Azure Stack で Commvault Marketplace アイテムを提供する

適用対象:Modular Data Center、Azure Stack Hub ラグド

Commvault は、Azure Stack Hub 上の次の種類のリソースを対象にバックアップと復元をサポートします。

  • VM レベルのバックアップ

  • ストレージ アカウントのバックアップ

  • エージェントベースのバックアップ

Commvault を外部のマシンにデプロイし、Azure Stack Hub 上のリソースをリモートから保護することができます。 加えて、Azure Stack Hub 上の仮想アプライアンスとして Commvault をデプロイすることもできます。 Commvault が提供する詳細なガイダンスは、Azure Stack Hub について取り上げた同社のドキュメント サイトから入手できます。 また、Microsoft Azure の機能を網羅した一覧も公開されています。ご参考ください。

Azure Stack Hub Marketplace からデプロイする

Commvault は、Azure Marketplace で BYOL イメージを公開しており、そのイメージは Azure Stack Hub へのシンジケーションが可能です。 Azure Stack 上の VM をバックアップするために必要な最小バージョンは SP16 です。 仮想アプライアンスの使用を予定している場合は必ず、SP16 (最新の長期サポート リリース) または SP17 (提供されている最新のメインストリームリリース) に更新してください。

クラウド Version シンジケーション対応 次の更新
Azure Public SP13 はい TBD
Azure Gov SP13 TBD TBD

Azure Marketplace からダウンロードする

Azure Stack Hub のオペレーターは、接続環境および非接続環境のローカル Azure Stack Marketplace にアイテムをダウンロードすることができます。 接続環境では、Azure から追加できる利用可能なアイテムの一覧をオペレーターが参照できます。

Add from Azure

手動でアップロードして公開する

非接続環境では、Azure からアイテムをダウンロードしたうえで、Azure Stack Hub に手動でアップロードする必要があります。 詳細については、接続環境と非接続環境向けの詳しい手順を参照してください。

デプロイに関する考慮事項

  • Azure Stack Hub 外のデプロイ
  • Azure Stack Hub に仮想アプライアンスをデプロイする
  • ディスク ライブラリとクラウド ライブラリ
  • ネットワーク関連の考慮事項
  • サブスクリプション レベルの分離

次のステップ

  • IaaS VM の保護について詳しくは、Azure Stack Hub 上の VM の保護に関するページを参照してください。