Send-AzureStackDiagnosticLog

概要

Azure Stack Hub 診断ログを Microsoft に送信します。

構文

Send-AzureStackDiagnosticLog [[-FromDate] <Object>] [[-FilterByResourceProvider] <Object>]
 [[-FilterByRole] <Object>] [[-ToDate] <Object>] [-AsJob]

説明

スタンプの診断ログをアップロードするように Support Bridge Service に要求します。

例 1

次の例では、過去 4 時間のログを Microsoft に送信します。

PS  C:\> Send-AzureStackDiagnosticLog

例 2

次の例は、過去 4 時間のサポート サービスと WAS ログを Microsoft に送信します。

PS  C:\> Send-AzureStackDiagnosticLog -FilterByRole SupportBridgeController,WAS

パラメーター

-FilterByRole

省略可能。 インフラストラクチャ ロールの種類でフィルター処理します。

Type: Object
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 1
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-FilterByResourceProvider

省略可能。 付加価値リソース プロバイダーの種類でフィルターします。

Type: Object
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 2
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-FromDate

省略可能。 収集するログに使用する開始時刻。

Type: Object
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 3
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-ToDate

省略可能。 収集するログに使用する終了時刻。

Type: Object
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: 4
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

-AsJob

Type: SwitchParameter
Parameter Sets: (All)
Aliases:

Required: False
Position: Named
Default value: None
Accept pipeline input: False
Accept wildcard characters: False

次のステップ

特権エンドポイントにアクセスして使用する方法については、「Azure Stack Hub で特権エンドポイントを使用する」を参照してください。