正しました。Fixed an issue that was a common cause of Azure Stack Hub update failures due to memory pressure on the ERCS role.
  • Azure Stack Hub の更新の準備フェーズ中に更新ステータスが [準備中] ではなく [インストール中] と表示されていた、更新ブレードのバグを修正しました。Fixed a bug in the update blade in which the update status showed as Installing instead of Preparing during the preparation phase of an Azure Stack Hub update.
  • 仮想スイッチ上の RSC 機能で不整合が発生し、ロード バランサーを通過するトラフィックが破棄される問題を修正しました。Fixed an issue where the RSC feature on the virtual switches was creating inconsistences and dropping the traffic flowing through a load balancer. RSC 機能は既定で無効化されるようになりました。The RSC feature is now disabled by default.
  • NIC の複数の IP 構成が原因でトラフィックが誤ってルーティングされ、送信接続が妨げられていた問題を修正しました。Fixed an issue where multiple IP configurations on a NIC was causing traffic to be misrouted and prevented outbound connectivity.
  • NIC の MAC アドレスがキャッシュされているときに、そのアドレスを別のリソースに割り当てると VM のデプロイ エラーが発生する問題が修正されました。Fixed an issue where the MAC address of a NIC was being cached, and assigning of that address to another resource was causing VM deployment failures.
  • RETAIL チャネルからの Windows VM イメージが、AVMA によってライセンス認証を行うことができない問題を修正しました。Fixed an issue where Windows VM images from the RETAIL channel could not have their license activated by AVMA.
  • VM によって要求された仮想コアの数がノードの物理コアと等しい場合に VM が作成されないという問題を修正しました。Fixed an issue where VMs would fail to be created if the number of virtual cores requested by the VM was equal to the node's physical cores. VM の仮想コアがノードの物理コアの数以下でも許可されるようになりました。We now allow VMs to have virtual cores equal to or less than the node's physical cores.
  • ライセンスの種類を "null" に設定して、従量課金制イメージを BYOL に切り替えることができない問題を修正しました。Fixed an issue where we do not allow the license type to be set to "null" to switch pay-as-you-go images to BYOL.
  • 仮想マシン スケール セットに拡張機能を追加できるようにするために問題を修正しました。Fixed an issue to allow extensions to be added to a virtual machine scale set.

セキュリティ更新プログラムSecurity updates

Azure Stack Hub のこの更新でのセキュリティ更新プログラムについては、「Azure Stack Hub のセキュリティ更新プログラム」を参照してください。For information about security updates in this update of Azure Stack Hub, see Azure Stack Hub security updates.

修正プログラムHotfixes

Azure Stack Hub では、修正プログラムが定期的にリリースされます。Azure Stack Hub releases hotfixes on a regular basis. Azure Stack Hub を 2002 に更新する前に、必ず 1910 用の最新の Azure Stack Hub 修正プログラムをインストールしてください。Be sure to install the latest Azure Stack Hub hotfix for 1910 before updating Azure Stack Hub to 2002.

注意

Azure Stack Hub 修正プログラムのリリースは累積的です。そのバージョンに対する以前の修正プログラムのリリースに含まれるすべての修正を取得するには、最新の修正プログラムをインストールするだけで済みます。Azure Stack Hub hotfix releases are cumulative; you only need to install the latest hotfix to get all fixes included in any previous hotfix releases for that version.

Azure Stack Hub 修正プログラムを適用できるのは Azure Stack Hub 統合システムのみです。ASDK には修正プログラムをインストールしないでください。Azure Stack Hub hotfixes are only applicable to Azure Stack Hub integrated systems; do not attempt to install hotfixes on the ASDK.

修正プログラムの詳細については、「Azure Stack Hub サービス ポリシー」を参照してください。For more information about hotfixes, see the Azure Stack Hub servicing policy.

前提条件:2002 更新プログラムを適用する前Prerequisites: Before applying the 2002 update

Azure Stack Hub の 2002 リリースは、以下の修正プログラムが適用された 1910 リリースに適用する必要があります。The 2002 release of Azure Stack Hub must be applied on the 1910 release with the following hotfixes:

2002 更新プログラムの適用に成功した後After successfully applying the 2002 update

この更新プログラムをインストールした後、適用可能な修正プログラムがあればインストールします。After the installation of this update, install any applicable hotfixes.

1910 アーカイブされたリリース ノート1910 archived release notes

1908 アーカイブされたリリース ノート1908 archived release notes

1907 アーカイブされたリリース ノート1907 archived release notes

1906 アーカイブされたリリース ノート1906 archived release notes

1905 アーカイブされたリリース ノート1905 archived release notes

1904 アーカイブされたリリース ノート1904 archived release notes

1903 アーカイブされたリリース ノート1903 archived release notes

1902 アーカイブされたリリース ノート1902 archived release notes

1901 アーカイブされたリリース ノート1901 archived release notes

1811 アーカイブされたリリース ノート1811 archived release notes

1809 アーカイブされたリリース ノート1809 archived release notes

1808 アーカイブされたリリース ノート1808 archived release notes

1807 アーカイブされたリリース ノート1807 archived release notes

1805 アーカイブされたリリース ノート1805 archived release notes

1804 アーカイブされたリリース ノート1804 archived release notes

1803 アーカイブされたリリース ノート1803 archived release notes

1802 アーカイブされたリリース ノート1802 archived release notes

以前のバージョンの Azure Stack Hub リリースノートには、左側の目次の [リソース] > [リリース ノートのアーカイブ] からアクセスできます。You can access older versions of Azure Stack Hub release notes in the table of contents on the left side, under Resources > Release notes archive. これらのアーカイブされた記事は、参照のみを目的に提供されており、これらのバージョンのサポートを意味しているわけではありません。These archived articles are provided for reference purposes only and do not imply support for these versions. Azure Stack のサポートについては、「Azure Stack Hub サービス ポリシー」を参照してください。For information about Azure Stack Hub support, see Azure Stack Hub servicing policy. さらにサポートが必要な場合は、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。For further assistance, contact Microsoft Customer Support Services.